《LS−エアリアル・シーフ》


LS(リンク・スピリット)−エアリアル・シーフ/Link Spirit Aerial Thief》

効果モンスター
星4/風属性/サイキック族/攻1300/守 100
このカードは使用不能なモンスターゾーンに召喚・特殊召喚が可能。
1ターンに1度、自分の手札のユニオンモンスターを任意の数だけ相手に見せ、
その枚数分まで相手フィールド上の魔法・罠カードのコントロールを得る。
その後、コントロールを得た数×300ポイントライフを払う。
この効果の同一チェーン上に魔法・罠カードはチェーンできない。
1ターンに1度、手札・フィールド・墓地に存在する
このカードの種族・属性を変更できる。

 「DIMENSIONAL STORY」で登場した風属性・サイキック族の下級モンスター。
 使用不能となったモンスターゾーンに召喚・特殊召喚できるルール効果と1ターンに1度、相手フィールド上の魔法・罠カードのコントロールを奪取する起動効果、自身の種族・属性を変更できる起動効果を持つ。
 レベル4のLS共通の効果以外に、非常に珍しい効果を二つ持つモンスター。

  • 1つ目は《地盤沈下》等の効果で使用不能となったモンスターゾーンに召喚・特殊召喚できるルール効果。
    モンスターゾーンを使用不能にする効果を持つカードは《地盤沈下》と《おジャマキング》くらいなので余り目立たないだろう。
    だが、効果を無効化されないルール効果なので強力なロックの【トランス】をたった1枚で解除できる。他に《D−HERO Bloo−D》や《ヴォルカニック・クイーン》等が存在するが、こちらは《生け贄封じの仮面》で妨害できないのも特徴。
  • 2つ目の効果は手札のユニオンモンスターの数に応じて相手の魔法・罠カードのコントロールを奪取する起動効果。
    主にこちらを使っていく事になるだろう。
    手札にユニオンモンスターを溜め込む必要がある上、モンスターのコントロールを奪う訳ではないが、この効果の同一チェーン上に魔法・罠カードはチェーンできない。
    この為、カウンター罠などで無効にされない事も強みであり、この効果にチェーンして効果モンスターの効果を発動、
    その効果にチェーンして魔法・罠カードを強引にチェーンする事もできない。
    つまり、この効果の成功率は非常に高いのだ。
    コンボや不意打ちを狙っていた相手にとっては目論見を一気に崩される事になるだろう。
     
    だが、マスタールールからマスタールール2に移行してから、モンスターの起動効果は優先権を行使して発動できなくなった。
    この為、折角のチェーン妨害効果もこのカードの召喚時にフリーチェーンカード等を発動すれば良いという余り意味が無い物になってしまった。
    しかし、見方を変えれば「このカードの召喚時に相手はコントロールを奪われたくないフリーチェーンカードを発動しなければならない」とも解釈できる。
    少なめなので目立たないがこの効果にはライフコストが必要。
    終盤にライフが払えず困る事があるので早めに使いたいところ。

 

 

 

登場作品

DIMESIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威

このカードを使用する代表的なデッキ

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-12-17 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の19件

  • counter: 840
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit