Man / CODEC固有オプション / -x264encopts / scenecut
2010-03-15 (月) 19:20:52更新
カテゴリ:x264

scenecut=<-1-100>:Iフレーム挿入を決断する際の積極性。

原文

Controls how aggressively to insert extra I-frames (default: 40). With small values of scenecut, the codec often has to force an I-frame when it would exceed keyint. Good values of scenecut may find a better location for the I-frame. Large values use more I-frames than necessary, thus wasting bits. -1 disables scene-cut detection, so I-frames are inserted only once every other keyint frames, even if a scene-cut occurs earlier. This is not recom- mended and wastes bitrate as scenecuts encoded as P-frames are just as big as I-frames, but don't re- set the "keyint counter".

MEncoder dev-CVS-060314-20:27-4.0.1 (C) 2000-2006 MPlayer Team
x264 core:45 svn-467

訳文

Iフレーム挿入を決断する際の積極性。

デフォルト: 40

scenecutの値が低いと、このコデックはしばしばkeyint間隔よりも大きな間隔でIフレームを入れてしまう。
scenecutの値が適切なら Iフレームはもっと良い位置に挿入される。
大きすぎる値を使うとIフレームを必要以上に入れてしまい、bitが無駄になる。

-1 は自動シーンカット検出を無効にする。従ってIフレームは、たとえ場面転換があろうとも、keyint frame間隔毎にしか挿入されない。これはオススメできない。なぜなら、この場合に場面転換地点で生成されるPフレームはIフレーム同然にサイズが大きくなるのでビットレートの無駄だし、その上"keyint counter"にもリセットがかからないからだ。


参考