セスタス


セスタス

セスタス養成

Training

ここ教養課程では、セスタスについての基本を学び、自分が目指すべきセスタスの方向性を決めていただきます。


セスタスの特徴

  • 主に建築物に対しての行動が期待される職。
    AT強化や建築物の破壊など、単体では破壊力はジャイアントには劣るものの
    集まればあっという間にオベリスクを折ってしまう。
    機動力もウォーリアー並みにあるので、
    ソーサラーや弓スカウトで追うには一苦労。
    ただPWへの負荷が大きく、あっという間に使い果たしてしまうことが多い。
    また、良くも悪くも建築破壊に秀でた性能のために前線での立ち回りが非常に難しい。
    遠距離攻撃、近距離攻撃、移動攻撃、吹き飛ばし攻撃、防御系スキルなど、
    一通りのスキルは揃ってはいるが癖があり性能も各職に比べれば劣る。
    そのため戦闘職というよりは建築破壊の工作員、もしくは建築回復の補助職に近い。

前線での立ち回り

セスタスは前線でのは立ち位置は基本的には前線のサイド、
もしくは片手より一歩引いた位置がスタンダードになる。
その場合は最大射程での溜め無しゲイザー(以後0ゲイザーと呼称)での牽制や削り、
またサイドを狙っているウォーリアや短剣の迎撃が主な仕事となる。
セスタスは火力と範囲を併せ持ったドラテなどの優れた範囲スキルが無く、
また単発の火力も低くシャットアウトも一時的な硬さなので
片手と同列の剣戟が交差し弾幕降り注ぐ位置は好ましくない。
ただし、低火力だが隙が小さく小回りが利き、
器用貧乏だが引き出しが多いスキル群は少数戦には非常に向いている。
そのため衝突している場所より一歩引いた、冷静に前線を見れる位置をキープして、
インテンスファイなどでの救出、攻撃スキルでの火力補助など汎用性の高さを活かそう。
その行動範囲の幅の広さと生存能力の高さを発揮できる。
そうして押して敵建築物までたどり着いた場合、さっさと建築物を破壊しよう。
上手く立ち回っても所詮セスタス。
他の職が破壊で戦線離脱するぐらいなら対建築能力の高いセスタスが真っ先に動こう。
建築が無く前線を押している場合はホーネット、
インテンスファイなどを使って敵の足止めを試みよう。
低火力高回転のセスタスの攻撃は集団で囲んだ場合は非常に被りやすい。
それなら逃げる弓や氷など追撃の邪魔になる存在を徹底的に狙って
味方が追撃しやすいように先行して足止めなどを行おう。
逆に撤退時は振れるスキルがウォーリア以下フェンサー以上なので、
捕まった味方の救助以外は真っすぐ逃げよう。
停滞した前線や抗戦中の戦場ではAT強化も視野に入れよう。
よほどの腕が無い場合はこちらの方が上記の場合は味方の役に立つ。
また、前線にいようが修理すべき建築物があるならさっさとそっちへ向かうべし。
それこそがセスタスの存在意義で、他の職にない最も誇れる長所なのだから。
要約するなら足りない所を補助して回る『縁の下の力持ち』的な存在を目指そう。

基本テクニック

Major in Fist


基本攻撃

基本攻撃。連続入力で、前方に旋風を発生させる。
ただし、旋風を発生させるにはPwが必要。

  • 全スキル中最速の発生速度を誇る。硬直自体も非常に短く、隙が無い。スキル威力も120あるため、武器攻撃力が低いにも関わらず短剣通常攻撃よりも高攻撃力である。また、貫通効果が付いた範囲攻撃である。
    • 旋風を発生させずに連打すれば、時間当たりのダメージは非常に高く、対抗できるのは両手・大剣ウォリアーのスマッシュ連打くらいのものである。
    • 建築破壊時も非常に強力で、通常攻撃だけでも両手ウォリアーに匹敵する破壊速度になる。消費が無いことを考えると両手ウォリアーすら凌駕する。
    • しかし所詮は通常攻撃であるため、他人の攻撃をかき消さないよう注意が必要。
  • 追加入力により旋風を発生させると、Pw5を消費し目の前に11ヒットする旋風を設置する。
    • 旋風まで出すとそこそこの硬直時間になる。旋風の威力は10×11ヒットだが、ヒット数の多い攻撃はキャラのLvが高いほど飛躍的に威力が上昇するため、高Lvセスタスによる旋風は驚異的な威力になる。
    • 旋風は被り無し、仰け反り無し、転倒無し。しかし凍結状態は解除される。
    • 建築物に対しては攻撃力が大きく低下し、ほとんどダメージを与えることが出来なくなる。
    • 対プレイヤーであれば、高Lvセスタスの旋風は時間当たりのダメージで両手ウォリアーのスマッシュ連打を完全に超える。しかし棒立ちで旋風を食らい続けてくれる人は少ない。

ベンヌ スタイル

スタイルチェンジ「ベンヌ」
対建築流派。スタイルを変更することで、他のスキル効果を変化させる。
・ドレインクロー
 ⇒敵建築物のHPを吸収する
・ハームアクティベイト
 ⇒建築物を燃やす
・サクリファイス
 ⇒建築物を回復する

  • 建築破壊時と建築回復時用のスタイル。対人戦の際にこのスタイルを使う意味は全く無い。よく状況を見て、戦闘に入りそうであれば早めにルプススタイルに変更すること。

ルプス スタイル

スタイルチェンジ「ルプス」
対プレイヤー流派。スタイルを変更することで、他のスキル効果を変化させる。
・防御力が上昇する
・ドレインクロー
 ⇒敵のHPを吸収する
・ハームアクティベイト
 ⇒敵の炎症、及び毒状態を活性化する
・サクリファイス
 ⇒アロータワーを強化する

  • 耐性が12上昇し、スキルが対人戦用の性能になる。建築破壊時及び建築修理時以外は基本的にこのスタイルを維持するべき。
  • 持続時間は300秒(5分)と非常に長いが、切らさないように気をつけよう。

インテンスファイ

気を拳に集中し、前方へ一気に発することで、敵を吹き飛ばす。
レベルを上げると硬直時間が減少し、スキル発動中仰け反らなくなる。
「吹き飛ばし効果」は対人専用

  • 広範囲の近接吹き飛ばし攻撃。ほぼエフェクトの通りの広さを持つ上に発動もなかなか早いため、非常に当てやすい。
  • エクステンブレイドのように後方の判定は削除されている。完全に重なるくらいでは当たらない。その為、完全に囲まれた際は若干弱い面がある。
  • 当てやすいからと多用するのは避けるべし。あくまで吹き飛ばしスキルである。

ホーネットスティング

気の流れを活性化させ、脚に気を溜める。
溜めた気を一気に開放し、相手を怯ませる程の強烈な飛び蹴りを放つ。
溜めたレベルに応じて威力や移動距離が変わる。
「レベルを上げると、溜められる最大レベルが上昇し、最大まで溜めると飛び蹴り中に怯まなくなる。」

  • チャージ中はエンダーペイン状態になる。
    • 強制仰け反りによる仰け反り、吹き飛ばし、座り、他のスキル使用、アイテム使用により解除される。
  • チャージ開始時及びチャージ段階増加時にPw消費が発生する。
    • ただしLv1止めの場合はチャージが無いので発動時にPw消費が発生。
  • 1.5秒ごとにチャージ段階が上昇する。
    • つまり、最大チャージまでは3秒かかる。
  • 飛び蹴り発動時はLvに関わらずエンダーペイン状態になる。
    • ただし最後の方はエンダーペインが切れるため、終わり際に攻撃を受けると転ぶ。
  • チャージ時に短い硬直がある。Lv1ではチャージ出来ないため、チャージ硬直も無い。
    • 現状この仕様のせいで、Lv1で止めて連打するのが最も速い。しかし、瞬間的な速度ではLv3が最速である。
    • また、Lv3まで上げると平地に建ったATの頂上に登ることが出来る。

ゲイザースマッシュ

気の流れを活性化させ、拳に気を溜める。
溜めた気を一気に開放し、渾身の一撃を放つ。
溜めたレベルに応じて威力や射程が変わり、
レベルを上げると溜められる最大レベルが上昇する。

  • チャージ中はエンダーペイン状態になる。
    • 強制仰け反りによる仰け反り、吹き飛ばし、座り、他のスキル使用、アイテム使用により解除される。
  • チャージ開始時及びチャージ段階増加時にPw消費が発生する。
    • ただしLv1止めの場合はチャージが無いので発動時にPw消費が発生。
  • 4秒でチャージが完了する。
  • 発動時はLvに関わらずエンダーペイン状態になる。
  • チャージ無しで発動すると、ソニックブーム程度の射程の遠距離攻撃になる。貫通効果付き。
    • 弾速が非常に速く、発動とほぼ同時に最大射程まで到達する。弾のエフェクトは無い。
    • 仰け反りが一切無いため、スキル発動は阻止出来ない。ステップ着地を狙っても転ばない。しかし攻撃被りは発生するし、ハイド暴きは出来る。
  • チャージして発動すると、ヘビースマッシュより長めの射程の近接攻撃になる。
    • 貫通効果は消滅している。スマッシュが複数に当たるのと同じ原理で複数の敵に当たることはある。
  • チャージ時に短い硬直がある。Lv1ではチャージ出来ないため、チャージ硬直も無い。
    • チャージ無しで発動する際は、この硬直が邪魔になる。その為、Lv1で止める人も存在するようだ。
  • ルプススタイル状態において、対人攻撃力が上昇する。
    • どの程度かは不明。少なくとも倍にはならない。
  • ベンヌスタイル状態において、対建築攻撃力が上昇する。
    • チャージして発動した場合、(エンチャントにもよるが)600〜と非常に高いダメージを与えることが出来る。通常攻撃連打よりもこちらの方が早く破壊できる。
    • チャージ無し発動の場合は増加しない?

シャットアウト

気の流れを活性化させ、肉体を硬化する。
耐性が飛躍的に向上し、気絶や攻撃による怯みを受けなくなる。
(一部のスキルを除く)
代償として、Pw回復力が低下する。

  • 10秒間、耐性が100上昇するが、Pw回復が一切起きなくなる。
    • セスタスの防具は最高値で合計耐性128。ルプススタイルにより12上昇して140。シャットアウトで240と片手ウォリアーすら凌駕する耐性値を誇る。
    • 耐性140で100ダメージ受ける攻撃であれば、耐性240では60ダメージ程度に低下する。
  • フェンサーのフィニッシュスラストは耐性上昇スキルを無視するため、耐性128で計算される。
    • あまり耐性を過信すると痛い目を見るので注意。

ドレインクロー

相手の気を吸収することで、自身の状態に変化を与える。
スタイルにより効果が異なる。
レベルを上げると、威力が上昇し、得られる効果も大きくなる。

  • 与えたダメージの半分を回復できる吸収攻撃。スタイル無しでは回復効果は一切発生しない。
  • 発動が速めで硬直が短く、威力もそこそこあるため使い勝手が良いが、射程が短いためかなり踏み込まなければならない。
  • ダメージそのものは両手ウォリアーのスマッシュと同等だが、半分回復できるために敵とのHP差は大きく開く。硬直の短さもあって真正面からの殴り合いならまず負けない。
    • しかし消費Pwが大きいため2発が限度である。注意。
  • HP回復に下がった時、敵のナイトが通りがかったら狙ってみよう。敵スカフォが残ってればそこから吸うのも良い。
    • だからといって回復のために敵の建築を残してくれ、とは言わないこと。

サクリファイス

自身の生命力を気に練り込み放出することで、対象の状態を活性化させる。
スタイルにより効果が異なる。

  • ONOFF型のスイッチ型スキル。1度使うとONになり、自分周囲の建築物を自動で回復or強化する。もう1度使うと硬直無しにOFFになる。
    • 範囲内に複数の建築物があれば、同時に回復or強化できる。その際、HPとPwは建築物の数だけ消費する。
  • 座る、アイテム使用、スキル使用、仰け反ること、HPが50%以下になることで解除される。
  • ルプススタイルでは、味方のATを強化することが出来る。
  • 矢が発射されるたびにHPを25、Pwを5消費する。
    • Lvを上げると発射間隔が縮まるため、攻撃能力は上昇するが、消耗も速くなる。Lv1で10秒ごと、Lv3で5秒ごと。
  • 強化ATは攻撃力、弾速、発射間隔が強化され、矢がイーグルショットのエフェクトになる。
    • 強化ATが与えたダメージとキルは強化しているセスタスのスコアに加算される。
    • 攻撃力は1.5倍〜2倍程度、発射間隔はLv3で通常の半分になるため、1本のATで3本分くらいの活躍をする。
    • 弾速が強化されることにより、短剣のパニッシングストライクを打ち落とせるようになる?
  • ベンヌスタイルでは、味方の建築物を回復させることが出来る。どちらかというとこちらがメイン。
  • HPを50、Pwを10消費し、同時に建物のHPを200回復(Lv3)させることが出来る。
    • Lv1では消費HP、消費Pw据え置きで100しか回復させられないため、使うのであればLv3が望ましい。
    • HPの消費が大きいため、オベリスクとゲートオブハデス以外の建物を回復させるのは割に合わないと思われる。
    • 戦闘をしつつオベリスクが削られたら直す、というスタイルだとコストがきつくなりやすい。
      複数のセスタスで少しずつ回復したり、あくまで延命であると割り切ってある程度の回復で切り上げるかするのが良いだろう。
      Lv3でHPMAXからリジェを使いながら修復した場合、3000程修復した時点でHPがスキル使用限界を割り込み、修復速度が極端に低下する。それ以上の修復には瞬間回復系アイテムを使用するか敵建築からドレインするかが必要になる。セスタス一人の修復限界は3000までと覚えよう。
    • 短スカの襲撃には気をつけること。HPを消費する関係上、パニッシングストライクで即死する。

ハームアクティベイト

自身の気を相手に流し込むことで、相手の状態に変化を与える。
スタイルにより効果が異なる。
レベルを上げると、威力が上昇し、相手に与える変化も大きくなる。

  • 発動は若干遅いが硬直は短く、射程もそこそこ長いために使い勝手はまずまず。ただし消費Pwが大きいので注意。
  • ルプススタイルでは、毒もしくは炎上状態の相手に対してダメージが増加する。毒と炎上は消える。
    • 1.5倍程度の威力になる?
    • 1発当てると炎上と毒が消えてしまうため、連続ヒットで大ダメージは味方の援護が無ければ不可能。
  • ベンヌスタイルでは、建築物に炎上DoTを与える。
    • Lv3で5秒ごとに80ダメージ×10回
    • プレイヤーへのDoTと同じで、重複せず1回分しか入らないが、ゲイザーのように溜めることなく800ダメージが確定するため優秀。

連続技編

職業別相性

  • vs 片手ウォーリアー
  • vs 両手ウォーリアー
  • vs 大剣ウォーリアー
  • vs ソーサラー
  • vs 短剣スカウト
  • vs 弓スカウト
  • vs フェンサー
  • vs セスタス

セスタスTips

コメント

コメントはありません。 コメント/セスタス?

iel3.GIFサイトマップ

iel3.GIFサーバ別TOP
  A | B | C
  D | E | F
  G | Z

iel3.GIF戦術目標
  A | B | C
  D | E | F
  G

iel3.GIF初心者向
はじめに
モンスター狩り
戦争講座
┃├ 戦争って何?
┃├ 絵Tip
┃├ 講座FLASH
┃├ 爺&エラの話
┃└ ゲームのコツ
道案内
 ├ 首都の案内
 ├ FEZ用語集
 ├ FAQ
 └ 質問所

iel3.GIF初・中級者向
歩兵とは
戦争のタブー
戦闘講習
職業別解説
┃├ ウォリアー
┃|└ 片手指南
┃├ スカウト
┃|└ 短剣指南
┃├ ソーサラー
┃├ フェンサー
┃└ セスタス
戦争
 ├ 基本戦術
 ├ 初の召喚へ
 ├ 建築のススメ
 ├ クリ銀
 ├ 輸送ナイト
 └ マクロ

iel3.GIF中・上級者向
連携
POW管理
召喚運用
┃├ ナイト
┃├ 巨人
┃├ レイス
┃├ ドラゴン
┃└ キマイラ
敵対処法
┃└敵対処法一覧
上位銀行実践
上級者になろう
用兵の基礎

iel3.GIFマップ攻略
マップ攻略窓口
 ├ Map-A(渓谷)
 ├ Map-B(V字)
 ├ Map-C(×字)
 ├ Map-D(乙字)
 ├ Map-E(渦巻)
 ├ Map-F(ホーク)
 ├ Map-G(河口)
 ├ Map-H(棚田)
 ├ Map-I(ダガー)
 ├ Map-J(Φ字)
 ├ Map-K(瓢箪)
 ├ Map-L(街道)
 ├ Map-M(隕石)
 ├ Map-N(断崖)
 ├ Map-O(中橋)
 ├ Map-P(メ字)
 ├ Map-Q(囚字)
 ├ Map-R(山岳)
 ├ Map-S(三字)
 ├ Map-T(群島)
 ├ Map-U(E字)
 ├ Map-V(城跡)
 └ Map-W(廃街)

iel3.GIFデータ
防衛目標表
┃└ 過去の記録
オフィシャルショップ
防衛白書
拠点削り
召喚数と勝敗
Mob
HotNewsログ
クエスト
ガチFEZ
辞書ファイル

iel3.GIF企画イベント
A鯖
┃├ IRC
┃├ 模擬戦EZ
┃└ 装備リサイクル
B鯖
C鯖
D鯖
E鯖
┃└ 意見交換の集い
F鯖
G鯖
iel3.GIFコミュニティ
なんでも質問所
お茶処
交換・配布
フレンド募集
外部交流
LINK
IRC New!!

最新の10件

2017-10-07 2010-03-16 2016-11-21 2014-10-19 2014-07-25 2014-07-18 2014-07-10 2013-09-20 2013-06-20

MenuBar
NGword
練習場

total: 15511
today: 1
yesterday: 0
online: 1