《天帝使−リドル》


《天帝使−リドル/Riddle The Creator》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1200/守1200
このカードが魔法カードの効果または魔法カード発動時の
コストとして墓地へ送られた場合発動する。
相手はデッキからカードを1枚ドローする。
自分はカードの種類(モンスター・魔法・罠)を1つ宣言し、
デッキの一番上のカードを確認する。
そのカードの種類が宣言したカードの種類と同じ場合、
そのカードを手札に加え、自分フィールド上に「天帝使トークン」
(天使族・闇・星1・攻/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。
違う場合はそのカードをデッキの一番下に戻す。

 NEXUS ExtraStory −時を超えた遭遇−で登場した、闇属性・戦士族の下級モンスター。
 魔法カードによって墓地へ送られた時、デッキの一番上のカードの種類を当てる事で、そのカードと2体のトークンを得る事が出来る効果を持つ。
 効果の都合上、デッキトップを操作するカードや《天変地異》との相性は抜群である。

  • 「リドル(riddle)」とは「なぞなぞ」という意味である。
    同じ「天帝使」であるエニグマ(enigma)の意味は「謎」である。
    今後、新たな「天帝使」シリーズは登場するのだろうか。
  • 登場作品において
    NEXUS ExtraStory −時を超えた遭遇−における「十代vsミスターT」にてミスターTが使用。
    《生け贄の代償》のコストによって墓地へ送られる事で効果を発動。
    デッキトップを把握していない状況でミスターTは見事、デッキトップのカード《WWF》?を当ててみせた。
    その後、《ダーク・ホルス・ドラゴン》の効果によって復活し、《ラス・オブ・ネオス》の効果によって破壊された時にも効果を発動したが、今度は外している。
    FOREBODINGにおける「DDvs護」ではDDが使用。
    《鳳凰神の羽根》のコストとして手札から墓地へ送られる事で効果発動。
    この時にデッキトップへと戻した《堕天使ゼラート》を手札に加えた。
    血の刻印では、8話「ソーガvsケルベル」においてケルベルが使用。
    《死者転生》のコストによって手札から墓地へ送られる事で効果発動。
    ケルベル自身の能力によってカードの種類を見分け、《ケルベロス・カイザー》?を当ててみせた。

登場作品

関連カード

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1115
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit