《ミスティック・ドラゴン》


《ミスティック・ドラゴン/Mystic Dragon》

  • GX plus!版
    効果モンスター
    星8/光属性/ドラゴン族/攻3600/守2100
    このカードは、「ミスティック・ベビー・ドラゴン」または
    「ミスティック・レボリューション」の効果でのみ特殊召喚できる。
    このカードは、相手の魔法・罠・モンスター効果の対象にならない。
  • 光は鼓動する版
    効果モンスター
    星8/風属性/ドラゴン族/攻3600/守2100
    このカードは、「ミスティック・ベビー・ドラゴン」または
    「ミスティック・レボリューション」の効果でのみ特殊召喚できる。
    自分のライフポイントが回復する度に、
    このカードにミスティックカウンターを1個乗せる。
    このカードに乗っているミスティックカウンターを1個取り除くことで、
    このカードの攻撃力はターン終了時まで400ポイントアップする。
  • 今はまだ届かない版
    効果モンスター
    星8/光属性/ドラゴン族/攻3600/守2000
    このカードは通常召喚できない。
    このカードは罠カードの効果をコントローラーの任意で
    受けるか受けないか決めることができる。

 アニメGXにおいて登場した最上級ミスティックモンスター。
 アニメにおいて明確な効果が提示されなかったため、作品によって効果が異なる。
 「GX plus!」版及び「光は鼓動する」版では特殊召喚の手段に制限があるものの通常召喚可能。
 「今はまだ届かない」版では通常召喚が不可である代わりに特殊召喚に関する制限がない。
 「GX plus!」版では相手のカード効果の対象にならないという、強力な耐性効果を持っている。
 「今はまだ届かない」版では罠カードの効果に対する耐性を持つ。《E・HERO ワイルドマン》と同じく、《激流葬》などとコンボすることができるだろう。
 「光は鼓動する」版では、《ミスティック・ベビー・ドラゴン》と同じくライフゲインギミックと組み合わせることで真価を発揮する効果となっている。
 「今はまだ届かない」版のみ他の二作と比べて守備力が100ポイント低くなっている。《ミスティック・ベビー・ドラゴン》では高くなっていたのだが……。
 「光は鼓動する」版のみ、他の二作と違い風属性になっている。緑色のイメージからだろうか。

  • 登場作品において―
    初出はアニメGX。早乙女 レイが万丈目戦で使用。
    3600という圧倒的な攻撃力以外は詳しい効果が明かされず、実装が期待されたタッグフォースシリーズにも没ボイスのみが搭載されるにとどまった。
    GX4期のエンディングにも出演したが、結局実際に本編で登場したのは一度きりだった。
    二次創作作品においても早乙女 レイのエースモンスターとして活躍。
    《ミスティック・ベビー・ドラゴン》《ミスティック・レボリューション》の効果によって特殊召喚されることが多かったが、「つなぐその手は」においては蘇生制限がかからないことを理由に《死者蘇生》による特殊召喚が行われようとした。

登場作品

関連カード

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 7163
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit