《B2ゾーン》


B2(ブツ)ゾーン/B2 Zone》

フィールド魔法
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
フィールド上に表側表示で存在する
「スタチュー」と名のついた効果モンスターの効果は無効化される。

 「遊戯王ZEXAL」で登場したフィールド魔法。
 簡単に言ってしまえば「スタチュー」限定の《スキルドレイン》。

 基本的な使い方は《スタチュー・ブラック・マジシャン》等の木像モンスターのデメリット効果を無効化する事が目的となる。
 が、こうしてしまうと、木像モンスター達は自身の効果で特殊召喚する事ができなくなってしまう。
 一応、木像モンスターの効果だけ無効化するので、自分の効果モンスターの効果を妨害する事無く共存できるのだが、今度は事故率が上昇してしまう。
 基本的には《スキルドレイン》を使った方が戦い易い事が多いだろう。
 ただ、フィールド魔法である為、《テラ・フォーミング》でサーチできるので、いざという時には役に立つ。
 また、魔法カードである事で速効性が高いので、隙を見て大量展開からの一撃必殺にはもってこいである。
 その場合には《歯車街》等のフィールド魔法も合わせて採用し、必要に応じて破壊できるようにしておきたい。

  • 登場作品において―
    「遊戯王ZEXAL」における「遊馬vs六十郎」において遊馬が使用。
    その効果で木像モンスターのステータスが元になったモンスターと同じになった。
    • 予断だが、このデュエルは、最初から遊馬のフィールドに《スタチュー・ブラック・マジシャン》《スタチュー・ブラック・マジシャン・ガール》が、六十郎のフィールドには《真紅眼の木龍》《青眼の木龍》が存在しており、両者の初手も最初から決まっていた。
      とてもシャッフルできそうに無い分厚いデッキやデュエルの展開も踏まえて、視聴者から目には誰が見ても積み込みによる出来レースにしか見えない。
      無理矢理フォローするならば、遊馬が最初のターンにこのカードを発動しなければ、勝機はあったデュエルだったのかもしれない。
      事実、現状では除去できない《青眼の木龍》が存在しているにも関わらず、このカードを発動する遊馬のプレイングはどう見てもプレイングミスである。

登場作品

遊戯王ZEXAL

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【スタチュー】

関連カード

  • 英語名に「Statue」と名がつき、日本語名に「スタチュー」と名がつかないモンスター
    • 《アステカの石像》
    • 《イースター島のモアイ》
    • 《干ばつの結界像》
    • 《業火の結界像》
    • 《豪雨の結界像》
    • 《深淵の結界像》
    • 《閃光の結界像》
    • 《恵みの像》
    • 《竜魂の石像》
    • 《烈風の結界像》
    • 《災いの像》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 3914
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 2

edit