本スレループ推理


本スレループ推理
本スレに推理を書き込む際は、既出でないか確認を。
既出の話題でも、新たな切り口が見つかれば歓迎されます。

PS2版「ひぐらしのなく頃に祭」に関する疑問は祭推理考察まとめ

祭囃し編をクリアしていることが前提。ネタバレ注意。

鬼隠し編

TIPS[元気ないね]について

  • いくら何でも「哄笑だった」はないんじゃないの?
    • “哄笑”には、本来の意味では「大声でどっと笑うこと」とある。レナと魅音は、生き延びようと(本人の中では)必死な圭一を、バカにしてあざ笑っているわけでは決してない。
    • 「圭ちゃんが? まっさかー!!」「ないよね、ないよね。あはははははは。」程度のノリだったのでは?
  • 「オヤシロさまのことになると笑い事では済まない」はずのレナが、このことを一笑に付すとは考えにくい。
    • 昨日の今日だからこそ、笑って流してしまおうとした?
    • ひとしきり二人で笑い合った後「やめてよね、魅ぃちゃん。」とキレた?
  • 作者の間違い?
    • 鬼隠し編では詩音は存在しておらず(間引かれた?)魅音が詩音の性格を併せ持っており、他の編での鷹野の焼死体も発見されていない(ルールYが存在しない)
      目明し編の地下祭具殿での虐殺と詩音(真魅音)の当主としての冷酷さを考えると、この世界では園崎家が連続怪死事件の実行犯の可能性がある。

  • 関係ないけど記事がかなり消されて回ってる、見ようと思った矢先にこれだよ -- 2014-08-03 (日) 07:22:01
  • 関係ないけど記事がかなり消されて回ってる、見ようと思った矢先にこれだよ -- 2014-08-03 (日) 06:54:27
  • くけけけけけけけけけけけけ -- 2012-10-19 (金) 15:52:19
  • きゃははははははっはははハハハハっっくっくくくけけけけけけけけけけけ -- 2012-05-13 (日) 19:51:10
  • レナも魅音も関係なく、周りで笑い声が上がった・・・・とか? -- 2011-10-23 (日) 15:36:19

綿流し編


古井戸から発見された3人分の死体について

  • 大石によると10年以上前の物らしいが、茜の勘当騒ぎや双子の入替りと関係あるのか?

  • これがあの詩と関係あるんじゃないの? -- 2011-02-22 (火) 19:58:23

魅音(詩音)の話した鬼ヶ淵村は差別されていたとの話は本当か?

  • 目明し編の詩音の内心によると鷹野から教えて貰った話を虚実織り交ぜて「真実5のでたらめ3、嘘2」との事なので半分は真実。
    • しかし詩音は他の編(罪滅し編等)の世界でガス災害以降も生き延びており、ガス災害後に猟奇事件や奇行に走った雛見沢出身者のニュースやその後の全国で近所の雛見沢出身者を排斥する一種の魔女狩りを知っていると思われるので、潜在意識下にあるガス災害後のループ記憶を「でたらめ3、嘘2」として話たとも思われる。

  • ガス災害後の事件と鬼が淵村を結びつけては考えないと思う。 -- 2013-12-22 (日) 02:15:40

祟殺し編

沙都子は鉄平に何をされたか

  • 性的虐待? TIPS「統計」で、意図的に性的虐待をクローズアップしていた。
    • TIPS「統計」が沙都子の性的虐待に結び付けられた理由は背景に沙都子の画像、意図的に後ろに置かれた性的虐待の項目、その表示と同時に響く異様な効果音。
      • が、物語世界の中で明確な記述はない。すべて原作者による演出であって、実は推理上の根拠にはなっていない。出題編の特徴である、推理難易度を上げるための「偽の鍵(コミック版解説参照)」の一つでは。この鍵にひっかかると圭一の殺人に共感しやすくなり、彼の発想は正当だとみなすことで終盤の「平行世界に迷い込んだ」という圭一の妄想に同意しやすくなる仕組み。
      • 沙都子が教室で暴れたとき(祟殺し編)のレナの対応(反応)の異常さを考えると、レナの茨城の事件=性的暴行が原因であり、沙都子についても性的虐待と考えないと説明がつかない。もっとも、茨城の事件については性的暴行は少数説に収まりそうだが。 →大人しいはずのレナがあんなに怒るのは異常、別人だ等というのは鬼隠し編当時の圭一の発症による被害妄想。しかも性的虐待は作者による演出なので説明にならない。
      • レナと沙都子との共通はレナは罪滅ぼし編の間宮 リナ、沙都子は北条鉄平での物語ってる部分がある、間宮 リナは北条鉄平の愛人との明白であるからにして 竜宮レナの父の再婚相手になる間宮 リナ、とは馴染めずなかなか認められないという竜宮レナの心の心境からして北条沙都子と似た部分を持つことになる、 罪滅ぼし編でも竜宮レナを間宮 リナが暴行してる部分があり、その部分に置いても祟殺し編との何かの鍵になるとする部分があるのかもしれない。 それならなぜ前原圭一をのけ者にし竜宮レナと北条沙都子が2人だけで話してたのかは、同じ幸福な家庭で育ってはいない2人だけがわかる事だから幸福な家庭で育った前原圭一、園崎魅音、古手 梨花はわかってはもらえないという事ではないかと思われるのでは?
      • レナは悟史の失踪をひどく後悔しており、また何もできずに仲間をここまで追い込んでしまったという自身への怒りが爆発したのでは?
      • 逆に、レナの茨城の事件が性的虐待かもと思わせることこそが目的の「偽の鍵」だったのでは?(沙都子ではなくレナに関する推理の難易度を上げることを主体にした罠)レナが沙都子の口から直接に叔父に何をされたかを聞いたのはこの時が始めて(それまでは推測と伝聞でしかない)。殴る蹴る程度でしか思ってなかった可能性はあり、風呂場の一万のカウントに似た命に関わるレベルの暴力があったのなら、性的暴行でなくてもレナの過剰な反応はそこまでおかしなものではない。
    • 皆殺し編で暴力の描写はあるが性的虐待に該当する描写がない。
    • TIPS「出鼻に釘」で鉄平はガキには興味がないと記している。 →しかし背中でも流させてやろう等、ふとしたきっかけで性的虐待に発展しかねない事を考えている節もある。「祟殺し編」と「皆殺し編」はあくまでも別世界なので「皆殺し編」では性的虐待を免れたという見方も出来る。
  • 暴力?
    • TIPS「鬱積と通帳」では沙都子を無茶苦茶にしてやろうとも考えている。
    • 暴力のしすぎで、沙都子が壊れたのか。
    • 綿流しの夜翌日に「何度も殴った」とある。
    • 皆殺し編で暴力シーンが繰り返し出てきたので、暴力によるという説明は可能。
  • 祭囃し編で美代子の受けた虐待が沙都子の受けた虐待を暗示してるのでは?

  • うわわわっわわあああああ -- 2012-04-30 (月) 13:22:41
  • 鉄平は暴力だろwww -- 2011-10-17 (月) 17:28:03
  • ↓それって沙都子と鉄平のことと関係なくない?沙都子と鉄平のことについて話したほうがいいよ -- 2011-10-17 (月) 17:27:21
  • 鉄平の死体遺棄ですがこれは掘り返した場所が違うとおもいます。アニメも漫画も両方とも新しく穴を掘って埋めてますよね? 特にアニメでは意味深なところもあります -- カモナギ? 2011-10-06 (木) 14:38:37
  • 鉄平? -- あき? 2011-06-02 (木) 21:53:28

鉄平の死体の行方

  • 魅音達が始末した?
    綿流し祭前夜、詩音が圭一からの犯行予告のような電話を園崎本家で受け取っている。
    その上で、魅音が罪滅し編と同じようにして井戸の中に鉄平の死体を捨てた。 人目がないダム工事現場に圭一を呼んだのはその事情説明。 だが綿流し前夜、電話に出たのは「詩音」説がある。魅音が始末した可能性は極めて低い?
  • 山狗が始末した?
    鷹野は古手家前で圭一が鉄平を殺したがっていると感じており、祭りの夜にも圭一に会ってカマをかけている。
    圭一が警察に捕まると、三四に祭りの晩会っていると証言されてしまい、滅菌作戦がやりにくくなるから。

[派生]どうやって死体遺棄現場を知ったのか?

  • 魅音説
    • 園崎家関係者による尾行を不可能と考えるならば遺棄現場の把握は羽入⇒梨花⇒魅音となる。
      • 圭一は既に背後の足音に気付いている。もしそれが羽入の仕業であるとすれば、この流れは説得力を持つ。ただし、羽入の心理や梨花のスタンスは考慮されていない。
      • 梨花はループによる経験から、圭一の死体を埋めた場所を既に知っていたとすると、羽入を介す事無く梨花⇒魅音となる。しかしこれも梨花のスタンスは考慮されていない。
  • 葛西説
    • 罪滅し編では、魅音の依頼で葛西が入江診療所を監視している。圭一の電話を受けた詩音(?)が葛西に圭一の監視を依頼することもできる?
  • 山狗説
    • 遺棄現場の把握は問題無し。鷹野の「埋められた?」発言も既知の上での発言となる。
    • ただし、圭一に雛見沢症候群発症の可能性があることを認識した上での発言(運転中)と考えるとむしろ鷹野が正気じゃない。→むしろ鷹野としてはレベル5を発症させて検体がほしかったのでは?

[派生]綿流し祭翌日の鉄平パラドックスについて

  • 沙都子の鉄平在宅発言について
    • 沙都子の妄想
      あまりにも鉄平を恐れた沙都子がL5で妄想。
      • 原因のない妄想説
        L5の妄想にも何らかの原因があるので考えづらい。
      • 詩音がやってきた説
        圭一の電話で悟史との約束を思い出した詩音が沙都子に会いに行ったから発症。
        10000数えるまで風呂から出るな、というのは詩音をにおわせると誰かが言っていた(魅音に1000回ごめんなさいと言え、から) 「100数えて出なさい」といった常識的な発言を、沙都子が妄想により誤解した可能性あり。
      • 園崎家のヤクザ
        圭一にアリバイをつくるため、北条家へ園崎組ヤクザを派遣し、鉄平の振りをさせ、「鉄平」が失踪した日を一日ずらせる作戦。
        祭りの次の日のアリバイも必要になるので、下の「クラスメートの不可解な言動」と連結。 元から知っていたのでない限り、雛見沢症候群について園崎家にばれるのでは?
      • 鉄平の麻雀仲間が来た説
      • 山狗による工作説。L5の症状を知っているため、偽装は容易なはず。
    • 沙都子の自演
      圭一のアリバイ作りと考えられるが、虐待の件を踏まえると可能性は低い。
  • クラスメートの不可解な言動
    • クラスメートが口裏合わせをしたから
      クラスメートに魅音が圭一のアリバイを作るために口裏合わせをさせた。
      細かい事を圭一はレナに聞こうとしたが、わざわざ魅音が間に入って答えていた。(レナは嘘や言い訳が苦手)
  • 放課後のレナ達のしつこい言動
    • 鉄平がいなくなったことを知っているから?
    • 鉄平の死体を「魅音達が始末した」と仮定すると、少なくともレナと魅音は鉄平の死をしっていて、祭りの晩に圭一にアリバイがないとわかっている。当日のアリバイについての説明をするため。
  • レシートについて
    • 鉄平が生きていた証言をする沙都子が「園崎家のヤクザ」説だと仮定すると、「鉄平」が消えた日のアリバイを作らねばならない。それでレシートをアリバイの証拠とするため。

[派生]圭一はループしていた説
鉄平を殺して埋めた世界(祟殺しA)と、綿流し以降の死体を掘り返した世界(祟殺しB)は別の世界で圭一は知らない間に死んで梨花のようにループしていた。

  • 梨花と同様に死ぬ直前の記憶は曖昧なので祟殺しAの圭一は自分が死んだ事に気付いてない。
    • 祟殺しAの圭一は山狗によって発症者として監視されていており、山狗の通常業務として確保された(1年目の監督殺害の主犯と同じ)
    • 鷹野が鉄平殺しを知っていたかのような発言も山狗から発症者の異常行動(殺人)を知らされていて、圭一を車に乗せたのも観察することで発症していたかどうかを見極める為だった。
    • 山狗に確保された後に処置が間に合わず死んだのか、解剖されて死んだのかは不明。
  • 綿流しの前後で雨が降っていたかどうかの認識が違うのもループして世界を移動したのが原因。
    • 世界が違うので祟殺しBの世界では鉄平は生きていて沙都子を虐待してるし、地面を掘り返しても死体が出ないのは当然。
    • 祟殺しAの世界では圭一は祭りに行って無いが、祟殺しBの世界では祭りに行ってるのでレナ達との話の内容が食い違っている(梨花同様に記憶が上書きされるので、Bの世界の綿流し以前の記憶は持っていない)
  • どうやってループしたのか?
    • 不明。梨花のループも罪滅し編での記憶の継承(圭一が見ていない魅音のおはぎ作りのシーン)も原理が分からないので推理しようが無い。
    • 皆殺し編冒頭のベルンカステルの語りから、閉塞された世界で同じ所をぐるぐると回っているとだんだん辛くて飽きてきて、ベルンカステルやその妹(or弟)が湧き出すと話している。
      • 目明し編での詩音の「鬼」や悟史の「背中の人」等のように人格が分離しているような描写があるので、圭一も魔女化する過程だったのかも。
      • 圭一が死ねと念じた相手が死ぬのは、潜在意識下にループ記憶で相手の死亡時期が分かっているからか?
        →圭一にインタビューした記者が水死したのは圭一の死後であり、死んでる圭一が知ってるはずがない。
        →罪滅し編で鬼隠し編のおはぎ作りのシーンを思い出していたので、自分以外の誰かの記憶が混入したのでは?

  • 2010-05-02のコメさんへ。死体遺棄に関しては、園崎が殺しをやるつもりはなかったけど、圭一が殺しちゃったので、圭一を助けたいという魅音の意向を反映して…では。この辺、罪滅し編と同じでは? -- 2012-11-25 (日) 13:10:03
  • 判明したのは、村人からでは。圭一の不審な姿が村人に目撃されていたような(曖昧)。村人に見られれば、園崎に伝わる。 -- 2012-11-25 (日) 13:07:45
  • 鉄平を殺した経緯すべてが圭一の妄想だと思ってたわ。 -- 2012-03-05 (月) 23:01:17
  • 綿流しの日のアリバイ口裏合わせはないなぁ。大石も見かけたと言ってたし。 -- 2011-02-19 (土) 01:00:21
  • 沙都子の鉄平在宅発言について  は、羽入の足音などを鉄平と勘違いしたというのもあるのでは? -- 2010-05-22 (土) 02:32:43
  • 園崎組が始末したというのはかなり疑問が残る。圭一に殺させた後死体を掘り返すならば、なぜ自分たちで始末しようとしなかったのか?(どちらも手間やリスクは同じ、むしろ自分たちで殺した方がラク)また、この時の魅音たちにとって綿流しの夜の殺人=犯人の失踪(悟史)を意味するはずで、単にかばったりするだけだったり、フリーにするのはおかしい(鬼隠し編ではレナはストーカーまがいのことまでしている)。ただ、他の説でも疑問点はあるが -- 2010-05-02 (日) 04:20:43

悟史のバットについて

  • 4年目の事件の凶器(と思われるバット)が何故警察に押収されずに学校のロッカーに置いてあるのか?
    叔母をバットで撲殺したのならば水で血を洗い落としてもルミノール反応が出るはず。
    • バットは複数あった?
      • 悟史の家は裕福では無いのでバットを複数持つ程のお金は無いと思う。
      • 入江にバットを借りる描写があったので撲殺バットと私用バットは別なのでは?
      • 叔母を撲殺した凶器はバット以外の何かで、それは既に沼に捨てる等して証拠隠滅した
  • 祟殺し編で圭一がバットを沼に捨てて沈む描写があるが、金属バットは中が中空なので水に浮くはず。沈むのはおかしい。
    • 悟史が打力養成or叔母を確実に殺す為にバットを重くする改造(中に砂を入れる等)をしていたのでは?
    • バットに穴が空いていればそこから中に水が入り、空気が漏れて金属製のバットなら水に沈む。

  • 入江曰く悟史が入江に借りたバットは元々悟史のバットでありチームで使うために入江に預けていたもの。入江はこの「バットを勝手に持って帰らず入り江に持って帰って良いかどうか聞いたこと」を悟史の罪に対する軽減行為だと考えている。 -- 2011-07-13 (水) 16:31:15
  • 悟史が犯行に使ったのは、野球チームで使われているバット。圭一が持ってたのは悟史が元々持っていたバット。 -- 愛してる沙都子? 2011-07-09 (土) 18:30:56

暇潰し編

園崎と山狗の繋がりについて

  • 犬飼建設大臣の孫誘拐・公安の赤坂の来訪・孫の解放を魅音に指示して魅音が父親に電話しているので、少なくとも園崎組と山狗に繋がりがないと説明できない。
  • 解答編での魅音の発言によると園崎家は大臣の孫誘拐や連続怪死事件には関わっていないらしい。

  • ↓貴様、アンサイクロペディアンの回し者か!? -- 2012-07-10 (火) 18:29:33
  • 園崎家に山狗側のスパイがいるなら、お魎の指示を山狗が実行する(但し園崎家はそれを知らない)ことは可能だと思うが。 -- ああああ? 2011-09-27 (火) 14:46:42

目明し編

綿流し深夜に、詩音を捕らえた魅音は何をしようとしたのか

  • 詩音を鬼隠しから庇おうとした
    前年騒動を起こした詩音がさらに目立った行動をした結果、狙われて「鬼隠し」に遭うことを懸念した?
    • お魎は、富竹らが殺された理由を「あの若い者はでしゃばりすぎたからだ」と発言。村興しに反して自然保護を訴えるかのように雛見沢の自然を撮って発表していた(?)富竹や、イメージダウンである「オヤシロさまの祟り」について調べまわっていた鷹野の存在が目立ったため、「標的にされた」ということではないだろうか?
    • とすれば、頭首代行としてではなく、姉としての発言の仕方をするはず。ケジメ同様の断罪をする発言内容からして、お魎と共に詩音を殺害しようとしたとみるのが自然ではないか。←後に連続怪死事件には園崎家はかかわっていないとわかるのでありえない
      • 原文引用(目「58年 綿流し深夜」):詩音「何でそんな死に方したのかなあ?」 魅音「わかりませんか、詩音?」「理由なんて、ひとつしかないじゃないですか。」「そんなこともわかんないのですか?」『オヤシロさまのお怒りに触れたから。』
  • 詩音をお魎から庇おうとした
    詩音を本家に泊めたのをお魎らに叱られないように、その言い訳のための周到な一芝居を打とうとした?
    • お魎は詩音が雛見沢に近づくのを快く思っていない。(詩音のケジメ直後、葛西が証言。魅音も了解?)
    • 詩音が本家に泊まりたいといった後、2回「婆っちゃに怒られるよ」と注意している。→この時お魎不在?
      • 怒られる原因は畳の上で寝ることとも、(明日学校があるのに? 祖母の意に反して?)堂々と本家に居座ることともとれる。→魅音は宴会場ではなく奥の自分の部屋に詩音を寝かせている。
    • いざとなったら、「次期頭首の自分が監督するから詩音を泊めてほしい」とお魎に頼む前フリだった?
    • いずれにしろ、58年綿流し深夜に一人取り残された事により、オヤシロさまや祟り・祭具殿への恐怖、祭具殿侵入への罪悪感、園崎家や魅音への嫌悪・恐怖・不信感などがフラッシュバックし、確実に詩音は症状悪化。(L4?)
      • 宴会で他人行儀に話す次期頭首モード魅音を嫌悪していることが、この後の魅音の見方に影響?
  • 外部に漏れると不都合な情報の口止め
    • 詩音に富竹・鷹野の死を口止めさせようとした。
      罪滅し編より、園崎家は雛見沢を外部開放して村興しすることを考えており、「五年目のオヤシロさまの祟り」というマイナスイメージを伏せるため。
      • 電話で話していた「口封じ」はこの場合、マスコミ対策。
      • 詩音は悟史のことで騒ぎ立てた過去もあり、事件が外部に漏れるのを恐れた。
      • 古手家頭首(神主)を責める発言をしていた魅音も、同様に祟りのマイナスイメージを助長するのではないか?
      • 村興しは以前から計画されており、特にその間園崎システムに変更はない。お魎は園崎家と村の伝統と村の近代化を両立させるつもりだったと推測できる。つまり、外部開放を理由に祟りという薗崎ブラフを否定しようとした事実はない。---単なる口止めならその場で他言無用というのが普段の魅音の対応だろう。
      • 魅音の発言は丁寧語であり、頭首代行としてのもの。捕縛された後も自分が不利と認識するまでそれを続けているため、単なる口止めではない?
      • 内容も「鷹野さんと富竹さんは…実にお気の毒です…わかりませんか、詩音?」(原文)とあり、口止めよりも制裁を伝えようとしている。
    • 実は山狗から情報を得ていた。L5のような聞いたらただですまない情報があったのか?園崎家と入江機関に繋がりがあった?
      • 暇潰し編では、園崎家は山狗が実行した誘拐事件の詳細を知っていた。
      • 暇潰し編では、山狗は人質の前で本家の意向を気にする発言を繰り返す。
        →それは山狗が園崎家に罪をなすろうとしただけではないか?
        →祭囃し編では、首謀者の富竹らには少なくとも園崎家に罪をなすろうとした形跡はなく、共闘の可能性を示唆している(ダム計画撤回作戦)
      • 罪滅し編ではレナの行動に山狗がいち早く気がついて監視(あるいは確保?)しようとしていたのも魅音の情報提供ではないか。また、鷹野文書の大部分を園崎家が入手できたのも山狗との協力関係を思わせる。
        →とすると、園崎家がレナを保護してもそのまま山狗に引き渡した可能性が残る。
      • 皆殺し編で魅音の死ぬ直前のセリフ「嘘…やめ…」。入江機関と協力関係にある園崎家の人間として、自分は助かると考えていた?
  • 祭具殿侵入に対する制裁
    • 祭具殿に詩音たちが忍び込んだことは既に知っていたはず。
      • 地下室では祭具殿侵入を知らなかった口ぶり。「え、祭具殿に忍びこんだの?祟りに遭って当然だよ!」
    • 詩音を捕らえた魅音「富竹と鷹野が殺された理由は一つ」。やはり祭具殿のことに思える。
    • 結局祭具殿侵入を知らないと言ったのは、詩音を捕縛しようとした行動を誤魔化して牢を出してもらう言い訳?その前に「富竹らが祟りにあう理由はあなたも分かっているはずです」と言っており、理由は祭具殿侵入としか考えられないか?
      • 原文引用(目「58年 綿流し深夜」):詩音「何でそんな死に方したのかなあ?」 魅音「わかりませんか、詩音?」「理由なんて、ひとつしかないじゃないですか。」「そんなこともわかんないのですか?」『オヤシロさまのお怒りに触れたから。』 その後、魅音はスタンガンで気絶させられる。
  • 奉納演舞を抜け出したことに対する制裁
    • 祭具殿侵入でなければ、富竹と鷹野が該当し、詩音自身も分かるという条件は奉納演舞を抜け出したことか。
  • 制裁の場合、その内容は?
    • 地下室で尋問された時の魅音の見方では、連続怪死事件はお魎が自分には相談せず実行しているという。詩音の処罰も同様と考えた?
      • 原文引用要約(目「58年 綿流し深夜」):詩音「怪死事件はダム工事のケジメ?」 魅音「だと思う」「全部婆っちゃが一人で決め、陰の取り次ぎがいると思う」
    • 祭具殿に侵入すれば祟りにあって当然という認識からして、魅音とお魎は事実を知れば詩音と圭一を殺した可能性が高いのではないか。
      • 詩音と圭一が殺害されている世界もあるのか?
    • 魅音「たぶん、実は侵入は4人いて後2人は鬼隠しに遭うんじゃ?」 奉納演舞を抜け出した4人のうち残り2人は鬼隠し、つまり詩音はお魎の指示で失踪すると考えたのか。

[派生]園崎家と祟りの関係についての魅音の発言

  • 以下の通り、二転三転しているので、あまり信用しない方が良いか?
    ・原文引用(祟「9日目」終盤):魅音「園崎家は…人殺しなんて大それた事、絶対にやらないよ」
    →悟史失踪直後もお魎、園崎家の関与を否定。(目「オヤシロさま」)
    ・原文引用(目「58年 綿流し深夜」):詩音「怪死事件はダム工事のケジメ?」 魅音「だと思う」「全部婆っちゃが一人で決め、陰の取り次ぎがいると思う」
    ・原文引用(目「集会所の役員会」終盤):詩音「悟史くん、見つけた。井戸の底なんだね」 魅音「…そうだと思う。そこしかないもん。」(魅音)
    ・原文引用(目「最後の日」終盤):魅音「お姉、この底には、悟史はいないよ。」「園崎家で殺されてれば、ここに捨てられてると思う。そうは言った。」
  • 皆編での命乞いも考慮すると、魅音の至上命題はまず生き延びること。自分が生き延びるのに最適な説明をその場その場で弄しているような?
  • 前項のうち、少なくとも「園崎家は人殺しなんてしない」は怪しいか。
    • (例1) リナの腸流し (祭囃し編では鷹野に動機はないため、消去法で見せしめの動機がある園崎家の犯行とわかる)
      • 正確にはヤクザの園崎組。
      • 暇潰し編の親族会議から、園崎組と本家の意思決定は共通とわかる。組内部だけの事件としても、本家幹部でもある組長が古来の腸流しを本家の意向に反して行うとは考えにくい。
      • 実の父親の所属する園崎組は人殺しをするが、婆っちゃと自分という園崎本家はしない、だから園崎家は人殺しをしない、という結論は妙。
    • (例2) 魅音のケジメ … 魅音が嘘をついたのでなければ、爪を剥がした理由はお魎が悟史を殺害しようとしたから、となる。
    • (例3) 魅音は死体隠蔽に詳しい。リナのような小さなトラブルによる怪死は、祭り前後でないと大石の関心は呼ばないだけで実は結構ある?
      • 綿流し編で地下祭具殿の古井戸から10年以上前の死体が3体発見されてるので、園崎家は何らかの殺人に関わってる。

  • 途中送信ごめん つまり双子が産まれた際に、この三人ともを生かすためのケジメって考察がすごく好き -- 2013-11-06 (水) 19:54:26
  • お魎のケジメは、双子とその母親の茜を除名する -- 2013-11-06 (水) 19:51:58
  • 爪剥ぎのケジメは、お魎も茜も同じ理由(結婚相手を認めてもらう)でやっているのだから、「悟史を殺害するつもり」なんてもともとないと思う。 -- 2012-09-04 (火) 04:43:00
  • ↓( ´ ▽ ` )(お前の)金太負け〜ろ!(お前の)金太負け〜ろ!(お前の)金玉け〜ろ〜う〜!(俺の)金太負けるな!(俺の)金太負けるな!(俺の)金太負けるな!(俺の)金玉け〜る〜な〜!(゚Д゚)<死刑! -- 2012-07-09 (月) 19:26:23
  • ほ〜ぉ。 -- RENALOVE? 2012-07-08 (日) 14:47:06

沙都子が園崎本家に行った事の疑問点

お魎が北条を嫌っている事は周知の事実なのに沙都子が園崎本家に赴いたのは不自然。

  • 沙都子が園崎家に電話して魅音(実際は詩音)から夕飯の誘いを受けたが、お魎のいる園崎家に行くのはとても勇気がいる。
  • 沙都子は魅音と梨花に対して違和感を感じないとおかしい。
    • 梨花も北条と園崎を関係を知ってるはずなのに、沙都子を置いて園崎家で夕飯を食べる事に沙都子が違和感を感じないのはおかしい。
    • 梨花も御三家の人間なので、過去に村の集まりで北条家を除外して園崎家で遊んだりした事があった(暇潰し編)ので今回もそれだと思った?
  • 魅音も事情を知ってるのに夕飯に誘うのは不自然と沙都子が気づかないのはおかしい。
    • 魅音は空気読めないので、深く考えずに過去に沙都子を園崎本家に誘ってお魎を怒らせたり沙都子に悲しい思いをさせた事があるかもしれない。
    • 沙都子は魅音とお魎が二人暮らしなのを知ってるので「おかずを作り過ぎちゃってね」の発言からお魎が不在だと判断した?
      • 園崎次期当主としての魅音は私情を挟まないので日頃から沙都子を園崎本家に招いていたとは考えにくい。

[派生]沙都子はお魎と会った事はあるのか?

  • それぞれの世界で設定が違ってる。 「その反応からすると、…会ったことがないみたいだな。」「えぇ。お婆さん以外にはありませんですわ。」(綿流し編)
    「私は会ったことありませんけど、怖ぁい人らしいんですのよ!詩音さんが言うには、趣味は人の生爪を剥がすことなんだとか!(皆殺し編)
  • 沙都子が魅音orお魎を殺しに行く計画を立てていた説
    • 圭一・レナ・詩音が園崎家が黒幕と疑って魅音を攻撃したり、梨花も暇潰し編までは園崎家が黒幕だと思っていたのに、沙都子だけが園崎を攻撃する描写が無いのは不自然。
      魅音かお魎を殺す計画を立てていて魅音(詩音)に誘われたのを契機に園崎本家に乗り込んだが、スタンガンで返り討ちにあったのでは?
      • 計画を立てていたとしても梨花が帰ってこない時点で計画がばれて梨花を人質に取られたと判断するのが自然で、沙都子に勝ち目はない。

  • アニメだと普通に食事に行く描写になってたね。 -- 2013-12-22 (日) 02:21:26

梨花の注射攻撃の疑問点

詩音の発症を治療するつもりで注射しようとしたなら何故山狗を呼ばなかったのか?

  • この時点では山狗を指揮する権限のある鷹野が死んでる(実際は偽装)ので、山狗部隊を呼べなかった?
    • 鷹野と富竹が死んでおり指揮系統がまともに機能せず、東京側は入江を疑ってるので東京からの指令で事態を把握出来るまでは山狗を休止状態にしたのかも。
  • 山狗を呼んだら解剖される可能性が高いと思ったので一人で治療薬を打とうと思った?
    • 梨花は1年目と3年目の犠牲者が診療所で解剖されていて、悟史と沙都子も当初は解剖される予定だった事を知っている。

  • ふつうに運命にあらがうことをあきらめていたと考えもできる。 -- 2013-12-22 (日) 02:18:52

罪滅し編

レナが会ったオヤシロさまとは何か?

  • 大量出血による臨死体験?(罪滅し編)
  • 家庭のトラブル、症候群の症状等、複数要素が作用して生まれた幻覚?(罪滅し編・祭囃し編)
    • 単なる幻覚や臨死体験ではレナが回復した理由にはならない。入江説で説明すると父親への信頼による完全な自力回復となるが、オヤシロ様にあって帰郷することで回復したというレナの説明と矛盾(皆殺し編・祭囃し編)
  • 上記症状から見て、羽入では?(皆殺し編)
    • 羽入は茨城まで行けるのか?皆殺し編ラストで「あなたと言葉を交わしたのは初めて」というレナの台詞と矛盾
      • 「言葉を交わしたのは初めて」という事の意味は、前後の文脈から判断すると「言葉以外の手段でなら意思疎通を果たした事がある」という事だと思われる。ただし、その以前の意思疎通が、この臨死体験の事を指すとは限らないが。
      • かけらつむぎで茨城や東京の出来事が出る以上羽入がみたとしか説明できない(梨花の能力では不可能)。羽入は賽殺し編では雛見沢以外の関係者詳細を全て説明してみせた。茨城事件は結局末期発症ではないので声や姿が曖昧だったのだろう。
      • 祭囃し編では、前に見たことあるような気がする、いっつもそばにいたんだよね、と、昔から気配を感じていた、もしくは感じたことがあるという雰囲気のある発言をしている。 これはループ記憶のかけらからきているのか、茨城の体験のことを言っているのか・・・・?
      • →皆殺しの最後の台詞だけでは、羽入に対してかベルンカステルに対してかの発言かははっきりしなかったが、この時点では羽入で断定可能? 
      • あなたと言葉を交わした事はないけど、どこかで感じていた。「あなたと言葉を"交わせた"のは初めて」、言葉で交流できたのが初めて、という意味では?

  • レナの脳内にいる羽入の同族だろ -- 2013-07-22 (月) 13:58:00
  • レナは茨城に行く前に雛見沢にいる。その時にオヤシロサマ(羽入)の存在を感じていた。 茨城に行きL5発症、オヤシロサマがいる。という幻覚を見る。 L5が発症すると羽入の声が届くようになる。 -- 2012-03-05 (月) 07:18:14
  • アニメ祭囃し編見た感じでは羽生かな…… -- 2012-01-31 (火) 23:35:11
  • レナが見たのはオヤシロサマだと思う -- 2011-10-16 (火) 17:20:19

結局、鬼隠し編の真相はどうなっていたのか

  • 罪滅し編で全ての疑問に答えが用意されたわけではないが、思い出された記憶からして圭一の疑心暗鬼による暴走と見られる(詳細は派生参照)。
    • 圭一が雛見沢を離れた際に雛見沢症候群を発症し、その結果暴走したと、皆殺し編で梨花が言っている。
    • その後、相変わらず詳細の解答は示されないまま、鬼隠し編の真相とは圭一の暴走である、と皆殺し編、祭囃し編で繰り返し古手梨花(情報統合思念体バージョン)が確認する。
  • レナの行動は、祟りの危険から両親不在時の夕食まで、圭一について色々心配していたに過ぎないと言うことになる。
    • その献身性が、ラストの「私を信じて…」というレナの命懸けの説得につながるのではないか?
    • また、祭囃し編ではレナの行動の動機が圭一を心配して最後まで助けようとしたことだ、とはじめて明言されている。
  • 鬼隠し編のトリック、一つの鍵(コミック解説)とは何か?
    • 鬼隠し編−罪滅し編の本当の恐ろしさは、正解率1%とされるようにほとんどのプレイヤーが全ては圭一の妄想と暴走だったという真相に気がつかず、レナ・魅音を疑ってしまうことにあると思われる。

[派生]圭一の疑心暗鬼についての詳細

  • 突然「嘘だッ!」とか言って、絶対あのレナとは別人だ。こいつは誰だ?
    • 魅音曰く「レナは普段おちゃらけてるけど怒ると怖い」(祟)。
    • 圭一が魅音に全責任を押しつけて仲間じゃないと罵倒したシーン(祟)、同じく混乱する沙都子を思いやらずに責め立てたシーン(祟)にもそれが描写されている。
    • 「嘘だッ!」について。大石との会話を伏せる圭一は魅音を殺人犯として疑っていることになる?
      • レナは過去の経験から「嘘をつかれる」ことに敏感で、過剰反応する傾向がある(罪)。
        直感的に嘘と見破っただけの可能性も?
    • レナおやしろモード=圭一発症中。なので、若干の厳しい口調を過剰にとらえてしまった?
    • 内容だけ見れば「誰にでも隠しておきたい事はあるんだよ」と圭一を諭しているだけ。
      →罪滅し編での圭一の告白に対する仲間達の反応と同じ。
  • レナはつけ回すストーカー、俺を狙っているのか。
    • レナは「世話好き」「心配性」(鬼)。
    • 部屋の外で電話を聞いていた件について。
      • 「小一時間ほど部屋の前に居た」というのは圭一の誤解? 通話の邪魔にならないようにすぐ立ち去ったとも考えられる。
      • 通話を邪魔しないよう家の外で待つことにした? 前原父に声をかけたが、多忙で聞いていなかったか。
      • 自分たちを疑う電話をしているのを耳にして、怒ってそのまま待たずに黙って帰った?(前項参照)
  • 魅音に大石接触を知られ、余計な話をするなと警告された。
    • 大石との会合は園崎傘下の店だったために、魅音が情報を得られた。(綿)
    • 「大石と会ったこと」では無く「隠れてエンジェルモートに行ったこと」をからかっていた?
       →いかがわしい方面の話で熱く盛り上がっていたんじゃないの?という勘繰り。
       →レナの「聞いてもないのにレナ達の名前が出るのは怪しい」は、レナ達を妄想トークの
        ネタにしてたんじゃないの?というニュアンスで理解できる。
    • 「茶化して元気付けたいだけだった」「だから、別れの挨拶が『明日、学校休んじゃ嫌だよ?』」(罪)
  • おはぎに針。
    • 雛見沢症候群による認識異常(皆)。入っていたのはタバスコ(罪)。思い込むと立ち直れない(皆)。
      • 辛さを感じるのは痛覚受容器なので、雛見沢症候群の影響下では誤認しうる。
  • 白ワゴンに轢かれそうになった。
    • 轢き殺す相手にクラクションは普通鳴らさない。偶然の接触事故?
    • 山狗による運転であれば、翌日には滅菌作戦が行われるので、通報されても問題ないことになる?
  • “転校”とか言って俺を脅してんのか?
    • 「悟史君みたいに転校はさせない、レナが助けてあげる」(鬼)
    • レナは悟史失踪にこだわりがある(鬼・祟)。その主な理由は、追いつめられる悟史に何もしなかった魅音たちには秘めた怒りをずっと持っていたこと、そして(父親に続いて)悟史をも救えなかった自分に自責の念があり、今度同じ事があったら必ず失踪を防ごうと誓っていたこと(罪)。
    • 実際にはレナは巫女でもなければオヤシロ様自体の利益のために働く動機もなく、むしろ祟りを起こす警戒すべき存在と見ていたということになる。
  • 後ろに誰か居る気配がした。誰だ?
    • 圭一、レナ、詩音、悟史を追いかける足音の正体は羽入らしい(皆)。興味を持った人間の後をつけ回すとのこと。
      • 発症者を付け回すのは、興味本位のほか、謝罪・自責の念のため。
  • レナはどうして、親がいないって知ってるんだ、持ってきた惣菜ってなんだよ?針入りか?
    • 前原夫妻と親しく、何かあったら圭一のことを頼まれる関係(鬼・罪)。
    • 自家製漬物を届けたりしている(鬼)。
  • レナはどうして、豚骨ショウガ味を買ったことまで知っているんだよ?俺を監視しているのか?
    • レナはよくセブンスマートで両親と顔を合わせる(罪)。
    • 村人は新参の前原家に期待し注目し、常に村内に動静が伝わっている(鬼)。
    • レナは直感力と観察力に優れた”名探偵”(綿)
  • なに雨の中で謝罪繰り返しているんだよ。レナ怖えぇ。
    • レナは献身的で一途(鬼・罪)。
    • 罪編では唯一信頼できる味方である圭一に会いたくて、何時間も家のそばで待っていたシーンがある。
    • オヤシロ様は謝り続ける(罪)。羽入をレナと誤認していた?
      • 羽入ならばわざわざ外に出て離れた場所で謝る必要性がない為、誤認とは考えづらい。罪の状況を見てもレナ自身と考えるのが自然。
  • レナは鉈なんか持って、どこに行くつもりだってんだ?俺を殺すのか? (→【レナは斧(鉈)を持っていたか】の項を参照)
    • 趣味はかぁいいもの集め。普段から鉈を持ってゴミ捨て場に通っても村人に不審に思われないほど熱を入れている(鬼)。
    • 捨てられた自分と境遇の似た粗大ゴミに特に同情(罪)。
  • レナはこんな状況で何笑ってるんだよ?
    • 辛い時はむしろ笑おう?そうすれば日々楽しくなるし、笑顔がいずれ本物になる(祟・目)
  • 魅音が注射器で襲ってきた。
    • 雛見沢症候群による認識異常(皆)。持っていたのはサインペン(またはマジック)(罪)。思い込むと立ち直れない(皆)。

  • 鉈ではなくカバン鉈なら軽くは感じない -- 2016-02-12 (金) 22:32:56
  • 入江はなぜサインペンを回収したのですか? あと、なぜ圭一と一緒に雛見沢を離れた両親は無事ですか? -- 2012-12-29 (土) 18:09:47
  • 一度鬼隠しの圭一発症状態の会話ををレナ目線でよんでみたいな -- 2012-03-26 (月) 19:06:40
  • 圭一が風邪で入江診療所に行った時に入江は圭一が雛見沢症候群を発症してると気付いてたなら白ワゴンや山で圭一を襲ったことの辻褄が合いそう -- 2012-01-31 (火) 23:40:20
  • でもきゅぽんとまではいかないだろ -- 2011-07-13 (水) 23:32:00
  • ↓注射器にだってキャップはある -- 2011-02-13 (日) 21:52:55
  • ↓注射器にだってキャップはある -- 2011-02-13 (日) 21:52:53
  • ↑注射器にだってキャップはある -- 2011-02-13 (日) 21:52:23
  • 白ワゴンはおそらく山狗のもの。監督到着時に同様のワゴン(認識異常の可能性もありえるが)。意図は不明。 -- 2010-07-04 (日) 18:17:13
  • 「きゅぽん」という効果音(コミック) -- 2010-06-10 (木) 23:02:11

魅音は間宮リナがレナ父相手に美人局をやってる事を知っていたか?

  • 知らなかった。
    • 園崎の情報網が広いと言っても大部分はヤクザの情報網で、ヤクザ側が情報を隠していれば園崎本家には情報は伝わらない(葛西は知っていた)
    • ヤクザ側(葛西)は魅音に情報を伝えていなかった。間宮レナがカモを見つけた話は知っていたが標的がレナ父とは知らなかった
  • 知っていたが黙っていた。
    • 魅音は祟殺し編で鉄平が帰って来た事を黙っていた事から、レナにも間宮リナの事を黙っていた可能性がある。
      • 魅音の親はヤクザであり、ヤクザは組織の構成員(リナも鉄平も広い意味でヤクザ関係者)から上納金(フラインチャイズ料みたいな物)を取って生活してるので、 間宮リナの美人局が成功すれば園崎組の収入が増える。魅音は親の仕事を邪魔したくないから美人局の件を黙っていた(祟殺し編の鉄平の件を黙っていたのも同じ理由か?)

[派生]間宮リナは何故鉄平と付き合ってるのか?

  • 皆殺し編の台詞から「あいつ馬鹿だもん。でかいのはナニと態度だけー。」と言ってるので鉄平の事を大して好きではないと伺える。
    • 間宮リナは金目的で鉄平に近づいた?
      • 北条父がダム戦争で国から貰った4000万の通帳を譲り受けた事を知って鉄平に色仕掛けで近づいたが、通帳は北条叔母が握っていてリナは手が出せなかった為に金を引き出せなかった。 →そして鉄平との関係がダラダラと続く(リナが鉄平に近づいたのが金目的なら4年目の事件に関わってる可能性あり)


圭一は何故鬼隠し編の魅音とレナのおはぎ作りの記憶を持っているのか?

  • 圭一は魅音とレナのおはぎ作りのシーンを見てないはず。自分のループ記憶ならともかく、他人のループ記憶をどうやって継承したのか?
    • 上位世界でカケラを操作出来る存在が圭一に鬼隠し編のカケラを見せた
    • 目明し編の詩音が落下中に皆殺し編のカケラ(沙都子にカボチャ弁当を食べさせる)を見ており、直後に悟史の「むぅ」を聞いてる事から悟史が上位存在になって解答編の世界に介入し出したのかも

  • おはぎをもらうときに「レナたちが作った」と聞かされていれば、別に作っているシーンを見ていなくても「上手だったな」発言は可能。別にレナたちの記憶を見たわけではないのでは。   -- 2011-10-16 (日) 12:25:07
  • 同感。そのシーンだけ圭一の回想セリフがない -- 2011-07-13 (水) 16:43:47
  • 読者への説明としか思えないが・・・ -- OGW? 2011-01-05 (水) 13:45:43

皆殺し編


  • 頃好きじゃなくて殺す気ね -- 2013-12-22 (日) 02:26:08
  • どうせ頃好きだったのになぜ三四は沙都子を助ける手伝いをしたのか? -- 2013-12-22 (日) 02:25:05
  • 何か書きなさいよ・・・。 -- 2011-10-17 (月) 17:25:40

祭囃し編

田無美代子を助けた神は何者?

  • 電話ボックスと10円玉を与えて美代子を助けた存在。
    • 「うみねこのなく頃に」のラムダデルタ
      (参考)ラムダデルタ卿による回想記
      ttp://umineco.info/?%E5%B0%8F%E5%86%8A%E5%AD%90%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%92

全般


ルールXYZ(皆殺し編より)

  • ルールX … 梨花の仲間の暴走による殺人。
    • 孤立した仲間が疑心暗鬼に陥る → 「雛見沢症候群」を発症 → 惨劇が基本パターン。
    • ひぐらしはルールXの加害者視点で描かれることが多いので最も派手な展開になる。
    • 現在判明している限りでは、圭一、レナ、詩音が暴走。沙都子の圭一吊橋落としや梨花の鉄平殺害未遂も入るか?
      • →部活メンバーや詩音以外の暴走は無いのか?
    • 毎回加害者被害者が変わる。事件そのものに強力な意思は働いていない?誰でもいいのか?
      • →誰かがおかしくなると異変に気づいた他の人間は仲間を守ろうとするため発症しない?
      • ↑その1人を救う為にみんなが団結。発症者は更に疎外感という悪循環?
    • 個々の事件の発生フラグは多様。綿流し・目明し編では圭一のお人形事件が、祟殺し編では鉄平帰宅が、罪滅し編ではレナパパの結婚詐欺事件がきっかけだった。
      • 鬼隠し編は「圭一が法事に出掛けた2日間で発症する」というレアイベント。それでも仲間を信じることができれば回避できるようだ。(大石の話に耳を傾けないというのも有効か)。
      • 綿流し・目明し編は、実は詩音の祭具殿侵入が真の発生条件ではないか、という説もある。深夜の姉妹対立が詩音暴走の直接の原因であることから生じた説だが、真偽のほどは不明。
      • 祟殺し編の鉄平帰宅は皆殺し編以前では必ず惨劇に終わったらしい。
      • 罪滅し編もレナは葛西に相談しているので、恐らく魅音や葛西に相談する(皆殺し編など過去何度か起こった惨劇回避ケースらしい)前にリナに殺されかけるのが発生条件ではないか。
    • 疑心暗鬼を煽る存在。
      • 鷹野三四 … 綿流し祭以前に登場。たかのんスクラップ帳からタイムリーネタをチョイスして吹き込む。
        →鷹野の立場を考えると確信犯か?
        →綿流し編や目明し編のように、どさくさで梨花が死んでしまって作戦が実行できなくなる場合があるのでやらないほうが賢明なはず
        →しかし罪滅し編でのレナへの対応は、症状を悪化させるであろうことが容易に推測できたはず…周囲への攪乱のために利用している?
        →古手神社・古手家への疑惑を抱かせて仲間を遠ざけるためか?
      • 大石蔵人 … 綿流し祭以降に登場。園崎黒幕説を吹き込む。「オヤシロ様の使い」の異名は当たらずも遠からず。
      • 園崎魅音 … 最初から登場。圭一に連続怪死事件の事を隠す。圭一にタバスコおはぎを食べさせる。富竹さんと同じ目に会ってもらう発言。リナと鉄平の死体をレナに無断で隠す。園崎ブラフを詩音に最後まで隠す。本人には悪気は無いが空気の読めない発言や無神経な言動で疑心暗鬼を煽る。
      • 野村 … 祭囃し編で登場。鷹野の研究目的を復讐へと摩り替え、滅菌作戦に誘導する。
  • このルールX回避の経緯は鬼隠し編ラスト、バットで殴り殺そうとする圭一に対しレナが捨身で「私を信じて」と呼びかけたことから始まる。残念ながら暴走する圭一には届かずレナは殺されたが、罪滅し編への重要な伏線となる。
  • 罪滅し編では、レナによるリナ鉄平殺しは防げなかったものの、前世界で自分がレナと魅音を殺した時の記憶を取り戻した圭一が、今度は自分がレナを救おうと決意。これに仲間たちが協力し、ゴミ山の告白以降圭一を信じたかったレナが最後にこれに答えて、校舎爆破エンドは回避成功。これ以後(少なくとも)圭一とレナはルールXから解き放たれた模様。
  • 皆殺し編では、圭一のお人形事件・レナパパの結婚詐欺事件が同時発生しかかるも、ループ記憶?を生かして回避。鉄平帰宅は圭一と仲間たちが雛見沢の総力を結集することに成功して退けた。沙都子が独りで耐えることから仲間と助け合う生き方に成長し、梨花と羽入が傍観者の役割を脱するなどルールX回避についてもその影響は大きい。
  • 皆殺し編で詩音が沙都子を積極的にかばっていたのも「選択肢の先の未来」(目編)からのループ記憶か?とすればこれもルールX回避に含まれるだろう。
 
  • ルールY … 強い意志と目的をもって行われる梨花の死。梨花のみならず雛見沢を滅ぼす「悪魔のシナリオ」。
    • 富竹・鷹野殺し→梨花腸流し(ついでに入江自殺)→雛見沢大災害の順で起こる。
    • 企画・実行は鷹野三四と山狗の皆さん。
    • 富竹・鷹野殺しは遂行率100%らしい。
    • 梨花腸流し(ついでに入江自殺)→雛見沢大災害はルールXによって梨花が殺害された綿流し・目明し編では発生していない。
 
  • ルールZ … 雛見沢を覆っている、惨劇を容認する雰囲気。最も古く錆付いた錠前。
    • 皆殺し編冒頭の解説によると、狭い意味では園崎家のブラフのこと。そこから3つの要素が上げられた。
      • 何事も園崎家の陰謀であると思われること。
      • 何事も祟りであると解釈されること。
      • 特に綿流しの夜に人が死んでも不思議だと思われないこと。
    • 以下の要素もそれと関連づけて説明されているか。
      • 鬼ヶ淵と呼ばれる以前からあった雛見沢暗黒史。
      • 老人たちから子供たちに広まるオヤシロ様の祟りの話。
      • ダム戦争時の確執。村と北条家との溝。
      • 5年目を迎える連続殺人&失踪事件。
    • 皆殺し編では圭一と仲間たちが雛見沢の総力を結集することに成功してその一部を吹き飛ばした。

  • 鷹野が疑心暗鬼を煽るのは誰かが発症すれば実験素材が手に入るためだと思う・・・・   魅音が詩音に悟史の行方を隠す。というよりは本当に行方を知らなかっただけ、祭囃しで詩音が診療所に行くとき魅音は、悟史の居場所を知って驚いたような反応をするから。 -- 2012-03-05 (月) 07:37:42
  • ルールXによって、発症する可能性のある部活メンバー全員が疑心暗鬼に陥った世界もあったかもしれないが、「その世界はさすがに・・・」と考えた作者が描かなかった可能性もある -- 2010-05-09 (日) 20:04:06
  • ルールXによって、発症する可能性のある部活メンバー全員が疑心暗鬼に陥った世界もあったかもしれないが、「その世界はさすがに・・・」と考えた作者が描かなかった可能性もある -- 2010-05-09 (日) 19:59:06
  • この3つはつながっていると考えたほうがいいと思う、富竹・鷹野殺し(ルールY)で恐怖が芽生え、それがルールZにより増大し仲間による惨劇(ルールX)が起こる。皆殺しのルールX回避はループ記憶によるものもあるけど、ルールZを打破できたことによるところも大きいと思う 何らかの偶然で鉄平を退けることができていてもルールZが打破されていなければ詩音あたりが暴走した可能性(園崎家、お魎や村人に対する不信感から)は高いのではないか -- 2010-04-09 (金) 23:04:18

連続怪死事件の真相(祭囃し編より)

ルールXYZの関係は? また、何故必ず起こるのか。

  • 1年目の祟り(ルールZ:園崎家の反ダム運動)
    • ダム工事現場監督と加害者6人の口論の末、監督がL5を発症、現場のスタッフに襲い掛かり返り討ちにされた。
      • 現場監督は山狗の工作でもともとL5に近い状況で放り込まれ、殺されかけた主犯が疑心暗鬼に囚われたまたまL5を発症して捕獲されたのでは?
    • 殺害をきっかけに主犯格の男がL5を発症、右腕を新聞紙に包んで捨てに行く途中で入江機関の人間に発見され、生け捕りにされる。その後実験材料にされ後に死亡。
    • 右腕は、入江機関によって破棄された。
  • 2年目の祟り(ルールZ:園崎家の北条家への怒り)
    • 沙都子が犯人。L5発症による疑心暗鬼が積み重なり、後ろから突き落とし殺害した。
      • 沙都子がL5を発生させたなら、入江の常時注射と梨花の注射所持の説明がつく。
    • 事故。沙都子が抱きつこうとして飛びかかったら、老朽化していた柵が壊れてしまった。
      • 澪尽し編では、そのような描写がある。また、アニメにおいても、夫妻と一緒に柵も吹っ飛ぶシーンがある。いくら沙都子でも、故意に柵まで破壊する力は無いと思われる。
  • 3年目の祟り(ルールY:鷹野の雛見沢症候群への研究意欲)
    • 鷹野の指示による山狗の犯行。梨花を雛見沢症候群の研究におけるモルモットにし続けるため、邪魔な両親の殺害が目的。
  • 4年目の祟り(ルールZ:園崎家の北条家への怒り)
    • 叔母を殺したのは悟史。
    • ぬいぐるみも買えたが、悟史自身はぬいぐるみの運搬のため呼び出された入江によりL5発症を確認され、保護された。
    • 悟史は生きているが、症状は未だ改善せず治療中。
 
  • つまり、全てルールYあるいはZで鷹野の研究への執着とお魎の反ダム運動という強い意志によって必然的に起こっていた。
  • 3年目を除き園崎家の行動が発端となっている意味では大石の推理は正しい。が、決して意図的に殺させていたわけではない。

主人公達の年齢は?

※大前提※ 小学生と中高生が同じクラスになることは、日本ではあり得ません。よって以下の議論もほとんどがネタになる事を承知して、書き込みや議論をしてください。

以下の通り魅音(17or14歳)、圭一(17or14歳)、レナ(16or13歳)、沙都子(8〜11歳)、梨花(8〜11歳)。
・誕生日が確定しているのは沙都子(6/24)のみ。
・誕生月が確定しているのは圭一(4月)とレナ(7月)。
物語は6月7日前後〜26日前後まで。
・魅音は受験生
・梨花は昭和53年6月時点(誘拐事件)で小学生
・沙都子は昭和55年6月誕生日前(2年目の事件)で9歳以下
・沙都子は最低でも小学3年生である。(祟殺し編のTIPS「沙都子のトラップ講座(初級編) ※ただし、竜騎士本人による発言は見あたらないので、確定はしていない。

  • アニメ「サイカイ」で登場するレナは37歳という設定になっている
    ひぐらしのなく頃に解(アニメ)ページのサウンドトラック Vol.2のキャラクターカードより)
    アニメ「サイカイ」の舞台が「悪魔の脚本」の平成17年だとすると昭和58年時点では14or15歳であり、年長組は中学生であると考える方が自然。
  • 年長組は中学生説
    • 圭一は6月時点で、同学年のレナより1つ年上、1学年上の魅音とは同年齢。(鬼隠し編TIPS「うちって学年混在?」)
    • でもなぜか魅音と詩音はバイクや車に乗れる年齢。
      • 無免許の可能性が高い。園崎家の訓練によるものと思われる。
      • しかし祭囃し編で茜が交通違反で切符を切られたと言うシーンがあり、園崎家といえども法的に不可能な年齢で日常的に乗り回すとは考えにくい。
    • 義務教育の小学校・中学校とそれ以外では、就学保証制度や赴任する教師の任命権の所在などが全く違う。 つまり、分校主事以外に最低2人の教師が赴任して無いと学校として成り立たない。
      • そもそも小学校・中学校が同じクラスにはなれない。年長組がフリースクール扱いでもない限り、混在はあり得ない風景。
      • 雛見沢分校自体が教育委員会の指導を無視して成立した学校であり、教育委員会はお魎が怖くて黙認している。
    • 魅音は「受験生」「進学校に進む気はない」(鬼隠し)と言っている。
    • 漫画版の祟殺し編で雛見沢分校が「小中学生入り乱れる学校」と表現されていた。
    • 同じく、漫画版の暇潰し編では魅音(詩音)が小学生低学年〜中学年と思われる姿で描かれていた。5年後の昭和58年では中学生になってると思われる。 の--罪滅し編のレナが将来を悩む所で「でも、無学な女の子が、まともな職に就けるわけもない」と独白している。高卒以上で「無学」とは考えづらい。
      • 魅音らが小学校中学年以下であるという記述はなく、主観に過ぎない。それならば「昭和58年時点の魅音(詩音)の体格は明らかに高校生」という理屈も通じることになる。
      • 雛見沢分校の学力水準では無学とも言えるかもしれない。職業訓練を経ていない事が無学であるなら、高卒以上でも無学と考える事が出来る。
      • 雛見沢には元々小学校と中学校があったが、校舎の老朽化とダム計画の為に取り壊されている。分校が取り壊した小中学校の代わりとすれば通ってる子供は小中学生になるのでは?
    • 魅音は、「出席日数さえ足りてれば進学はできる」(鬼隠し)と圭一に話していた。高校ならともかく、大学でこんなことはあり得ない。←高校でも受験は必要。
      • 魅音のポテンシャルは基本的に高いので、「その気になって本腰入れて勉強すれば大丈夫」という意味にもとれる。そもそも状況的にどこまで本気で話していたか判断が難しい。
      • 卒業の際に出席日数が問題になるのは高校(義務教育の中学は不登校でも卒業できる)のほうであり、「出席日数発言」はむしろ高校生説を補強するものでは?
    • 圭一が「小学校は皆勤だった」と独白した(鬼隠し)。高校生であれば、小中学校はと書くはずだし、高校生なのに、小学生の事を引き合いに出すのは不自然。←中学時代に何らかの理由で欠席した可能性がある。
    • (祭)で茜が大石に話した内容の中に、詩音がダム戦争後から五年目の祟りの間に第二次性徴期を迎えたと思われる発言(赤飯を炊いた・ブラを買いにいった)をしていることと、平均的な第二次性徴期を迎える年齢を照らし合わせると中学生というのがリアルでは?
    • DS版絆だと夏美は高校2年生(染伝し)であり、魅音が「夏美ちゃんは年上だよ?実は私よりも」と発言しているので魅音らは中学生では?
    • 澪尽し編では『よくいままで進学できたな?(圭)』『うちの学校は世界の国の首都が言えたら合格できるレベル』とあり、過疎の雛見沢において中学校受験があるはずもなく、祭シナリオライターによる設定。(盥回し、憑落しでは中学生との発言がある為、澪尽しも中学設定の模様)
      • ただし、澪尽し編のみの設定という可能性もある。 実際は、年長組は祭でも中学生の模様。(盥回し編、詩音と別れた後の図書館前でレナとの会話より)。 魅音との受験会話で大学の話があるが、話のきっかけ「圭ちゃんは『そのうち』大学」という会話から仮に魅音が高校生の場合は「来年の大学受験〜」などが正しい為に祭では中学生の模様。
    • 漫画版心癒し編で、昭和58年の夏休み時点で魅音が高校受験を控えていると述べているので14歳で確定と思われる。
    • 原作の予告ページにて「主人公、前原圭一は都会からこの寒村、雛見沢に引っ越してきたばかり。学校は小中合併の1クラス。町まで自転車でも1時間」とあるので年長組は中学生で確定。
  • 年長組は高校生説
    • 皆殺し編ラストで「免許を持っているかはしらないが魅音や詩音は車の運転ができた」とあるし、詩音がバイクに乗ることについての圭一の感想「免許持っているのか?」とある。これは魅音や詩音が免許取得可能な年齢(18ないし16歳以上)という前提でないと説明がつかない。←圭一が運転免許法に詳しくなかった可能性がある。
    • 魅音は「受験生」(鬼隠し)。
    • 罪滅し編のレナが進学か就職かを悩む所。高校卒業といっても、雛見沢の学校の水準では、就職においては「無学」と表現しうるかも。
    • 「出席日数さえ足りていれば進学できる(魅音・鬼隠し)」から、高校生でも学力面では「無学」に該当できるかも。
      • 高校ならともかく、大学受験で「出席日数さえ足りていれば進学できる(魅音・鬼隠し)」事はあり得ない。←学生数確保のため、一部の私立大学では高校入試以上に試験が形骸化していることも珍しくない。
      • 昭和58年時点ではまだ上記のような受験が形骸化した大学はなかったと思われる。大手予備校が「Nランク(偏差値がつけられないほど低い)」や「BF(ボーダーフリー・事実上無受験)」といった言葉を使い始めたのは少子化が進んだ21世紀以降。
      • 園崎系の大学がある? 次期頭首である魅音は優先的に入学できる?
      • ただし、魅音は学校ではレナと同じ勉強をしている事が多い(鬼隠し編で、圭一にレナと魅音が教わっている事が多い)から、高校生だとしても、学力面では無学に該当できる可能性がある?
    • 高校エースの亀田君と圭一の会話が、最初から最後まで同じ高校生としての口調。圭一は素振りの目的を甲子園だと言った(鬼隠し)
      • 昭和53年の時点で梨花は小学生(暇)で昭和58年の時点でも梨花は小学生(賽)。 よって、梨花は小学6年生である可能性が非常に高い。
        レナは2年生であるから、梨花が昭和58年6月の時点で11歳だとすれば、レナは16歳だと考えられる。 ←そもそも「あと5つもあれば」というのは「あと5つもあればレナに勝てる」という意味であり、「あと5つもあればレナの年齢に並ぶ」という意味とは限らないのでは?
    • アニメ版ストーリーアナライズブックにて、茨城の事件について「レナが中学生の頃」との記述あり。現在は中学生以上?
      • 昭和57年時点でレナは1年生。また雛見沢に引っ越してきたのは57年4月(賽殺し)。よって中学で事件を起こし、高校進学直後に転校したものと考えられる。←高校の転校には転入試験が必要。当時のレナの精神状態で試験を受けることができただろうか?←引越しの段階ではある程度正常化している。精神不安定なまま退院させるとは考えにくい。
      • 制服を着ている姿で描いてしまった事の辻褄合わせか?(漫画・アニメ)
    • 悟史のアルバイト。中学生では社会的に難しくないか?←魅音が仲介したのであれば可能では?
    • 園崎姉妹のけしからん胸は年長の証。←あの体型は一般的な高校生でも不自然。よって根拠とはできないのでは?
    • 詩音が単車を事も無げに乗りこなしている(目明し編)。
      • 単なる不良娘の無免許運転?(ちなみに尾崎豊「15の夜」が発表されたのは昭和58年)←ダム戦争の際に補導歴があり、現在も目立った事ができない立場で堂々と違法運転をするだろうか。
    • 圭一の父が梨花と羽入を「圭一よりもっと年下」と推測している。もし3歳差なら「もっと」は不適当では(罪滅し編TIPS「雛見沢だった訳」)。
    • レナに少年法が適用されていない。よって16歳(罪滅し編)。
      • 少年法は2000年に法改正され、刑事責任を14歳から問う事になっている。(作者が誤認したのでは?)
    • 魅音の免許所持の話題で、年齢が問われてない。よって18歳(アニメ解13話皆殺し編)。
    • 祭の公式コンプリートガイドブックの祟殺し編の考察の部分には圭一が男子高校生と明記してある。←誤植?
  • 年少組は小学生説
    • 沙都子がトラップ作りを始めたのは小2の2学期(8歳)(55年(両親死亡後)・56年(叔母宅居住中)・57年(悟史失踪後)のいずれか)
    • 52年X月の虐待自作自演時:沙都子(X歳)、56年11月の匿名通報時:沙都子(X歳)
    • 祟殺し編TIPSで「北条沙都子(X歳)」となっていたので、10歳以上の場合「1X歳」と表記されていることと比較すると、沙都子は10歳未満である可能性が高い。
    • 祟殺し編TIPS参照。沙都子の年齢は58年6月1日現在で10歳(小5)ぐらいが順当なところでは?
      • 誕生日が綿流しの後日であり、(X歳)の記述にも矛盾しない学年は、通常小4以下。次の誕生日で10歳になるのが最長。
    • 以上からして、沙都子の年齢は58年6月1日現在で8-10歳ぐらいが順当なところでは?
    • 梨花は沙都子に呼び捨てにされている(沙都子は仲間内であっても年上の人にはさん付けする)ので、同学年以下と考えられないか?
      • 鬼隠し編で、圭一が二人を指して「同い年とは思えない」と言う場面がある。
      • 原作者サイトのキャラクター紹介の梨花の欄に「主人公の下級生で沙都子とは同学年。」との記述あり。
      • 梨花と沙都子は同学年(同年齢)と考えて差し支えないと思われる。おそらく、誕生日が梨花よりも沙都子の方が早く来るのではないか。←誕生日が先だからといって同級生、ましてや一緒に暮らす親友を「さん」付けで呼ぶのは不自然。梨花の誕生日を推測する根拠にはならない。←沙都子は不自然な敬語を使うことがある。これもその一つでは?
      • 賽殺し編の世界では沙都子が梨花のことを古手さんと呼んでいる。→年齢は関係ないのでは?
    • 暇潰し編(昭和53年の時点)で梨花が「明日は5時限なので、早く帰れる」と言っている。幼稚園・保育所では「5時限」と言わないので、この時点で梨花は小学生。
      • 昭和58年の時点でも梨花は小学生であり(賽殺し)、沙都子と同学年(公式設定)であるから、梨花と沙都子は昭和58年の時点で、小学6年生。昭和58年の綿流しの時点で梨花・沙都子ともに11歳。
      • 上記から、「身体年齢があと5つもあれば(罪)」という梨花の言葉から、上級生組の年齢も推測できる? → 年齢に関してはロジックエラーの可能性有り。祟殺し編の年齢推移とかみ合わない。どちらにしても、小学生の可能性は非常に高い。少なくとも、梨花は小学生。
      • 賽殺し編で梨花は繰り下がりの引き算が苦手と言っている。→小学生低学年?
    • 年少組はアニメ、マンガにてランドセルを背負っている描写が多い。
  • 年少組は中学生説
    • 鬼隠し編の体育の授業での1シーンで英単語の問題を沙都子や梨花に出している。
      • ただし、このときの英単語はsix, socks, sex, thatという平易なもの。
    • 梨花・沙都子12歳。梨花「身体年齢があと5つもあれば」(罪滅し)とあるので、レナを17歳とすれば5つ違いで12歳。沙都子は話によっては誕生日を越えているので13歳になっていることもある。
      • レナが17歳という前提が不十分。年齢差が5つであれば、レナ13歳に対し梨花8歳でも成り立つ。そして「せめて」というニュアンスも考慮すると、「互角には及ばなくとも少なくともそれくらいは欲しい」という意味も考慮出来る。
      • 梨花は「同年代の子に比べて発育が悪い」と言われているため、レナと同年齢では体格・体力差を覆せない(自分のほうがいくつか上である必要がある)、と考えている可能性もある。その場合、レナ13歳、梨花11歳だとしてもおかしくはない。
      • 更に年少組は「午前中に授業」が終わる。たまたま、その時間帯が5時限でも「今日は〜」という表現は無い為、基本的に4〜5時限が確かである。
  • 結論
    • 矛盾が多すぎる為、不明。最低でも年少組は小学生。PS2では年長組は中学生が確定。
      • 竜騎士07も年齢については深く話してはいない為、答えは不明である。

  • ↓さいころしの漫画ではレナが低学年の子に折れ線グラフを教えている.さとこと同学年だと思われるので,二人は小学生 -- ako? 2012-08-13 (月) 16:25:25
  • 梨花とさとこはさいころしでランドセルをしょっている -- ako? 2012-08-13 (月) 16:21:10
  • ↓煌はOVAだし、キラは夜神月だよ(´・ω・`) -- ダニエル? 2012-04-01 (日) 16:06:18
  • ひぐらし煌の三話で詩音が中学の教科書使ってたぞ -- ハル? 2012-03-27 (火) 11:28:14
  • 今では小中一貫校が増えているそうですね・・・昭和時代は分かりませんが -- 2011-10-23 (日) 15:44:56
  • とりあえず、羽入みたいなのが存在してる時点で、この世界は現実の日本とは違う世界だから日本での話は無意味 -- ? 2011-08-06 (土) 00:09:34
  • 文庫本発売記念の対談で竜騎士さんが年長組は中学生2年前後、梨花は小学6年だと言ってました (男の子と女の子) ttp://sai-zen-sen.jp/works/extras/harukaze07/02/01.html -- 2011-07-26 (火) 16:31:05
  • アニメ版のサイカイでは昭和53年以来で30年近くぶりと赤坂。 レナは37歳なので、当時12歳前後では? -- あか? 2011-06-05 (日) 16:32:38
  • 「小」中学生だから中学生がちびっこと言ってもおかしくない。 原作に関しては、年齢は不明で結論に落ち着いている -- 2011-05-25 (水) 18:08:23
  • 綿流しで太鼓を叩く小中学生を「ちびっこ」と言うあたり、年長組は高校生。鬼隠し編より -- 0神里? 2011-05-07 (土) 15:54:07
  • ↓普段から乗っている事をある程度黙認されていて、便宜上「詩音のバイク」と言っているだけでは? 所有者の名義が詩音であることは言及されていない。 -- 2011-04-11 (月) 02:29:38
  • 園崎名義ならともかく「詩音のバイク」と大石が言う以上、所有名義は詩音なわけだから中学生では有りえない -- 2011-02-10 (木) 04:39:36
  • 免許取れる年齢なんて言ってなくね、むしろ無免の肯定してたと思うけど。 -- 2011-01-31 (月) 20:14:46
  • ひぐらしのなく頃に祭では、盥回し編の圭一の発言で中学生と判明。受験生の魅音より一つ下なので、中学二年生だといえる。 -- 2010-11-26 (金) 23:32:10
  • ↓道理を引き合いに出してよくできました(笑)と言いたいところだけど、エンジェルモート店長はすでに、詩音に店を手伝わせるという時点で本家に睨まれるリスクがある、それを含めて店長は「一肌脱いだ」とも考えられるだろ。社会的にって言っても興宮は園崎の息がそこらじゅうにかかってる内輪的コミュニティなので周囲の人々による黙殺・擁護が、そして警察や様々な公的機関が立ち入れない理由が、それぞれに用意されてる。状況の説明に近いが、本当に意味がわかるなら興宮という環境による、その考察の否定は可能だよ。 -- 2010-10-08 (金) 03:38:10
  • ↓しかし1年前の祭具殿 事件で詩音の存在が外で現われました. この状況で不法的なことを園崎家で傍助しているわけがないです. 大石が見張っているからです. それに取り締まる機関は警察以外にも多くの箇所があります. お金をもらわなかったと言っても社会的に大きい問題になることができます. AngelMortの制服は素肌がほとんど現われたように見えるので. 遊興業店の接客と立ち並びます. したがって私は日本の労動法で定める年に迎える高校生であることと思います. -- kwon7749(韓国人)? 2010-09-21 (火) 07:42:40
  • おじさんの手伝いでバイトじゃありません、お金もらってませんって言い訳したらそれでおしまいだしな -- 2010-09-10 (金) 12:22:45
  • ↓大石の目的は雛見沢の一連の事件の真相の解明であって復讐ではない わざわざそんなつまらないことで園崎家にちょっかいを出すことはないだろう -- 2010-08-26 (木) 19:43:59
  • もし, 魅音と詩音が中学生なら詩音がAngelmortでバイトをすることが違法ではないですか? 未成年者が遊興業店でバイトをするのだが........ 園崎家に対して何か復讐の材料を捜していた大石がそれを許容する理由がありますか? -- kwon7749(韓国人)? 2010-08-26 (木) 08:38:10
  • ドラマCDでも魅音が高3の戦人と朱志香相手に敬語使ってるね 年代が3年強ずれてるけど作中の年齢だとすれば中学生なのは確定でしょう -- 2010-06-30 (水) 18:09:58
  • アニメだと第一話の数学の教科書の内容(角の二等分線の作図)が中学生用だったりします とりあえず原作以外は年長組は中学生で確定でいいかと -- 2010-04-09 (金) 23:28:47
  • 圭一の父が梨花と羽入を「圭一よりもっと年下」と推測していますが、これは、背が低いなどの理由で実年齢よりも幼くみえたのではないでしょうか。 -- はっちー? 2010-03-09 (火) 19:28:43
  • 運転免許や「無学」の話は魅音だけで圭一は関係ないので、圭一は17歳の高校生でもよいかと一瞬思ったんですが、「レナは同学年、魅音は1学年上」なので、やはり圭一もレナも中学生ということになりますね。なお私はなぜ冒頭説明が「14歳か17歳」なのかは論拠が分かりませんが、バイクなら16歳としても変じゃないでしょう。 -- mint? 2010-03-08 (月) 15:03:25
  • 「年長組は高校生説」のほとんどの論拠が、「中学校に学齢超過者はいない」という前提に基づいているのではないかと疑いました。魅音と圭一が17歳の中学生とするとどこかにほころびが出るんでしょうか? -- mint? 2010-03-08 (月) 14:47:47

魅音がいう「レナはオヤシロ様の事になると笑い事ですまない」について

  • 悟史失踪の件があるから。つまり自分や仲間が超自然現象によって失踪することへの不安があった。(罪滅し編)
    • また、茨城の事件で自分に同様な経験があったことにもよる。
    • 鬼隠し編で次は自分が失踪する危惧をしていたが、連続怪死事件が五年目まで続いていることも不安の理由だろう。
  • 犯人を人間でなくオヤシロ様の祟りと考えたのは、姿なき足音や見下ろす視線のような怪現象を伴っていたため。(目明し編)
    • 無学な少女(罪)であり、おそらくオカルトを否定できるほど現実主義ではない(占い等をそのまま信じる少女タイプ?)
      • 村の秘密についてほとんど知らない。これは、全てを幼少時にオヤシロ様の怒りに触れたせいと考える沙都子(祟)を考えると、ほとんどの村の子供と同様に知らないということなのであろう。
      • 医学知識も不足しており、園崎家の裏面についても入江機関についても知らない以上、怪現象はオカルト以外の説明ができない。
      • ただし、知性は優れているので他の情報が手に入ればオカルトを捨てて人間犯人説やウィルス説を取る合理性はあるようだ(下記項目参照)。
    • まるで科学法則の証明のように雛見沢を離れることと祟りとの因果法則を語ることも(目)。レナの思考は信仰や迷信と言うより(名探偵の異名を取る)冷静な論理が優先するのは確かだろう。ここから以下のことが説明できる。
      • 鷹野情報からオヤシロ様をあっさり神から病原菌に格下げしても平然としていた(罪)。
      • 梨花宅の失踪状況を調べただけであっさり祟り説そのものを捨てて人間(園崎家)犯行説を取れた(綿・目)
    • オヤシロ様を盲信して神の意志によって行動するのではなく、自分と仲間が幸せになるための禁忌としか見ていないようだ。
      • 鬼隠し編と魅音の「オヤシロ様のことになると笑い事ですまない」だけからだと、オヤシロ様の名前が出るとトランス状態になって無差別殺戮をするような解釈が出題編当時はなされた。
      • 「悟史君みたいに転校はさせない、レナが助けてあげる」というまるで逆のセリフに関わらずそのように解釈されるのが興味深い。
      • だが、真相はセリフそのままで殺すどころか助けようとした、になるだろう。
      • 実際にはレナは巫女でもなければオヤシロ様自体の利益のために働く動機もなく、むしろ祟りを起こす警戒すべき存在(祟・目・罪)と見ていたということになる。
    • 圭一に「相談に乗ってあげる」と繰り返していた(鬼)が、罪滅し編で圭一が「何で俺たちに相談しなかった」と叫ぶのとちょうど逆の立場になるように設定されているようだ。
  • 以上を基にしたレナの各編での言動と基本的な物語中の役割を見ると以下の通り。
    • 鬼隠し編では、圭一が悟史と全く同様な行動をしていたことに対し、祟りに遭う危険について警告を発して何とか相談に乗ろうとした(が、L5発症状態の圭一は自分への殺意と理解)。
    • 綿流し編では、人間が犯人と気づき終始冷静な探偵を振る舞う。犯人を魅音と思ったか、詩音と気づいたかまでは諸説あり。
    • 祟殺し編では、悟史の「転校」をいつものように軽く口にした圭一に警告を発した。その後魅音や沙都子を罵倒した圭一を叱責したのは、祟りとは別で仲間の信頼関係をもっと大事にしろという叱責。目明し編で教室で沙都子を暴行した詩音を叱って謝罪させたのと同様の行動理由だろう。また叱責するだけでなく、辛くても今をせいっぱい楽しく生きようと圭一を元気付けている場面もある。よって理不尽に怒鳴っているというより友人のための行動とみていいだろう。
    • 目明し編では前半では詩音にオカルト的な祟りについての自説を語る一方で、落ち込む詩音に「辛いときは笑おう?そうすれば笑顔が本物になる」と語る。また、悟史を祟りから救おうと奔走、詩音の教室での暴行事件では仲裁役を務めるなど、友人関係を第一にした行動が目につく。
    • 罪滅し編では、鷹野スクラップ帳に基づき、単なる祟りではなく寄生虫による病気→宇宙人の陰謀と自説を修正。原因である園崎家と入江診療所を警察に強制捜査させることを計画。
      • 惨劇の原因がある種の病気によること、入江機関に黒幕がいたこと、園崎家の存在が怪死事件に影響したことなどはある程度真相を見抜いている。オヤシロ様の正体を宇宙人と推測したことがしばしば批判されるが、宇宙人だろうが太古の霊魂だと正解を推理しようが実は事件の解決には大差ないようにも思われる。
      • が、園崎家による死体の移動や偽のレナ目撃情報といった不幸な行き違いから一番の親友魅音に裏切られたと誤認して雛見沢症候群を発症。梨花などにも偽物がいるなどと仲間への疑心暗鬼に陥る。祟りを人間と見抜けたならクローンも情報混乱と見抜けそうなものだが、本来の知性を発揮してもどこか大ボケなところは同じということかもしれない。
      • 生徒を人質にとって園崎家と入江診療所の捜索を警察に強要しようという非合法な手段に訴えたのも、症候群に影響されて細菌テロから村を救うまでの時間がないと思い込んで焦ったか。悪魔の脚本がこの直後に起こったものなら、実はその危惧もあたっていたのだが…。
      • 唯一、序盤ゴミ山での告白で自分を助けてくれた圭一を信じようとし続けていた。このため、自分のために命を賭ける圭一を見て最終的に暴走から帰還し、以後の世界ではルールXから解放される。
    • 皆殺し編では、推理力と冷静さで圭一を助け、ルールZ回避に貢献。ラストでオヤシロ様の正体に気がついた。ここでレナが(続いて圭一も)羽入を諭したことが羽入覚醒をもたらし、祭囃し編での鷹野の敗北とハッピーエンドを決定づけることとなった。
    • 祭囃し編では、その記憶を持ち越したようだ(羽入と顔を見合わせて笑うシーンがある)。このため、もうオヤシロ様による鬼隠しという発想はしていない。
  • つまり、レナの暴走というのは罪滅し編での雛見沢症候群発症のみで、実はオヤシロ様の祟りを恐れていたこととは別のこと。
    • 茨城での事件でも雛見沢症候群を発症していた可能性は高い。が、入江によるとL4以下なら幻覚や攻撃性を生じることはあっても環境と人間関係で自然回復するらしい(皆)。また、L5だと毎日数回入江の調薬するC120系の薬物を投与しないと数日で自殺もしくは脳死するという(皆・祭)。故に、レナはL4以下を発症した後、雛見沢に戻ったことで自然回復したと考えられる。後の事件とは直接の因果関係は確認できない。
      • カケラ紡ぎ「昭和58年6月」にて「末期発症を一度は迎えながらも、雛見沢に帰ってくることで救われる」との記述あり。
    • 罪滅し編での暴走に関してもC120系の薬物に頼らずに落ち着きを取り戻している。これもL4以下なのか?行くところ(L5)まで行っているように感じるが。どちらにしてもレナは雛見沢症候群から回復しやすい体質なのかもしれない。
      • レナに限らず女性の発症者は雛見沢症候群に耐性があるような描写が多い
        沙都子は2年目の事件でL5発症したが、喉を掻き毟ってもいないし、脳死もしていない。
        詩音は羽入の気配が分かる状態まで発症してるが幻覚は見ていないし、喉も掻かない。
        梨花は女王感染者で羽入の姿形が分かり会話も出来る。
        鷹野はヒステリックに叫んだり自分の肌に爪を立てたりしてるが死ぬ程の状態じゃない。(昔の記憶のフラッシュバックは軽度の幻覚か?)

  • 詩音は確か、魅音の幻覚みてましたよ。アニメでもはっきり手が見えてます。 -- 2010-07-08 (木) 23:56:21

レナは、茨城で男子をなぜ殴ったか

  • レナの思い違い。
    • 鬼罪編同様、この事件の真相も“思い違い”の可能性が高い。
      レナの茨城時代の仲間を評して「相談したのに役に立たない」「信じてたのに裏切られた」という鬼祟罪の発症者と共通する言動がある。
    • 『両親の離婚』は当事者同士の問題で、第三者から危害を加えられた、“レナ父の美人局”や“北条兄妹の虐待”とは次元が違う。
      相談されたとしても同情や憐れみしかできない、レナの「昔の仲間は助けてくれなかった」発言はかなり理不尽と言える。
  • 男子生徒間の喧嘩に介入してやりすぎた?
    • レナの弱者に味方する性格からして手を出したら過剰に怪我をさせたという状況が想定できる
    • 喧嘩の当事者たちを庇うために、自分で校舎のガラスを割って回ってヒステリーを起こしたことを装った?レナは他人のことまで自分で背負う献身性を有する。
    • 当事者たちの口が重いのは庇われた立場であるか、または自分で真相を話して罪を負う勇気がないからか
    • このような描写は作中に全く無かった、また、レナのグループは仲が良かったともあるので考え難い。
      →一見仲が良いからといって喧嘩を全くしないということはない。茨城についての詳細は確かに記されていないが、レナの性格からして十分ありえたケースである。
  • 男子らが礼奈をからかった
    • 父親のことでからかわれた?
      当時、レナは両親の離婚の危機を迎えていたはずである。 →当時、レナが嫌われてた訳でもなければ、むしろ仲が良かったとされているのに、両親の離婚のことでからかうだろうか? →不用意な一言「レナはセブンスマートで圭一くんの後ろにいたよ(鬼)」「綿流しの夜、圭ちゃんにあったよ(祟)」が疑心暗鬼を招くのは全編共通テーマ
    • 罪滅し編ゴミ山シーンで両親の事件があって仲間に相談したが何の助けにもならなかった、と告白。暴行事件と休学はその直後にあたる。
    • 暴行自体は母親の裏切りによる雛見沢症候群発症が仲間の不用意な発言に対する疑心暗鬼をもたらしたせいではないか。
    • 大石が言う「関係者が口を閉ざしている」というのは、被害側が元から仲間でレナの家庭事情を考えてかばったのではないか、学校側は一般にこういった事件を表沙汰にしないので握りつぶしたと考えられる。
      • 鬼隠し編、罪滅し編の惨劇回避ルールが「仲間を信じる」ことにある以上、茨城の事件も両親の件を仲間に相談したことと考えるのが自然ではないか。
  • 相談に乗っていた男子生徒らがレナに恋愛感情も持っていた?
    • 男子生徒らから自分が異性として見られてることを知り、母親の不倫相手のアキヒトを連想。
      仲間として相談していた自分への裏切り、無意識に自分も母親と同じように男を誘っていたと言う嫌悪感から、
      疑心暗鬼が爆発したのでは?
  • 男子生徒らに性的暴行(未遂)を受けた?
    • 被害者が事件について語りたがらない→自分たちに非があるため、沙都子が壊れた時(祟)の過剰な反応→沙都子の言葉から鉄平の性的虐待を感じ自身と照らし合わせた、と考えられる。
      • 祟殺し編の欄で述べられているように、こう思わせること自体がミスリードの可能性も高い。
      • 参考までに、PS2『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び』の新規TIPS『レナの過去』では、性的暴行と恋愛感情の双方が明確に否定されている。(大石が「性的暴行による自己防衛」と「恋愛感情のもつれ」の二つの可能性を事件の動機として疑い調査するも、その二つの可能性が否定される証拠が見つかる経緯が描かれている。性的暴行の可能性は男子ら以外に目撃者がいたことから否定され、恋愛感情の問題については、男子と付き合ってる女の子がいて、その女の子と男子との仲をレナ自身が取り持ったという形で否定されてる。)
  • 解答と考察(コミック編より)
    • 浮気した母親への憎しみが"母の残したものを壊す"という行動の限界を超え、まずは周りのもの(学校のガラス)を壊し、その次に他人(当時の友達、殴られた男子生徒とレナは仲がよかった)を壊したくなったから。余談だが精神病院に入れられたレナは自分をも壊そうとする。そのときに自分の傷から蛆虫が沸く幻覚と、オヤシロ様が雛見沢に帰ろうと言う。〜4年目の祟り前に引越しが決まる。
    • だが何故わざわざ友達を殴るのか?以下考察。これは圭一たちと一緒の理由だと思われる。被害者男子生徒達はレナの"仲間"だったので当然レナの行動を止めようとする。だがこれは当時のレナはただの邪魔者と思ったのだろう、レナの邪魔者を即排除しようとした結果だと思われる・・・?それなら鬼隠し編の圭一を必死に止めようとするレナの心情も(悟史のこともあるが、それを差し引いても)伺える。


鷹野三四は何故真相を知りながらスクラップ帳を作ったのか

  • オッシーもおじいちゃんのスクラップ帳だよ説
    • 高野一二三は長年の研究により寄生虫説に辿り着いた。 その過程でオッシーや宇宙人の存在を疑ったとしても不思議ではない。←物理専攻の学生ですが、それは絶対「不思議ではない」じゃないです、つぅか絶対おかしい

そのような経緯で作ったスクラップ帳ならば 祖父に心酔する鷹野三四が他人に見せて回っても不思議ではない。

  • オッシーも真面目に研究した結果だよ説
    • ひぐらし世界では宇宙人・霊界等の存在が実際に確認されており 決して彼女の持っていた数々のスクラップ帳が的はずれとは言い切れない。 また雛見沢症候群の寄生虫の出現経路は未だ謎であり 多少飛躍した理論になることも多々あったのだろう。
  • L5作るためだよ説
    • 雛見沢症候群の研究には生体サンプルが必須で有り常に不足していた。 そのためL2〜3?程度と思われるキャリアに対して不安感を煽りL5を発症させるためにその人にあった説を披露していた可能性は充分ある。 実際に竜宮レナ・園崎詩音はこの手段により雛見沢症候群を発症している。
  • 純粋にオカルト趣味のお遊びだよ説
    • 鷹野三四は拷問道具が安置されていると知って古手神社の祭具殿の中に入れるなら不法侵入や ご主人様の白いミルクを飲むことも辞さないほど興味を持っており、このことから彼女のオカルト好きは相当な物と考えられる。 そのため自分の研究をオカルトに結びつけて楽しんだとしても決して不思議ではない。またこのことは彼女が幼少の頃施設で虐待されていたことに関係あると考えられる。
  • 子どもに興味を持たせる為だよ説
    • 鷹野三四は祖父の研究の理解者を強く求めていた。そのため雛見沢症候群にたどり着けるような人物に現れて欲しかったが 雛見沢症候群の研究はトップシークレットであり安易にばらす訳にはいかない。 そのため子どもを中心に地域住民に風土と歴史について興味を持って貰うために トンデモ理論で面白おかしく雛見沢の風土の話をして気を引こうとしたのではないかと考えられる。
  • 設定後付で辻褄逢わなくなったよ説
    • 言わずもがな、そもそも最初の頃は入江が黒幕予定だったという説もあり皆殺し編では鷹野三四はただの異常者の可能性も有った。 祭囃し編で鷹野の過去を追加したため矛盾が出たということは大いに考えられる。
  • ヤバイ研究がばれたときのカモフラージュ説
    • 雛見沢症候群の研究は国家レベルのプロジェクトであり極秘研究である。そのため常に研究資料を持ってうろつく鷹野三四は研究の露呈を怖れて ダミーとして偽の研究をでっち上げ、それを防いだ。実際罪滅し編のカケラにて大量のスクラップ帳のおかげで寄生虫説は与太話として片づけられ 滅菌作戦の前に計画が露呈することを防いだ。またこのおかげで雛見沢内でより動きやすくなった。
  • 寂しがり屋だからただなんか話したいだけだよ説
    • 鷹野三四は自分でも認める程精神的に子どもな所がありさらに幼少の頃親を亡くし施設で虐待を受け愛情に飢えていた。 そのため高野一二三、小泉先生、富竹ジロウと常に自分が頼れる相手を求めており実は非常に孤独感にさいなまれていると考えられる。 よってスクラップ帳は鷹野独特のコミュニュケーションの一つでは無いかと考えられる。
  • 後世に伝えたら大変なことになるわねウフフ説
    • ひデブ改より状況からみて。 フワラズノ勾玉は大騒動をもたらす、という伝説があったがそれは昭和でいう大部活大会のような楽しいものであったが、勾玉の最初の開放の時期(羽入生存時)にも鷹野みたいなのがいて、その人が面白おかしく書いた書物が「フワラズノ勾玉は争いを呼ぶ」という解釈になってしまった、とのこと。 つまり鷹野の書くこのスクラップ帳は未来に"こんな呪われた村があって、その村はオヤシロさまの祟りによって消滅した。"という伝説が残る。(スクラップ帳の信憑性は恐ろしい) ヒフミ「お前は神になれ、ついでに俺もネ☆」 ミヨ「宇宙人説!いや地底人説!いやいや英雄伝説!!これで私は神になるのよ〜ッ!!」

魅音だけが何故発症しないのか?

  • 園崎家にL5発症を防ぐ薬や予防法が伝わってるのだろうか?
  • 発症するようなストレスを受けていない。
    • 悟史や沙都子のように村八分されていない。
    • 北条家や竜宮家のように家庭問題を抱えていない。
    • ダム戦争・連続怪死事件・村の暗黒史等の情報を知っている。
  • 園崎家常時L4以上発症説
    • 園崎家の人間の嘘・誤魔化しは本人達には嘘を付いてる自覚は無く、発症による幻覚・妄想で自分の都合の良いように脳内変換してるだけ(例:罪滅し編のレナの玉子焼き)
    • 詩音が悟史との仲を恋人みたいに脳内変換してるのも常時発症してるから。
    • 皆殺し編の茜の「北条家が鬼婆を罵倒した」発言も自分の都合の良い方に脳内変換しただけ。
    • 鬼婆が世間体を気にするのは北条叔母(発症していた可能性あり)と同じ。
    • 攻撃的な性格も発症してると考えれば納得できる(お魎が鬼になったのは宗平の人肉缶詰疑惑から→ストレスで発症)
    • 園崎家が常時発症してるとなると、連続怪死事件に関わっていても自分の都合の良いように脳内変換して「自分達は関わっていない」と信じてる可能性あり。
    • 園崎と公由は鬼の血を引いてるとの話があるので、発症し易い体質を受け継いでる事を意味しているかも。

[派生]園崎ブラフについて
園崎ブラフは自分達がやった事を脳内変換して(忘れて)他人に「お前○○やったろう」→「え、やってないよ」→「いーや、やったのを見たぞ」てな事があった時に

  • 園崎は症候群による脳内変換で自分達がした事を忘れてるので内心「あー、はいはい、どうせ自分達のせいですよ」と思っていた事から園崎ブラフが出来た。
  • 脳内変換が激しい園崎家を見た古手家が「お前らは自分達のやった事を忘れる事が多いから、村で何か起きたときは自分達がやったかも知れない事を肝に命じなさい」てな事を言ってそれが園崎ブラフになった。
  • 上記の事を考えると園崎ブラフは疑心暗鬼で村を支配する為に作られたのではなく、脳内変換・嘘・誤魔化しが多い園崎家に自省させる意味で作られた可能性あり

  • 「単なるやさしいおんにゃのこだから」という考え方は俺しかいない? -- 2013-12-19 (木) 05:20:54
  • 魅音の役割は疑心暗鬼を煽ることだろ。 -- 2013-08-24 (土) 01:23:24
  • 雛見沢症候群は雛見沢でしか生きられない寄生虫による風土病、つまり、雛見沢の外に出てない魅音は発症しない、  これだと詩音の発症の理由が見つからないか・・・・・ -- 2012-03-05 (月) 07:52:48
  • 魅音は雛見沢症候群に対するなんらか耐性(鬼を継ぐ者)とストレスを受けることが少ない+ストレスをあたり溜め込まない性格だからかな…かな -- 2012-01-31 (火) 23:48:27

北条母の転落死体は何故見つからないのか?

そもそも本当に死んでいるのか?

  • 本編では死んだと思われてた人間が生きていた(逆に生きてた人間が死んでいた)ような描写がいくつもある。
    • 全編で鷹野が焼死体で発見されたけど偽装死体で実は生きていた。
    • 祭りの晩には死んでるはずなのに圭一・レナは鷹野と会っていた。
    • 綿流し目明し編の圭一視点だと大石から魅音は転落死していたと聞かされたが、圭一は魅音に刺されたし病室のベッドから爪のはがれた魅音が出現した。
    • 祟殺し編で圭一は鉄平を殺したが学校で沙都子からまだ鉄平が生きていると言われる。埋めた死体が存在しない。
    • 祟殺し編で沙都子に橋から突き落とされた圭一が生きている(地形的に毒ガスが流れていて生きているはずが無い)
    • 4年目の事件で鬼隠しになった北条悟史が診療所の地下で生きていた。
    • 悟史視点から見ると殺したはずの叔母が生きていた(祭囃し編「生贄第四号」)
    • 雛見沢大災害で死んだはずの魅音が生きていた(宵越し編)

どの世界でも死体が上がらないので誰かの強い意志が働いてる?

  • 山狗が拉致(or保護)して5年目の事件直前まで生かしておいて鷹野の偽装死体としてドラム缶で燃やした(偽装死体の歯の治療記録は3年前の物)
    • 鷹野が山狗を積極活用するようになったのは3年目の古手夫妻の事件からで、2年目に秘密裏に北条母を拉致する理由が見当たらない。2年目の時期には小泉大佐も生存してるので滅菌作戦を起こす事も考えていない。
  • 沙都子に突き落とされた北条母が娘の事を嫌いになって帰ってこない。
    • 再婚した義父と沙都子の関係が上手くいかず、沙都子に対して「お前なんて生まれてこなければ良かった」みたいな発言をしていた描写がある。或いは北条母も発症していて沙都子に疑心暗鬼を持っていたのだろうか?
  • 山狗や入江機関とは別の組織が北条母を保護(or拉致)した。
    • 皆殺し編にて沙都子に東京から懸賞金が掛かってる発言から入江機関以外にも何らかの研究を行ってる組織が存在する(アルファベットプロジェクトの他の機関?)
  • 園崎組が拉致した。
    • 目明し編の魅音の発言と他の編でのリナ拷問死、暇潰し編での山狗との繋がりを考えると、魅音にとっては園崎組のやった事は園崎家とは関係ないらしい(或いは魅音が嘘を付いている)園崎組はダム戦争で北条父母と喧嘩するような事もあったろうし、面子を潰された園崎組にとっては生き残った北条母を拉致して拷問して殺したり位はやるだろう。魅音が北条母を拷問する場所に居合わせたとしても庇う事はしないし、悟史や沙都子に対してずっと隠し続けるだろう。疑問点としてダム戦争で圧倒的多数なのに北条父母に勝てなかった園崎組に北条母を拉致する事ができるだろうか?
    • 川に落ちて気を失ってる状態なら可能か?
  • 犬飼建設大臣関係者に保護された。
    • 北条父母はダム賛成派(立ち退き派)で国の依頼でダム反対派の園崎家と戦っており協力体制にあった。犬飼少年誘拐に関して建設大臣側は園崎家がやったと思ってる(暇潰し編の描写から少なくとも山狗と園崎組は繋がってる)ので、園崎の尻尾を掴みたい建設大臣側としては2年目の犠牲者の北条母を「園崎に殺されかけた」と考えて情報を掴む為と身辺保護の為に秘密裏に確保したのかも。但し北条母が自分を突き落としたのが沙都子と知っていたかは不明。沙都子は突き落とす為に背中から近づいただろうし、突き落とされて川に落ちるまでの間に体か顔を捻って背後の突き落とした犯人を確認できるだろうか?(人間は緊急事態になると脳のリミッターを解除して走馬灯を見る事があるので、スローモーションで見えていたかも)
    • もし保護されて生きていたとしたら悟史と沙都子に連絡をしないのは何故か。
      • 事件の被害者が生きている事が知られると園崎に消される、と考えた建設大臣が連絡を禁止した?
      • 保護された時は意識不明状態でその後ずっと意識が戻らない。
      • 発症していて話が出来ない状態なので拘束して睡眠薬で眠らせてる(悟史と同じ状態)

  • 鬼ヶ淵沼のピラニアが喰った?火山性の地熱で冬でも生存可能。 -- 2010-12-23 (木) 09:24:48
  • 突き落される前に拉致されたという説なら問題はないが、突き落されたのに生きていたという時点でそれは偶然の産物(現に義父は死んでいる)であり、強い意志とは関係ない。 -- 2010-04-30 (金) 02:57:17

 

キャラの名前について

キャラの名前は親の名前の文字or読み方を受け継いでる。
赤坂雪絵→美雪(雪の字)
前原伊知郎→圭一(イチの読み方)
園崎お魎→蒐→魅音(鬼の字)
犬飼克樹→犬飼寿樹(樹の字)
高野一二三→鷹野三四(漢数字の名前)
公由あき→公由春子→公由冬司→公由夏美(名前が春夏秋冬)

  • 悟史と沙都子も「サト」の読み方が共通してるので母か実父の名前に「サト」が含まれている可能性がある。
    北条父と北条母の名前は鬼隠し編TIPS「北条両親の転落事故」の「会社員XXXさんと妻XXXXさん」の記述から、父が下の名前が漢字1文字、母が漢字2文字の可能性が高い(母の名前は千里とか里美とかそんな名前)
  • 園崎父の名前は娘の名前が魅音と詩音で「音」の字「オン」の読み方が共通してるので、父の名前に「音」の字か「オン」の読み方が入ってる可能性がある(音吉とか)
    • 圭一が園崎家の婿養子になって男の子が産まれたら蒐一郎とか蒐太郎、女の子なら蒐子(ケイの読み方)みたいな名前になる?

  • ↓↓元々茜が継ぐ予定だったけどいざこざでみおんになったって話だからわざわざ名前を変えたりしなければ(変えたというのも葛西の茜さんという呼び方が昔からという設定があるのであり得ないが)可能性あ -- 2016-02-12 (金) 22:49:39
  • 古手は開祖が桜花だし○花だろう。○には木に因んだ字が入る。 -- 2013-08-24 (土) 01:40:37
  • 鬼の字がつくのは園崎の党首跡継ぎ一人のみ。茜に鬼の字が入ってる以上その可能性はない。 -- 2011-01-31 (月) 05:42:09
  • 北条玉枝は北条家に嫁入りする前は御三家の人間で「魂枝」って名前だった可能性あり。 -- 2010-01-23 (土) 21:51:20

メニュー

TOP
テンプレ
過去ログ

謎と考察

キャラクタ別
前原家
竜宮家
園崎家
古手家
北条家
その他
呼称

ストーリー別
全編共通

■ひぐらしのなく頃に
鬼隠し編
綿流し編
祟殺し編
暇潰し編
(TIPS検証)

■ひぐらしのなく頃に解
目明し編
罪滅し編
皆殺し編
祭囃し編
(TIPS検証解)
(カケラ紡ぎ)

ひぐらしのなく頃に礼
賽殺し編
昼壊し編

■ひぐらしのなく頃に祭
盥回し編
憑落し編
澪尽し編
ストーリ分岐
(TIPS検証祭)
祭推理考察まとめ

■ひぐらしのなく頃に絆
染伝し編
影紡し編
異本・昼壊し編
宵越し編
解々し編
澪尽し編(絆)
言祝し編
(TIPS検証絆)
絆推理考察まとめ

綿流しの夜別
1年目
2年目
3年目
4年目
5年目

マルチ展開
その他ひぐらし
怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る
アニメ版ひぐらしのなく頃に
ドラマCD ひぐらしのなく頃に
厄醒し編

その他

ネタ
本スレループ推理
雛見沢症候群
画像テキスト
用語集
誤字脱字
イベント頒布物
サイト保守

最新の15件

2018-01-12 2017-12-24 2017-12-21 2017-12-17 2017-10-08 2017-09-03 2017-08-13 2017-07-24 2017-07-07 2017-06-22 2017-05-12 2017-05-11 2017-04-26 2013-04-02 2017-02-27