《トラップ・ブースター》


《トラップ・ブースター/Trap Booster》

バトル In ジェネックス!NEXUS

速攻魔法
手札を1枚捨てる。手札から罠カード1枚を発動する。

ジ・アブソリュート・ディスティニー

速攻魔法
手札を1枚捨てて発動する。手札の罠カード1枚を選択して発動する事ができる。

GX plus!、saviour's soul、光浴びるその意味を

速攻魔法
手札を1枚捨てて発動する。
このターン、自分は手札から罠カード1枚を発動する事ができる。

 アニメGXで登場した速攻魔法。
 手札から罠カードを打てる強力なカード。
 強力とは言え、コストが必要であり、発動する罠カードも含めて3枚のカードを消費してしまう。
 やはりこのカードが活きるのは、普段は罠が使えない1ターン目からの発動となるだろう。

  • バトル In ジェネックス!」「NEXUS」版と「GX plus!」「saviour's soul」 「光浴びるその意味を」版では、微妙に効果が異なる。
    前者は1ターンに複数回使用可能で効果解決途中での発動のため相手にチェーンされる心配が無い点(アニメルールではチェーンされたが)、後者では1ターンに複数回使用不可能な代わりに罠カードの発動をその場ででは無く保留しておける点で異なる。
  • 登場作品において
    アニメGXではカイザーがエド戦で使用。
    《トラップ・ジャマー》を発動してエドに攻撃を通そうとするが……。
    マッドドッグ犬飼戦でもカイザーの手札に確認できる。
    「十代vsオージーン王子」でオージーン王子が使用。
    手札の《サテライト・キャノン》をコストに《リビングデッドの呼び声》を発動し《サテライト・キャノン》を特殊召喚した。
    「十代vsフランツ」にてフランツが使用。
    《血の代償》と合わせて《ラーの翼神竜》を1ターンで召喚した。
    いずれも罠カードをセットし発動させる余地が無い1ターン目に発動されている。
    • 「手札から罠」の奇襲性の高さから、手札コストが厳しい中でも多くの作品において使用されている。
      バトル In ジェネックス!」においては「鳥野藍悟vsヘルカイザー亮」にて鳥野が使用。
      手札から《ゴッドバードアタック》を発動し、ヘルカイザーのモンスターを全滅させた。
      ジ・アブソリュート・ディスティニー」においては「伊東淳也vsアカデミアの少年」にて伊東淳也が使用。
      1ターン目から《グリード》を発動し、アカデミアの少年を圧倒した。
      「GX plus!」においては「光カムイvs黄泉センリ」にてセンリが、「光カムイ&疾風雷人vsケーン&ルーク」にてケーンがセットしたこのカードをルークが使用。
      後者では《魔のデッキ破壊ウイルス》を発動してカムイ&雷人のモンスターを破壊し、さらにリリースした《神聖魔導王 エンディミオン》の効果を再発動させた。
      「saviour's soul」においては「不動遊星vs近藤翔太」にて遊星が使用。
      手札から《死霊の誘い》を発動し、《セイヴァー・スター・ドラゴン》の効果と合わせて勝負を決めた。
      NEXUS」においては「迫水新司vs佐々木健吾」にて佐々木が使用。
      手札から《全弾発射》を発動し、新司に2200ポイントのダメージを与えた。
      光浴びるその意味を」では鍵谷 心、館柳 信哉が使用。

登場作品

関連カード

  • 《処刑人−マキュラ》
  • 《クロス・カウンター・トラップ》?

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 4660
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 3

edit