COROLLA LEVIN GT-APEX(AE86)


COROLLA LEVIN GT-APEX(AE86)

頭文字D本編では秋山渉が搭乗する、通称『レビン』*1

1983年5月に姉妹車のトレノと共に発売された、5代目カローラのクーペモデル。レビン最後のFRモデルとしても知られる。
設計は外観以外トレノと同じで、トレノの革新的なリトラクタブルライトに対しレビンは保守的な固定式ライト*2を採用している。

ハチロクには2ドアノッチバックと3ドアハッチバックが存在したが、渉のハチロクレビンは3ドアの前期型GT-APEX*3である。

上記の通りレビンはトレノの姉妹車だが、Ver.3までは同じハチロクのトレノより挙動が不安定*4で、マイナー車扱いされていた。
各車性能の均等化が行われたD4でハチロクレビンもトレノとほぼ同じ性能となり、初心者〜上級者まで扱える万能車となった。
それ故に現在のD0では他のトレノとともに性能が弱体化し、平均より少し早い程度の性能となっている。
また、対戦バランス調整では3度の強化が行われ、腕さえあれば対戦でも普通に使える程度の性能になってはいる。

D4以降はタイムアタックでも比較的上位に入っており、D8では渉の地元である埼玉繋がりで定峰下りの最速車となっていた*5
D0ではVer.1.21で定峰が復活したが、下りの総合1位はカプチーノとなっており、ハチロクレビンは車種別2位となっている。

チューニングは頭文字D本編と同じように、ターボとスーパーチャージャーの両方を選択することが可能。
ちなみにVer.3まではレース用エンジン*6も選択できたが、D4以降は「フルバランス取り」に差し替えられる形で廃止された*7
また、3ドアトレノと同様、一部のフロントスポイラー及びエアロセットではコーナーランプが付き、僅かに後期型風になる。

秋山渉仕様は、前期・後期*8共に一部パーツのカラーや仕様がD4で変更され、アニメに近い仕様になっている。

トレノと同様に、D.NET有料会員専用カラーの内、「ホワイト」「イエロー」「ブルー」「レッド」の4色は前期型のGT-APEX以外のグレードに設定されていたカラーの再現である*9
ただ「ブルー」は実際に設定されていた「ブルーメタリック」とは色味が異なり、こちらの方が明るい色合いをしている。
「ブラック」は後期型3ドアトレノGT-APEXのみに存在した限定仕様車「ブラックリミテッド」の再現。
ハチロクトレノの場合、これを選択するとリアの文字色がブラックリミテッドに近いオレンジ色になるが、ハチロクレビンでは同仕様が存在しない為か、リアの文字色は白のままである。

(最高出力:130ps/6600rpm 最大トルク:15.2kg-m/5200rpm)

メーカーギア駆動方式吸気方式搭乗者
トヨタ5速FRNA秋山渉


カラーラインナップ

ハイテックツートン(初期色)
ハイフラッシュツートン
ハイメタルツートン
D.NET有料会員専用カラー
ホワイト
イエロー
ブルー
レッド
ブラック
ライトグリーン
シャンパンゴールド


チューニング

SPEC 1
機械式LSD
タワーバー
レーシングブレーキパッド
アーシング
エアクリーナー
SPEC 2
軽量フライホイール
強化ダクト
メッシュホース
フロントラダーバー
レーシングプラグ
SPEC 3
強化クラッチ
高性能サスペンション
スポーツ触媒
ドライバッテリー
オイルクーラー
リアラダーバー
ハイリフトカムシャフト
SPEC 4
軽量化(Lv1)
強化スタビライザー
ポート研磨
ROM書き換え
ロールバー・秋山渉(前期/後期)
EXマニホールド
サブコンピューター
強化サスアーム
SPEC 5
ビッグキャリパー
軽量化(Lv2)
イグニッションコイル
ボアアップ
大容量ラジエター
フルコンピューター
レーシングキャブレター
大口径ブレーキローター
スポット増し
パワーSPチューン:フルバランス取り
パワーSPチューン:ボルトオンターボ・秋山渉(前期)
パワーSPチューン:スーパーチャージャー・秋山渉(後期)
※エンジン仕様(パワーSPチューン)で選択できるのは一種類のみ(D8では変更可能)



用品系パーツ

マフラー

メーカー名パーツ名
頭文字Dマフラー・秋山渉
Techno PRO SpiritT-Specチタン
Crystal Body YokohamaC.B.Y.Titanium
Jubiride砲弾直管マフラー
FUJITSUBOLegalis
5ZIGENROCKET MUFFLER 2000
柿本改HYPER2000 FULLMEGA N1+Single
TRUSTdd Muffer

ホイール

メーカー名パーツ名
頭文字Dアルミホイール(SILVER)・秋山渉(前期)*10
頭文字Dアルミホイール(WHITE)・秋山渉(後期)*11
TOYOTAアルミホイール(SILVER)*12
TOM'Sトムスラリー(SILVER)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(BRONZE)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(WHITE)
YOKOHAMAADVAN A3A(RED)
YOKOHAMAADVAN A3A(SILVER)
YOKOHAMAADVAN RACING Oni(SILVER)
RS-WatanabeEIGHT SPOKE(BLACK)
ENKEIRacing RP01(WHITE)
ENKEIRacing RP01(SILVER)
SPEED STAR WHEELSSR STAR SHARK(BLACK)
SPEED STAR WHEELSSR MARK III(GOLD)
SPEED STAR WHEELSSR MARK III(SILVER)

ミラー

メーカー名パーツ名
Techno PRO Spiritエアロミラー
Crystal Body Yokohamaエアロミラー
EAST BEAR SPORTSエアロミラー
GANADORスーパーミラー

ステッカー

メーカー名パーツ名
頭文字D秋名スピードスターズステッカー
頭文字D赤城レッドサンズステッカー
頭文字D妙義ナイトキッズステッカー
頭文字Dエンペラーステッカー

ボディカラー

カラーカラー名
ハイテックツートン
ハイフラッシュツートン
ハイメタルツートン
ホワイト
イエロー
ブルー
レッド
ブラック
ライトグリーン
シャンパンゴールド
SPグリーン・グラデーション
SPレッド・グラデーション
SPブルー・グラデーション
SPイエロー・グラデーション

トランスミッション

チューン内容
オートマチックトランスミッション
マニュアルトランスミッション
※初期状態では、購入時に選択したものが選ばれている。


エアロ系パーツ

エアロセット(フロント・サイド・リアバンパー)

メーカー名パーツ名
TRDTRD エアロセット
Techno Pro SpiritsTechno Pro Spirit エアロセット
GOOD LINEGOOD LINE エアロセット
D.speedD.speed エアロセット
j.bloodj.blood エアロセット

フロントスポイラー

メーカー名パーツ名
TOYOTAフロントスポイラー・秋山渉(前期)
頭文字Dフロントスポイラー・秋山渉(後期)*13
Crystal Body YokohamaCBY N2フロントバンパー
Jubirideフロントバンパースポイラー
BN Sportsフロントバンパー

サイド/フェンダー

メーカー名パーツ名
TOYOTAサイドマッドガード・秋山渉
Crystal Body YokohamaCBY サイドステップ
Jubirideサイドステップ
BN Sportsサイドステップ

リアバンパー

メーカー名パーツ名
Jubirideリアバンパースポイラー
BN Sportsリアバンパー

リアスポイラー

メーカー名パーツ名
TRDリアスポイラー・秋山渉
TOYOTAリアスポイラー
Crystal Body YokohamaCBY リアゲートTYPE II + CUSCO GTウイング
j.bloodリアスポイラーTYPE II
CUSCOGTウイングタイプ2

ボンネット

メーカー名パーツ名
TRDカーボンボンネット・秋山渉(後期)
TRDボンネットフード
Techno PRO Spiritエアテックカーボンボンネット
GOOD LINEFRP エアロボンネット
j.bloodボンネットTYPE3


キャラクター仕様一覧

秋山渉仕様(前期)
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーフロントスポイラーTOYOTA
サイド/フェンダーサイドマッドガードTOYOTA
リアスポイラーリアスポイラーTRD
マフラーマフラー頭文字D
ホイールアルミホイール(SILVER)頭文字D
チューニングSPEC-4・ロールバー(秋山渉・前期)
チューニングSPEC-5・ボルトオンターボ
ボディカラーハイテックツートン
ナンバー熊谷56 よ 73-212 / 熊谷50 よ 1-016(Zero)


秋山渉仕様(後期)
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーフロントスポイラー頭文字D
サイド/フェンダーサイドマッドガードTOYOTA
リアスポイラーリアスポイラーTRD
ボンネットカーボンボンネットTRD
マフラーマフラー頭文字D
ホイールアルミホイール(WHITE)頭文字D
チューニングSPEC-4・ロールバー(秋山渉・後期)
チューニングSPEC-5・スーパーチャージャー
ボディカラーハイテックツートン
ナンバー熊谷56 よ 73-212 / 熊谷50 よ 1-016(Zero)



登場車種へ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2018-12-11 2018-12-08 2018-12-07 2018-12-06 2018-11-30 2018-11-25 2018-11-19 2018-11-17 2018-11-11

今日の10件

  • counter: 103520
  • today: 6
  • yesterday: 11
  • online: 3


*1 本ページではハチゴーレビンと区別する為ハチロクレビンと記述。
*2 この固定式ライトは空力的にはトレノのリトラクタブルライト非展開時より劣るものの、点灯時の空力ではレビンが勝り、尚且つライト自体の重量も軽く、フロントが破損した際の修理費もレビンの方が安く済んだ為、トレノが人気となる以前はレビンを好む走り屋が多かった。
*3 スパルタングレードの「GTV」をベースに、リアワイパーやパワーステアリング、デジタルメーターといった快適装備を充実させた最上位グレード。エンジンの水温を感知しグリルが開閉する「エアロダイナミックグリル」もこのグレードのレビンのみに装着されていた(84年の中期型まで。85年5月以降の後期型では廃止されている)。
*4 ハチゴーレビンにも劣るレベルの不安定さだった。
*5 原作での秋山渉自身は走行シーンこそ無いものの、従兄弟である秋山信彦のチームとプロジェクトDのバトルの観戦、及びニセプロジェクトDの件で定峰に訪れている。
*6 ただし選択しても高回転型エンジンにはならず、メーターも変わらなかった。
*7 他にも、Ver.3までのハチロクレビンには、後期型の「GT-APEX」と3ドアの「GTV」、2ドアの「GT」にオプション設定されていたアルミホイール(2ドアトレノのみ装着できる「後期アルミホイール」と同一品)が標準装備されていたが、D4以降はハチロクレビンのパーツとしては登場していない。
*8 後期仕様はVer.2まで存在せず、前記仕様が流用されていた。Ver.2の家庭用であるSpecial Stageで後期仕様が追加されたが、ホイールは前期のままであった。
*9 前期型ではツートンカラーは「GT-APEX」のみに設定されていた。84年の中期型以降からは3ドアの「GTV」及びAE85の「SR」にもツートンカラーがオプション設定された。
*10 元ネタはRAYSのVOLK RACING Super Fine Meshと思われる。
*11 元ネタはタケチプロジェクトのSprint Hart CPと思われる。車雑誌「ハチマルヒーロー」にて、カーランド主体で行われている「頭文字D 秋山渉レビン制作」でも、Sprint Hart CPが装着されている。
*12 前期型の「GT-APEX」と3ドアの「GTV」、2ドアの「GT」にオプション設定されていたアルミホイール。
*13 「フロントスポイラー(TOYOTA)」をベースに、フロントグリルがメッシュ化されている。