《リンネ−永劫回帰の支配者》


《リンネ−永劫回帰の支配者/Rein - The Ruler of Recurrence》

効果モンスター
星1/神属性/無族/攻0/守0
デュエル開始時に、デッキに存在するこのカードは自分の墓地に送られる。
このカードは他のカードの効果を受けず、自分の墓地を離れない。
このカードが墓地に存在するとき、以下の効果が全て適用される。
●ルールまたはカード効果による既存のデュエル終了条件は、
このカードの効果を除いて全て無効になる。
●相手のライフポイントが0になったとき、
相手はデュエルに敗北する。
●自分は、1ターンに1度、エンドフェイズ時に
「デュエル終了判定」を必ず行わなければならない。
この判定時に自分のライフポイントが0であった場合、
自分はデュエルに敗北する。

 決闘学園!シリーズで登場した神属性・無族の下級モンスター。
 デュエル開始時にデッキから墓地に送られ、それ以降は決して自分の墓地を離れないという、他に類を見ない効果を持つ。

 このカードが墓地にあるとき、既存のデュエル終了条件はすべて無効になる。
 【エクゾディア】や【終焉のカウントダウン】や【デッキ破壊】など、ライフポイントを0にする以外の方法で勝利を狙うデッキは、このカードを使われると成す術がなくなる。

 また、自分は、「デュエル終了判定」時を除けば、ライフポイントが0であっても、デュエルに敗北することはなくなる。
 この性質を利用すると、《自爆スイッチ》が恐ろしいほどのエンドカードと化す。

 カード・アドバンテージを失うことなく、デュエルのルールを根本から覆してしまう、恐るべき1枚である。

  • デュエル開始時とは、互いのプレイヤーが5枚の初期手札を持った直後、1ターン目のドローフェイズが始まるよりも前のことを指す。
    このときに《リンネ−永劫回帰の支配者》がデッキに存在している場合、必ず自分の墓地に送らなくてはならないが、初期手札に引いてしまった場合は、墓地に送ることはできない。
  • 「デュエル終了判定」はチェーンに乗らない。ただし、チェーンの処理中や、カード効果の処理中に割りこんで「デュエル終了判定」を行うことはできない。
  • このカードが墓地にあるプレイヤーのライフポイントが0になった後に、ライフを回復させるカードを発動すると、その分のライフポイントが回復する。
  • 決闘学園!シリーズでは、設定上このカードは宇宙に1枚しか存在しない。お互いの墓地に《リンネ−永劫回帰の支配者》が存在する場合の裁定は、不明である。
  • 決闘学園!シリーズにおいて―
    リンネが使用。
    「吉井vsリンネ」で初登場。このカード単体ではそこまでの脅威ではないかと思われたが、リンネの持つ《霧の力》と合わせて、絶対無敵の布陣が完成した。

登場作品

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1649
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit