One Week


来生たかお大百科自作曲

※原則的に、来生たかおは“来生”に省略。

概要

2017年にリリースされた、CD、DVDの2枚組の企画アルバムである。

来生は全作曲及びサウンドプロデュースを、漫画家のさくらももこは全作詞を、7名のアーティストがヴォーカルを務めている。

2017年3月28日、来生たかお Takao Kisugi Official Web Siteにアップロードされた「40th Anniversary 40周年記念特集』内の近況報告第二弾「タバコについて」の中で、サウンドプロデュースを務める事になった旨が触れられ、正式には同年9月5日に同サイトで発表された。また、続く9月15日には参加アーティスト名が発表された。更に、同年10月30日、動画投稿サイト「You Tube」及びオフィシャルサイト内にて、プロモーション動画「OneWeek? promotion」が公開された。

参加アーティスト及びレコーディングスタッフの一部も、先駆けて制作の模様を公開していた*1

さくらのオフィシャルブログにおいては9月19日に発表され、来生ファンとしては1曲でも作曲して貰えたら良いと思っていた所、全曲を手掛けて貰え、あり得ないような幸運で、本当に感激した心境を記している*2

参加アーティストの人選はさくらによるもので、来生は既知の太田裕美辛島美登里以外の5人には不安があったが、歌声を聴いた瞬間、その素晴らしい才能に感心したという*3

3、4年程前、さくらは不図、1週間が7曲の歌になっていたら面白いと思い、彼と結婚したいと思っている20代後半から30代前半くらいの割とお洒落に暮らしている独身のOLという設定を元に、作曲者や歌手を決めずに曜日毎に歌詞を書き始めた*4。イメージの源泉は、さくらが夢中になって読んでいた『別冊マーガレット』の少女漫画の雰囲気で、日々の中で恋が重要な未婚女性の事を考えた為、全体的に「女子な感じ」になったと語っている*5

また、完成した歌詞に曲を付けたいと思った時に不図、中学時代から好きだった来生の事が浮かび、1曲でも良いからと駄目元で依頼したところ、全曲を手掛けて貰え、驚きながらも嬉しかったという*6。1曲目から「来生の世界」で、来生が歌ったデモテープも素晴らしく、今では宝物と語っている*7

来生を初め凄いメンバーだった為、大船に乗った気分だった半面、軽い思い付きが展開して行き、緊張していたが、歌詞に曲が付いたらどうなるか、歌い手が歌ったらどうなるかというプロセスがとても楽しかった為、今後も漫画と並行して作詞をクリエイティブな仕事の1つと位置付けたいと改めて考えさせられたと語っている*8

来生は、先に歌詞が作られるパターンは久し振りで、余り自信がなく*9、さくらの個性的な歌詞にメロディーを乗せるのは難しかったものの、割と良いフレーズが浮かんで集中的に書けた為*10、ほのぼの且つ切なくウェットな世界に沿ったものが出来たと述べている*11

また、長年コンサートのサポートを務めているryumei odagi(Ryumei)と山崎教昌が編曲(曲毎の表記なし)や演奏で参加しており、イメージ以上のサウンドが出来上がった事に、来生は感謝の意を表している*12

ジャケットのイラスト及び20ページのブックレット内のイラストは、さくらが手掛けている。DVDには、各楽曲をイメージし、ダイジェスト形式で使用したショートアニメーションが収録されている。

2017年10月30日より、「TEN YEARS ONLINE SHOP」にて購入予約の受付が始まり、特典としてクリアファイルが進呈された。また、幾つかのオンラインショップ(「Amazon.co.jp」「TOWER RECORDS ONLINE」「楽天ブックス」「ローチケHMV」「Joshin webショップ」等)や実店舗(「山野楽器 銀座本店」等)では、歌詞カードのイラストを元にした7種類のポストカードがそれぞれに進呈された。

収録曲

トラックタイトル作詞作曲編曲収録時間トラックタイトル作詞作曲編曲収録時間
1月曜日の朝さくらももこ来生たかおryumei odagi/山崎教昌※記載なし5金曜日の夢 〜朝か夜かの物語〜さくらももこ来生たかおryumei odagi/山崎教昌※記載なし
2火曜日の昼さくらももこ来生たかお6土曜日の恋人さくらももこ来生たかお
3水曜日の夕方さくらももこ来生たかお7日曜日の昼下がりさくらももこ来生たかお
4木曜日は雨さくらももこ来生たかお

◆各歌唱アーティスト
1:小谷美沙子/2:辛島美登里/3:青葉市子/4:柳原陽一郎/5:中納良恵/6:太田裕美/7:原田郁子

参加ミュージシャン

  • リズムプログラミング、ギター、ベース、キーボード&コーラス、サウンドアーキテクト:ryumei odagi
  • キーボード、ピアノ:山崎教昌(2〜7)
  • 1st ヴァイオリン:帆足彩(2,3,5,6)
  • 2nd ヴァイオリン:羽島健(2,3,5,6)
  • ヴィオラ:柴貴子(3,5)
  • チェロ:岡崎健太郎(3,5)
  • トランペット:織田祐亮(4)
  • サックス:藤田淳之介(4)
  • トロンボーン:湯浅佳代子(4)

参加スタッフ

  • プロデューサー
    • サウンドプロデューサー:来生たかお
    • アニメーション&ブックレットイラスト:さくらももこ
  • CDスタッフ
  • ボーカルディレクター&アーティストコーディネート:末崎正展(fun and games 合同会社)
  • アレンジャー:ryumei odagi、山崎教昌
  • エンジニア:速水直樹
  • スタジオ:スタジオメック、スタジオサムホエア
  • DVDスタッフ
  • 企画演出・アニメーション制作:丹羽直樹(TANGE FILMS)
  • 企画:北野篤(株式会社博報堂ケトル)
  • ジャケットカバー
    • デザイナー:乗富亨(グラフェブ)
    • ジャケットコーディネート:福永恵(有限会社テン・イヤーズ)
    • 来生孝平(有限会社テン・イヤーズ)
    • 藤谷薫(株式会社さくらプロダクション)
  • アーティストマネジメント&エグゼクティブプロデューサー
    • 小松裕二(有限会社テン・イヤーズ)
    • 宇多路子(株式会社さくらプロダクション)
    • 青木しん(株式会社 10'S)
  • スペシャルサンクス
    • 株式会社メルフィルド:木原将人
    • Green note:田中陽子
    • 株式会社ピアノ:木場祐紀子
    • SWEET DELI RECORDS:前原雅子
    • 株式会社トイズファクトリー:西村佳樹
    • 株式会社sweet boon music:辻田純二
    • 株式会社フライングダッシュ:谷愼輔
    • 有限会社トロピカル:松見香奈

録音

※記載なし

初出

発売年月日メディア:規格品番発売元/レーベル備考
2017.11.08CD+DVD:TEND-1120TEN YEARS/TEN YEARS RECORD○制作:テン・イヤーズ
○厚紙製収納ケース付き

パッケージの体裁

  • ジュエルケースにブックレットを挿入(厚紙製収納ケース付き)

帯のコピー

  • さくらももこ全作詞、来生たかお全作曲による初のコラボ作品! 小谷美沙子、辛島美登里、青葉市子、柳原陽一郎、中納良恵、太田裕美、原田郁子の豪華ゲストボーカル参加!


*1 辛島美登里 Twitter(2017.05.26)/辛島美登里オフィシャルブログ『みどりんBKOG』“GGP392~被災地のみなさんへ~来生たかおさん&女子ごはん@神楽坂 ”(2017.05.27)|青葉市子 Twitter(2017.05.31)/青葉市子 Instagram“今日は夕暮れ時から、来生たかおさんとレコーディングでした”(2017.05.31)|太田裕美 Twitter(2017.06.01)|帆足彩 Twitter(2017.07.13)|末崎正展 Twitter(2017.07.22/09.03)|柳原陽一郎 Facebook, Twitter(2017.09.15)|柳原陽一郎オフィシャルサイト『yananet』“news & info さくらももこ×来生たかおのコラボCD「ONE WEEK」(11/8リリース)にボーカルで参加しました。”(2017.09.20)
*2 さくらももこオフィシャルブログ“お知らせでーす!”(2017.09.19)
*3 来生たかお Takao Kisugi Official Web Site“40th Anniversary 40周年記念特集 光陰矢の如し”(2017.09.29)
*4 『DAILY MORE』ライフスタイル エンタメ&カルチャーナビ“【ショートインタビューつき】さくらももこさんが全作詞を手掛けた「One week」、モア世代にこそ聴いてほしい1枚です!【11/8発売】”(集英社/2017.11.08)
*5 『DAILY MORE』ライフスタイル エンタメ&カルチャーナビ“【ショートインタビューつき】さくらももこさんが全作詞を手掛けた「One week」、モア世代にこそ聴いてほしい1枚です!【11/8発売】”(集英社/2017.11.08)
*6 『DAILY MORE』ライフスタイル エンタメ&カルチャーナビ“【ショートインタビューつき】さくらももこさんが全作詞を手掛けた「One week」、モア世代にこそ聴いてほしい1枚です!【11/8発売】”(集英社/2017.11.08)
*7 『DAILY MORE』ライフスタイル エンタメ&カルチャーナビ“【ショートインタビューつき】さくらももこさんが全作詞を手掛けた「One week」、モア世代にこそ聴いてほしい1枚です!【11/8発売】”(集英社/2017.11.08)
*8 『DAILY MORE』ライフスタイル エンタメ&カルチャーナビ“【ショートインタビューつき】さくらももこさんが全作詞を手掛けた「One week」、モア世代にこそ聴いてほしい1枚です!【11/8発売】”(集英社/2017.11.08)
*9 来生たかお Takao Kisugi Official Web Site“40th Anniversary 40周年記念特集 光陰矢の如し”(2017.09.29)
*10 『夕刊フジ』2017年11月16日付“来生たかお、『夢の途中』は「一番自信なかった曲」 漫画家・さくらももこ氏とコラボアルバムリリース”(産業経済新聞社/2017.11.16)
*11 来生たかお Takao Kisugi Official Web Site“40th Anniversary 40周年記念特集 光陰矢の如し”(2017.09.29)
*12 来生たかお Takao Kisugi Official Web Site“40th Anniversary 40周年記念特集 光陰矢の如し”(2017.09.29)