ハンター / 三面鏡


ハンター番外編「三面鏡」



ハンター番外編「三面鏡」
※「華代ちゃん」シリーズの詳細については、以下の公式ページを参照して下さい。
※「華代ちゃんシリーズ・番外編」の詳細については、以下の公式ページを参照して下さい。
※「いちごちゃん」シリーズの詳細については、以下の公式ページを参照して下さい。

〜 美央の場合 〜

 暗い部屋におれは立っていた。そして目の前にはガラスに挟まれて1人の少女がいた。
 いやそれがただのガラスではないのは判っている。
 判っているがその向こうにいる女の子が今のおれ自身の姿とは思えない。
 いや、ただ信じられないだけか。
 おれが目をつぶるとガラスの向こうの少女も目をつぶる。
 鼻の頭を掻いてみるとその少女も鼻の頭を掻いた。
 やはり……
「これが……、おれ……?」
 そう、おれは歩く自然災害”真城華代”に今の姿にされてしまったのだ。
「……、二人とも何やってるんですか。」
 美玲かあきれ顔で言いつつ部屋の明かりを着けた。
 部屋が明るくなると周りがはっきりしてきた。
 おれの前には鏡ところかガラスさえなく(単に想像の産物だから当り前だ)、おれに瓜二つの少女が立っていた。美登だ。
「いや、一度やってみたかったんだ。」
「美玲もやる?」
「……あとで。」
 

〜 美玲の場合 〜

 暗い部屋にわたしは立っていました。そして目の前にはガラスに挟まれて1人の少女がいました。
 いやそれがただのガラスではないのは判っています。
 判っているのですが、その向こうにいる女の子が今のわたし自身の姿とは思えませんでした。
 いや、ただ信じられないだけですね。
 わたしは自重気味に笑うとその少女も同じように笑いました。
 わたしが右目をつぶるとガラスの向こうの少女も右目をつぶる。
 右手で鼻の頭を掻いてみるとその少女も右手で鼻の頭を掻いた。やはり……
「これが……、わたし……?」
 そう、わたしは歩く自然災害”真城華代”に今の姿にされてしまったのだ。
「……、って美央?左右逆ですよ。鏡なんですからわたしが右目つぶったら左目をつぶってくれないと……」
 そういうとわたしは電気をつけました。
 明るくなった部屋には鏡ところかガラスさえなく、わたしに瓜二つの少女、美央が立っているだけでした。
「あっ。そうか、すまん。」
 

〜 美登の場合 〜

 暗い部屋にぼくは立っていた。そして目の前にはガラスに挟まれて1人の少女がいる。
 いやそれがただのガラスではないのは判っているんだけど。
 判っているんだけどその向こうにいる女の子が今のぼく自身の姿とは思えない。
 いや、ただ信じられないだけ。
 ぼくはなんか可笑しくなって笑うとその少女も同じように笑った。
 ぼくもが片目をつぶるとガラスの向こうの少女も片目をつぶる。
 手で鼻の頭を掻いてみるとその少女も手で鼻の頭を掻く。
 やはり……
「これが……、ぼく……?」
 そう、ぼくは歩く自然災害”真城華代”に今の姿にされてしまったんだ。
 ぼくは諦めて着替えをすることにした。まず靴下を脱ぐ。鏡の中のぼくも。
 今着ているワンピースを脱ぐ振りをしてやっぱり抜かない。でも鏡のぼくは抜いていた。
 鏡のぼくはあまりの事に顔を真っ赤にして口をパクパクしている。
「おい、そろそろ電気つけるぞ。さっさと着なおさないと恥かしいと思うんだか……。」
 


《後書きというかなんというか》

 にわか三つ子ならコレぐらいはやりたいだろうなぁっと。
 そう思うのは私だけ?
 


BBS

 BBS

設定集

登場人物
魔法・技
その他設定

小説(TS)

オリジナル

【天体観測】
プリティーサーラ
ガルヴェローザ
胡蝶の見る夢
探偵物
目覚めの夜に別れを告げて

シェアード・版権

華代ちゃん
華代ちゃん番外編
ハンターシリーズ
※提供:真城悠さま
これは夢オチシリーズ
※提供:Zyukaさま
花子の悩み相談室!
※版権:流離太さま

小説(その他)

シェアード・版権

六門世界
※版権:グループSNE

参考資料

参考資料(創作用)

リンク?

少年少女文庫
喫茶ブルーコスモス
真城の城
※リンクフリー確認分のみリンク


最新の5件

2006-10-19 2006-11-08 2006-10-31 2006-10-27 2006-10-26

  • counter: 189
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit