頭文字D ARCADE STAGE 4 改


頭文字D ARCADE STAGE 4 改

頭文字D ARCADE STAGE 4 改(イニシャルディー・アーケードステージ フォー かい、以下D4改)とは、
頭文字D ARCADE STAGE 4(以下D4)の操作性を変更し、アルテッツァ・RX-8・ロードスターの3車種を追加したものである。

仕様上はバージョンアップであるため、データはタイムアタックの記録と
SSクラスのプライドポイントを除き、ほぼD4からの引継ぎが可能となっている。

稼働日が不明なまま数回のロケテスト*1が重ねられ、
稼働日など、様々な憶測が飛んでいたが、3月24日より稼動が開始された。

変更点

ARCADE STAGE 4 改になるに辺り、D4と比べてゲーム内外で様々な変更点が見受けられる。

タイトル

ゲームタイトル変更に伴い、筐体部のタイトルロゴも従来の物に加えて、4の文字の右側に
右下がりの四角で囲まれた「改」と書かれているポップが追加された。


筐体

筐体自体も外見はD4とほぼ同一だが、ボタン類が海外版D4と同じく光るようになっている。

ゲーム外での変更点

  • オープニングムービー
    • 表示されるタイトルに「改」が追加された他、
      一部新たに演出が加えられている。
    • 新たに効果音やエンジン音が追加されている。
  • NEWSテロップ
    • ゲームがされていない状態(デモ画面やロード画面など)では、
      画面の上部にNEWSのテロップが表示されるようになっている。
      ロケテストでは、車種追加のお知らせやカードに関する注意が流れていた。
  • LIVE画面
    • 筐体が店内で接続されている場合、片方の筐体で誰かが走行していると
      もう片方の筐体にLIVE画面が映されるようになっている。
      ただし、映されるはずの筐体がプレイ中の場合は当然の事、
      REPLAY画面が表示されている場合も、LIVE画面は表示されない。
      • LIVEは公道最速伝説やタイムアタックだけでなく、全国対戦も表示される。
  • インターネットランキング
    • 新車種が追加されており、ランキングは全てリセットされている。
      これは挙動やタイトル変化し、別ゲーム扱いである為だと思われる。
      • 4のランキングは、4改のランキングとは別物として扱われ、
        記録は頭文字D.NETで確認する事が出来る。
  • バージョン
    • 第1回ロケテストでは、2007年10月20日〜2007年10月24日までが「version 1.50」
      2007年10月25日〜2007年10月28日までが「version 1.51」だったが、
      双方での大きな違いは見られなかった模様。
    • 第2回ロケテスト以降では「version 1.5」と表記され、
      稼動後も同様の表記となっている。

ゲーム内での変更点

  • D4のカードは使用可能
    • データは、タイムアタックでの記録、プライドランキングのポイントがリセットされ
      (4の記録として保存はされるが、互換性無し)ランクやパーツ、ポイント等は引き継がれる。
    • データの引継ぎ(バージョンアップ)は無料で行われ、引継いだカードには、「4改専用」と印字がされる。
      従ってD4改のカードをD4で使うことは出来ない。
  • 第1回ロケテストでは、ロケテスト専用のカードを新しく発行する必要があった。
    このカードはD4改のロケテスト専用であるため、D4及び、D4改の製品版で使用する事は出来ない。
    • 作成したカードには、「4改ロケテ専用」と印字がされた。
  • 車種の追加
  • 演出の変化
    • 海外版D4との違いとして見られた、タイヤスモークの量や相手と接触した場合の火花が追加されている。
    • 晴れの場合・・・タイヤが滑ると発生するスモークの量が増えている。
      • いろは坂などでは土煙も吹き上げる。
    • 雨の場合・・・常時水煙を吹き上げる。
      • 後ろから見ると、前の車が水煙でぼやける。
    • 相手のクルマに当たると火花が散る。
    • 壁に当たった場合の火花が大きくなっている。
    • コーナリング中のスキール音が変更されている。
    • エボ9やS15などの、ブローオフバルブ音*2が鳴らなかった車に
      新たにブローオフバルブ音が追加されている。
  • BGMに関して
    • コース選択画面にて、BGMが自由に選択できる。選択できるBGMは
      ゲーム中に登場するSUPER EUROBEAT全曲と、NO BGM。
      なお、Verシリーズにあった、BGMの固定は設定できない。
    • 対戦でのブーストオン・オフ画面にて、BGMの確認が出来る。

挙動

挙動は、D4の挙動がベースとなっており、秋名湖のようにアンダーが出ないコースに関しては
4からの変化はほぼ見受けられず、アンダーステア以外の挙動に大きな変化はない。
ただ、Verシリーズの挙動に近いというわけでもない。

  • アンダーステアの変化
    • これまでのD4では、オーバースピードでコーナーへ進入すると
      「アンダーステア」が発生し、フロントから壁へ流されたが、
      4改では「オーバーステア」が発生、リアが急激に滑り出し、
      そのままアウト側の壁に吹っ飛ばされる仕様になっている。
      • 横を向きながら外側の壁に飛ばされるようなもの。
        オーバーの挙動+アンダーのライン。
    • オーバーが発生した場合、これまでの様にアンキャンを使っても
      無理矢理曲げるという事が出来ず、ステアと減速を使って
      なんとか壁に当たらないようにするしかない模様。
      しかし、ステアのコントロールもあまり効かない。
      • またこの状態では、ステアが異様に軽くなる。
        この状態である程度ステアを切ると、再びオーバーが発生する。
    • 壁に当たると壁ペナを食らい、加速しなくなる。
      また壁に当たっても当たらなくても、オーバーでのペナは発生する。
      • オーバーペナ・壁ペナを解除する方法はほぼなく、
        アンキャンを使っても、全く解除されないわけではないが、
        これまでのように、何事も無かったかのように加速、という事もない。
    • 対処方法は、今のところ手前で減速するしかない。
      ブレーキを踏むタイミングが遅すぎても、アクセルを踏むタイミングが早過ぎても
      アンダーが発生するため、ブレーキを踏めばある程度のタイムを出せるが、
      一定以上を目指す場合の難易度は上がっていると言える。
  • なお、オーバーが発生するポイントはアンダーが発生するポイントと変化はない。
    しかし、従来はノーブレーキで行けた所謂「見えないアンダー」が発生するコーナーでもオーバーの場合挙動が変化する*3
    また、従来はアクセルオンでアンダーは発生しなかったが、4改では、アクセルオフでもオーバーが発生する。
    そのため、オーバーが発生するポイントの直前でブレーキを踏んでも外の壁へと流される可能性がある。
    • オーバーは速度ではなく、ブレーキの量が非常に深く関係している。
      進入速度が遅くても、アクセルオフ+適切な秒数のブレーキを行わないと、オーバーは発生する。
      総括すると速度に関係なくオーバーは発生し、一定秒数のブレーキングを行わないと、オーバーは発生する。
    • アンキャンを使っても加速の戻りが非常に悪い、または殆ど戻らないことから、
      ペナルティはこれまでと比べ、かなり強い設定になっており、またアンキャンが大幅に弱体化されている。
      ただ、オーバーが出た後、直線で頭打ち状態で丁寧にアンキャンを数回行うと、ペナルティが消えて加速していく。
  • 壁に当たった場合の速度や挙動変化は、多くは1.2と大差無いが、いろは坂のインガリは非常に使い辛くなっている。
    これは、従来はアンダーが出るコーナーでも、インガリを使えば、無理矢理曲げる事が出来たものの、
    上記のアンダーの発生により、急激に車体がイン側を向き、非常に刺さりやすくなっている為である。
    また刺さらない場合も、アウト側へ吹っ飛ばされる挙動であるため、
    そのまま外の壁へと流されやすく、従来のように「とりあえずインガリ」という訳にはいかない。
  • 壁に当たり続けた場合の判定もD4よりシビアになっており、ペナルティまでの秒数が短くなっている。

対戦

  • 対戦での当たり判定やブーストの強さは1.2とほぼ同じだが、
    上記のように、これまでは無理矢理インガリで追い抜けたコーナーが
    今回からは刺さる・吹っ飛ばされるという現象が発生しやすいため、
    追い抜きのポイントは1.2よりも少ないと思われる。
    丁寧に走行していれば、改以前に見られた理不尽な追い抜きは不可能。
    • オーバーステアは後追いでも発生する。
  • 対戦中も自分と相手のランクが表示されるようになった。

頭文字D.NET

  • 頭文字D.NET有料会員限定で、チューニングショップでボディカラーを変更・購入できるようになった。
    カラーは、作成時に選択可能であった純正色に加え、新たに数種類のオリジナルカラーが追加された。
    なおボディカラーは、パーツストッカーに保存されないが、D.NETの有料課金を止めた場合も、ボディカラーは戻らない。
  • チームを作成している場合、新たにチームステッカーを作成する事ができる。
    • チームステッカーは、バトルギアのように画像をアップロードするのではなく、
      独自のテンプレートにそって作成をする形となっている。

その他

  • 第1回ロケテストでは、頭文字D.NETが使用不可だった*4が、第2回ロケテスト以降、使用可能となった。
  • 対戦前やランク上下時の画面に長方形のスペースが追加されており、ステッカーが実装されるのではないか、
    との憶測が飛んでいたが、稼動から約1ヵ月後の4月15日より、ステッカーが実装された。

    総括すると、ある程度慣れてもアンダーに苦しめられるため無理が出来ず、
    これまでのD4よりも、玄人・上級者向けと言えるかも知れない。

FrontPageへ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2017-11-17 2017-11-13 2017-11-07 2017-11-04 2017-10-25 2017-10-23 2017-10-21 2017-10-20 2017-10-19 2017-10-14 2017-10-07 2017-09-15 2017-09-06

今日の10件

  • counter: 38517
  • today: 5
  • yesterday: 4
  • online: 3


*1 それぞれ第1回ロケテストは2007年10月20日〜2007年10月28日の8日間、「クラブセガ新宿西口」「クラブセガ秋葉原」「セガワールド布施」の3店舗、第2回は2007年12月21日 〜 2007年12月27日の6日間「池袋GIGO」「クラブセガ新宿西口」「クラブセガ秋葉原」の3店舗、第3回は、2008年2月15日 〜 2008年2月28日の6日間「池袋GIGO」「クラブセガ新宿西口」「クラブセガ秋葉原」の3店舗で行われた。
*2 ターボ車で、アクセルを離すと鳴る「シューッ」という音。
*3 筑波往路の1セクションにある、内側に溝のあるコーナーも減速しなければ外の壁に流され、曲がる事が出来ない。
*4 仮パスワードが表示されないため、登録が出来なかった。