86 GT(ZN6)


86 GT(ZN6)

頭文字D ARCADE STAGEシリーズにはD7で初登場し、原作においてはアニメにのみ登場した『86』*1
D6では「FT-86 G Sports Concept」として登場していたが、正式発売に伴い、仕様変更された。

2012年4月6日発売。トヨタと富士重工業(スバル)の提携を機に誕生したコンパクトFRスポーツクーペ。
車名はAE86のオマージュ*2であり、デビュー前のモーターショーではFT-86と称されていた*3
設計も両社の得意分野をコラボレートさせ、スバル得意の水平対向エンジンにトヨタの直噴技術(D4-S)等をドッキングし、2.0LNAながら200psと環境性能を両立、ボディの低重心化にも磨きをかけ、素直でレベルの高いハンドリングを実現した。

ゲーム中に登場している86はD7の稼働時期からして最初期型である*4

スバルのBRZとはメーカーを超えた兄弟車で、生産は富士重工業が一貫して行っている*5
86が柔らかい足を採用しリアを滑りやすくしたドリフト派、BRZが安定性に振ったグリップ派というコンセプトで販売されている。

上記の乗り味の違いを意識してか、ゲーム内の性能でも86はBRZよりもハンドリングで僅かに優れ、加速性能は一歩譲るとされる。
それでも基本性能は非常に高く、万人向けだが、欠点として6速故にシフト操作が忙しく、若干車体が大柄で壁に接触しやすい。
BRZとは得意不得意なコースも若干異なる*6様だが、お互い大きな性能差はない為、好みで選んでも良いだろう。

D7の秋名下りでは、あのハチロクトレノを抑えて全国トップに輝いており、定峰下りでも全国1位〜13位を独占していた。
D8では秋名下りの最速車をハチロクトレノに返したものの、秋名湖右周りで150位まで独占という前代未聞の快挙を成し遂げた。
また、秋名上りでも最速候補の一台となっており、GC8と一位を争うほどとなっている。
D0では最速コースは特に無いが、タイヤ磨耗が抑え目でコーナリングも安定していることから、従来同様に使用率が非常に高い。

ゲーム以外の頭文字D作品でも、「86」繋がりで度々登場*7しており、原作者・しげの秀一氏が86のデビュー記念にトヨタへ書き下ろしたイラスト*8、アニメ「Final Stage」最終話で拓海の運転するインプレッサとすれ違う車*9、新劇場版三部作の最終弾『Legend3 -夢現-』及びそれをベースとしたD0では「謎の走り屋*10」の車として登場している。

D.NET有料会員専用カラーの内、「ハイテックツートン」と「ハイフラッシュツートン」は、AE86やAE85「SR」のツートンカラー。
「スターリングシルバーツートン」は前後バンパーとドアノブが無塗装の黒になり、最廉価グレード「RC」*11風となる。

(最高出力:200ps/7000rpm 最大トルク:20.9kg-m/6600rpm)

メーカーギア駆動方式吸気方式搭乗者
トヨタ6速FRNA謎の走り屋*12


カラーラインナップ

ライトニングレッド(初期色)
サテンホワイトパール
スターリングシルバーメタリック
ダークグレーメタリック
クリスタルブラックシリカ
オレンジメタリック・謎の走り屋
ギャラクシーブルーシリカ
D.NET有料会員専用カラー
ハイテックツートン
ハイフラッシュツートン
スターリングシルバーツートン


チューニング


SPEC-1

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
機械式LSD450pts405pts
タワーバー450pts405pts
レーシングブレーキパッド500pts450pts
アーシング600pts540pts
エアクリーナー800pts720pts
SPEC-1 合計2800pts2520pts

SPEC-2

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
軽量フライホイール700pts630pts
強化ダクト800pts720pts
メッシュホース800pts720pts
フロントラダーバー900pts810pts
レーシングプラグ1200pts1080pts
SPEC-2 合計4400pts3960pts

SPEC-3

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
強化クラッチ900pts810pts
高性能サスペンション1000pts900pts
スポーツ触媒1100pts990pts
ドライバッテリー1200pts1080pts
オイルクーラー1300pts1170pts
リアラダーバー1400pts1260pts
ハイリフトカムシャフト1500pts1350pts
SPEC-3 合計8400pts7560pts

SPEC-4

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
軽量化(Lv1)1100pts990pts
強化スタビライザー1200pts1080pts
ポート研磨1200pts1080pts
ROM書き換え1300pts1170pts
ロールバー1300pts1170pts
EXマニホールド1500pts1350pts
サブコンピューター1500pts1350pts
強化サスアーム2000pts1800pts
SPEC-4 合計11100pts9990pts

SPEC-5

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
ビッグキャリパー1800pts1620pts
軽量化(Lv2)2000pts1800pts
イグニッションコイル2000pts1800pts
ボアアップ2400pts2160pts
大容量ラジエター2400pts2160pts
フルコンピューター2800pts2520pts
レーシングキャブレター2800pts2520pts
大口径ブレーキローター3000pts2700pts
スポット増し3000pts2700pts
フルバランス取り5000pts4500pts
SPEC-5 合計27200pts24480pts


用品系パーツ

マフラー・2000pts(D.NET有料会員価格・1800pts)

メーカー名パーツ名
TRDハイレスポンスマフラーVer.R
TOM'Sエキゾーストシステム・トムスバレルWテール

ホイール・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
TOYOTAアルミホイール(BLACK)*13
TOYOTAスチールホイール(BLACK)*14
MODELLISTAWing Dancer II(BRASS METALLIC)
TRDアルミホイール(BLACK)
TOM'SEP-2プラス(SILVER)
RS-WatanabeEIGHT SPOKE MAG F8(BLACK)

ステッカー・1000pts(D.NET有料会員価格・900pts)

メーカー名パーツ名
頭文字D藤原とうふ店ステッカー
頭文字D秋名スピードスターズステッカー
頭文字D赤城レッドサンズステッカー
頭文字D妙義ナイトキッズステッカー
頭文字Dエンペラーステッカー

その他・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
TOYOTAエアロスタビライジングフィン

ボディカラー

D7 通常価格D7 D.NET価格パーツ名
20000pts18000pts初期選択カラー
18000ptsD.NET有料会員専用カラー
60000pts54000ptsSPグリーン・グラデーション
75000pts67500ptsSPレッド・グラデーション
95000pts85500ptsSPブルー・グラデーション
150000pts135000ptsSPイエロー・グラデーション

トランスミッション・500pts(D.NET有料会員価格・450pts)

チューン内容
オートマチックトランスミッション
マニュアルトランスミッション
※初期状態では、購入時に選択したものが選ばれている。


エアロ系パーツ

フロントスポイラー・4000pts(D.NET有料会員価格・3600pts)

メーカー名パーツ名
MODELLISTAフロントスポイラー
TRDフロントスポイラー
TOYOTAエアロバンパー
VARISフロントスポイラー
R Magicフロントバンパースポイラー
TOM'Sフロントスポイラー

サイド/フェンダー・2000pts(D.NET有料会員価格・1800pts)

メーカー名パーツ名
MODELLISTAサイドスカート
TRDサイドスカート
VARISサイドステップ
VARISフロントフェンダー
TOM'Sサイドステップ

リアバンパー・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
MODELLISTAリヤスパッツ
TRDリアバンパースポイラー
TOM'Sリアバンパースポイラー

リアスポイラー・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
TOYOTAリアスポイラー*15
TRDリアトランクスポイラー
VARISGTウイング

ボンネット・4000pts(D.NET有料会員価格・3600pts)

メーカー名パーツ名
頭文字Dカーボンボンネット
VARISクーリングボンネット


キャラクター仕様一覧

謎の走り屋仕様
項目パーツ名メーカー名
ボディカラーオレンジメタリック
ナンバー群馬355 お 3-954
新劇場版仕様では、
トヨタのCIマークレスの純正ボンネット及び純正トランク*16
「リアスポイラー・リアスポイラー(TOYOTA)」が装着されている。

登場車種へ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2017-12-18 2017-12-14 2017-12-08 2017-12-06 2017-11-30 2017-11-26 2017-10-25 2017-10-23
  • 86 GT(ZN6)
2017-10-21 2017-10-19 2017-10-14 2017-10-07

今日の10件

  • counter: 75575
  • today: 7
  • yesterday: 18
  • online: 9


*1 頭文字D完結後に連載が開始された同作者の作品「MFゴースト」では、主人公・片桐夏向(カナタ・リヴィントン)の搭乗車両として「ライトニングレッド」の前期型が登場している。
*2 86の名称を受け継いではいるが、外観のデザインはトヨタ・2000GTを、パッケージングではトヨタ・スポーツ800を参考にしているとされる。特にスポーツ800に関しては、同車の設計図が収蔵されている関東自動車工業(現・トヨタ自動車東日本)まで出向いて研究を重ねたという。実際、「安価で小型なスポーツカー」「水平対向エンジンとFR」など、スポーツ800と一致する面がいくつかある。
*3 北米ではサイオン・FR-S、欧州ではGT 86という名称で販売されている。
*4 D7の稼働時期は2012年11月28日。初期型へのマイナーチェンジは2014年4月である。
*5 その為、形式名称も「DBA-ZN6」とスバル方式の命名(BRZは「DBA-ZC6」)であり、フレームを初めとした各所にはSUBARUと刻印がなされ、トヨタエンブレムの裏側にまでもSUBARUの刻印がなされていたりする。
*6 D8では、86が上位〜中位に位置するいろは坂下りのランキングは、BRZは中位〜下位に留まっている。逆に定峰下りはBRZが上位、86が中位に位置する。
*7 何れもカラーはオレンジメタリックで、グレードは登場当時の最上位グレードだった「GT “Limited”」(「GT」をベースに本革内装やリアスポイラー、専用ブレーキパッド等を標準装備)である。
*8 内容としては拓海が86を運転している姿が絵描かれている。
*9 ナンバーは「群馬550 お 86-239」=「ハチロクにThank You」の意味。ちなみに、実車の86は全車3ナンバーである。
*10 目元から上が隠されているので素顔は不明だが、輪郭や髪型、後ろ姿は拓海によく似ており、担当声優もテレビアニメシリーズでの拓海役である三木眞一郎氏、更に車のナンバーはテレビアニメシリーズの拓海のハチロクを模した「群馬 355 お 3-954」という、ファンサービス的な演出がなされている。D0ではドライバーの姿が新劇場版と異なり、目元が隠れる帽子を被った汎用アバターが使われている。
*11 実際はランサーエボリューションの「RS」の様な競技向けグレード。2015年2月まで設定されていた。
*12 ただし、ゲーム中の車種選択画面や公式サイトの車種紹介では紹介されていない。
*13 「RC」廃止後の最廉価グレード「G」に装着されているアルミホイール。
*14 「RC」に装着されていたスチールホイール。
*15 「GT “Limited”」に装着されているリアスポイラー。
*16 前者はEK9の二宮大輝仕様ボンネットとほぼ同じだが、後者のトランクには欧州仕様のGT86で使用されている「TOYOTA」エンブレムが装着されている。