《Sp−エンジェル・バトン》


《Sp−エンジェル・バトン/Sp - Angel Baton》

  • アニメ版
    通常魔法
    自分のスピードカウンターが2つ以上存在する場合に発動する事ができる。
    自分のデッキからカードを2枚ドローし、その後手札を1枚墓地へ送る。
  • 血の刻印版
    通常魔法
    自分用スピードカウンターが2つ以上ある場合に発動する事ができる。
    デッキからカードを2枚ドローし、その後手札1枚を墓地へ送る。
  • World Championship 2009版
    通常魔法
    自分のスピードカウンターを7つ取り除いて発動する。
    自分のデッキからカードを2枚ドローし、その後手札を1枚墓地へ送る。
  • World Championship 2010版
    通常魔法
    自分のスピードカウンターを4つ取り除いて発動する。
    自分のデッキからカードを2枚ドローし、その後手札を1枚墓地へ送る。

 遊戯王ファイブディーズで登場したSp
 ドロー効果に加え、手札を1枚墓地へ送る効果を持っている。
 まさにライディングデュエル版の《天使の施し》とも言うべき効果を持っている。
 アニメでは発動条件が緩いためたびたび登場人物の危機を救ってきた。
 が、World Championship版ではスピードカウンターのコストが重く設定されている。
 2009では7個も必要であったが、2010では4個に緩和されている。

  • アニメ版の効果では発動条件が緩く、《トレード・イン》の上位互換のような使い方をする事ができる。
  • 血の刻印版はテキストこそやや違うものの、アニメ版と全く同じ効果である。
  • 登場作品において―
    遊戯王ファイブディーズ第31話、クロウvs遊星でクロウの手札に確認できる。
    遊戯王ファイブディーズ第52話、クロウvsボマーでクロウが発動。
    遊戯王ファイブディーズ第96話、遊星vsアンドレで遊星が発動。
    遊戯王ファイブディーズ第128話、遊星vsハラルドで遊星が発動。
    遊星はこのカードでよく《ボルト・ヘッジホッグ》を墓地に送り、後のシンクロ召喚へとつなげる。
    血の刻印第三話、ソーガvsラーメン屋でソーガ、ラーメン屋両名が使用。
    DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威では、栄沢、風馬、久我が使用。
    いずれも墓地に送ったカードを利用している。

登場作品

  • 遊戯王ファイブディーズ
  • 血の刻印

関連カード

  • 《天使の施し》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 8377
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 2

edit