《G・HERO ディメンジョナー》


G・HERO(ガーディアンヒーロー) ディメンジョナー/Guardian HERO Dimensioner》

効果モンスター
星3/光属性/戦士族/攻800/守800
エンドフェイズまで、自分フィールド上に存在する
モンスター1体をゲームから除外する事ができる。
この効果は相手ターンにも使用する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用する事ができない。
「G・HERO ディメンジョナー」の効果以外で
このカードがゲームから除外された場合、自分フィールド上に特殊召喚する。

 FOREBODINGで登場した光属性・戦士族の下級G・HERO
 自分のモンスター1体をエンドフェイズまでゲームから除外できる効果と、自身が除外された時に特殊召喚できる効果を持つ。
 効果の性質上、【次元】系のデッキとは相性抜群である。

  • 除外された時に無条件で帰還する。強制効果なのでタイミングも逃さない。
  • 《封印の黄金櫃》で実質的にデッキから特殊召喚する事ができる。
    シンクロ素材を揃える際に非常に有効な手段となるだろう。
  • 《マクロコスモス》下ではこのカードとレベル3モンスターを1体ずつ並べ、レベル3モンスター2体を除外しておくことで《虚空海竜リヴァイエール》を3体並べる事ができる。
  • 【ネクロフェイス】の救世主になり得る。
    《ネクロフェイス》によって除外された時に特殊召喚され、《虚空海竜リヴァイエール》から《ネクロフェイス》を帰還できる。
    また、自分の場の《ネクロフェイス》を除外できるため、効果を繰り返し使う事ができる。
    《マクロコスモス》下であれば《ネクロフェイス》を帰還するために取り除いたエクシーズ素材も除外されるため、容易にこのカードと《ネクロフェイス》を並べる事ができる。
    一度自分の場に並んでしまえば、自分のターンに1度、相手のターンにもう1度で、《ネクロフェイス》の効果を2回使える。
    その効果で更に次の《G・HERO ディメンジョナー》が除外されればボード・アドバンテージを稼ぐ事も可能。
  • 《氷結界の龍 ブリューナク》《虚空海竜リヴァイエール》《神剣−フェニックスブレード》《ネクロフェイス》と《G・HERO ディメンジョナー》2枚でワンターンキルが達成できる。
    《氷結界の龍 ブリューナク》を場に出し、墓地にこのカード2枚と《神剣−フェニックスブレード》を置く。
    それから《ネクロフェイス》を除外するか、フィールド上に立たせておく。
    その後の手順は以下に示す通り。
  1. 《神剣−フェニックスブレード》の効果で墓地の《G・HERO ディメンジョナー》2枚を除外する。
    《G・HERO ディメンジョナー》2体が自身の効果によって帰還する。
  2. 《G・HERO ディメンジョナー》2体で《虚空海竜リヴァイエール》をエクシーズ召喚する。
  3. 《虚空海竜リヴァイエール》の効果で《ネクロフェイス》を帰還する。
    《ネクロフェイス》が場にいるなら、次のステップに進む。
  4. 《氷結界の龍 ブリューナク》の効果で《神剣−フェニックスブレード》を墓地に送り、《虚空海竜リヴァイエール》をEXデッキに戻す。
    この時、エクシーズ素材として残っていたもう1枚の《G・HERO ディメンジョナー》も墓地へ送られる。
  5. 墓地の2体の《G・HERO ディメンジョナー》を除外して《神剣−フェニックスブレード》を手札に戻す。
    《G・HERO ディメンジョナー》2体は帰還する。
  6. 帰還した《G・HERO ディメンジョナー》の効果で《ネクロフェイス》を除外する。
    《ネクロフェイス》の効果で互いのデッキを5枚除外する。
  7. 2へ戻る。
  • 《氷結界の龍 ブリューナク》を立たせる方法だが、《神剣−フェニックスブレード》とこのカードのコンボに加え、《A・ジェネクス・バードマン》を使うのが簡単だろう。
    このカードも《ネクロフェイス》も《封印の黄金櫃》によって、《A・ジェネクス・バードマン》も《ジェネクス・ニュートロン》や《混沌球体》で、《神剣−フェニックスブレード》も《アームズ・ホール》で簡単にサーチできる。
    《ネクロフェイス》の効果からこのカードが除外されれば儲けもの。
    《氷結界の龍 ブリューナク》を利用したループに移行せずとも、レベル3チューナーであれば《氷結界の龍 トリシューラ》が手軽に出せるのもポイント。
    使用するモンスターが光属性・闇属性に偏るので【カオス】としてビートダウンが狙える。
  • 《マクロコスモス》下で《キャノン・ソルジャー》で射出し続けても良い。
  • 《サイバー・ヴァリー》の効果を実質《サイバー・ヴァリー》1枚の消費で使える。
  • 登場作品において
    FOREBODINGにおける「DDvs護」にて水原護が使用。
    《ガーディアンズ・プレシャス》のコストによって除外された際に特殊召喚される。
    その後、自身の効果で《ガーディアン・オブ・オーダー》を除外した。

登場作品

関連カード

  • 《異次元の偵察機》
  • 《亜空間物質転送装置》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-12-17 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1192
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 2

edit