《ミスティック・ゴーレム》


《ミスティック・ゴーレム/Mystic Golem》

効果モンスター
星1/地属性/岩石族/攻   ?/守   0
このカードの元々の攻撃力は、このカードが
召喚・反転召喚・特殊召喚されたターンに
相手がダメージを受けた回数×500ポイントになる。

 決闘学園!シリーズで登場した、地属性・岩石族の下級モンスター。
 召喚・反転召喚・特殊召喚されたターンに相手がダメージを受けた回数に比例して攻撃力が変動する永続効果を持つ。

 だが、攻撃力2000の下級モンスターには、《ジェネティック・ワーウルフ》がいる。
 それを上回って初めてこのカードならではの長所が見えてくると言えるが、同一ターン内に5回以上のダメージを与えることは容易ではない。
 【フルバーン】や【チェーンバーン】なら達成できる可能性はあるが、それでも労力に見合った成果が得られているとは言いがたい。

 《月の書》にはめっぽう弱い。
 せっかく高い攻撃力を得ても、裏側表示になると攻撃力がリセットされてしまうのだ。

  • 戦闘によるダメージも、カード効果によるダメージもカウントする。
  • 「ミスティック」と名はつくが、ミスティックとの関連性はない。
  • 決闘学園!シリーズにおいて―
    朝比奈翔子のエースモンスターとして、彼女のデュエルには毎回登場している。
    朝比奈のレベル4デュエリスト能力は、「自分ターンのメインフェイズに、1ターンに10度まで、自分もしくは相手プレイヤーに100ポイントのダメージを与えることができる」というもの。
    この能力と《ミスティック・ゴーレム》の相性は抜群で、攻撃力5000は約束されているも同然である。
    《悪夢の拷問部屋》とのコンボで、攻撃力10000を達成したことも何度かある。
    初登場は「吉井vs朝比奈」戦。
    《メテオ・ストライク》を装備され、圧倒的な攻撃力を見せつけた。
    だが、「朝比奈vs稲守」戦では、稲守の能力に阻まれてこのカードの効果が活かせず、裏側守備表示の壁として通常召喚される。
    さらに、朝比奈の能力が封じられた「朝比奈vs霧原」戦では、結局最後まで手札で燻り続けていた。
    このように、朝比奈のデュエリスト能力あってこその《ミスティック・ゴーレム》であることがよくわかる。
    攻撃名は「ギガント・インパクト」。

登場作品

関連カード

FAQ

Q:《ミスティック・ゴーレム》を召喚した後、同一ターン内に相手に効果ダメージを与えました。元々の攻撃力は変動しますか?
A:変動します。

Q:裏側守備表示の《ミスティック・ゴーレム》が、反転召喚でない方法でリバースしました。元々の攻撃力はいくつになりますか?
A:0になります。

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1921
  • today: 1
  • yesterday: 2
  • online: 4

edit