《次元超融合》


《次元超融合/Super Dimension Fusion》

通常魔法
相手は手札が7枚になるようにドローする。
自分はゲームから除外しているモンスター1体を特殊召喚し、
除外している魔法カードを4枚まで発動することができる。
このターン戦闘を行うことはできない。

 ディスティニーブレイカーで登場した通常魔法。
 相手に大量ドローさせ、自分のモンスター1体を帰還、除外された魔法カードを4枚まで発動できるという特異な効果を持つカード。
 ドロー枚数は《大盤振舞侍》と同じだが、戦闘を介さないためコントロールの変更で自分がドローすることはできない。
 もしも後半の効果がなかったら、《精霊の鏡》で恐ろしいドローターボが完成したのだが……。

 《トゲクリボー》と組み合わせる事で、デッキ破壊として使うことが可能。
 《マジック・ストライカー》などで強力な魔法カードを除外しておくと良いだろう。
 除外している《煉獄焚書》を発動できればしめたもの。

 このカード2枚と適当なカードを組み合わせて使えば凶悪なループが発生する。
 たとえば、《手札抹殺》と《強制接収》と《ワーム・ホール》。このコンボが成立すればそれだけで勝利がほぼ確定する。
 手順は以下の通り

  1. 《次元超融合》1枚と《手札抹殺》《ワーム・ホール》と適当なモンスターを除外、場に《強制接収》を発動させておく。
    自分の手札には最低1枚のカードを残す。
  2. 《次元超融合》を発動。相手が7枚ドローし、除外した適当なモンスターを帰還させる。
  3. 除外した《手札抹殺》と《ワーム・ホール》を発動。
    帰還したモンスターを除外し、《手札抹殺》の効果で相手は7枚捨てて7枚ドロー。
    自分は最低でも1枚捨てるので、《強制接収》により相手の手札が6枚以下になる。
  4. 除外した《次元超融合》を発動。2に戻る。

     ここまでやれば自分の手札はかなり消耗しているだろうから、相手のデッキが先に切れてくれる、という寸法である。
     必要なカードを揃えることが大変だが。
  • 作中では永続魔法である《魂吸収》も発動できている。
  • 登場作品において
    ディスティニーブレイカーのラストデュエルで相馬 十悟が使用。
    《魂吸収》《煉獄焚書》《魔獣王への忠誠》《封印の黄金櫃》の4枚を発動した。
    この時、《封印の黄金櫃》で除外したカードに対して《魂吸収》の効果が適用されている。
    (つまり、1枚ずつ選択した順番に効果解決処理を行っていると考えられる)

登場作品

関連リンク

FAQ

Q:このカードの効果で、除外されている別の《次元超融合》を発動できますか?
A:できます。(10/10/11)

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 2183
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit