4.2.1 シンプル チュートリアル 1: セットアップ基礎、ワールド作成


シンプル チュートリアル 1: セットアップ基礎、ワールド作成

This tutorial provides a step-by-step explanation on how you can use Crystal Space from within your application. This tutorial is mainly based on the `simple1' application which you can compile and run to see what it does. To build `simple1' which ships with Crystal Space, type `make simple1' or `jam simple1', or build the `appsimple1' project if you use MSVC.

このチュートリアルは、あなたのアプリケーションの中にCrystal Spaceを使用するための段階を追った説明を提供します。このチュートリアルは`simple1`アプリケーションを基礎とします。`simple1`を実行しどんなものか見て下さい。Crystal Spaceを使い始めるにあたり`simple1`をビルドするために、`make simple1`、または`jam simple1`とタイプするか、もしMSVCを使っているのであれば、`appsimple1`プロジェクトをビルドして下さい。

When you downloaded the Crystal Space package it contains a `CS/include' directory. This directory contains all header files you need when using the Crystal Space components and libraries in your own applications. On one hand, the include directory contains SCF interface definitions. These pure interface file are stored in directories with names starting with the letter `i' (as in `iengine/engine.h'). On the other hand we also have plain C++ include files for interfacing with the libraries of Crystal Space. When you install Crystal Space on your development system (for instance, by invoking `make install' or `jam install'), these headers are placed in a location where they can be easily accessed when writing new programs based on Crystal Space. On Unix systems, for instance, these files usually end up in `/usr/local/include/crystalspace'. Since it can be difficult to remember which header files contain which classes and interfaces, you can instead include the convenient catch-all header file `crystalspace.h'.

Crystal Space パッケージをダウンロードした時に、それは`CS/include`ディレクトリに含まれています。このディレクトリは、あなた自身のアプリケーションでCrsytal Spaceコンポーネントとライブラリを使用するときに必要となる、すべてのヘッダファイルを含んでいます。もう一方で、このインクルードディレクトリは、SCFインターフェイス定義を含んでいます。これらの純粋なインターフェイスファイルは、文字`i`で始まる名前のディレクトリに保存されています(例えば、`iengine/engine.h`など)。一方で、Crystal Spaceのライブラリで使用されるインターフェイスのための、単純なC++インクルードファイルもあります。あなたがCrystal Space開発環境をインストールした時(例えば、`make install`または`jam install`を実行したことによって)、これらのヘッダはCrystal Spaceを基礎とした新しいプログラムを作成する際に、簡単にアクセスできる場所に置かれます。Unixシステム上では、例えば、これらのファイルは大抵`/usr/local/include/crystalspace`にあります。どのクラスとインターフェイスが、どのヘッダファイルに含まれているか覚えているのが難しいため、すべてのヘッダファイルを含んだ便利な`crystalspace.h`を含めることができます。

Crystal Space also has a reference manual and API documentation. The manual is included in HTML form Crystal Space itself in the `CS/docs/html' directory. After you install Crystal Space, the documentation resides at `/usr/local/share/docs/crystalspace-*'. Documentation is also available online. The API documentation can be generated locally or viewed online. See section Where to Get Crystal Space.

Crystal Spaceには、リファレンスマニュアルとAPIドキュメントもあります。このマニュアルは、`CS/docs/html`ディレクトリにあるHTMLに含まれています。Crystal Spaceをインストール後、ドキュメントは、`/usr/local/share/docs/crystalspace-*`に存在します。ドキュメントはオンラインでも使用できます。APIドキュメントはローカルで生成することができるし、オンラインで見ることができます。Where to Get Crystal Space?をご覧下さい。

Additionally, note that the source code for some of these tutorials can be found in the `CS/apps/tutorials' directory. There are also a few additional tutorials at that location which are not (yet) covered in the documentation.

加えて、これらのチュートリアルのいくつかのソースは、`CS/apps/tutorials`ディレクトリで見ることができることを書き留めておいて下さい。ドキュメントに取り上げられていない少しの追加されたチュートリアルもあります。

Before reading this tutorial you should first read the basics (see section Basics and Overview).

このチュートリアルを読む前に、あなたは、まずはじめに基礎を読むべきです。(基礎と概略?をご覧下さい)。

This tutorial features:

このチュートリアルの項目です。

  • Basic setup of a Crystal Space application using csApplicationFramework?.
  • Setting up the application event handler using csBaseEventHandler?.
  • Using events to draw 3D frame and listen to keyboard so we can quit the application.
  • Loading of the basic plugins needed to get the engine going using csInitializer::RequestPlugins?().
  • Creating of the 3D window.
  • Loading of a texture and material using iLoader::LoadTexture?().
  • Creation of a simple room using iEngine::CreateSector?() and iEngine::CreateSectorWallsMesh?(). Also adding a few lights so that everything is visible.
  • Creation of a view (csView class) and a camera.
  • Basic movement using the keyboard.
  • csApplicationFramework?を使用したCrystal Spaceアプリケーションのセットアップ基礎
  • csBaseEventHandler?を使用したアプリケーションのセットアップ
  • 3Dフレーム描画とキーボートの聞き取りのためのイベントの使用。アプリケーションを終了させることができるようになります。
  • csInitializer::RequestPlugins?()を使用したエンジンの取得に必要な基本プラグインのロード
  • 3Dウィンドウの作成
  • iLoader::LoadTexture?()を使用したテクスチャとマテリアルのロード
  • iEngine::CreateSector?()とiEngine::CreateSectorWallsMesh?()を使用した簡単なルームの作成。いくつかのライトも追加するため、すべてが見えます。
  • ビュー(csView class)とカメラの作成
  • キーボードを使用した基本の動き

4.2.1.1 Simple Header File
4.2.1.2 Event Handling
4.2.1.3 Creating a ”World”
4.2.1.4 The Camera
4.2.1.5 Locomotion (Moving Around)

4.2.1.1 簡単なヘッダファイル
4.2.1.2 イベントハンドリング
4.2.1.3 ”ワールド”の作成
4.2.1.4 カメラ
4.2.1.5 移動運動 (周りを移動する)