Man / CODEC固有オプション / -x264encopts / deblock
2010-03-15 (月) 15:57:54更新
カテゴリ:x264

deblock=<-6-6>,<-6-6>

原文

The first parameter is AlphaC0 (default: 0). This adjusts thresholds for the H.264 in-loop deblocking filter. First, this parameter adjusts the maximum amount of change that the filter is allowed to cause on any one pixel. Secondly, this parameter affects the threshold for difference across the edge being fil- tered. A positive value reduces blocking artifacts more, but will also smear details.

The second parameter is Beta (default: 0). This affects the de- tail threshold. Very detailed blocks are not filtered, since the smoothing caused by the filter would be more noticeable than the original blocking.

The default behavior of the filter almost always achieves opti- mal quality, so it is best to either leave it alone, or make on- ly small adjustments. However, if your source material already has some blocking or noise which you would like to remove, it may be a good idea to turn it up a little bit.

訳文

第一のパラメータは AlphaC0 (default: 0)。これはH.264のイン-ループ・デブロッキング・フィルタの閾値。
まず、このパラメータの値に従ってデブロックを使うか否かを決める。次に、このパラメータはフィルタを適用するエッジ部分の差の閾値に影響する。プラスの値にする事でブロックノイズが減るが、スミアが増える。

第二のパラメータはBeta (default: 0)。これはディテイルの閾値に影響する。
非常にディテイルの細かいブロックにはフィルタを掛けない。というのはこのフィルタが使うスムージングはブロックノイズよりも目立つからだ。

このフィルタはデフォルト値でほとんど常に最良の結果になるので、そのまま弄らないか微調整にとどめるのがベストだ。しかし素材になんとかしたいほどのブロックノイズやノイズがあるなら、少し強めにしても良いだろう。


補足

スミア

絵をこすったような滲み。細かいディテイルが潰れる。

ffmpegX009w版では使えない。

*2006/10月上旬の改訂で消滅した下記オプションを使う