《コマンド・サイレンサー》


《コマンド・サイレンサー》

速攻魔法
相手の攻撃宣言時に発動。
相手のバトルフェイズを終了させて、自分はデッキからカードを1枚ドローする。

 遊戯王デュエルモンスターズDMにて登場した速攻魔法。
 相手の攻撃を防ぎつつ、カードを1枚ドローする。

 基本的に攻撃を封じるだけのカードはディスアドバンテージとなるが、このカードは1枚のドローによりディスアドバンテージとならない。
 単純に使用しても《フローラル・シールド》のほぼ上位互換。《ガード・ブロック》・《ガード・ブロック2》の上位互換にも見えるが、あちらは「モンスターを守れない」「戦闘は行える」事が利点になっているとも言えるため一概にそうとは言えない。
 フリーチェーンで無いためやはり発動前の除去には弱いが、通れば1ターンをノーコストで凌いだ事となるため面白い。

  • 速攻魔法ではあるが、自分のターンでは使用できないためほぼ罠カードと同等の扱いである。
    「神に罠は効かない」設定を忠実に守るためであろうか。
  • 登場作品において―
    「遊戯王デュエルモンスターズDM」におけるバトルシティ編準決勝にて海馬が使用した速攻魔法。
    スピーカーから発生される暴音によって《オシリスの天空竜》への攻撃命令をかき消した。
    「宿命のラスト・デュエル」では再び海馬が使用し、アテムの《クイーンズ・ナイト》の攻撃を無効とした。
    「plus α ―貪欲な魔物―」においては第5話「光カムイvs金盛兆」にて両者が使用。
    お互いに相手モンスターの攻撃を無効にしたが、この時に発生した暴音から……。
    「Slash&Crush」においては第2話「クロウ・ササライvsキムラヌート」にてキムラが使用。
    《グラビ・クラッシュドラゴン》の攻撃を無効にした。
    NEXUS」においては、第21話「明石栄一vs平賀悠二」にて平賀が、第31話と第32話「迫水新司vs佐々木健吾」にて佐々木が使用。
    それぞれ《E・HERO スパークマン》、《セイバーザウルス》と《フロストザウルス》の攻撃を無効にした。
    「金のために決闘!」においては「朝倉光樹vs闇遊戯」にて朝倉が使用し、《ブラック・マジシャン・ガール》の攻撃を無効にした。
    偶然にもどのデュエルに置いても、1体の攻撃しか無効にできていない。
    THE JUDGMENT RULER」においては通常罠として登場。テキストも異なる。
    通常罠
    自分のデッキからカードを1枚ドローする。
    このターン相手は攻撃宣言をする事ができない。
  • アニメでの一瞬移ったカード名は《コマンドサイレンサー》であったが、原作HP内では《コマンド・サイレンサー》(点がついている)の方が多い。
    原作HP内の「アニメオリジナルカードデータ」での誤植がそのまま使用されてしまった結果か。

登場作品

  • 遊戯王デュエルモンスターズDM
  • 宿命のラスト・デュエル
  • Slash&Crush
  • plus α ―貪欲な魔物―
  • NEXUS
  • 金のために決闘!
  • THE JUDGMENT RULER

関連カード

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 11891
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 3

edit