《神海竜の使い》


神海竜(しんかいりゅう)使(つか)い/Envoy of the Sea Dragon Lord》

効果モンスター
星3/水属性/海竜族/攻 500/守1700
自分フィールド上に海竜族モンスターのチューナーが存在するとき、
このカードを手札・墓地から特殊召喚できる。
メインフェイズにフィールド上のこのカードを墓地に送ることで、
自分フィールド上の元々の種族が海竜族のモンスターはエンドフェイズまで
相手の罠・効果モンスターの効果を受けない。
この効果で墓地に送られたこのカードは
エンドフェイズに墓地から自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果は相手のターンにも発動できる。

 「DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」で登場した水属性・海竜族の下級モンスター。
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果。自身を墓地に送る事で海竜族に耐性を与えエンドフェイズに自己再生する誘発即時効果を持つ。

  • 一つ目の効果は自分フィールド上に海竜族チューナーが存在すれば手札・墓地から特殊召喚できる効果。
    現在のところ海竜族のチューナーは《深海のディーヴァ》と《氷弾使いレイス》のみだが、前者はこのカードをリクルートでき、後者は戦闘破壊耐性を持つので容易に展開できるだろう。
  • 二つ目の効果は海竜族への強力なサポート効果。その名の通り《神海竜ギシルノドン》との相性は抜群。
    毎ターン攻撃力3000+罠・効果モンスターへの耐性を持つモンスターを維持できるので制圧力は高い。
    2次創作で「高攻撃力+耐性持ち」は珍しくないがどれも長め下準備が必要だったり大量のカードが必要な場合が多い。
    それらと比べればこのコンボは《深海のディーヴァ》とこのカードが手札にあれば先攻1ターン目でも出せるので、序盤の制圧や劣勢時の切り替えしに強いと言える。
    この時《深海のディーヴァ》の効果で《氷弾使いレイス》等をリクルートすれば手札消費2枚でレベル5のシンクロモンスターが2体並ぶ。

    もちろん《神海竜ギシルノドン》に拘らなくても罠・効果モンスターへの効果耐性は中々強力な上、自己再生効果を2つも持つ為、
    《神海竜ギシルノドン》を採用しない【海竜族】への投入も十分考えられる。
    耐性効果は強力だが、魔法カードに耐性は無いので《地砕き》や《ブラック・ホール》ではアッサリ除去されてしまうので過信は禁物。

  • 墓地に送る効果はコストだが何故か「この効果で〜」と書かれている。
    もちろん自己再生可能だが、ややこしいテキストである。
  • 《キャノン・ソルジャー》と海竜族チューナーがフィールド上に揃えば、このカードを使ったワンターンキルが成立する。
  • 登場作品において―
    DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威第六話の「シンマVS大門寺」で大門寺が使用。
    大門寺のフィールドに《深海のディーヴァ》がいる事で手札から特殊召喚された。
    その後、自身の効果で墓地に送られることで《神海竜ギシルノドン》の自己強化する効果のトリガーとなった。

登場作品

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【海竜族】

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1040
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 4

edit