Lv6〜Lv10


5ボタン譜面 Lv6〜Lv10

  • 5ボタン譜面はSunny Parkで全廃止され、初心者向け譜面は一部の曲のみにEASY譜面として実装されました。
    • 旧5ボタンやENJOY譜面と、SPのEASY譜面は完全に別物となっています。
  • AC20以前に削除された5ボタン譜面は現行稼動機種の削除曲を参照。

Lv6

逆詐称エヴァーポップ(6)単押しのみで譜面もスカスカ。
ノート数が100未満の数少ない譜面の1つで、さくっとクリアしてしまおう。
トゥインクルダンス(CS10)リズムにものりやすく、ノート数も少ない。
初見でフルコンも狙っていける。
http://www.youtube.com/watch?v=RWH4hH6wDDg
ビタースウィートポップ(ee2)ギタドラee'MALL移植曲のため、15で14カテゴリからeeカテゴリへ移動。
単押しのみで、早い動きもない。
BPMがかなり低いのでHSは出来るだけつけよう。はっきりいって簡単。
14の店舗対抗イベントで出現したee'MALL楽曲。
カントン(3)しっかりと刻んでいければ問題はない。曲が終わったと思ってから5が1つ振ってくるので忘れないように。
ちなみにポップン7とACポップン9(ベストヒッツ)で収録されている譜面は異なり、現行版ACでは後者が収録されている。
前者は総ノーツが81でLv4〜5相当。
フレンドリー(4)リズム通りにしっかり刻んでいけば問題ない。ただ単調になりがちなので、GODDを出さないよう意識したい。
カントリー(6)単押しのみで、交互押しと階段がメインの曲。
サバービア(8)単押しのみの譜面。
ただし、リズムは裏押しが多くとりにくいので、オブジェをよく見ること。
トレインシミュ(13)単押しが中心で、曲に沿って叩いていれば特に問題ない。
ときめきボッサ(14)単押しのみだがリズムが掴みにくい。
BPMが99と調節しやすいので、自分の見やすいHSをここで見極めてしまおう。
アーバンポップ(CS2)リズムは複雑だが、単押ししかないので簡単。
ボタンの配置を確認しながら叩こう。
ボッサ(CS4)リズムも取りやすく、素直な譜面。特に注意点もなくレベル6にあがりたての人にはお手ごろ。
ハート(CS5/KM)BPMが最初だけ少し遅い。特に問題になる部分もない。
シンパシー(CS6)微妙なズレ同時押しが気になる以外、難しい配置がないだろう。
アニメヒーロー(1)判定がキツイ。パフェの難易度は10を裕に超える。
イントロから独特のトリルが出てくる。このパターンをしっかりと刻んでいけばクリアは可能。
ガーリィ(2)リズムが掴みにくく、交互押しなどが多い。
ただし判定はかなり甘く、BPMも調節しやすい。コンボはつながらなくても、スコアは伸びる。
ヴィジュアル2(4)中盤とラストに同時押しが出てくるが、それ以外はすべて単押し。
階段状の譜面が続くので、練習しておいて損はない。
カートゥーン(4)アップテンポでノリのいい曲。
随所で出てくる小階段さえ気をつければクリアはできる。
ガーリィREMIX(4)さまざまな同時押しが降ってくる。練習にはちょうどいい。
しかし曲が短いので、削られると回復できないことになるかもしれないので注意。
モンドポップ(5)テンポが若干速い。
中盤で忙しくなるところがあるがそこを見切れればクリアは可能。
ソウル(6)譜面はスカスカだがリズムが難しい。
よく曲を聴くこと。
ロックンロール(6)2個1組の縦押しと、乱打のような青と緑の交互押しが特徴。
この青と緑の交互押しが、今後の乱打スキルの基礎になるため、ぜひとも叩いておいてほしい1曲。
最後のおまけも忘れずに。
ウィンターポップ(7/pm)GBからの移植曲。
序盤は忙しいが、後半はギターパートを叩く譜面になっている。
所々に小連打や同時押しのある初心者の練習にはもってこいの良譜面
プレシャス(7)実は3、5、7の3つのボタンしか使用しない。
しかし判定は厳しく点は伸びにくい。
最後に終わったと思ってから同時押しが振ってくるので気を抜かないこと。
ハイパーJポップ(8/pm)ほとんどが緑と赤だけのボタンしか使わない譜面。
ただし、細かい刻みが多いので注意は必要。
サビの後の青が混ざるパターンは、今後いろいろな曲で出てくるのでマスターしておいて損はないはず。
ハウシーポップ(8)すわひでおさんがカバーしたことでも有名な曲。
たびたび出てくる小階段が少し厄介。
譜面は素直だが判定がややきついため、スコアは伸びにくいかも。
フリーソウル(8/MAG)移植曲。リズムがとりにくいが、単押し中心で素直な譜面。
ラガポップ(8/MAG)フワフワしたリズムが取りにくい。いやらしい配置はないのでよく見て叩くこと。
タブランベース(9)階段が多く出てくる。リズムも取りにくく、階段が苦手な人は強辺りになるかも。
チルドレンポップ(9)BPMの変化に気をつければ問題はない。
琴フュージョン(12)単押しが中心。「和」がテーマのいろはの曲で琴パートを叩いていく。曲をしっかり聴けばクリアはできるはず。
名探偵コナン(TVアニメ)最初はNとは違ったリズムだが、あとは版権であることもあって比較的簡単。中盤の縦連打に注意しておきたい。
カリブ(CS2)基本的にはリズム通りで大丈夫。
ただし、途中にある中抜けの大階段に注意。
ニューウェーブ(CS2)若干強よりの中。
同時押しの基礎固めにはちょうどいい。最後の最後に青の早い連打が一回だけ出てくるので、フルコン狙いの人は要注意。
シンパシー2(CS7)オブジェの密度に差が激しい。イントロの後半とサビ後は何も振ってこない。
ところどころにある2連打が肝。これで落とすことはないだろうが、コンボ崩しに注意。
パンプ(CS7)ところどころで16分のリズムが入ってくる。
判定が若干きついのでしっかり刻んでGOODを出さないように気をつけたい。
モード(CS7)メロディラインを叩く譜面。
曲を知っていればかなり楽にはなるが、8分の動きが多いので集中力を切らさないこと。
モンド(3)ファンタジー(レベル3)の強化版。
中盤に同時押しのゾーンがあり苦手ならコンボ崩しになる。
リズムがファンタジーとそっくりなので、この曲の前に一度叩いておくといいだろう。
ラブリー(3)序盤の右の高速階段、終盤の垂直押しが肝。
縦押しが基本だが、総合力が鍛えられる良譜面。
フューチャー(4)変則的な縦の2連打が多々出てくる。
ラストで忙しくなるのでしっかりと曲を聴きながら叩くこと。
パラパラ(5/pm)一定のリズムを刻むパターンが出てくる。判定がキツめなのと、終盤の手の早い動きが求められるところに気をつけたい。
ヘヴィロック(5)とにかくリズムがとりにくい。GOODを連発してしまわないよう注意。
前半で微妙にBPMが変化するのもいやらしい。
スコティッシュ(6)16分のオブジェがいくつも出てきて厄介。
同時押しは緑緑だけなので、絶対にこぼさないようにしたい。
ポップビーツ(6)序盤と終盤は縦押し+同時押し、中盤は階段という具合にわかりやすい構成になっている。それらの練習にはちょうどいい。
最後にはおまけもあるので忘れずに。
メロコア
(H@ppy Choice)(6)
とにかく縦連打がきつい。何度も降って来るので注意。
逆に連打の練習には最適な譜面。
ディスコハウス(7)全体的にリズムがとりにくい。
とくに中盤に出てく3連符の階段に注意。ここで一時的にパターンが変わるので混乱しないように。
ノクターン(13)スローテンポでの階段と縦押しが何度も出てくる。これから上を目指すならやっておくのも手。
焦って早押ししてBADを出さないようにしよう。
さんぽ(TVアニメ)N譜面とあまり差がなく、割と同時押しが多め。
ガッチャマン(TVアニメ)階段と同時押しの練習ができる良譜面。
特に階段は5段のものもあるので、ここで身に着けておきたい。
聞きなれた曲だと思われるので、サビの部分の同時押しは確実に取れるようにしておこう。
プログレ
(penta-mode)(CS4)
いろいろなことを練習できる総合譜面。
中盤で同時押しが3つセットになって落ちてくるところで焦らないように。
全体的に小さな階段が多いのも特徴。
強〜詐称ポップスREMIX(4)サビ手前の7、7、3、7、7・・・がコンボ崩しになっている。
ここで焦ってガタガタになってしまわないように。
ほかはREMIX前と差ほど大差はないが、判定のキツさは健在なので、スコアはなかなか伸びない。
アニメヒロイン(5/ps)リズムが早く取りにくい。
一定のリズムを刻み続けるので、焦って乗り遅れたりしないように。
ネオアコREMIX(5)序盤はそんなに難しくないが、問題は終盤。
リズムを刻みながらの三角押しや同時押しが出てきて一気に忙しくなる。ここで気を抜くと落とすこともあるかも。
クラブジャズ(7)序盤のイントロが難しい。
変則的なリズムと絡んだ緑+青の同時押しを練習するには良譜面。
メロコアLIVE(8)上記のメロコア同様、縦連打が続く。
さらにLIVE独特の微妙なズレとラストのドラムロールがキツい。
もう少し上のレベルでも違和感はない。
モンドロック(14)BPMが速くノーツが250以上もあるので、ここでは結構苦戦を強いられやすい。
素早い移動もあるので、もしかしたら詐称の可能性も。
ロンリーフィール(14)難易度の割には交互押し、上下混じりの同時押し、5個階段が中盤〜後半で頻発するので少々忙しい構成。
サビが終わったときにゲージを約2/3以上残せばクリアできる。
タイムトラベル(CS11)交互連打、裏打ち、同時押しと多彩な譜面。
http://www.youtube.com/watch?v=EEfKAf-OKyc
詐称忍者卍ヒーロー(8)このレベルにしてはリズムが取りづらく、レベル6上がりたての人には苦しいと思われる。ただしラストは回復地帯で、ラストのおまけはなし。
ちなみにポップン9のときのレベルは9だった。
ダークメルヒェン(10)BPMが低いのでHS推奨。3以上つけるとかなり見やすくなる。
全体的にBPMが細かく変化するのでとにかくGOODが出まくる。
ポップ君をよく見て叩くのを心がけたい。
保健ラップ(14)交互押しの練習にはちょうどいい譜面。
しかしリズムが取りづらく、オブジェ数がこの難度で300近くもあるというあからさまな詐称。

Lv7

逆詐称スクリーン(CSBest)曲説明の通りリズムが不規則だが非常に簡単。
単押しが多く、降ってくるノーツ数もたったの74。ポップン18にてサザエさんの削除に伴い、最も少ない5ボタンのノート数となった。
なお、基本BPMが最速なので(379)HSは間違えても掛けない事。せいぜい2速が限度。
カヨウハウス(4)判定がきつい。
しかし単押しのみなので、クリアには支障なしだろう。
ニューロマンティック(6)サビの部分で少し忙しくなるが、同時押しは3+7のパターンしかない。
あとはリズム通りで問題はない。
サーフロック(7)BPMが160と中途半端だが、ラストに同時押しが2回出てくる以外はすべて単押しなので、あまり気にすることはない。
4分のリズムを刻むので、気軽にプレイできる。
ミスティ(7)基礎固めにはちょうどいい譜面。
ところどころに出てくるズレ押しにさえ気をつければフルコンも狙っていける。
テクノポップ
(321 STARS)(8/be)
単調な譜面で、上段のみと下段のみの配置が中心で苦労はしないはず。
ライトポップ(8/KM)リズムが若干掴みにくいので、ヴォーカルをよく聴くこと。
ただし、判定は甘く、単押ししかないのでクリアは簡単。
ヤキュウロック(8)4分のリズムを刻んでいく曲。
ほとんどが単押しで、難所は特にない。
判定も甘いのでスコアも伸びやすい。
フレンチボッサ(9)単押しのみの譜面。
BPMも調節しやすいので、自分のやりやすいHSで叩こう。
J-ガラージポップ(CS2/be)同時押しはラストの青青のみ。
譜面はメロディーパートを叩くものだが、ズレやトリルが多い。が、判定は甘いのでクリアは簡単。
慣れてきたらリミックスと合わせてやってみよう。
グループサウンズ(CS4)ノート数も100以下で、リズムにものりやすい。
縦押しと同時押しの基礎の確認に最適な曲。
うまく叩けるようになったらレベル10のリバプールと合わせてスキルアップを目指そう。
ディスコ ア ゴーゴー(MAG)単押ししかないため簡単。
リズムは若干掴みにくいが、ボタンの位置を確認するのにはちょうどいい。
14の店舗対抗イベントにて出現したee'MALL楽曲。
テクノポップ
(Ellectronic Fill)(1)
縦連打が多い。
これが苦手なら強〜詐称レベルになる。
ポップラップ(2)曲中に何度か出てくる、トリルの入ったフレーズには注意。
ノート数も少ないので、気楽に叩ける。
ケルト(3)序盤から中盤にかけては難所もなく簡単。BPMも110と調節しやすい。
ただし、ラストにケルトLONG(レベル9)のような縦連打があり、苦手なら殺しになりうる。
ディスコガールズ(4)単押しが中心で、譜面も素直。
同時押しは青青、緑緑のパターンしかないので、クリアだけなら問題ないだろう。
ボーナストラックREMIX(4)ポップ君の密度にバラつきがある。
中盤に階段の中に同時押しが混じるところがあるがそこが一番の難所で、後はゆったりとした配置が続くためクリア自体は簡単。
ライトフュージョン(6)単押しがメインだが速い階段が多く、難しい。
あと判定が若干きつめ。
グラムロック(7)リズムは難しいが、判定は甘い。
ズレ押しばかり振ってくるのでポップ君をよく見て叩くこと。
サーカス(7)8分のリズムを刻み続ける譜面。
中盤でライオンの鳴き声の後、BPMが186にあがるのでHSはこれにあわせるように。
高速部分で落としてもラストで十分回復できるのであきらめないこと。
ウクレレ(8)BPMが210と高い。
このレベルにしては珍しく単押しのみでの構成で、しかもほとんどが赤と緑のみ。落ち着いて叩けば問題ないはず。
昭和ブギウギ(9)BPMがやや高めなので、HSのつけ方に注意。
中盤まではメロディーに沿ったパートを叩き、終盤はトランペットパートになる。
細かい2連打が多々出てくるので気をつけること。
ハイパーJポップ2(9)基礎固めにはちょうどいい譜面。
同時押しから縦押しに入るパートが多い。
縦押しは4分押しか、3連符かを見極めないとスコアは伸びない。
ミサ(9)後半とラストに減速するので注意。
BPMは遅いものの、中盤に折り返しを含む大きな階段が降ってくる。
階段スキルを鍛えるのには丁度良い。
それ以外は忙しい配置が無いので、階段ができるなら弱。
プレシャスアンコール(10)細かいBPM変化が厄介。判定がきついこともあり、GOODがでやすい。
譜面は素直なので、BPM110に合わせて叩いていけばクリアは可能。
L.A.メタル(10)ノート数が若干多いので、体力がいる。
同時押しはラストに1回出てくるだけで、他はすべて単押しだが、小階段や裏打ちが多い。
ギターを弾いている感覚で叩くとリズムが見えてくるかも。
グライド(13)序盤に2個押しがある以外は単押しメイン。ただし、テンポが速い。
ポリリズム(TVアニメ)前半は同時押しだらけできついが、後半は階段中心で簡単になる。終盤の「ポリリズム…」はボタンがボーカルに割り当てられているのでタイミングに注意。
http://www.youtube.com/watch?v=eMR0fAryNus
ニューフォーク(CS2)青がメインの珍しい曲。
80'sポップ(CS6/ps)突然来る三角押しに注意。ノート数は少ない。
中〜強クレイジーテクノ(7)全体的に左右に振られる。
BPMが少し高いが乱打の基礎固めにはちょうどいいので、やりこんでおくと今後に活かせる。
エレゴス(11)緑→青などのペアが振ってくるが、間隔が若干違っているのでGOODを押しやすい。
目押しのスキルを身につけるにはちょうどいい譜面。
http://www.youtube.com/watch?v=5aLodoDfaW0
キッズマーチ(12/pm)後半で変速する。それまではリズムにのれるだろう。
しかし、変速してからが問題で、リズムを崩すと苦しくなる。
落ち着いてオブジェを見ながら押していこう。
カイゾク(13)同時押しメイン。苦手な人には強。リズムはわかりやすいので落ち着いて押そう。
J-ポップ
(Life)(CS1)
AC20でLv4→7に。Lv7としても結構厄介な配置が存在する。
やや跳ねたリズムに後半で2個同時押しが出てくる上、
最後は同時押しの連続でクリアゲージを割ってしまう可能性がある。
同時押しを練習したいなら役立つが。
ヌーディ(CS4)BPMは104と合わせやすい。
譜面は同時押しの練習になる。また、イントロとラストに3連符のパートがありラストは殺しになりかねないので注意すること。
ラテン(1)オブジェの密度の差が激しい。
詰まっているところは縦連打がうまく出来るかどうかでだいぶ変わってくる。なおポップン19でBPMがわずかに変わるようになったが大して影響はない。
ネオアコ(2)階段+同時押しの譜面。
特に階段は7→3の階段が2つもある。また同時押しも、サビ前に緑+緑の連打があるので、あせらないように。
マジカルガール(3)リズムにのれれば叩きやすくはなる。
ただしスタート直後にもあるサビは、8分の小階段をいくつもあわせたような譜面になっているので忙しい。
判定も少しキツイのでしっかりと曲を聴くこと。
パッション(4)3段の速い階段がいくつもあり、苦手な人には脅威。
縦連打も結構難しいので、気が抜けない。
キョウゲキ(7)終始忙しく、中盤以降BPMがいきなり落ちて徐々に早くなっていく。
BPMが最大の180にあわせてHSを調節するとよい。
BPMの変化のタイミングを掴めば、クリアは可能。
スカ
(Cassandra)(8/GF&DM)
ドラムマニアからの移植曲。
BPMが低いのは最初だけなので、早いほうの192にあわせること。
トランペットパートが中心で、トリルや階段が多い。とくに交互押しのパートには注意したい。
ファンクロック
(Wall Street down-sizer)(8/MAG)
移植曲の方のファンクロック。同ジャンル名で同LvのCS曲と間違えないように。
全体的にリズムが掴みにくく、中盤の小階段のパートがコンボ崩しになっている。
ラストに終わったと思ってから、赤→青同時押しが振ってくるので忘れないこと。
A.I.テクノ(8)今までの単押しの技術を問われる。
リズム押しと目押しの両方を鍛えられる良譜面。
中盤のサビ部分が忙しいが、リズムに合わせて叩けば大丈夫。
最後の縦押し地帯は、間隔が一定では無く4分押しと8分押しが混ざり、ラス殺し気味。ここで目押しを使うと良い。
実はノート数がN譜面より多くなっている。
オイパンク0(9)BPM360という速さが問題。このことを考慮するとHsは付けないほうがよい。
しかし譜面そのものは2分押し(BPM180の4分押しと同じ)がほとんどで、さほど苦労はしないと思われる。
何度か降って来る違う段での同時押しが少々厄介。
HSの仕様を知らずにプレイすると痛い目を見る可能性が高いので、そういう意味では危険。
ナニワヒーロー(11)ノート数が若干多く、BPMが中途半端。
曲は、ジャズのパートが中心で、小階段が多い。
中盤の台詞のパートで回復をしておけば、クリアは可能。
ひなまつり(12)後半で変速して遅くなる。リズムが変則的であるのでやや難しめ。
パーティーロック(14)BPMが190と高い。
同時押しが要所要所ででてきて、コンボが切れがち。
特にラスト付近のものは縦押しの後に早いタイミングで叩かなくてはならないので注意。おまけも忘れずに。
ソラニン(TVアニメ)ノート数の割にはやや難しめの配置。
ラブリーキャットポップ(CSp)表と裏が混じったりと忙しい。曲が長い分、最後に間を置いて1個降ってくるオブジェを忘れないように。
アバンギャルド(CS2)BPMが180と高く、リズムがかなり難しい。
同じようなリズムを何度も繰り返すため、集中力がいる。
判定もかなりきつい。
スムース(CS7)同時押しの譜面。
小節の最初と最後に同時押しやトリルがいくつも出てくる。
クリアには支障はないが、序盤に3の16分の縦連打があるので、フルコン狙いの人は要注意。
強〜詐称ラグタイム(8)BPMが190と高く、ノート数も多い。
リズムにはのり易いが細かい階段が多く、苦手なら詐称レベルになる。
途中で3拍子のリズムになったりと忙しいので、叩いていて楽しい。
詐称フィーバーロボ(14)前半が階段・上下段混じりの同時押し・リズム刻みなどLv7とは思えないほどの難しさ。
また、ノーツが結構多く回復箇所も限られるので、上がりたてでは無理があるかも。
ファンクロック
(熟れた花)(CS5)
ラス殺し。
最後の最後で縦連打の連続が振ってくるので、慌てないように。

Lv8

逆詐称ナイトアウト(4)8分の単押しのみで、メロディーパートを叩く譜面。
レベル8の人ならフルコンやパフェも狙えるほど判定も甘い。
テクノカヨウ(6)単押しのみで、下段の3つのボタンだけでほぼ構成されている。
若干判定がきついが、クリアにはまったく支障はない。
コケティッシュ(4)出だしのベースが印象的な曲。
殺しもなく判定も甘いが、イントロにあったベースパートをアウトロで叩くことになるので、そこだけは注意したい。
ラウンジポップ
(Dimanche)(7)
素直な譜面で特に難所もない。
ここまでの基礎固めにちょうどいいので、しっかりと譜面を見ながら叩こう。
キャンディポップ
(CANDY)(8/DDR)
BPMが180と若干高い。
譜面は素直で判定も甘い。同時押しのパターンも青青、緑緑しかないので、しっかり見切っておこう。
ジグ(8)譜面自体は単純で、時折難しい押しを要求される程度。
しかし判定がやや厳しいので注意。BPMは遅め。
ワールドツアー(8)4つに分かれたメドレー構成で、BPM変化の入門にお勧め。
譜面は全体的に単押しが多く簡単。
最初の曲の縦連打及び、ラストの取り辛いリズムがやや難しいので、
2・3曲目でしっかり回復しておこう。
ウインターダンス(9)判定がやや厳しいためGOODは出やすい。しかし基礎的要素が多くクリア自体はとても簡単。
プロポーズ(12)サビの部分でヴォーカルパートを叩く部分が少し忙しいが、ほかは特に問題ない。
カーニバル(13)マーチ調で曲は覚えやすい。リズムに合った譜面。ポップン13のオープニング音楽なので聴いた人は多いだろう。
フライングデュオ(13)3拍子のリズムに注意。それ以外は歌にあわせて押す配置が中心。
ロープレバトル(13)序盤に出てくる同時押しに注意。
その後は曲をしっかりと聴いてたたけばクリアは可能。
SFポップ(13)単押ししかなくリズムにも乗りやすい。
注意するところは、最初の方でBPMが若干変化することくらい。
アリプロ(14/TVアニメ)ファンにはなじみのある曲「愛と誠」。
基礎的な要素が多く、ポップンへの入門としてプレイしてみるのも良いだろう。
コンティネンタル(15)オブジェがスカスカで叩きやすい。
ほとんどが単押しで殺しもなく簡単。
http://www.youtube.com/watch?v=tPP0zTndnvA
天体観測(TVアニメ)単純な譜面でほとんど単押し。
判定も甘く、このレベルが適性ならフルコンも狙える。
ビートロック3(CS11)縦連打以外難しい配置はない。判定甘め。ノート数192と少なめ。
R&B&M(CS12)ノート数は少なめだが、結構リズムが取りづらい。
スパイ(1)似たようなリズムが繰り返される。
特に序盤の階段パートに乗れないとつらい。が、ラストに進むにつれ叩きやすくなるので回復は十分に可能。
デジロック(2)イントロにもある印象的なメロディーにそって叩く。
トリルと中、小階段が多いので、それが苦手なら強レベル。
ヨーデル(5/ps)BPMが若干高い。
譜面はリズムを刻んでいけばクリアは可能。スピードに惑わされないように。
スカ
(Ska Ska No.3)(6/pm)
縦連打が忙しい。
それ以外に特に難所はないので、リズムにのってたたくこと。
サイケ(8)BPMは160と調節しやすい。
中盤の同時押しから入る緑の縦連打と、ラストにある下段の折り返し階段が叩ければクリアは可能。
ターバン(8/KM)横押し階段が少しある譜面。
中盤に16分のずれた配置があるが、それ以外は押しやすい。
デイドリーム(8)単押しのみの譜面だが配置が結構いやらしい。
BPMは中盤で徐々に早くなる。ラストに忙しいパートがあるので170で見切れるHSをつけよう。
Des-row曲にしては判定が甘いので、フルコンや高得点も狙いやすい。
ハードカントリー(8/GF&DM)ギターフリークスからの移植曲。
同時押しは緑緑とラストの青青のパーターンしかない。
若干のズレ押しはあるものの、クリアの支障になるようなものはない。
フレンドリーLIVE(8)間奏の手拍子のパートでリズムを崩さないように。
後はアウトロの同時押しさえ気をつければクリアは可能。
ユーロビート
(vLOVE2 シュガ→v)(8/pm)
ほとんどリズムに合った譜面だが、判定がやや辛くGOODが出やすい。
1部手の速さが問われる譜面が出てくるがラストが回復地帯なのでクリア自体は簡単。
ダークネス2(9)BPMが110なのはイントロだけなので、メインの150に合わせること。
譜面自体は単押しのみで構成されているが、判定がややきつく配置もいやらしい。
大河ドラマ(9)BPMは高いほうの118が中心。ところどころで微妙に変化するので注意。
譜面は縦押し+階段で、ここまでのスキルを確認するにはちょうどいい。
判定が若干甘いので、クリアはしやすい。
デパファンク(9)細かい動きが多い。
全体的に忙しいが、中盤の昼食〜あたりのパートで十分回復は可能。最後にちょっとした階段があるが、あきらめないこと。
フィリーソウル(9)単押し中心でゆったりと進む。
サビにあるゆるい大階段は苦手な人の練習にちょうどいい。
トザン(11)リズムが取りやすい同時押し譜面で、同時押しの入門に最適な譜面。
縦連打に注意。これが出来たなら、ダークオペラやオオミソカ等の同時押し譜面にも手を出してみよう。
ボヤージュ(11)BPMはが155と微妙。
譜面は同時押しと階段のスキルを鍛えられる。イントロとアウトロにある赤の縦押しでタイミングを崩さないように注意しよう。
ビーチ(12)単押しが中心だがポップ君がズレまくっている。
全部目押しでとるつもりで集中して叩こう。
ブルースロック(12)メロディーラインを叩く譜面。
終盤のリズムが取れればクリアは可能。
エレゴシックサバト(13)4分押しがメインだが、後半に裏リズムでの2個押しが連続で来る部分に注意。
格ゲー(13)小さな階段がいくつも出てくる。途中で3連符が混ざったりするので、一定のリズムで叩かないよう注意すること。
BPMも180と高い。
太極拳(14)BPMは高いほうの137に合わせよう。
譜面は単押しのみだが、細かい階段ばかり。気を抜くと持っていかれるので、集中力は切らさないように。
ブロークンバンビート(14)リズムが掴みにくい。
ラスト付近で一度終わったと思わせるフレーズがあるので注意。同時押しの練習にはいい曲。
輪舞曲(14)時折出てくるトリルが厄介。
3拍子の曲は珍しいので、ぜひ1度は叩いておきたい。
キュアー(15/KM)キーボードマニアからの移植曲。BPMがメインでも72しかないのでHsに慣れたい。
N譜面をそのまま移した形の譜面で、後半に出てくる素早い3個階段がコンボの切れやすい箇所。
最後にリタルダンドして23まで下がるのでオブジェをよく見て押すこと。
ラテンエンカ(CS8)リズムにのれればクリアは見えてくる。
途中に何度か変則的な縦連打がコンボ崩しになっているが、クリアには支障はない。
曲が長いので、集中力を切らさないように。
トイボックス(CS9)中盤とラストのみ減速するので、BPMは180に合わせよう。
トザンのBPMを少し速くしたかわりに譜面を少し簡単めにした感じで、中盤以降から同時押しが多くなる。
配置そのものは素直。減速に惑わされないように。
ジェットコースターポップ(GF&DM)BPMがやや高いが、リズムどおりに押せる。
中盤の裏打ちに注意しながら叩けばクリアは可能。
最後におまけが振ってくるので忘れないこと。

ee'MALLからの楽曲。
中〜強ピラミッド(8)乱打譜面で中寄りの強。序盤は楽なのでBPMは130に合わせよう。
中盤だけ高速になり赤が4回振ってくるが、その後回復できるので叩けなくても良い。
ズレ押しには注意。ラストの乱打は若干難しい。
レディメタル(8)序盤はときどき16分が入るが簡単。だが、終盤でかなり忙しくなる。
カウガールソング(9)譜面自体は素直で、4分音符を刻み続ける構成。
ところどころ微妙なズレ押しがあるが、クリアには支障はない。
ノート数が若干多いので、体力切れには注意。
ポップスアンコール(9)譜面は素直だが判定がきつい。
スコアがなかなか伸びず曲が長いこともあるので、集中力切れに注意。
オルタナティブ(10)小階段やズレ押しが多い。
注意点は、同時押しの後にトリルが来るサビのパート。パターンをしっかり頭に入れておこう。
クリスマスプレゼント(12)クリスマスでよく聞く曲で構成されているので、メロディにそって押していけば問題ないだろう。
きよしこの夜部分が速いので注意。変速するので苦手なら強かも。
因みに、LONGをのぞくすべてのAC曲の中で演奏時間が一番長い(2分30秒)。
カンランシャ(13)3拍子の曲。
BPMは94〜198となっているが、最後に94になるだけなので、HSは早いほうにあわせること。
サビで少しだけトリルが混ざる。今後のロマネスク、ヴィヴァーチェ(ともにレベル10)の入門感覚でやると良い。
キャバレー(14)BPMが70とかなり低い。HS3以上推奨。
縦押しがメインで管楽器のメロディーを叩いていく。ラストにおまけがあるので忘れずに。
キン肉マン(TVアニメ)縦連打が多く、少々忙しい箇所がある。
後半に出てくる同時押し連打をしっかりと拾うこと。連打が弱い場合は強。
月光花(TVアニメ)序盤のBPM変化に注意。
それ以外には特に難所もなくリズム通りに叩ける。
コミックソング(5)ポップン19で2倍のレベル表記になったほどの元詐称曲。ドラムンフライ(レベル9)と同等と考えて差し支えない。
序盤は若干難しい程度だが、中盤、垂直押しの混ざった縦押しが、あからさまな殺しになっている。
ラストは緑の交互押しから赤の縦連打になり、苦手な人はここでも削られる。レベルが上がったポップン19でも要注意曲だろう。
ヴィジュアル3(8)階段ちょっとあり。BPM184でスピードあり。最後のリズムが取れないとゲージが減る事も。
昭和ワルツ(8)BPMが210と高く、3拍子の独特のリズムにも注意。
同時押しから入ることがあり、リズムが掴みにくく難しい。
スペシャルクッキング(8/MAG)4分押しがメイン。中盤の減速が難関。
リズムは変わらないが、譜面の詰まり具合は倍になるので、しっかりと判定ラインに目を合わせて叩く事。
速度が元に戻った後は縦連打が中心となる。序盤でゲージを稼がないと低速と後半の縦連打で削られる恐れあり。
最後のオブジェは振ってくる途中に突然一気に速くなると言うこれまでに類を見ない配置なので取れなくても大丈夫。
オオサカ(11)BPMが126→156→78と変化。特に最も遅い部分が非常にタイミングの掴みにくい箇所。
ノーマルにはない同時押しが降ってくるので落ち着いて拾いたい。それ以外は同時押しをしっかりと拾うこと。
デスコラップ(11)ちょうど半分くらいのところでBPMが80→160と変化するソフラン譜面。
低速部分はトリルが多く詰まっているためこちらにHSを合わせるのも手。特に変速手前の3→6→7のトリルは要注意。
ラストに終わったと思わせておいて7が1つ振ってくるので気をつけること。
ミュートロニカ(15)N譜面を5ボタンにしただけ。ノート数は少ないがさすがにLv8では低いか。
デスナワ(18)旧Des-NAWA(オキナワREMIX)と同一。基本微ズレ交じりの4分押しメインだが、ラストのリズム刻みが変則的で混乱しがち。
ライブ(CS2)リズム通りに叩ける譜面。序盤はBPM130、中盤以降は120に変化する。BPM変化直後の2連打4連発に注意。
若干曲が長いので、体力、集中力切れに注意。
グルーブロック(CS3)AC20でLv4→8に倍増。単押しのみで、リズムどおりに叩けるが、終盤の階段譜面がこのLvでも厳しいか。
ラストに緑+緑の同時押しがあるのでそこにも注意。
プレリュード(CS3)いくつもの小階段が出てくるので忙しい。
中盤の赤の縦押し→連打のところでリズムを崩さないようにしたい。コンボ崩しになりがち。
ラストにも若干このようなパートがあるので殺しになりかねない。
クラシック10(CS10)代表的なソフラン曲。
BPMは120前後→55→200→50→160程度と変化する。気をつけるのは55まで一気に落ちるところ。タイミングをはずさないように。
しかし譜面自体は素直なので、詐称難易度とはならないだろう。ここでソフランのコツを掴んでおきたい。
チキンハート(CS13)たびたび連打が出る譜面。終盤でメロディを叩かせるので、一気に崩れないように。その後に同時押し連打で若干殺し気味か。4+7の同時あり。
にゃんこジャズ(CS13/GF&DM)BPMが速くリズムも取りづらい。
ネイチャー(CS14)前半は階段中心。ラストは青の交互で微妙に殺しにかかってくる。
カレッジポップ(ee)単押しのみだがBPMが若干高く、ノート数も多い。
ほぼ全てが階段状になっているため、苦手な人は苦戦は必至。スウェディッシュなどの前哨戦として叩こう。
グラディウスII(ee2)ギタドラee'MALL移植曲のため、15で14カテゴリからeeカテゴリへ移動。
16分のトリルが多発する階段譜面。
階段のスキルがしっかり身についていればクリアは可能。
14の店舗対抗イベントで出現したee'MALL楽曲。
強〜詐称サウンドトラック(3)縦連打+同時押しの良譜面。
さまざまなパターンの同時押しが練習できる。最初の下3つの同時押しには気をつけたい。
度々出てくる青の縦連打の交互押しはしっかりと拾おう。
ラストで赤をバンバババンと叩く連打があるので、フルコン狙いの人は絶対に取りこぼさないように。
メロパンク(8)BPMは168に合わせること。BPM168地帯のラストの階段(4回くらい)は若干詐称気味。
ちびっこアイドル(14)やや速めのテンポで、同時押しや連打が出てくる。
特にサビ以降は折り返しの階段が出てきたり、縦連打や交互押しなどの複合も出てくるため結構手強い。
タッキュウブギ(CS9)メインBPMが非常に速く、しかもソフランする。HSは220に合わせよう。
なので2速以下に留めた方が良い。
全体的に横押し階段があり忙しく、リズムも掴みにくい。
後半から同時押しが多くなり、下段3個の同時押しも出てくるので注意。
トライバル
(ZANZIBAR)(be)
N譜面を5ボタンにしただけ。とにかくリズムがつかみにくい。

ee'MALL 2nd avenueからの移植曲。
詐称イズモ(11)最後に出てくる交互押しが難しい。詰まった交互押しを初めて見ると、押せない可能性が高い。その点では覚えるしかない。
ズレ押しが多く、リズムが独特であることもポイント。
キューバングルーブ(CS5/be)BPMが低く、さらに詰まった配置になっているためHSをつけるのはほぼ必須。
いやらしい配置が多く、とくに中盤のセリフ部分の縦連打がコンボ崩しになっている。
実質レベル10以上はある。
スウィング(CS6)独特のリズムと速いテンポが厄介。
とてもレベル8とは思えないようなトリルや縦連打が何度もでてくる。
圧巻は中盤の縦連打に同時押しが絡むパート。2連打の終わりが同時押しになることを意識してよくみて叩こう。
ここでコンボが切れないようなら、レベル15以上に挑戦しても問題ない。
ビートロック(LAZY GIRL)(20/CS9)長い縦連打がこのレベルの常識を超えている。

Lv9

逆詐称〜弱ネオクラシカル・ヘヴィメタル(ee2)ギタドラee'MALL移植曲のため、15で14カテゴリからeeカテゴリへ移動。
単押ししかなくはっきり言って簡単。
同じようなリズムを繰り返すので、集中力だけは切らさないように。
14の店舗対抗イベントで出現したee'MALL楽曲。
ダンス(1)単押しのみの構成で、判定も甘い。
若干リズムが掴みにくいところだけ注意。
レイヴ(1/be)曲が短い。
序盤はスカスカだが、ラスト周辺から急に忙しくなる。しかし配置も素直なため、クリアにそれほど支障はないだろう。
サニー(7)単押しの素直な譜面。
曲もなじみやすいので、ここまでのレベルアップを確認しつつ、レベル9の入門のために叩いておきたい。
フラワーポップ(8/pm)単押しが多く、リズムもほぼ一定で分かりやすく取りやすい。
あまり手が休まらないのが厄介な程度。
シンフォニックテクノ(12)譜面の配置も単発中心。
若干階段が多いが、ゆるいので落ち着いて叩けば問題なし。
ヒーリングデュオ(12)他のLV9弱の曲とほとんど譜面傾向は変わらず、単純な配置で取りやすい。
ダークオペラ(13)最初から最後まで8分のリズムを刻み続ける。
難所は中盤に出てくる緑+青の同時押しくらい。
デンキマツリ(13)中盤に一度BPMが下がるところがあるが、そこを気をつければ問題はない。
エレクトロポップ(14)リズムが取りにくくズレ押しもある。
しかし譜面自体は素直で簡単。上がりたての人でもクリアできるだろう。
プログレッシブ
(V)(16/IIDX)
実はIIDXのビギナー譜面(難易度は2)を5ボタンに埋め込んだだけの譜面。
交互地帯以外は結構スカスカ。
マジックパス(20)
夏祭り(TVアニメ)前半は同じパターンの繰り返し、サビはひたすら裏打ち。
クラシック2(CS2)運動会でよく聴くクラシック。BPMが180と高い。
譜面は単押ししかなく、判定はきついがクリアだけなら何の問題もないだろう。
ハレンチテクノ(be)判定は甘い。
のりやすいテクノサウンドなので、リズムどおりで問題ない。

ee'MALL 2nd avenueからの移植曲。
ドリームポップ(ee2)単押しのみで簡単。
階段のスキルを確認するにはちょうどいい。
ソフトロック(5/pm)階段譜面。3〜4段のものが多い。
LONGバージョン同様、ポップ君の密度に差があるので、気を抜かないこと。
レッスン(5)序盤は非常に簡単。
中盤から一気に難しくなる。序盤のリズムの速度を2倍にした譜面で、ずっと8分押しと忙しい。
曲タイトルの通りボタンを押す技術の練習にお勧めの譜面。
主に体力及び単押しの練習になる。
ヴィジュアル2REMIX(7)乱打譜面でBPMもやや高め。
しかし判定は甘く、思ったよりもスコアは伸びるはず。
乱打の基礎固めに一度は叩いておきたい譜面。
http://www.youtube.com/watch?v=q1A2Ksn9tAQ&feature=related
パッションLIVE(8)横階段がいくつもある。
LIVE曲にしては判定が素直なので、叩きやすいが、最後のおまけだけは忘れないように。
ガールズロック
(☆shining☆)(9/pm)
一定のリズムが続く譜面。
GOODを連発しないように気をつけよう。
ラストで若干崩れるので、最後まで気を抜かないように。
スキップ(10)やや複雑なリズム押しを要求される部分がある。
最後に終わったと思ったら青が降ってくるので気を抜かない事。
エアポート(11)縦連打の練習にはちょうどいい譜面。
中盤のダバダバ〜パートはリズムを一定にして叩くので集中力を切らさないように。
テツドウ(11)素直な譜面で叩きやすい。
階段が多いので練習したい人は叩いてみよう。
ハイパージャパネスク(12/pm)主に階段で構成されている曲。曲に合わせて叩いていけば問題ないだろう。階段が得意ならフルコン達成できることも。
ピアノトロニカ(13)終盤に交互押しがあるので、一定のリズムを刻めるかが勝負。
そこで終わったと思いきや、少しオブジェが降ってくるので曲が終わるまで油断禁物。
スペースワルツ(14)基本BPMが224もあるソフラン曲。
譜面は中盤で一度減速し、また高速へと移行する。このソフランが大問題。意識していないと、GOODやBADがでてしまう。
譜面自体はスカスカで簡単なので、ソフランに慣れるにはオススメ。
ディスコフィーバー(14)曲が若干長いので集中力を切らさないように。
リズムが単調なので、しっかりオブジェを見て叩くこと。判定は甘いのでスコアは伸びるだろう。
ウォーリアー(15)BPMが若干下がるのはラストだけ。ほとんどは128で問題ない。
中盤にある同時押し階段さえ気をつければクリアは可能。
スターヒロイン(19)階段、乱打、同時押しをバランスよく配置した譜面。特に同時押しは上下段混じりを除いた全ての2個同時パターンを学べる。
エレクトリカルパレード(TVアニメ)リズムにのっていけば簡単だが、曲どおりの乱打が問題。
ボタンの位置を再確認するには良いかも。
ナニワ(TVアニメ)ナニワのモーツァルトでお馴染みのあの曲。
BPMが高いのでHSの掛け方も重要。
曲を知ってるとかなり楽になるが、中盤のピアノパートは注意。
ラテンロック(CS4)同時押しとその連打が多い。特に3連符になっているものはしっかりリズムを刻むようにしたい。
中盤に青のみ、緑のみで太鼓の達人のようなリズムをとるパートがあり、ここが若干殺しになるが、その後回復は十分可能。
AOR(CS5)交互押しと同時押しの譜面。
リズムが若干掴みにくいが、よく見てたたけば問題ないだろう。
KG(CS5)最初と最後に殺しがある。
特に最後の同時押し連打には要注意。ポップン19で2倍以上のレベル表記になったほどの元詐称曲。
インダストリアル(CS7)同時押しの多いテクノ曲。
同時押しから入る小節が多い。中盤にちょっとした乱打のようなパートがある。
ラストに青の交互押しがあるので、ゲージがギリギリだと落とす可能性もあるので注意。
インフィニティ(CS9)序盤の交互連打は厳しいが、中盤以降で盛り返せる。ノート数はちょうど200である。
エモーショナル(CS9)序盤に隣接同時押しや変則交互があるものの、中盤以降からゲージを稼げる。
後半の同時押しに注意すればクリアできる。
ウィッシュ(CS14)メロディに合わせて押せる。同時押しもそこそこ多め。
スウィートポップ(GF&DM)BPMが下がるのは最後だけなので、HSは114に合わせること。
階段が多いが、幅も広いので落ち着いて叩けば問題ないだろう。

ee'MALl 2nd avenueからの移植曲。
パビリオン(8)BPMが260と高く、判定もややきつい。
譜面はほとんどが下3つのボタンで叩けるが、要所要所で大階段が出てくる。
特にラストは折り返しの大階段の連続になっていて苦手な人は殺しになる。
ラウンジポップ
(Linus)(8/IIDX)
序盤でBPMが若干変化する。
譜面は階段が多く、練習にはちょうどいい。4段の階段がいくつも出てくるので、ここで慣れてしまおう。
コサック(9)BPMの変化が激しい。
中心となるのはBPM130前後くらいなので、ここら辺を目安に。
序盤と中盤に出てくる縦の5連打も侮れない。特に中盤のそれは、低速→高速の切り替わりが含まれるのでBADがでやすい。
出来なければ放置してもかまわない曲。人によっては詐称に感じるかも。
モッズ
(2tone)(9)
縦連打がキツイ。
所々でリズムのつかみにくい箇所もあるので注意。
ポップン体操(10)BPMの変化と内容の面白さに注意。
注意するのは高速地帯の交互連打くらいか。
http://www.youtube.com/watch?v=hSHbpGS6no8&NR=1
ショウナンバラッド(11)中盤に16分の混ざる難所があり、フルコン狙いの人はここが肝になる。
全体的に難しいので気を抜かないように。
ハロウィン(12)BPM変化がめまぐるしい曲。後半も一瞬遅くなってから早くなったりして難しい。変速が苦手な人は後回しした方がいいかと。
マンボカヨウ(13)BPMの速さ(248)と独特なリズムが厄介。Hsは入れないのがマシだが、入れるならHs2まで。
パーティートラック(16)中盤にある青→緑等の連打がレベルの割に叩きづらいか。
キセキ(TVアニメ)中盤の左緑を刻みながらの同時押しは難しいが、その後は密度が下がる。
テラピー(CS7)ノーツ数は少なめ。
序盤は縦連打や高速階段が多く、このLVではかなり難しい配置だが、休み無く振ってくる訳ではないので落ち着いて叩こう。
中盤からは譜面性質がガラリと変わり同時押しがメインに。総合力を鍛えるのに良いかも?
BPMは192と速いので注意。
ちなみにAC9で初登場した時はLv16で当時のハイパー譜面(AC14までLv15)より表記Lvが高かった。AC10で16→9に降格
クラシック8(CS8)譜面自体は簡単な構成だが、BPMが大きく変化するソフランのせいで難度が高い。
低速地帯の階段は、ポップ君の白い線とラインに目を合わせてしっかり叩く事。
デジテクノ(CS8)総合譜面。BPMも150と調節しやすい。
大まかな構成は縦押しだが、ラストにはJ-ソウルのような3つの同時押しがあったりする。
またところどころで16分のオブジェもあり、コンボ崩しになりがち。
トゥイート(CS9)前半は簡単だが、後半になるに連れて徐々に難しくなる。
リズム打ちの高速同時押しに注意。
さらにラストは縦2連打を含んだラス殺しで、気が抜けない。
フレンチメルヘン(CS11)BPMは205に合わせよう。判定は甘い。
しかし、3拍子でさらに微妙な変速が中盤に起きる為、リズムが取りにくくBADが出やすい。
序盤は縦連打や横押し階段で、後半はいきなり同時押し譜面となる。同LVであるテラピーに譜面傾向が似ている。
幻想水滸伝V(CS13)Lvの割に密度が高い階段が多め。曲が終わりそうでなかなか終わらないことにも注意。
スカロック(GF&DM)BPMが160と中途半端なので、HSのかけ方に注意。
階段ばかりで構成されていて、途中にドラムロールのような乱打が絡む。しかしラストまでで十分回復できるのであきらめないこと。
最後におまけがあるので忘れずに。

ee'MALLからの移植曲。
トライバル
(AFRONOVA PRIMEVAL)(DMX)
リズムは複雑だが、単押しがメインなのでしっかり見てたたけば大丈夫。
BPMが200と高いのにも注意。譜面は、一定のリズムの繰り返しになっていて、中盤の螺旋階段が最大の難所。
また、この曲はDDR(レベル13)のなかにも使われているため、ソフランの練習もかねてこちらも叩くと2倍楽しめる。

ee'MALLからの移植曲。
秋(ee2)G線上のアリアのピアノアレンジだが曲を知っていてもリズムが取りづらいだろう。判定も辛い。
強〜詐称カリビアンビーツ(10)ラストまでは遅いBPMでの非常に楽な単押しで逆詐称譜面。
が、ラストだけは極端に難しいラス殺し曲。詐称と感じる人もいるだろう。
右緑で縦連打しつつ+αを取るというこのLVではとんでもない配置。
LV9適正の人はここだけでごっそりゲージを削られてしまうはず。
緑の縦連打だけに集中し他を適当に押すか全捨てすればクリアはさほど難しくは無い。
ちなみにそのラストは9ボタンには無い配置。
J-アシッド(10)とにかく判定がキツイ。
さらには細かい手の動きを求められる部分が数ヶ所出てくる。
どうしてもフルコンできないときはランダムをかけるのも手。
未来派(11)ラストに殺しがあり全体的にリズムがとりにくい。
縦押しが切り替わるタイミングを見極めておかないと中盤でもあっという間に削られる。
ラストの殺しは8分の小階段がいくつも組み合わさったような譜面になっていて、階段のスキルの確認ができる。
クイズマジックアカデミー(13)クイズゲームのBGMをメドレー化した曲。メドレーの性質上、BPM変化が大きいので、速いBPMに合わせると楽になる場合が多い。
オブジェがラインに重なる直前にBPMが変わる箇所に注意。ほとんどがN譜面と大差がないので高速部分の8分刻みが出来ないと苦しい。
イノセント3(CS14)終盤の同時押し連打に注意。ここだけでゲージを大きく削られるおそれも。
ケシゴム(CS8)超総合良譜面。
ソフランあり、縦連打あり、交互連打ありでいろいろな練習ができる。
注意するのはラストのセリフを叩く部分。ここはしっかりとポップ君を見て叩かないと、何を言っているのかまったくわからなくなる。
ハウス
(What is Love?)(be)
掴みづらいリズムが多く、ズレ押しもあるので少々苦しい。
さりげなくN譜面よりオブジェが多いので、難度は実質11前後かもしれない。
カテゴリで選択の際は、同ジャンル名が他にも3つ存在(1つはee2のfeeling of love)するので注意。

ee'MALLからの移植曲。
ギターパンク(GF&DM)リズムどおりに叩けるが、オブジェの配置がこのレベルではかなり難しい。
序盤からラストまで点々とある階段の連続はしっかり見て叩こう。
そのほかにも、2小節にわたる交互押しに注意。
そして圧巻は中盤にある同時押しの階段である。このレベルでは見かけないが、今後のスキルアップには必須。
またCS13ではこの曲のヴォーカル入りバージョンがポップNAパンク(レベル8)の名で楽しめる。

ee'MALLからの移植曲。
詐称ドラムンフライ(11)BPMが高く乱打が多いラス殺し譜面。
中盤で一度オブジェが少なくなるところがあるのでここで回復をしておかないとラストの殺しに耐えられなくなる。
ラス殺しは凶悪で、最後の最後にはズレ押し階段まで出てくるので、まったく気が抜けない。
逆に乱打の練習曲としては最適なので、バリトランスNなどの予行練習になる。
メロコア
(S.F.M)(be)
BPMは最初のイントロのみ100で、歌が始まってから倍の200になる。速度調整は200に合わせよう。
9ボタンNの配置を詰め込んだだけの譜面で、速い縦連打や同時押しに対応できないと苦しい。
曲がかなり短く、回復が難しいので気付いたら終わっていた、ということもあるだろう。

ee'MALLからの移植曲。

Lv10

逆詐称サーキット(CS5)同じ表記難度の中では最もオブジェが少ない。
最初の縦連打が難しいが、その後の部分は非常に単純な配置がメインとなるので、クリアは容易。
実は数少ない9ボタンよりも表記難度が高い曲だが、実質Lv5程度しかない。BPMが速いのでテンポに遅れないように。
フェージングポップ(20)※オンライン終了に伴いプレイは不可能
単押しのみ。リズムも取りやすいので簡単。
ウォーアイニー(TVアニメ)何度も出てくる付点8分のリズムに慣れよう。
スウェディッシュ2(8)曲が若干長いので、体力を要する。
しかし、ほぼ単押しで構成されているためクリアには問題はないだろう。
ラブフォーチュン(10)リズム通りで素直な曲。
ラストのギターソロだけは注意したい。
ロシアンポップ
(サンクトペテルブルクへ)(11)
BPMが123と微妙。
譜面は素直で叩きやすく簡単。注意するところは中盤にある青の縦連打くらいだろう。
オオミソカ(12)同時押しが所々出てくる。
練習にはちょうどいい良譜面。
トーキョーロマン(12)歌にあわせて押す部分が多いのでこの難度では簡単だろう。
にょろロック(12/GF&DM)所々に出てくる縦連打でGOODを連発しないように。
流星RAVE(12)4分のリズムが基本で、かつパターンの繰り返しが多いため、リズムにのりやすいはず。
後半の縦連打部分に注意。
バラッド。(13)基本的にスローテンポ。途中で変速するのでBPMは110に合わせよう。
譜面がいたって単純で、ラストのリタルダンドに注意しておけば問題ないだろう。
ソニックブーム(14/pm)単押しのみで簡単。
3段の階段がいろいろなパターンで降ってくるので練習にはちょうどいい。
レイジャズ(14)リズムは取りにくいが判定も甘く簡単。
レベル7のグラムロックに傾向が似ているため、合わせてやってみるといいだろう。
グラウンドテクノ(15)繰り返しが多い譜面なので、割と楽。
終盤の縦連打さえ失敗しなければOK、上手くいけばフルコンボもいける。
シャイポップ(15)速い横階段がいくつもあるが、このレベルなら問題ないだろう。ただ何度も出てくるため、苦手な人は要注意。
スウィンギングポップ(16)リズムが独特なこと以外問題ない。
スパニッシュバラッド(16)難所はない。遅い。
ヒンディポップ(16)こちらも特に難所はない。
ランドバラッド(17)BPMの割にはゆったりとした単押しのみの構成。
ウィンターキュートロック(19)単押しのみ。難所はない。
タッチ(TVアニメ)元々はポップン8の版権曲だったが、ポップン15で復活。知っている人も多いのでは。
リズムは8分で3・3・2に分けるのが基本。縦連打がメインとなるだけで難所は特にないだろう。
ちなみに9ボタンN(9)よりもレベルが高い珍しい曲のひとつ。
クラシック(CS1)ベートーベンの有名なフレーズが印象的なクラシック。
譜面はラストの7の連打がややきついが、それ以外は特に難所もない。
ファニー(CS2)曲通りの素直な譜面。ノート数も少なく、気軽に叩ける。なお、ポップン7版の譜面とは別(ポップン7版はノーツが71、Lv4〜5相当)。
A.I.KIDS(ee2)判定はかなり甘い。
リズムどおりで押し易く、このレベルの人でもフルコンが狙える。
カントリービーツ(9)単押しが中心だが独特のリズムが掴みにくい。目押しのスキルの習得にちょうどいい譜面。
最後のおまけは忘れずに。
ソフトロックfromIIDX(9/IIDX)曲名の通りDXからの移植曲だが、ポップン版はsanaが歌っている。
曲の感じとは裏腹に判定がきつい。中盤の階段パートはぜひ叩けるまでやっておきたい。
ウィンボ(10)リズムが取りにくいが譜面は素直。
右手に連打が多いので、若干疲れるかもしれない。ラストの青はあんみつではなくしっかり叩くようにしたい。
フォークソング(10)BPMは調節しやすい102。
裏打ちなどが入る変則的なリズムさえ掴めればクリアは出来る。
ロシア(10)リズムどおりで叩きやすい。
中盤に詰まった階段があるので、そこだけは注意しよう。
チップトロニカ(13)規則性のないリズムがスコアを伸ばしづらい。
途中で無音になって、曲が終わったように思わせる箇所が3つあるので注意。特にラストは終わるまで油断しないこと。
トイブレークコア(13/pm)BPMが高い。この速さに惑わされなければ、譜面は単純なのでクリアは可能。
ラブリートランスポップ(13/pm)メロディパートが中心で、リズムが案外複雑。
サイケデリックトランス(14)何小節かごとに繰り返される同じリズムが厄介。
苦手なリズムのところで削られないようにしたい。
メリケンロック(16)終盤が少し忙しい。終わったと思ってもまだ2個降ってくるので注意。
J-テクノトランスREMIX(16)中盤の付点8分のリズムはレベルの割に難しいかもしれない。
アドレッセンス(17)あまりNと変わらない。
ツインヒーロー(17)単押しのみの譜面。BPMはイントロ以外は172。
ディープシーロマン(17)4分の階段状の配置が多い。繰り返しが比較的目立つ
グーニーズ(TVアニメ)BPMが150と調節しやすい。叩きやすいHSをつけよう。
序盤階段、中盤同時押し、終盤階段といろいろな練習が出来る。ピコピコのリズムも掴んでしまえば、フルコンも狙える。
クラシック4(CS4)AC20でLv7→10に。単押しのみの譜面構成だが、変則階段やトリルが多く判定も厳しい。
エリーゼまでにゲージが空だとクリアは難しいので、放置した方がいいかも。
リバプール(CS4)5ボタンのレベルがN譜面のレベルより高い珍しい曲のうちの1つ。
最初の青の交互連打に注意。それ以降は曲通りの素直な譜面。
因みにthe LOφSE BEATのヴォーカルはパーキッツの片岡さんである。
スカイ(CS5)中盤の交互押しでリズムを崩さないようにしたい。
さびて前で、3個の同時押しが3個振ってくるので、あわてないようにしたい。
メランコリー(CS7)ノート数が多い体力譜面。
しかし単押しのみで構成されていて、あらゆる単押しスキルの確認が出来る。
中〜強ホンコンユーロ(11)全体的に忙しく左右に振られる。
だが、常に8分のポップ君を叩くのでリズムは掴みやすい。体力に自信をつけたい方はどうぞ。
敬老パンク(12)BPMは速い方に合わせ、Hsはかけないほうがよい。
途中で急激に下がったり上がったりするため、その前後でミスしやすい。
終盤は歌にあわせれば簡単だろう。ズレはあまり気にする必要はない。しかしパーフェクト目的では判定の厳しさもありかなりの難度。
ちんどんジャズ(13)ジャズ特有のリズムがつかめるかどうか。BPMは高く、途中で微妙に変化する。
階段が多くその中に32分が時々混ざってくるため、GODDが出やすい。
単押ししかないのでじっくり階段の練習はできる。
ハードPf(13)同時押しはほとんど無いが、休み無く降ってくるので手が忙しい譜面。
間隔は広い物の大きい階段があるので注意。素早くボタンを押せないとクリアは難しい。
麻雀格闘倶楽部(13)メドレー曲に付きソフラン(速度変化)あり。終盤のBPMが200を超えるため速度調整に注意。
しかも高速部分が素早く手を動かさないと苦しい階段譜面。
バトルダンス(14)BPMが100〜155となっているが、曲の大半を155で占めているのでBPMはこちらで合わせること。
離れ階段など単押しがメインとなっている。
最初とラストのBPM変化に気をつければクリアは可能。
ヴァイオリンプログレッシブ(16)あまりNと変わらずリズムが取りづらい。曲が短めなのでノート数の割に密度は高め。
ゲットワイルド(TVアニメ)9ボタンと同じく、サビ前後で忙しい部分あり。手を素早く動かせないと厳しい。
原曲を知っていればそれほど苦労しないだろう。
ハードシャンソン(DX)BPMが速く曲に沿った配置が多い。
ラストの裏リズムに注意していけば問題はないだろう。

ee'MALL 2nd avenueからの移植曲。
ジャズワルツ(ee)3拍子で、同レベルにあるヴィヴァーチェやロマネスクに傾向が非常に似ている。
他の曲に比べて素直な配置になっているので、まずはこの曲からやってみよう。
ピアノロック(8)このLVにしては同時押しが多い。横一列に見切る技術の入門となるなのでやっておくと良い。
ちなみに、休憩地帯の位置がN譜面と全く異なる。
こちらは最初のサビ前部分だが、N譜面は中盤部分が何も降ってこない。
ハッピーJユーロ(11)9ボタンノーマルと似た配置だが、前半のトリルがない分簡単。
その代わり終盤に細かく刻む箇所があり、3度目のサビが8分単位で刻むので、最後まで気が抜けない。
珍しく9ボタンよりノーツが多い。
ヒルビリー(11)BPMが274とかなり高い。HSはつけても2までに。
序盤とラスト手前の16分階段が難しい。取りこぼしてもクリアには支障はないだろう。
ラストのドラムパートは目押しで取ること。
モンゴル(11/pm)BPMは速いほうに合わせる。殺しは2箇所。
|翦廖BPMがゆっくりになる直前の部分で混乱しないように。青が奥のボタンということを意識する。(赤緑と青を分けて考える)
∈埜紊瞭瓜押しがラス殺し。FEVERで来れたら、押せるところだけ押してもボーダー以上はゲージが残る。
ヴィヴァーチェ(12/KM)大中いろいろな階段が出てくる。
1ヶ所だけ2個の同時押し階段が出てくるので、そこでコンボを切らさないようにしたい。
アコーディオン独特のリズムがつかめなければ、後回しにするのも良し。
J-ジャズ(12)全体的にトリルが多く忙しい。
終盤の一定のリズムの中でトリルが混じる部分が殺しになるが、その後十分回復できるのであきらめないこと。
ハッピーJヴォーグ(13)ほぼN譜面と同じ。中盤以降から出てくる同時押し階段をしっかりと拾えないとクリアはできない。
序盤にもトリルが3つ単位で振ってくるため気を抜けず、微妙なズレもあるため、集中して叩くこと。
演説(14)BPMは110くらいで合わせておこう。
ズレ押しは多いが、クリアには支障はないだろう。あさき曲にしては素直なので、ここで慣れてしまおう。
ケンカドラム(14)BPM320。ハイスピードはかけないほうが無難。
縦押しの連続の後に、いきなり詰まった配置が現れてくることが多く油断は禁物。
アンビション(16)序盤はそれほどではないが、終盤の階段が手強い。
下手するとここだけでゲージをかなり奪われかねない。
プログレッシブリール(20)リズムが取りづらい。ラストもNと異なりこっちのほうが難しかったりする。
ナーサリー(CS9)3拍子のリズムが特徴。一定の間隔で同時押しが配置されているので、同時押しの練習には最適。
しかし、途中から微妙にずれた配置が出てきたり、終盤には3〜4個押しが出てくるため焦らないように注意。
ハッピーハードコア
(LOVE D RIVE)(be)
LOVE IS ORANGEと似た譜面傾向だが、リズム崩しが多めで、判定も結構辛い。
曲が短い分オブジェがそこそこ詰まっており、中盤の赤の連打は非常にリズムが取りづらい。

ee'MALL 2nd avenueからの移植曲。
ミクスチュアル(be)BPMの変化は気にならないので、160くらいで見切れるHSをつけよう。
譜面自体はトリルや3つの同時押しが多く難しい。
判定の幅が若干広いので、あんみつで切り抜けられないことはないが、これからまだまだ難しくなっていくので、しっかり叩くようにしたい。

ee'MALLからの移植曲。
インストゥルメンタル(DX)BPMは148に合わせておこう。減速するのは最後だけ。
譜面は素直だが、度々出てくるトリルが難しい。コンボ崩しになるので、フルコン狙いの人は要注意。また判定も厳しめ。

ee'MALL 2nd avenueからの移植曲。
サイバーロック(DX)階段+同時押しがメイン。
BPMが200と速いのでHSの付けすぎには注意。手を速く動かさなくてはいけないので、体力配分には注意したい。

ee'MALLからの移植曲。
強〜詐称ヒップロック2(9/pm)BPMは遅いほうに合わす。5ボタン譜面では、何も降ってこない部分から
突然速く降ってきて一個目でいきなり遅くなるワナが何回かある。慣れれば問題ないが、
ラストだけは高速のまま行くので一応ラス殺し。曲終了の直前はグルーヴゲージの上で一瞬確認できる。
フルコン難易度は15,6くらいになり、判定がきついため点もなかなか伸びない。
ロマネスク(10)移植元のGB版の譜面を再現した譜面。
詐称気味。3拍子なので間隔はやや広いがリズムが取りにくい。中盤が凶悪。
5+7の同時押しの2連続と3の単押しが何度も降ってくる為、非常に忙しい。
縦2連打が混ざったり、道中も難しい部分があるので注意。
後半は簡単でフィーバー近くまで回復できるが、ラストの同時押しで削られる危険性もあり、クリア安定が厳しい曲。
大江戸カヨウ(11)レベル10にあがりたてでは到底クリア不可能な曲。
BPMは早いほうの203にあわせること。遅いのは最初の階段だけ。
全体的にトリルと縦連打と階段が多く、マジSKA曲の基本的な流れは汲んでいる。
出来ないようなら、スカ(AC8)などを練習してからやると良い。
http://www.youtube.com/watch?v=ff_Pg_4M0xQ
オンセンラップ(12)BPMが速い上にリズムが独特で、結構難しい。
N譜面を5ボタンにしたものと変わらないので、素早く押す部分が出来ないと苦しいかも。
配置自体に難はないところが救い?
ブルガリアンリズム(14)BPMが高く非常にリズムが取りにくい。
特に序盤の縦連打が難しく、ここで削られないように注意したい。終盤は比較的簡単なので、最後まであきらめないこと。
ナイトメアカルーセル(CS13)BPMは120くらいがメインだが150のところも短くはない。ややノート数が多め。
ヒップホップ
(7000 Questions)(be)
このレベルにしては珍しく、単押しのみで構成されている。
しかし非常にリズムが掴みにくく、BADを誘発しがち。
最後に忘れたころに4つおまけが振ってくるので忘れずに。

ee'MALLからの移植曲。
詐称ヒップロック(6/pm)後半から急に難度が上がる。
緑青青緑青青…は、押す場所、タイミングを間違えるとゲージを大きく減らしてしまう。
最後のゆるい譜面は、曲のリズムとまったく関係ないリズムに感じるのでラス殺しになり得る。
たとえ初見フルゲージクリアできたとしても、クリア安定は期待できない。
バイオミラクル(9)BPMはさほど速くないが、交互連打が多く、さらに休憩地帯も少なく16分押しも結構混ざりかなり忙しい。
交互連打はリズムを取れないと苦戦するだろう。
そして何より恐ろしいのは同時押しに交互連打が混ざる強烈なラス殺し。
削り地帯そのものは短いが最後にあるのでボーダー付近の人は危険。
上記の通り道中も交互連打が混ざり全体的に難しいが、それなりに回復地帯もしっかりあるのできちんとゲージを確保しよう。
テクノボー(11)BPMはゆったりだが、リズムが分かりにくく細かい。
交互連打と、2連打の絡んだ部分がゲージを削られやすく、かなりの難度。
正確に押すのは困難なので、いかにしてごまかすかがクリアのポイントだろう。
ナンキョク(11)BPMは速くはないものの、リズムが分かりにくい構成をしている。
乱打みたいな感じのフレーズが中盤以降で出てくるので、クリアできないと思ったらHsを上げてみるのもありかも。