《L⇔R ロールシャッハー》


L⇔R(シンメトリー) ロールシャッハー/Symmetry Rorschach》

効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻1200/守1200
このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、
相手のデッキの一番上のカードを表向きにする事ができる。

 アニメ5D’sで登場した効果モンスター。
 戦闘破壊した時に相手のデッキトップをピーピングする特異な効果を持つ。
 《強烈なはたき落とし》や《マインドクラッシュ》、デッキ破壊のタイミングを計る際に使えるだろうか。
 それにしても、攻撃力がこれでは戦闘破壊が難しい。
 使うならば《収縮》《オネスト》などの戦闘補助も必要となるだろう。

  • このカードに戦闘補助を使う場合、《ビクトリー・バイパー XX03》と属性・攻撃力が共通しているため、性能を比較することになる。
    あちらは機械族であり《ジェイドナイト》から容易にサーチできる他、いざという時に《リミッター解除》で爆発的な攻撃力を得ることが可能である。
    更に、トークンの生成、魔法・罠の破壊、攻撃力の上昇という豪華な効果が備わっている。
    対してこちらは相手のデッキトップのピーピングのみ。情報アドバンテージを活かすデュエルができる熟練デュエリスト向けのカードと言えるだろう。
  • 魔法使い族であるため、《マジシャンズ・クロス》による戦闘補助が可能。
    更に《マジシャンズ・サークル》によってデッキから呼び出す事も可能である。
    レベル3であるため、《レベル制限B地区》や《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》のロックに引っ掛からない。
    これらは《ビクトリー・バイパー XX03》には無い利点である。
  • ロールシャッハ(Rorschach)とは−
    スイスの精神科医ヘルマン・ロールシャッハ。
    彼が考案したロールシャッハ・テストと呼ばれる性格検査がよく知られている。
    テストには、紙の上にインクを落とし、それを二つ折りにして広げることにより作成された、ほぼ左右対称(symmetry)の図版を持つカード(ロールシャッハ・カード)が用いられる。
    性格判断をして相手の心理を見抜く、という性質がデッキトップのピーピングという効果に表れている。
  • 登場作品において―
    アニメ5D’s第18話、龍可vsフランクにおいてフランクが使用。
    攻撃名は「スパイラル・マインド」
    効果名は「ピーピング・マインド」

登場作品

  • アニメ5D’s

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 4941
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1

edit