《ショック・ウェーブ》


《ショック・ウェーブ/Shock Wave》

通常罠
自分のライフポイントが相手のライフポイントよりも
少ない場合にのみ発動する事ができる。
フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。
お互いにその攻撃力分のダメージを受ける。

 アニメ5D’sで登場した通常罠。
 モンスター1体を破壊して双方にバーンダメージを発生させる、《破壊輪》の下位互換。
 条件付きとはいえ、フリーチェーンで、しかも表示形式・コントローラーに関係なく破壊できるのは利点。
 ただし、後半になる程、追加ダメージで自滅する危険性が出てくる。
 逆にこの事を利用して相打ちに持ち込む事もできる。【自爆スイッチ】においては、【クリムゾン】のような自らのライフを削るようなデッキを相手した時、思うようにライフの差を広げられなかった場合の緊急手段として使用可能。

  • 《レインボー・ライフ》を併用すれば、ライフポイント面で大きく優位に立てる。
    しかし、その時点では自分が消費したはこのカードと《レインボー・ライフ》とそのコストの合計3枚なのに対し、相手が失うカードは1枚なので、このコンボを決める際には一撃で相手を倒しておきたい。
    相手だけにダメージを与える目的ならば、《ハネワタ》や《デスウォンバット》、シンクロモンスターには《ブラックフェザー・ドラゴン》《ライフ・ストリーム・ドラゴン》等の方がカード消費は少なくて済む。
  • 登場作品において―
    アニメ5D’sにおいて「ジャックVSカーリー」においてジャックがセットした。
    ジャックはこれによる相打ちを狙ったが、カーリーが罠カード《地縛解放》?を発動した為、《セイヴァー・デモン・ドラゴン》(原作効果)が自身の強制効果によりフィニッシャーとなった為、結局発動されなかった。 また、第83話で偽ジャックが使用した。
    第120話の「ジャックVS甚兵衛」においては、チーム太陽がターン数を稼ぐ戦法をとる事に気付いたジャックが早期決着の為に相打ち目的で発動した。
    《オーバー・ゲイン》?の効果により攻撃力が4000となった《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を破壊してお互いに4000ダメージを与えたが、甚兵衛がチェーンして発動した《ホーリーエルフの祝福》の効果により1800ポイント回復した為、ジャックのみライフが0になり、セカンドホイーラーのクロウにバトンタッチした。

登場作品

  • アニメ5D’s

関連カード

  • 《破壊輪》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1522
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 2

edit