《ヘルフレイムエンペラードラゴンLV11》


《ヘルフレイムエンペラードラゴンLV11 / Hell flame emperor Dragon LV11》

効果モンスター
星11/炎属性/炎族/攻撃力4500/守備力3500
このカードは自分フィールド上で表側表示で存在する限り
コントロールを変更出来ない。
ライフポイントを1000支払う事で
相手フィールド上の攻撃表示モンスターを全て破壊出来る。
このカードがフィールド上に存在する限り、
相手はこのカード以外のモンスターを攻撃対象に選択出来ない。
このカードは墓地の炎属性モンスター1体を除外する毎に
攻撃力・守備力が300ポイントアップする。
このカードが戦闘で破壊された時、デッキより
「ヘルフレイムエンペラードラゴン LV6」を特殊召喚出来る。

 POWER OF THE DUELISTで登場した炎属性炎族の最上級レベルモンスター。
 ヘルフレイムエンペラードラゴンのレベル上の最終進化形態。ここまで進化の段階が多彩なモンスターはレベルモンスターにも類を見ない。
 4500という三幻神をも上回る攻撃力、LV8から引き継ぐフィールド除去効果、LV10も有する攻撃対象の強制変更、そして墓地の炎属性モンスターを除外するごとに攻撃力・守備力を上昇させる効果を持つ。
 デュエルの終盤で召喚できればその高い攻撃力から一気にフィニッシュを決めてくれるだろう。
 また、機会こそ少ないが戦闘破壊された時にデッキに《ヘルフレイムエンペラードラゴンLV6》が残っていれば特殊召喚する事も可能である。
 しかしやっぱり性質上、《強制脱出装置》や《因果切断》は天敵である。
 また、その高い攻撃力も《グラビティ・バインド−超重力の網》や《レベル制限B地区》を発動されると手も足も出なくなるので注意するべき。

  • 召喚制限は無いので、他のヘルフレイムエンペラードラゴンと名のつくモンスターを必ずしも起用する必要は無い。
    だが、このモンスターの存在によりデッキの炎属性を多めにする事がメリットとなりうる。
  • 登場作品において
    POWER OF THE DUELISTにおいて十代が使用。
    「vsダークネス雄二」で初登場し、その高い攻撃力から《メテオ・ブラック・ドラゴン》と相打ちとなる。
    その後、再び召喚されて《ブラッド・ヒート》《合わせ鏡》とのコンボで攻撃力44400となり、デュエルに終止符を打った。
    攻撃名は「インフィニット・イグニッション・バースト」。

登場作品

関連カード

関連リンク

FAQ

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 2265
  • today: 2
  • yesterday: 1
  • online: 1

edit