マッチキル・モンスター


マッチキル・モンスター/Match Kill Monster

 「DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」で登場した、テキスト欄のステータス欄に「マッチキル・モンスター」と記載されたモンスター群。
 属する全てのモンスターが以下のテキストを持つ。

マッチキル・モンスター
星○/○属性/○○○族/攻□□□/守□□□
自分フィールド上の〜〜族(自身と同じ種族)モンスター3体を
リリースしてアドバンス召喚しなければならない。
このカードが直接攻撃に成功した時、自分はマッチに勝利する。
ルール上、このカードは魔法・罠・効果モンスターの効果を1ターンのみしか適用されない。
マッチキル・モンスター及び神属性モンスター以外のモンスターは
このカードを攻撃対象に選択できない。
このカードの攻撃は無効にされない。
自分のバトルフェイズをスキップする事で以下の効果を発動する。
●〜〜(独自の効果)

 効果の詳細は
 自身と同じ種族のモンスターをリリースしなければ召喚できない召喚ルール効果。
 直接攻撃に成功した時、マッチに勝利するルール効果。
 魔法・罠・効果モンスターの効果が1ターンしか適用されないルール効果。
 マッチキル・モンスターと神属性モンスター以外のモンスターの攻撃対象にされない永続効果。
 攻撃を無効にされない永続効果。
 バトルフェイズをスキップする事で独自の効果を発動する起動効果。

 召喚には自身と同じ種族のモンスターを三体もリリースするという、原作の神以上に厳しい召喚条件を持つ非常に重いモンスター群であるが、効果はいずれも凶悪。

 特に直接攻撃に成功した時、自分はマッチに勝利する特殊勝利効果は凶悪を通り越して危険極まりない。
 その危険性は禁止カードである《ヴィクトリー・ドラゴン》を見ればわかるだろう。
 そしてこの効果は上記の《ヴィクトリー・ドラゴン》より更に危険。
 なぜなら、あちらは直接攻撃でトドメを刺す必要があるのに対し、こちらは一発でも直接攻撃に成功すれば良い。
 また、この効果によりマッチに勝利する事はデュエルに勝利する事でもあるので、一種の特殊勝利効果となる。
 つまり、シングル戦ですら活躍の見込みがある。

そして、このカード郡は上記の効果が無くても以下の効果を持つ為、十分強い。

  • 1:魔法・罠・効果モンスターの効果が1ターンしか適用されないルール効果
    さながら原作の三幻神が魔法カードに対する耐性と同じ耐性が罠カードと効果モンスターにも付いたと言った所。
    このルール効果の恐ろしい所は効果で除去されても適用される事。
    ターン終了時にあらゆる場所からフィールドに帰還する為、効果での除去はその場凌ぎにしかならない。
    効果が永続効果の場合はその効果が適用された最初のターンのみ効果を受けるがそれ以降は1度フィールドを離れない限り、効果を受けないと同様である。
    《スキル・ドレイン》等で効果を無効にしても次のターンには全ての効果が再適用されてしまう。
    《ネフティスの鳳凰神》の如く何度でも復活する為、《デストラクト・ポーション》等とコンボする事も可能。
    このカード郡を効果で除去する場合、除去した後に《D.D.クロウ》等で除外する等「2回除去する」以外では不可能なので、最低でもカードが2枚以上必要になる。
    欠点としては、原作の神が効果で特殊召喚されたターンの終了時に元あった場所に戻るように、このカード郡も効果で特殊召喚されたターンの終了時にフィールドを離れてしまう。
    しかし、このカード郡に特殊召喚の制限は無い。この為、何度も特殊召喚するギミックさえあれば、スピリットモンスターのように相手ターンでは除去を喰らわないメリットになる。尤も効果に対して元々強いので余り意味は無いが。
  • 2:マッチキル・モンスターと神属性モンスター以外のモンスターの攻撃対象にされない永続効果。
    この効果によって戦闘破壊される確立も大幅に減少する。
    そもそも、攻撃力が全員、上級モンスターの基準点以上なので殴られる確率は低いが、《オネスト》や《BF−月影のカルート》等の戦闘補助を無視し、《モノマネ幻想師》で相打ちされない為、あって困るものではない。
    更に、このカードだけしか自分モンスターが存在しない場合はOCGの地縛神のようにロックにもなる。
    一方で、上記の効果と違い永続効果の為、《禁じられた聖杯》等で無効に出来る他、《DNA移植手術》等で神属性を宣言すれば突破できる上、マッチキルモンスター同士の戦闘も単独では避けられない為、この手のロックの中では緩い方である。
    いずれにしても、上記の効果耐性も合わさって脅威的に場持ちが良い。
  • 3:攻撃を無効にされない永続効果。
    このモンスター郡は直接攻撃する事に意味が在るので相性はかなり良い。
    《聖なるバリア−ミラーフォース−》等で除去されれば結局攻撃は防がれてしまうが、ターン終了時に戻るので次のターンまで待てば良い。
    むしろ《魔法の筒》等で大ダメージを受けたり、《くず鉄のかかし》で毎ターン攻撃を防がれる心配が無い為、1番目の効果耐性と十二分に差別化できる。
  • 4:バトルフェイズをスキップする事で独自の発動する起動効果。
    直接攻撃が本命のこのモンスター郡にとって、このコストは他のバトルフェイズをスキップする事で発動する効果と比べて少々痛く思える。
    しかし、作中の説明ではその効果の全てが「直接攻撃を直接的に或いは間接的にサポートする」効果である為、こちらも強力。
    この効果のお陰で、わざわざマッチキルを狙わなくても勝ちに行く事も十分可能。
    イラスト等のデュエルでは直接関係無い部分や、名前・レベル・属性・種族・ステータス以外ではこの効果により、マッチキル・モンスター達の個性が現れる。

 

 

 こんな物が実在しようものなら環境はこのカード郡によるデッキ一色に染まるだろう。
 なかなか直接攻撃を通さない2次創作だからこそ許されるカード群である。

  • 登場作品において―
    DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」で登場。
    タイトルにもなっている通り、「マッチキルモンスターの脅威」は、このカード郡を巡る物語である。
    作中では、『神のカードの偽造品』を使用する事により、意識不明になる者達が続出する為、神のカードを一般の人間でも使えるように改良する『神のカード一般化計画』の副産物である。
    主人公達がセキュリティの隊員である風馬から開発中のこのカード郡が盗まれた事を聞いた事から、物語が本格的に始まる。
    元々はOCGで禁止カードの《ヴィクトリー・ドラゴン》や世界大会の賞品にされているモンスター達がベースで名前と種族・属性・ステータスは実物と全く同じ。

    この為、本項では実物との混合を避ける為、名前の横に「(ディメストver)」と記載する。

登場作品

関連リンク

マッチキル・モンスター

マッチキル・モンスターに関する効果を持つカード

  • 《『一撃』の脅威》?

その他のリンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 2035
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit