Man / CODEC固有オプション / -x264encopts / (no)visualize
2006-04-15 (土) 21:50:58更新
カテゴリ:x264

(no)visualize:エンコード中の視覚化

原文

Enable x264 visualizations during encoding.
If the x264 on your system sup- ports it, a new window will be opened during the encoding process, in which x264 will attempt to present an overview of how each frame gets encoded. Each block type on the visualized movie will be colored as follows:

red/pink:intra block
blue:inter block
green:skip block
yellow:B-block

This feature can be considered experimental and subject to change. In par-ticular, it depends on x264 being compiled with visualizations enabled.
Note that as of writing this, x264 pauses after encoding and visualizing each frame, waiting for the user to press a key, at which point the next frame will be encoded.

・MEncoder dev-CVS-060314-20:27-4.0.1 (C) 2000-2006 MPlayer Team
・x264 core:45 svn-467

訳文

エンコード中の視覚化。
システムがサポートしていればエンコード中にウィンドウが開いて各フレームのエンコード状況の表示を試みる。
各ブロックの配色は:

赤/ピンク:イントラブロック
青:インターブロック
緑:スキップブロック
黄色:B-ブロック
この機能は実験的と看做されて変更になる可能性がある。
実際上の問題として、この機能はビジュアライゼーション(視覚化)をイネーブルにしてビルドしたx264が必要だ。
NOTE:本稿執筆時点(※1)においては、x264は各フレームのエンコードの都度、一時停止し、次フレームのエンコードはユーザがキー(※2)を押してからになる。

※1:正確な時期不明。管理人がこのオプションに気付いたのは05/9月末。
※2:"a key"は"a"を押すのかも?。


参考