《マルス・エクス・マキナ》


《マルス・エクス・マキナ/Mārs Ex Machina》

効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻3500/守2800
このカードは「エクス・マキナ」と名の付かないモンスターの
通常召喚・特殊召喚には使用できない。
このカードは自分の手札・フィールドの機械族モンスターを
2体以上リリースしてアドバンス召喚できる。
このカードはこのカードの召喚・特殊召喚に使用された機械族モンスターの効果を得る。
このカードは全ての効果に関係なく相手モンスターを攻撃対象にできる。
機械族モンスターのみを使用して召喚・特殊召喚されたこのカードは
相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃をする事ができる。

 「ディメストシリーズ」で登場した地属性・機械族の最上級モンスター。
 エクス・マキナの中でも特に強い「オリュンポス・エクス・マキナ」の1体。
 エクス・マキナ共通の召喚制限効果とオリュンポス・エクス・マキナ共通の永続効果を持ち、
 さらに自分のフィールドだけでなく手札の機械族モンスターを2体以上リリースする事でアドバンス召喚できる召喚ルール効果と全ての効果に関係なく相手モンスターに攻撃できる永続効果、全体攻撃を行なう永続効果を持つ。

 このカード独自の効果はまさに「ビートダウン=殴り倒す」と言う言葉がそのまま当てはまる。
 1つは全ての効果を無視して相手モンスターに攻撃できる永続効果。
 これは《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》で攻撃を封じられたり《切り込み隊長》等の他のモンスターへの攻撃を封印する効果等を無視できる為、表示形式を固定する《レベル制限B地区》を除けば半端なロックはこのカードの前に意味を成さない。
 さらに《威嚇する咆哮》等の「攻撃できない効果」さえも無視する。

 そしてもう1つは機械族のみを使用して召喚・特殊召喚された場合、全体攻撃できるようになる永続効果。
 上記の効果と合わさって、戦闘破壊に耐性を持たないモンスターを除けば高い攻撃力も相まって一瞬で相手のモンスターを殲滅し、ゲームエンドに持ち込む事もできる。

 機械族の天敵である《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》にも吸収されないのも嬉しい所。反面《マシンナーズ・フォートレス》のコストに出来ず、《レベルスティーラー》の特殊召喚にも使用できないので折角の高レベルが勿体無いとも言える。

 総じて非常に豪快なモンスターであり、機械族を中心とするデッキのフィニッシャーになるだろう。

  • 第2の効果の召喚ルール効果は機械族モンスターの効果をコピーする効果と相性が良い。
    複数の効果を持たせ易く、高い耐性能力や貫通効果等を合わせやすい。
    また、リリースするモンスターの数に制限が無い為、ガジェットと共に混ぜる事で《古代の機械巨竜》の第2の効果をフル活用でき、
    全て適用した場合、「全効果を無視して攻撃」「攻撃時に相手の魔法・罠を封印」「貫通」「追加ダメージ×2」「全体攻撃」という「戦神」という言葉に相応しいモンスターとなる。
    また、手札消費は激しくなるが【機械族】では手札のみを使用してアドバンス召喚出来る為、他の最上級モンスターよりも比較的出しやすい。
    特に召喚した瞬間、このカードの召喚条件を満たすガジェットとの相性も良い。効果をコピーすれば後続も途切れさせることも無い。

 

 

  • 登場作品において―
    DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威においてリヒターが使用。
    「リヒターVSエディアス」で初登場し、3色のガジェットと《古代の機械巨竜》の効果をコピー、
    自身の効果も合わせてエディアスの《レアル・ジェネクス・ヴィンディカイト》と《ハイドロ・ジェネクス》を続けて戦闘破壊し、
    貫通ダメージと効果ダメージで後攻ワンターンキルを決めた。
    攻撃名は「アトミック・レベル・デストラクション」
    召喚時の台詞は
    「アドバンス召喚。 誤りし務めは戦の興し。真なる使命は戦の終幕。 荒ぶる神霊よ、内なる力を解き放ち、
    その存在を此処に示せ。 【マルス・エクス・マキナ】。 戦神の鼓動、制裁を与えよ。此の惨き戦場に。」

    元ネタ(下記参照)から「アレス」としての側面が『誤りし務め』であり「マルス」としての側面が『真なる使命』と言った所か。

 

  • 神話・伝承において〜
    「マルス」とはローマ神話における戦いの神であり、ギリシャ神話の「アレス」と同一視される。また、英語名では「マーズ」と訳され、火星を司る神とも言われる。
    「アーレス」は「アテナ」と同じく戦神だが、アテナが戦争における栄誉や計略を表すのに対しアレスは戦場での狂乱と破壊、暴悪の側面を表す。
    この好戦的な神格がギリシア人に不評だった為、人間に敗北したり青銅の壺の中に13か月間幽閉されるなど、神話ではいいエピソードがない。
    同じ戦神であるアテナには数え切れない程の伝承があるのに対しアレスにはそういったものがあまり伝わっていないという、なんとも不遇な神である。
    一方、同一視されている「マルス」は勇敢な戦士、青年の理想像として慕われ、主神なみに篤く崇拝された重要な神である。
    農耕の神でもあったとされる事から、元々農耕民族であったローマ人から厚い信仰心があったのだろう。

登場作品

このカードを使用する代表的なデッキ

関連カード

  • 《獣人アレス》
  • 《力の代行者マーズ》
  • 《アテナ》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 949
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 8

edit