reiserfs


FrontPage

詳解reiserfs

kernel 2.6.13-rc3から抜粋しました。(20050725)

reiserfsとは

Hans Reiserさんが設計しました。

特徴

  • B*-Tree
  • 小さいファイルはまとめて管理(pagesize以下(ia32 4K ia64(x86_64)16K))
  • メタデータジャーナル
  • 非同期I/O実装のため高速

性能を最適化して、ディスク効率を必要としようとしていないファイルシステムはgeneric_file_write()を使用するのが最適です。

ディスク効率無視のファイルシステムはシンプルで早いように思われがちです。
複雑なアルゴリズムによってディスク効率を高めることは可能ですが、ディスク効率と速度のトレードオフでは何の意味もありません。

reiserfsはディスク効率を高めた結果、速度もgeneric_file_write()と同等なほど最適化されてきました。
しかし、汎用のファイルシステムが使用するgeneric_file_write()には使用しません。
generic_file_write()は(ext2/3)のために書かれた関数といって過言ではないでしょう。

これはいくつかの理由があります:

  1. それには、どんなファイルシステムの特定の最適化の理解もありません。
  2. それは書かれている各ページのために繰り返してファイルシステムに入ります。
  3. それはreiserfsによって実行されるなら_キーで高価な検索_を実行するブロック()機能を得るreiserfsによります。
  4. それが供給される各ページのための操作。 対照的に、reiserfs_ファイル_は一度に、() 給送をできるだけ書きます。
  5. より少ない木の縦断を考慮するreiserfsに。
  6. 中でブロックについてメモリ移動にかかわるので、それぞれの間接的なポインタ挿入は多くのcpuを取ります。
  7. 一度に1にブロック配分コードを何ブロックも尋ねるのはわずかに効率的ではありません。

一般的なファイルだけを使用しないのが書くので、reiserfsが最初にそれを使用するためにmiscodedされたとき、これらの理由のすべてが理解し返されていましたが、コードを凍らせるとは私たちが急いでいたので、そして、その時、それを改訂することができませんでした。
この新しいコードで、事態は最終的に右になるべきです。

将来の特徴: ヒントによって主要な_は検索_を提供します。

WEB翻訳しただけ(´д`*)後で詳しく書きまつ

最新の20件

2006-12-20 2005-11-17 2005-11-09 2005-10-28 2005-10-24 2005-10-13

  • counter: 1420
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1