《幻影巨人−デイダルバロス》


幻影巨人(ビッグ・ファントム)−デイダルバロス/card name》

儀式・スピリットモンスター
星9/炎属性/悪魔族/攻2800/守 900
「一つ眼の大災害」によって降臨。
このカードが儀式召喚に成功した時、
相手フィールド上のカードを2枚まで破壊する事ができる。
このカードは罠カードの効果を受けない。
1ターンに1度このカードが相手モンスターを破壊した時
続けてもう1度だけ攻撃できる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時
攻撃力が超えていればその数値分相手に戦闘ダメージを与える。
このカードはエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。

 A.CE.EX!!〜えーす☆えくす〜で登場した炎属性・悪魔族の儀式モンスター。
 儀式モンスターでありながらスピリットモンスターであり、せっかく儀式召喚してもエンドフェイズに手札に戻ってしまう。
 ただし、《一つ眼の大災害》の特異な条件により、実質的に墓地のモンスターを除外するだけで再びフィールドに降臨することができる。
 除外コストさえ用意できれば、毎ターン相手フィールド上のカードを2枚まで破壊でき、相手モンスターを戦闘破壊してそのまま連続攻撃ができるため、フィニッシャーとしての能力は申し分ないだろう。

 守備力が低いため、《月の書》で裏返されると手札に戻れないため、そのままあっさりと戦闘破壊されることもある。
 しかし、エンドフェイズに手札に戻るため、それ以外の方法では除去しにくい。

 このカードをデッキのメインに据えるならば、特殊召喚のために除外するモンスターをいかにすばやく墓地に溜め込むか、ということに尽きる。
 このカードはレベル9であり、特殊召喚のために必要な生贄も合計でレベル9以上でなければならない。
 レベル9以上のモンスターを墓地へ置くならば、《ユベル》系列を《終末の騎士》などで墓地へ送り込むのが最も手っ取り早いだろう。
 《キラー・トマト》の自爆特攻等で墓地を肥やしておくのも悪くない。
 2体除外することを前提とするならば、《トレード・イン》でレベル8モンスターを大量に墓地へ送り込む構成も考えられる。
 《終末の騎士》《ダーク・グレファー》や《キラー・トマト》と無理なく併用できる【ダークモンスター】は相性の良いデッキかもしれない。
 ただし、《一つ眼の大災害》が引けなければ重いモンスターだらけで身動きが取れなくなる危険性も持っている。
 また、《手札抹殺》などでこのカードが直接墓地へ落とされてしまうとどうにもならない。

  • スピリットモンスターでありながら、特殊召喚が可能。
    儀式召喚は勿論のこと、儀式召喚に成功して蘇生制限を満たしておけば墓地から蘇生することもできる。
  • ダイダラボッチとは−
    日本の各地で伝承される巨人である。
    「デイダラボッチ」など、数多くの類似の名称が存在する。
  • 登場作品において―
    A.CE.EX!!〜えーす☆えくす〜 ユウキvs真桜花で真桜花が使用。
    その攻撃的な効果によってユウキを追い詰めた。
    ユウキvs真桜花(2戦目)でも真桜花が引き続き使用した。

登場作品

関連カード

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 674
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 2

edit