《強制詠唱》


強制詠唱(きょうせいえいしょう)/Force Spelling》

通常罠
対象となるプレイヤーを1人選択し、
魔法カード名を1つ宣言して発動。
選択したプレイヤーが、手札に宣言した魔法カードを
持っていた場合、そのカード1枚を強制発動させる。
発動タイミングが正しくない魔法カードだった場合、
その効果を無効にしてそのカードを破壊する。
(このカードの効果によって、相手ターンに魔法カードを発動することもできる)

 決闘学園!シリーズで登場した通常罠。
 自分または相手プレイヤーの手札にある魔法カードを強制的に発動させる効果を持つ。

 対象は、自分か相手かを問わない。

 自分に対して使う場合、手札にある魔法カードを、まるで速攻魔法のように活用できる。
 《ライトニング・ボルテックス》・《モンスターゲート》といった魔法カードを、相手ターンや自分のバトルフェイズに発動できるのは、なかなかに強力である。
 だが、このカード自身が伏せたターンには発動できないため、速攻性には欠ける。
 また、普通に魔法カードを使うのに比べて、このカード1枚分のディスアドバンテージを負うことになるのには注意が必要である。

 相手に対して使う場合、まずは相手の手札にある魔法カードを知る必要がある。
 もし《ブラック・ホール》などが相手の手札にあれば、うまいタイミングで強制発動させることで、1対1交換以上の成果をあげることもできるだろう。
 一方で《死者蘇生》のように、いつ使わせても基本的に相手が得をする魔法カードも多い。
 特に、永続魔法やフィールド魔法を強制発動させても、意味のある局面は少ないだろう。

  • 適当な魔法カード名を宣言して、単純なピーピング用カードと割り切って使うこともできる。
  • 相手にこのカードを使われることを警戒するならば、手札にある魔法カードを伏せてしまえばよい。
    だが当然、伏せた魔法カードが破壊されてしまう可能性は高くなるので、注意が必要。
  • 決闘学園!シリーズにおいて―
    朝比奈翔子が使用。
    初登場となる「吉井vs朝比奈」戦では、攻撃してきた相手モンスターに、自分の手札の《メテオ・ストライク》を装備させ、相手に貫通ダメージを与えるという戦術を披露した。
    「朝比奈vs増尾」戦では、このカードが、《バベル・タワー》によるロックを打ち破るという重要な役割を果たしている。

登場作品

関連カード

  • 《おとり人形》

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1675
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit