《ゲート・ブロッカー》


《ゲート・ブロッカー/Gate Blocker》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻 100/守2000
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
相手プレイヤーは「スピードワールド」の効果で
スピードカウンターを乗せる効果を発動する事ができない。

 遊戯王5D’sで登場した地属性・岩石族の下級モンスター。
 ライディング・デュエル限定だが極めて強力なロック効果を持つ

 ライディングデュエル専用の魔法カードである「Sp(スピードスペル)」の殆んどは《スピード・ワールド》《スピード・ワールド2》でスピードカウンターを溜めて使わなければならないカードである。
 そのスピードカウンターを溜めさせない効果を持つ為、早い段階で出せば相手の魔法カードの使用を一方的に封じる事ができてしまう。
 ライディングデュエルでは魔法カードより罠カードが優先される傾向にあるが《スピード・ワールド2》の「スピードカウンター」を取り除く事で発動する効果も実質的に封じる事ができるので、ライディングデュエルにおいては凶悪な性能を発揮する。

  • このカードの恐ろしい所は召喚制限の無い下級モンスターである事である。
    アニメではモンスターを表側守備表示で召喚する事ができる上、守備力も下級ブロッカーの基準点に達している為、いきなり硬いロックを仕掛ける事ができる。
    さらに《巨大ネズミ》からリクルート可能であり、《リミット・リバース》や《デブリ・ドラゴン》によって蘇生も可能である。
    後者2枚はこのカードの効果を生かせないが、その場合でもシンクロ素材やエクシーズ素材にできる為、あまり気にならない。
  • 登場作品において―
    「遊星 対 牛尾(2戦目)」において牛尾が、「クロウ対セキュリティ」及び「遊星&クロウ 対 セキュリティ」においてセキュリティが使用。
    いずれにおいても「Sp」の使用を封じて遊星たちを苦しめた。
    さらに「遊星 対 牛尾」においては《ブロークン・ブロッカー》(アニメ効果)でさらに2体特殊召喚され、「遊星&クロウ 対 セキュリティ」では《ゲート・ブロッカー2》に進化した。
    「遊星 対 牛尾」では最終的に守備表示である事が前提といえる攻撃力の低さが災いし、《ゴヨウ・ガーディアン》を戦闘破壊した《ニトロ・ウォリアー》の連続攻撃によって破壊されトドメを刺された。
    • アニメでは制限カードであったような台詞が聞ける。
      確かに出しやすい上に強力な効果を持つ為、ライディングデュエルが主流のあちらの世界では制限カードになってもおかしくない。
      「遊星 対 牛尾」で牛尾が合計3枚使用していた理由はセキュリティは制限カードを2枚以上入れても良いという設定だからである。

登場作品

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【ロックデッキ】
  • 【スピード・ワールド・ロック】

関連カード

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1212
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 2

edit