HotfixIntegrationInst


Win2000/XP/Server2003 SP+Hotfix統合InstCD



はじめに

NT系WindowsにService Pack適用済みのインストールCDを作成するのは超簡単だけど、
Service Pack適用だけではなく、OSの初期設定(カスタマイズ)やHotfixの適用に加え
アプリケーションまで含めた統合インストールCDの作成は、案外難しいよね。

ここは2chで進行している上記内容で始まった、NT系Windows(2000/XP/Server2003)に、
SP適用だけでなく[Service Pack+Hotfix+アプリケーション]等を統合したInstallCDを
作成する方法をみんなでまとめるページです。

※OSへのService Packの適用は、SP1から順番に適用する必要はなく、
 最新版のService Pack適用だけで大丈夫です。
 (2KはSP4、XPはSP2のみを当てるだけ)
 (XPのSP3も全更新は含まれているが、SP3 のリリースノートに依るとマイクロソフトの保証するのは SP1a または SP2 からの更新。)

■ 2chの過去ログ

過去ログをダウンロード(右クリックして保存)


■ Hotfix統合関連参考サイト


■ アプリケーション関連統合参考サイト


■ 各種設定ファイル関係の例


HFSLIP TommyP's HFSLIP

「HFSLIP」は、hotfixを適用したWindowsインストールCDを作成するツールです。
ダイレクトな統合になるため、容量削減とインストール時間の短縮ができます。


nLite - Windows Installation Customizer -

「nLite」は、2000/XPのService Pack適用、Hotfixの統合や
  不必要なコンポーネントの削除等をほぼ自動で行ってくれるツールです。
  ※ 便利ですが削りすぎに注意!動作不安定もしくは起動不可の原因になります。

Q. nLiteでインストールCDを作ると、インストール中にwin32k.sysがエラー出して止まるが・・・?
A. 無人インストールをチェックして、WINNT.SIFファイルを作らせる。そして出力されたWINNT.SIFから次の行を削除する。

LanguageGroup = 7 


 


XPCREATE

「XPCREATE」は、2000/XPのService Pack適用、Hotfixの統合や2KへのIE6の統合を
  ほぼ自動で行ってくれるツールです。
  http://xpcreate.com/ (閉鎖)

・使う前に以下のファイルの修正を行ってください。
 XPCREATE.INI (下記の項目のYESをNOに) 

DLAUTO=NO 
DOCD=NO 
DOSATA=NO 

 XPCREATE.CMD

569行目 WINLANG=ELL 行を削除 (REMでも可)。  
578行目のXXXを Japanese に修正 ← (変えなくてもokの報告あり) 

■ $OEM$ Distribution Folders (OEMドライバやマスストレージドライバの統合)について

統合Installに必要な各種設定ファイルやSVCPACK.INFで処理できないHotfixや
OSに標準で含まれないドライバーや他のアプリケーション等をCD内の
$OEM$フォルダに配置することにより、OSと同時にドライバーの組み込みや
アプリをインストールすることができます。
下記のHPに記載されているようにCDのルートに配置してください。

Microsoftの資料にはi386の中に配置されている資料がありますが、
i386と同様にCDのルートに配置して下さい。
(ネットワークサーバー上の配布共有からInstの場合はi386内への配置みたいです)

$OEM$ 使用の場合は「 winnt.sif 」が必要となります。
winnt.sif の作成方法については下記サイトを参照の上、作成して下さい。

setupmgr.exe を実行して作成したファイルを winnt.sifにリネームし、
そのファイル内容を編集して、以下の設定を「加えて」下さい。

[Unattended]
  OemPreinstall=Yes

◇ OEM プラグ アンド プレイ ドライバを追加する方法
上記を参考に$OEM$\$1\Drivers内に以下を参考にドライバーを追加し
先ほど作成した winnt.sif に以下のような内容の記述を追加してください。

[Unattended]
  OemPnPDriversPath="Drivers\intelINF;Drivers\NIC;Drivers\Modem;Drivers\Video"
  DriverSigningPolicy=Ignore 

◇SATAドライバなどのマスストレージドライバ統合

1.winnt.sif を使用する方法

  • Promise ULTRA100 ATAカード Windows2000ドライバ統合の例 ultra100-3-079-03.zip
    i386フォルダの中にある txtsetup.sif を編集して、以下の記述を追加します。
    sifファイルの末尾は 0x1a ですので、間違って削除しないようにして下さい。
    [SourceDisksFiles]
    Ultra.sys = 1,,,,,,,4,0,0
    [HardwareIdsDatabase]
    PCI\VEN_105A&DEV_4D30&SUBSYS_4D33105A = "ultra"
    PCI\VEN_105A&DEV_0D30&SUBSYS_4D33105A = "ultra"
    PCI\VEN_105A&DEV_4D38&SUBSYS_4D33105A = "ultra"
    PCI\VEN_105A&DEV_4D68 = "ultra"
    PCI\VEN_105A&DEV_4D69 = "ultra"
    [SCSI.Load]
    ultra = ultra.sys,4
    [SCSI]
    ultra = "Win2000 Promise ULTRA100 (tm) Controller"
    [HardwareIdsDatabase]はドライバディスクにある txtsetup.oem を参考にして下さい。

    [SourceDisksFiles?][SCSI.Load]は、上記の例を参考にして、ドライバの名前を
    統合したいsysファイルに変更して下さい。カンマや数字はそのままで問題ない様です

    $OEM$\$1\Drivers の中にドライバディスクのWIN2000フォルダ内のファイル
    ultra.sys ultra.inf ultra.cat の3つをコピーして、コピーしたフォルダの場所を
    winnt.sif ファイルの OemPnPDriversPath? に追加します。
    ドライバファイル(ultra.sys)は、i386フォルダにもコピーします。
    ※ultra.sysは i386フォルダと$OEM$\$1\Driversフォルダの両方にコピーするわけです。

2.$OEM$\TEXTMODEフォルダ を利用する方法 txtsetup.oemの不要な箇所を削除。
winnt.sif に以下のような内容の記述を追加。

[MassStorageDrivers]
  "HighPoint HPT3xx ATA RAID Controller" = "OEM"
  "IDE CD-ROM (ATAPI 1.2)/PCI IDE Controller" = "RETAIL"
[OEMBootFiles]
  TXTSETUP.OEM
  hpt3xx.sys
  hptpro.sys
  hpt3xx.inf
  hpt3xx.cat

ドライバ、TXTSETUP.OEMを$OEM$\TEXTMODEに配置。


■ Windows XP SP1/SP1a

◇ WindowsXP用ロールアップ修正プログラム KB826939 の反映方法

1) WindowsXP-KB826939-x86-JPN.exe を展開する
  WindowsXP-KB826939-x86-JPN.exe -x:D:\826939
2) コマンドプロンプトより各DLL類の圧縮ファイルを作成する
  D:\826939\sp2 へ移動し、「   for %a in (*.*) do makecab %a /l cabs   」を実行する
3) D:\826939\sp2\cabsに作成された38ファイルの内、 ntdll.dl_ 以外を全て選択し
  I386 配下へ上書きコピーする
4) D:\826939\sp2\ntdll.dll を I386 へ上書きコピーする
5) D:\826939\sp2\update 配下の3ファイルを I386\update 配下へコピーする
  (KB826939.cat、update.inf、update.ver)
6) I386\DOSNET.INF の[OptionalSrcDirs]セクションへ 以下を「追加」する
  update 
7) svcpack.inf の各セクションに以下の2つを「追加」する
  [ProductCatalogsToInstall]
  KB826939.cat               <−追加
  [SetupHotfixesToRun]
  update.exe -q -n           <−追加
8) D:\826939\common 配下より update.exe を 、I386\update 配下へコピーする

◇ svcpack.inf からの起動 Hotfix 一覧

update.exe -q -n
mpsetupw.exe              (mpsetupXP.exe : iexpress                      )
KB819639.exe /Q:A /R:N    (WindowsMedia9-KB819639-x86-JPN.exe            )
msjavx86.exe /Q:A /R:N
msjavwu.exe /Q:A /R:N
Q819696.exe /Q /N /Z      (Q819696_WXP_SP2_x86_JPN.exe                   )
KB824105.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB824105-x86-JPN.exe                )
KB823182.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB823182-x86-JPN.exe                )
KB825119.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB825119-x86-JPN.exe                )
KB828035.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB828035-x86-JPN.exe                )
Q832483w.exe              (JPN_Q832483_MDAC_x86.EXE : iexpress           )
Q828026.exe /Q /N /Z      (WindowsMedia-Q828026-x86-JPN.exe              )
KB837001.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB837001-x86-JPN.EXE                )
KB828741.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB828741-x86-JPN.EXE                )
KB835732.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB835732-x86-JPN.EXE                )
KB840374.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB840374-x86-JPN.EXE                )
KB839643.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB839643-x86-JPN.EXE                )
KB870669.exe /Q:A /R:N    (Windows-KB870669-x86-ENU.exe                  )
KB823353.exe /Q:A /R:N    (IE6.0sp1-KB823353-x86-JPN.exe                 )
KB841873.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB841873-x86-jpn.exe                )
KB840315.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB840315-x86-jpn.exe                )
KB842773.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB842773-v2-x86-jpn.exe             )
KB883357.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB883357-x86-jpn.exe                )
KB833987.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB833987-x86-JPN.EXE                )
scriptjp.exe /Q:A /R:N
KB841533.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB841533-x86-jpn.exe                )
KB840987.exe /Q /N /Z     (WidnowsXP-KB840987-x86-jpn.exe                )
KB873376.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB873376-x86-jpn.exe                )
KB841356.exe /Q /N /Z     (WindowsXP-KB841356-x86-jpn.exe                )
KB834707.exe /Q /N /Z     (IE6.0sp1-KB834707-Windows-2000-XP-x86-JPN.exe )
(qchain.exe)

■ Windows XP SP2

ia32 (32bit) は以下。但し内容古いので、SP3 側を適宜参照のこと。

http://www.wikihouse.com/integ/index.php?HotfixIntegrationInst%2FWindowsXP%20SP2


■ Windows XP SP3

ia32 (32bit) まとめは下記。64bit 版は纏められていない。

http://www.wikihouse.com/integ/index.php?HotfixIntegrationInst%2FWindowsXP%20SP3


■ Windows 2000 SP4

◇ svcpack.inf より(実質的に)実行できないもの

Windows2000-KB835732-x86-JPN.EXE /Q /N /Z        qfecheckでエラーとなるため
Windows2000-KB828741-x86-JPN.EXE /Q /N /Z        qfecheckでエラーとなるため
IE6.0sp1-KB823353-x86-JPN.exe /Q:A /R:N         OE6.0SP1関連のため
Windows2000-KB841873-x86-JPN.EXE /Q /N /Z        qfecheckでエラーとなるため
Windows2000-KB839645-x86-JPN.EXE /Q /N /Z        qfecheckでエラーとなるため
rem NDP1.1sp1-KB867460-X86.exe /Q                 %windir%setuperr.log にエラーがでるため
IE6.0sp1-KB833989-x86-JPN.exe /Q:A /R:N          IE6.0SP1関連のため
scriptjp.exe /Q:A /R:N
Windows2000-KB841533-x86-JPN.EXE /Q /N /Z         qfecheckでエラーとなるため
Windows2000-KB840987-x86-JPN.EXE /Q /N /Z        qfecheckでエラーとなるため
Windows2000-KB841356-x86-JPN.EXE /Q /N /Z        qfecheckでエラーとなるため
IE6.0sp1-KB834707-Windows-2000-XP-x86-JPN.exe /Q /N /Z  IE6.0SP1関連のため

   注)「ソフトウェアの更新を Windows インストール ソース ファイルに統合する方法」
   http://support.microsoft.com/kb/828930
   を行えば「qfecheckでエラー」を回避し、svcpack.inf より起動(反映)可能

   当方法による<統合インスト詳細>は こちら を参照のこと

◇ svcpack.inf からの起動 Hotfix 一覧

ie6setup.exe /Q:A /R:N    (ie6setup.exe /c:"ie6wzd.exe /d /s:""#E" の取得EXE)
mpsetupw.exe /Q:A /R:N    (mpsetup.exe : iexpress                           )
;dotnetfw.exe /Q:A /R:N   (dotnetfx.exe : iexpress                          )
;langpacw.exe /Q:A /R:N   (langpack.exe : iexpress                          )
msjavx86.exe /Q:A /R:N
msjavwu.exe /Q:A /R:N
KB819639.exe /Q:A /R:N    (WindowsMedia9-KB819639-x86-JPN.exe               )
KB823559.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB823559-x86-JPN.exe                 )
KB824105.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB824105-x86-JPN.exe                 )
KB823182.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB823182-x86-JPN.exe                 )
KB825119.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB825119-x86-JPN.exe                 )
KB826232.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB826232-x86-JPN.exe                 )
KB828035.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB828035-x86-JPN.exe                 )
KB828749.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB828749-x86-JPN.exe                 )
KB329115.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB329115-x86-JPN.exe                 )
Q828026.exe /Q /N /Z      (WindowsMedia-Q828026-x86-JPN.exe                 )
Q832483w.exe /Q:A /R:N    (JPN_Q832483_MDAC_x86.EXE : iexpress              )
KB837001.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB837001-x86-JPN.EXE                 )
KB839643.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB839643-x86-JPN.EXE                 )
KB870669.exe /Q:A /R:N    (Windows-KB870669-x86-ENU.exe                     )
KB840315.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB840315-x86-JPN.EXE                 )
KB842526.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB842526-x86-JPN.EXE                 )
KB841872.exe /Q /N /Z     (Windows2000-KB841872-x86-JPN.EXE                 )
(RunOnceEx.cmd)
(qchain.exe)
  • qchain.exe 入手(Q815062_W2K_spl_X86_EN.exe より抽出)

■ Windows Server 2003 SP1

◇SP1用(2006/02/18)

Windows-KB890830-V1.13.exe
StepByStepInteractiveTraining-KB898458-x86-JPN.exe
WindowsInstaller-KB893803-v2-x86.exe
Windows-KB909520-v1.000-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB896426-x86-jpn.exe 
WindowsServer2003-KB890046-x86-jpn.exe
WindowsServer2003-KB891957-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB893756-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB896358-x86-jpn.exe
WindowsServer2003-KB896424-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB896428-x86-jpn.exe
WindowsServer2003-KB897616-x86-jpn.exe
WindowsServer2003-KB898792-v2-x86-jpn.exe
WindowsServer2003-KB898900-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB899587-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB899588-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB899589-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB899591-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB900725-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB901017-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB901105-v3-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB901190-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB901214-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB902400-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB903081-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB903234-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB903235-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB903651-x86-jpn.exe
WindowsServer2003-KB904639-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB904706-DX9-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB904714-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB905414-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB905915-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB907565-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB907639-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB907865-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB907986-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB908519-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB908521-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB910437-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB911927-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB912919-x86-JPN.exe
WindowsServer2003-KB913446-x86-JPN.exe

◇SP1 for WMP(2006/02/18)

windowsmedia10-kb907658-x86-intl.exe
windowsmedia-kb895181-x86-jpn.exe
WindowsMedia-KB911564-x86-JPN.exe

◇追記 ○SP1では不要。 rtmgdrやrtmqfrしかなく、sp1には入らないのでリストから削除。

WindowsServer2003-KB824629-x86-JPN.exe ←不要
WindowsServer2003-KB890673-x86-jpn.exe ←不要

○msi.dll

WindowsInstaller-KB893803-v2-x86に同じものが入っている。
WindowsServer2003-KB898715-x86-jpn ←WindowsInstaller-KB893803-v2-x86を入れる場合は不要

○現時点での差し替え。前者は不要となるのでリストから削除。

WindowsServer2003-KB898060-v2-x86-jpn.exeとWindowsServer2003-KB913446-x86-JPN.exe

TCPIP.SYS 後者の方が新しい。

WindowsServer2003-KB883939-x86-jpnとWindowsServer2003-KB905915-x86-JPN

mshtml.dllなど5ファイル 後者に新しいものが別の更新と入ってる。

WindowsServer2003-KB897667-x86-jpnとWindowsServer2003-KB902400-x86-JPN

ole32.dllなど。後者に新しいものが、stclient.dllの更新と一緒に入ってる。
余談だが、前者はQFE版だけだが後者はGDR版も入っている。

○差し替え不可能なもの。

WindowsServer2003-KB896424-x86-JPNとWindowsServer2003-KB912919-x86-JPN

後者の方がgdi32.dllが新しいが、win32k.sysの更新が前者にしか入ってないため。

WindowsServer2003-KB897616-x86-jpnとWindowsServer2003-KB905414-x86-JPN

後者の方が、netman.dllが新しいが、hnetcfg.dllとnetshell.dllの更新が前者にしか入っていないため。

○nliteでダイレクト及び通常適用不可なもの。

Windows-KB890830-V1.13.exe

■ Windows Server 2003 SP2

まとめ希望。


■ Windows Media Player 9/10 のインストール

◇Windows Media Player 9

◇Windows Media Player 10 (XPのみインストール可能です。)


■ Java Virtual Machine (Java VM)のインストール

XP SP1(SP1aではない初期SP1)及び 2000 SP3までには標準でJava VMが含まれましたが、
XP SP無し, SP1a, SP2, 2000 SP4, Server2003にはJava VMが含まれません。
(尚、Microsoftは今後リリースするすべての製品にJava VMを含めない方針。)
またMS JAVA VM Build 3810 (KB816093/MS03-011)は単体インストールは出来ません。
Java VMを利用したい方は以下を参考に統合インストールしてください。


■ .Net Framework 1.1 のサイレントインストール

  ◇ 自己インストールコマンドの作成方法
    SVCPACK.INFで統合するなら下記を参考にしてIEXPRESSを使って
    サイレントインストールパッケージを作成してください。

    MSFN's より( .Net Framework 1.1 Language Pack も同様の作成方法で可能 )
    http://greenmachine.msfnhosting.com/IEXPRESS/iexpress.htm (閉鎖)

  ◇ XP SP2配布用CD付属の.Net Framework 1.1からのインストール
    RUNONCEEX.CMDやHOTFIXES.CMDで指定するなら以下の方法で可能です。

FOR %%a IN (D E F G H I J K L M 
            N O P Q R S T U V W X Y Z) DO IF EXIST %%a:\BOOTFONT.BIN SET CDROM=%%a
rem (↑1行にて記述)
ECHO Installing .NET Framework 1.1
start /wait %CDROM%:\DOTNETFX\DOTNETFX.EXE /q:A /c:"install /l /q"
ECHO Installing .NET Framework 1.1 Japanese Language Pack
start /wait %CDROM%:\DOTNETFX\LANGPACK.EXE /q:A /c:"inst /l /q"
ECHO Installing .NET Framework 1.1 Service Pack 1 (KB867460)
start /wait %CDROM%:\DOTNETFX\NDPSP.EXE /Q

■ MDAC 自己インストールコマンドの作成方法

  • 基本は「.Net Framework 1.1 自己インストールコマンドの作成方法」と同じ
JPN_Q832483_MDAC_x86.EXE を入力ファイルとし、
<Install Program>入力欄に
「   JPN_Q832483_MDAC_x86.EXE /q:a /C:"dahotfix.exe /q /n"   」
と指定し、作成する。

■ DirectX 9.0 インストール指定方法

上記より「DX9NTopk.rar」をダウンロードし、「DX9NTopk.exe」を抽出する。
svcpack.inf へ以下のように記述する。

[SetupHotfixesToRun]
DX9NTOPK.EXE

  参考:MSFN'sより
   DirectX 9.0b http://unattended.msfn.org/unattended.xp/view/switch/7/


SP+メーカー


■ ブートイメージ作成BAT及びコマンド


■ FAQ(Frequently Asked Question)

Q.xxxxをyyyyしたいんだけど、どのようにすればいいですか(OS:Windows XXX)
A.ααααをβββββにすればいいと思います。
                                 (テンプレ)




■ 各コマンドラインスイッチ


■ 関連ツール類


■ ボリュームラベル一覧表


■ Microsoft Windows 修正プログラム インストールと導入ガイド


■ 月例パッチをまとめた ISO イメージ

サポートされているのは、Windows2000,XP(x86,x64),2003(x86,x64)の多言語版。


■ 各種リンク集


Menu

Soft

人気の5件

メニューを編集

Total: 109832
Today: 3