《ハッピー・マリッジ》


《ハッピー・マリッジ》

装備魔法
相手のモンスターが自分フィールド上に表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
装備モンスターの攻撃力は、そのモンスターの攻撃力分アップする。

 遊戯王デュエルモンスターズGXにて登場した装備魔法。
 コントロールを奪ったモンスターの攻撃力分、装備モンスターの攻撃力をアップさせる。

 元々の持ち主が自分で無ければ何に装備させても良いため、様々な使用法が考えられる。
 《レアル・ジェネクス・クロキシアン》や《エネミーコントローラー》等のコントロール奪取はもちろん、《死者蘇生》や《ゴヨウ・ガーディアン》等で墓地から、《エクスチェンジ》等で手札から奪うなど、様々な使用法が考えられる。
 単純に「コントロールを得たモンスター限定の、自壊しない《リミッター解除》」と見ても中々強力。
 もちろん《キューピッド・キス》や霊使いによるコントロール奪取からの装備も、視野的には面白い。

  • 登場作品において
    初登場は、「遊戯王デュエルモンスターズGX」における「遊城十代vs早乙女レイ」にてレイが使用したのが始まり。
    《恋する乙女》に装備させ、コントロールを得た《E・HERO フェザーマン》の攻撃力分攻撃力を上昇させた。
    タッグフォース版の効果ならば《E・HERO フェザーマン》に装備させていたら十代の敗北となっていたため、何らかの制約があったと思われる。

    「GX plus!」においては「龍也vsミカ&エイジ」にてミカが使用。
    《ホルスの黒炎竜 LV6》のコントロールを得た《火霊使いヒータ》に装備させ、攻撃力を上昇させたが……。
    「plus α ―貪欲な魔物―」においては「金盛兆」にて兆が使用。
    《トラゴエディア》によってコントロール奪取した《E・HERO エッジマン》に装備させ、攻撃力を大幅に上昇させた。
    君が笑う時まで」においては「藤原賢治vs平見幸恵」にて両者が使用。
    《武装再生》の効果を利用し、《エクスチェンジ》によってお互いに交換を行った《サイレント・マジシャン LV4》、《サイレント・ソードマン LV5》にそれぞれ装備させた。
    今はまだ届かない」においては「早乙女レイvsホームズの少女(相田たのか)」においてレイが使用。
    《死者蘇生》によって相手の墓地から特殊召喚した《究極恐獣》に装備させ、勝負を決めた。
    恋する乙女の決闘週間」においては「日坂綾vs滝沢誠人」にて日坂が使用。
    《恋する乙女》に装備させ、《ヴェノム・スワンプ》による攻撃力ダウンを耐え忍んだ。

登場作品

関連カード

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 6180
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit