《ニトロ・コマンダー》


《ニトロ・コマンダー/Nitro Commander》

シンクロモンスター
星4/水属性/戦士族/攻1800/守1200
「ニトロ・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
自分フィールド上に「シンクロン」と名の付くチューナーが
表側表示で存在する限り、このカードはフィールドを離れない。
相手のターンに一度、デッキから魔法・罠カードを1枚ずつ墓地に送り、
自分の墓地から「シンクロン」と名の付くモンスター1枚を
自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはスタンバイフェイズに手札に戻る。

ディメストシリーズ」で登場した水属性・戦士族のシンクロモンスター。 「ニトロ」と名のつくシンクロモンスターの1体であり、「シンクロン」がフィールドに存在する事で除去耐性を発揮する永続効果と「シンクロン」を蘇生する誘発即時効果を持つ。

1つ目の除去耐性自体は非常に強力だが、条件として自分フィールド上に「シンクロン」と名のつくモンスターが必要となる。
「シンクロン」と名の付くモンスターはいずれもステータスが低く、それ自体がチューナーであったり、シンクロ召喚向けの効果を持つ為、わざわざこのカードを維持する為にフィールドに残して置くモンスターは同じく耐性を持つ《ブレイヴ・シンクロン》程度だろう。
むしろ、相手が除去カードを使用した際にチェーンして、2つ目の効果を発動する事がメインとなる。

2つ目の効果はデッキから魔法・罠を墓地に落としつつモンスターを蘇生する効果。
相手のターンのみ発動できる為、この効果で蘇生したモンスターをすぐにシンクロ召喚する場合、《緊急同調》を発動したり、《フォーミュラ・シンクロン》が必要となる。
この効果で蘇生したモンスターは手札に戻ってしまう為、もう一度フィールドに出す必要があるが、《ジャンク・シンクロン》の場合は効果を再び使用できるようになり、《クイック・シンクロン》の場合は手札の《ボルト・ヘッジホッグ》や《レベル・スティーラー》等の墓地に置いておきたいモンスターを墓地に落とす事ができる。

  • 1つ目の耐性効果は対象を取らない効果に対しても有効だが《ブラック・ホール》や《裁きの龍》等の全体除去の効果が発動された場合、自分フィールド上のシンクロンごと吹き飛ぶ為、過信は禁物。
  • 登場作品において―
    「ソウヤ対ルオ」において、ソウヤが使用。綿毛トークン2体と《ニトロ・シンクロン》を素材にシンクロ召喚される。
    自身の耐性効果と蘇生効果を活用し、劣勢下のソウヤの守りの要となった。
    最終的に《サルベージ・ウォリアー》のアドバンス召喚の為にリリースされた。

登場作品

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【シンクロン】

関連カード

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 984
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 3

edit