egalite


来生たかお大百科自作曲

※原則的に、来生たかおは“来生”に省略、来生えつこは“来生えつこ”と表記。アルバムタイトルの正式表記は『égalité』。

概要

2004年にリリースされた21枚目のオリジナルアルバムである。

前作『Dear my company』から4年振りにリリースされたミニアルバムで、バックバンドのスタートルのメンバーが編曲や演奏で参加している。また、編曲者の矢倉銀は来生のペンネームである。

6月23日、レコーディングの最初の打ち合わせが、来生、キーボードの松田真人、山崎教昌、ギターの土屋潔、ミキサーの面子で行われた。まず来生が収録したい楽曲についての説明があり、そして新曲のデモテープを全12曲分、譜面を見ながら皆で選曲し、来生を筆頭に皆で編曲の分担を決めて行った*1

来生によれば、元々ミニアルバムで出す予定だったが「どうせ出すのならばフルアルバムを」という事になっていたという*2。しかし、7月7日、松田のところに来生のマネージャーから連絡があり、諸般の理由によりミニアルバムになりそうな旨が伝えられた*3

7月20日に行われたレコーディングは、「プロ・ツールス」を使った打ち込みによる録音から始まった。まずは松田真人が最も基本的なドラムのパターンをキック、スネア、ハイハットといった具合に順番に曲のテンポに合わせて鍵盤で入力して行き、基本的なパターンが出来上がったところでマニピュレーターの小田木隆明が生のドラムに近付けるように修正を加えて行った。次にそれを曲の頭から最後まで貼り付けて行き、松田に指示の下、必要に応じて部分的にパターンを変えて行った。また、ドラムとパーカッション(コンガ)が一通り完成すると、今度はベースに移り、適当な音色を選んで鍵盤で一通りのベースラインを弾き、小田木が修正を加えて行った。来生たかおがスタジオ入りをすると、松田は事前に自宅で打ち込んだ音資料を聴かせ、出来上がりの雰囲気を伝えた。その後、来生が仮歌を入れる事になり、松田は歌い易いようにエレキピアノの音色でデータを入力した。仮歌は、一通り歌ったところで最初の部分を直しただけで終了した。来生が帰宅した後も、ミキサー、松田、小田木はシンセブラス、生ブラス、パッド等の打ち込み作業を延々と繰り返した*4

8月11日、松田が編曲を担当した楽曲のギターのダビングとシンセサイザーの最終的なダビングがあった。事前に大まかな打ち合わせした土屋に2種類の音色でカッティングを弾き分けて貰い、イントロやブリッジの部分のミュートを済ませたところで土屋から、もっとノリを良くする為にもう一度演りたいという希望があり、再度演奏をして貰った。その後、先程と今の中間くらいのノリで演奏して貰う事で意見が一致した。最後はギターのアドリブを3テイク録音し、皆で聴き比べてOKテイクを決めて行った。次に、小田木がこれまでに打ち込んだブラスセクションを更にリアルにする為の作業を行った後、松田の指示に沿って演奏をしながらサビの部分の偶数小節の3拍目にタンバリンを入れたり、やはりサビの1小節から8小節目にオブリガートを入れたりと作業が続けられ、全ての演奏やダビングが終ったところで最初から聴き直し、来生の確認を以てトラックダウン以外の作業が終了した。その後は、来生自身が編曲をした楽曲に関してギターのダビングが行われた*5

これまでアルバムのデザインワークにあまり関与して来なかった来生だが、本作ではその意趣を色濃く反映させている。タイトルのエガリテ(フランス語)は、かつて存在していたファンクラブの会報誌名でもあり、英語の「イーヴン(even)=五分五分の形勢・同点・引き分け」に該当し、歌手デビュー30周年を前にした来生自身の状況や意気込みを表現している。また、透明仕様のCDケースが使用され、バックカバーの内側にはフランス国旗の三色(青・白・赤)があしらわれているが、これはエガリテという言葉が併せ持つ同国旗の「白・平等」の意味を象徴させている。

ジャケット写真は、神奈川県鎌倉市にある北鎌倉駅で撮影されたもので、眼鏡を掛けた来生がバーバリーのコート*6に新聞紙を差し込み、煙草を片手に下りのプラットホームのベンチに腰掛けている。これは、傾倒する小津安二郎が同市に居を構えていた事にちなんだもので*7、付属の厚紙製収納ケースも同じ写真が使用されている。来生自身の希望で、撮影時刻は人の居ない早朝(上りのホームには遠方に人影が見られる)が選ばれ、始発電車を待つ情景が演出されているが、構内は禁煙になっており、煙草に関しては申し訳なかったと述べている*8。なお、この時に使用された眼鏡はレンズが入っていなかったが、後の公演で老眼鏡として装着された*9。また、ブックレット内には、茅ヶ崎市の烏帽子岩や、横浜市の赤レンガ倉庫、来生姉弟が幼少期から青年期まで暮らしたひばりが丘団地等の風景写真が収められている。

なお、本アルバム名を冠したコンサート『来生たかお クリスマスコンサート2004 égalité』においては、全収録曲が披露されている。

収録曲

トラックタイトル作詞作曲編曲収録時間
1シャドー・プレイ来生えつこ来生たかお板村文4:21
2迂闊来生えつこ来生たかお土屋潔5:38
3残りの夏来生えつこ来生たかお土屋潔3:18
4まなざしの時間来生えつこ来生たかお山崎教昌4:59
5笑ってよムーンライト来生えつこ来生たかお松田真人4:22
6サラリーマン来生えつこ来生たかお矢倉銀3:23

参加ミュージシャン

  • Keyboards:矢倉銀(2,6)、板村文(3)、山崎教昌(4)、松田真人(5)
  • Guitar:武沢侑昴(1)、土屋潔(2,3,5,6)
  • Sound Architect:板村文(1)、小田木隆明(2,3,5,6)

参加スタッフ

  • Exective Producer:安西範康(ANY CO. LTD.)、上坂伸夫(FUJIPACIFIC MUSIC INC.)
  • Co-Producer, Mixer:井川彰夫(Wellver Music Japan Inc.)
  • Assistant Engineer:殿岡信悟(Sound Arts)
  • Mastering:高城賢(S I Project)
  • Recording Coordinater:井川麻衣(Wellver Music Japan Inc.)
  • Art Work & Photographer:三島浩
  • Art Work & Coordinater:三島文夫
  • A & R:平野優香(ANY CO. LTD.)
  • Artist Manager:小松裕二、遠藤直樹、菅原由紀(TEN YEARS LTD.)
  • Supervisor:坂口公一(ANY CO. LTD.)、渡辺章(FUJIPACIFIC MUSIC INC.)
  • Thanks:宮崎真哉、源井和仁(Because Itd.)、渡辺智加、阿部麻紀子、Kurashige、Yamanaka(SOGO)、Shimizu(SOUND CREATER)、Kobayashi(ANY)、Matsuoka(KM MUSIC)、今井豊(Sound Arts)、坂田敏和(EXT Inc.)、神田善啓

録音

  • 日付記載なし(2004.07.20*10)/Sound Arts、Deeper Ground Studio

初出

発売年月日メディア:規格品番発売元/レーベル備考
2004.11.17CD:ANOC-6023エニー/ANY○制作:日本音声保存/TEN YEARS
○厚紙製収納ケース付き

アルバムタイトルの表記

ジャケットケースの側面部
エガリテégalitéエガリテ égalité

パッケージの体裁

  • ジュエルケースにブックレットを挿入(厚紙製収納ケース付き)

帯のコピー

  • 待望の新曲4曲に加え、美空ひばりに提供した「笑ってよムーンライト」 高校時代に来生えつこと初めて作った「サラリーマン」を収録


*1 『松田真人“MASATO MATSUDA”OFFICIAL WEBSITE』のブログ“2004年6月23日(水)”(2004.06.23)
*2 『松田真人“MASATO MATSUDA”OFFICIAL WEBSITE』のブログ“2004年6月23日(水)”(2004.06.23)
*3 『松田真人“MASATO MATSUDA”OFFICIAL WEBSITE』のブログ“2004年7月7日(水)”(2004.07.07)
*4 『松田真人“MASATO MATSUDA”OFFICIAL WEBSITE』のブログ“2004年7月20日(火)”(2004.07.20)
*5 『松田真人“MASATO MATSUDA”OFFICIAL WEBSITE』のブログ“2004年8月11日(水)”(2004.08.11)
*6 TOKYO-FM『Live Depot』(2004.12.09)
*7 TOKYO-FM『Live Depot』(2004.12.09)
*8 TOKYO-FM『Live Depot』(2004.12.09)
*9 来生たかおソロライブ Stand Alone 2014』のMC
*10 『松田真人“MASATO MATSUDA”OFFICIAL WEBSITE』のブログ“2004年7月20日(火)”(2004.07.20)