グルーヴリボルバー


ジャケット

グルーヴ・リボルバー

概要

機種DIFFICULTYTARGETAD-LIBCHAINSCORE
ACSIMPLE5181,0241,000,000
NORMAL7121,4661,000,000
HARD10(EXまで)→9(2HFまで)→10371121,8641,000,000
EXTRA1061952,6571,000,000
APPEASY5197186922,702,250
NORMAL7264128277,966,940
HARD113491293317,297,670
AC-EASY5198181,0371,000,000
AC-NORMAL8268121,3951,000,000
AC-HARD15364121,7611,000,000
  • 曲別称号
    機種条件称号名
    AC100回以上プレイI ♥ グルーヴ・リボルバー
    SIMPLE・NORMAL・HARDでS評価以上グルーヴ・リボルバー・マスター
    SIMPLE・NORMAL・HARDでS++評価グルーヴ・リボルバー・キング
    SIMPLE・NORMAL・HARDで1,000,000点グルーヴ・リボルバー・ゴッド
    APPNORMALでS評価以上グルーヴ・リボルバー
    HARDでS++評価グルーヴなリボルバー XYZは危険な譜面
  • BPM:160-164(実際は60-164)
  • アーティスト:世阿弥
  • ジャンル:オリジナル
  • デフォルトスキン:BASIC(AC・APP)
  • 解禁方法:最初から(AC)・SHOPにてTatsh vs 世阿弥パック(600円)購入(APP)
  • 収録オリジナルサウンドトラック:「Groove Coaster Extended Play2」・「グルーヴコースターオリジナルサウンドトラックDISC1」
  • スコアアタックイベント課題曲総選挙第25位
  • AC Ver.2よりHARDが10→9に降格。
  • 2015/09/30、ACにEXTRA譜面追加。
    • AC Ver.3よりHARDが9→10に昇格、復帰。これにより初の「同一曲の複数の譜面で同難易度表記」が発生した。2112410403927243233368も同様にHARDとEXTRA両方ともDIFFICULTY10になった。

攻略・アドリブポイント

  • アドリブの数は少なく、分かり易いものが多い。
    • 序盤のアドリブは最初の音符を叩いた後、4分音符間隔で叩く。それ以外は複雑なものはないので、アドリブ逃しの心配はないだろう。
  • [HARD]中盤から終盤にかけては、譜面が回転してSLIDEの方向が分かりづらくなる。音符密度も上昇するため、ゲージが削られやすい。
    • 特に間奏直前はほぼ毎回向きが変わる。譜面の回転方向と、矢印の向きをよく確認し、確実に斜めスライドをしよう。
    • ブレイク後のひし形地帯に登場する16分2連SLIDE複合がこの譜面最大の難所。
      • 16分2連SLIDEは常に対角の方向とペアになっている現れることと、左上から始まり反時計回りに一周半し最後は左上の計7回登場することを覚えておくとよい。
        HITとCRITICALをどちらも両手で打つ(CRITICALとして扱う)ことでSLIDEに集中するのも一つの手。
      • ここのSLIDE精度が取りにくいことが災いしてか、PERFECT達成者数はEXTRA譜面のそれよりも少ない。勿論全体的な難易度はEXTRA譜面の方が高い。
    • ラストのDUAL-HOLDは直前の16分連打に隣接しているため注意。
    • 難易度10で適正だという意見が多かったにもかかわらず、Ver2.0において難易度9へ降格したが、Ver3.0で難易度が10へ昇格した。
  • [EXTRA] HARDがVer2.0で難易度9に降格して詐称であるという意見がある中まさかのEX実装。元々難易度10のHARDが降格してEX実装は初めてであり、それ相応の難所が待ち受ける。(後にVer3.0でHARDは難易度10へ昇格)
    • 序盤のアドリブは全て削除され、代わりに16分Hit-SLIDEの複合配置になっている。道中はHARDと違いD-SLIDEが大量に配置されているためSLIDEが苦手だと厳しい。
      • 16分HIT-SLIDE後の螺旋コースは非常に視認難になっているが、クリティカルは4分上に置いてあるのでそれをヒントに取るとよい。
        ちなみにこの部分の最後の連打はクリティカル後●●/●○●○●●○○●○○●×21+↑→(16分間隔で●=HIT,○=休符)
    • ブレイク手前のBPMが落ちる場面最後の連打は12分のHITが12個置いてある。非常に見づらいので覚えたほうが楽。
    • ブレイク後は高速コース+視認難な上にHARDよりターゲットがかなり多くなっている。ラストは非常に見辛いが、C_H_C_37_91_右D_左DとC_H_C_91_37_右DS_左DSの繰り返しである。(16分間隔で"_"は休符)
  • [APP]開幕のリズム難地帯が全て4分になっておりリズムが取りやすい。
    • [HARD]AC譜面ラストの16分SLIDEはHITに変更されている。8分の横SLIDEはそのままなので注意。

その他

  • アーティストは世阿弥ことTatsh
    • 氏の代名詞ともされるX譜面の要素が多く取り入れられている。NORMALやHARDの斜めSLIDEが代表だが、他にもXを意識した演出が存在する。
    • EXTRAはX字SLIDEが強化されているだけでなく、ラストの視点も変わりよりXが強調された演出となっている。

関連動画

関連楽曲

関連リンク


コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 案外簡単 物量で押してくるハルシオンより楽です -- 2015-09-30 (水) 23:01:55
  • 前半のアドリブが消え、ラストにアドリブが2つ追加 4分リズムで回収できます(16分直後に1個、2小節?後にもう1個) -- 2015-09-30 (水) 23:19:54
  • すいません。TARGET 619でした -- 2015-10-01 (木) 04:43:26
  • ハードでさえレベル10だった譜面にExtraが付くなんて・・・でもhit-critical 交互みたいなのが出なくて良かった -- 2015-10-03 (土) 15:38:38
  • Extra初見だと後半部分の変更で戸惑いがちだけど、何度かプレイしてレール上の動きを把握出来ればクリアは余裕。FCは危ういけど。 -- 2015-10-04 (日) 16:25:02
  • いざEX来るとHARDが9でもしっくりきちゃう不思議 -- 2015-10-04 (日) 22:44:26
  • スコアのボーダーはEXの方が高い不思議 -- 2015-10-04 (日) 23:30:30
  • まあhard9i -- 2015-10-06 (火) 22:02:06
  • ラストがどうしても出来ないなら、ごり押しで<><><>と取ってもいい これでも全グレは安定する -- 2015-10-14 (水) 07:40:01
  • これが11は流石にない ミューリボのほうがまだ11に近い -- 2015-10-18 (日) 13:01:33
  • 音銃夢EXはクリアできるのに、これのEXがクリアできない… ラスト覚えても手がわけわからなくなる… -- 2015-12-24 (木) 21:40:05
  • EXTRA 10の中でこれが最強の難易度に思える。 -- 2016-01-04 (月) 19:03:57
  • リンクフィーバーで再びHARD10に昇格しました。元の難易度を考えれば妥当でしょうね -- 2016-03-10 (木) 13:15:15
  • 同一曲の複数の譜面で同難易度表記は2112410403927243233368も同時達成。 -- 2016-03-10 (木) 18:54:12
  • ↑同一譜面の同じ難易度が良くなったのかな? -- 2016-03-10 (木) 23:16:44
  • ↑すみません譜面じゃなくて曲ですね -- 2016-03-10 (木) 23:28:25
  • ↑ 確かに考えてみれば太鼓以外の音ゲーで同一曲で複数同一難易度表記は無かった -- 2016-06-06 (月) 22:52:13
  • ↑ボルテ -- 2016-08-11 (木) 18:38:48
  • ↑jubeat -- 2016-08-19 (金) 23:27:15
  • ↑弐寺 -- 2016-10-04 (火) 15:56:46
コメント:

単語検索

#search(): You already view a search box

アーケード(AC)版

ドリームパーティー(Ver3.57)


収録曲リスト


各データ


旧バージョン

アプリ(iOS/Android/for au)版

オリジナルスタイル
(Ver.2.0.10/1.0.12/1.0.0)


旧バージョン

その他

リンク

総合


AC版


アプリ版

最新の20件

2017-11-22 2017-11-21

今日の10件

ページ別カウンター

  • counter: 20109
  • today: 2
  • yesterday: 8
  • online: 6