Man / CODEC固有オプション / -x264encopts / nr
2010-03-16 (火) 15:59:06更新
カテゴリ:x264:デノイズ

nr=<0-100000> :ノイズリダクション

原文

Noise reduction, 0 means disabled. 100-1000 is a useful range for typical content, but you may want to turn it up a bit more for very noisy content (default: 0). Given its small impact on speed, you might want to prefer to use this over filtering noise away with video filters like denoise3d or hqdn3d.

・MEncoder dev-CVS-060314-20:27-4.0.1 (C) 2000-2006 MPlayer Team
・x264 core:45 svn-467

訳文

default=0(disable)

ノイズリダクション。0でdisable(デフォルト)。 有用な範囲は一般的なコンテンツでは100-1000だが、非常にノイジーな素材ではもう少し大きくしたい人もあるだろう。 速度への影響は少ないので、目的によってはビデオフィルタでdenoise3dやhqdn3dを使うよりこちらが望ましい。


参考

rev 398にて追加。

[x264-devel] x264: svn commit r398 (pengvado)

r398 | pengvado | 2006-01-10 08:31:29 +0100 (Tue, 10 Jan 2006) | 3 lines
Changed paths:
  M /trunk/common/common.h
  M /trunk/common/dct.h
  M /trunk/encoder/analyse.c
  M /trunk/encoder/encoder.c
  M /trunk/encoder/macroblock.c
  M /trunk/encoder/macroblock.h
  M /trunk/x264.c
  M /trunk/x264.h

dct-domain noise reduction (ported from lavc)

ソースコードの
encoder/macroblock.c:804
あたりがそれっぽいが、Cが読めないので理屈は不明。
一応DCTがどうしたとか、マクロブロックがどうしたとある。マクロブロックパーティションのquantize過程にデノイズを行うと推測。
確かpp系にノイズを付加するものがあったから、その逆かと。