参考文献リスト


PukiWiki

FrontPage

Book Review


参考文献一覧

教育学理論

寺下明.『教育原理』ミネルバ書房

山崎英則、片上宗二編『教育用語辞典』ミネルバ書房

パウロ・フレイレ『被抑圧者の教育学』

ジルー.H「抵抗する差異:カルチュラル・スタディーズと批判的教育学のディスコース」現代思想第24巻7号129−147

Giroux, H. A. (1982). Theory and Resistance in Education.

Giroux, H. A. (1992)Border crossing: Cultural workers and the politics of education. New York: Routledge

マクラーレン

ブルデュー&パスロン.(1991).『再生産』藤原書店

現代思想 ブルデュー特集

オグブ

レーヴ&ベンガー.(  ). 『状況に埋め込まれた学習:正統的周辺参加』東京産業図書 (解説:福島正人)佐伯胖訳

Lave, J. & Wenger, E. (1991). Situated Learning: Legitimate Peripheral Participation (Learning in Doing: Social, Cognitive and Computational Perspectives). Cambridge University Press (大学2階141.3LA、3047円)

Wenger, E. (1999). Communities of Practice: Learning, Meaning, and Identity (Learning in Doing: Social, Cognitive, and Computational Perspectives). (だいがくB1:141.33*1、3900円)  

エティエンヌ・ウェンガー他(2002)『コミュニテイ・オブ・プラクティス:ナレッジ社会の新たな知識形態の実践』翔泳社 (高槻336.3コ) 

福島正人編( )『身体の構築学−社会的学習過程としての身体技法』ひつじ書房(LLP、FW、状況論的アプローチ)

現代思想 91か92 4月 状況論的アプローチ

『学びの復権』学習観の転換

エンゲストローム 拡張理論

山住勝広 Cultural Historical Activity Theory

赤尾勝己編著、2004、生涯学習理論を学ぶ人のために、世界思想社

ロボット研究と教育のインターフェース

渡部信一(1998)「鉄腕アトムと晋平君−ロボット研究の進化と自閉症児の発達」ミネルヴァ書房

渡部信一(2005)「ロボット化する子どもたち−「学び」の認知科学」大修館書店

異文化間教育学

江渕一公編(1997).『異文化間教育研究入門』玉川大学出版会.(B1*370.4.27)外国語教育分野(本名)

多文化教育

カール・A・グラント、G・L=ビリング編著『多文化教育事典』明石書店

渡戸一郎、川村千鶴子編著『多文化教育を拓く−マルチカルチュラルな日本の現実のなかで』明石書店

ジェームズ・バンクス(平沢安政訳)『入門多文化教育−新しい時代の学校づくり』明石書店

中島智子編(1998)『多文化教育』明石書店

「多文化共生の学校作り」明石書店 N8.376.9.4702

 

教育学個別ケース

渋谷真樹

山ノ内裕子

志水宏吉、清水睦美編著『ニューカマーと教育−学校文化とエスニシティの葛藤をめぐって』明石書店

志水宏吉(1996)「学校=同化と排除の文化装置−被差別部落民の経験から」『岩波講座・現代社会学12:こどもと教育の社会学』岩波書店 (ブルデュー他)

木村涼子(1996)「ジェンダーの再生産と学校」」『岩波講座・現代社会学12:こどもと教育の社会学』岩波書店 (アルチュセール、アップル)

佐藤郡衛(2003)『国際化と教育:異文化間教育学の視点から 改訂新版』放送大学教育振興会

児島明(2006)『ニューカマーの子どもと学校文化』勁草書房4600yen

中島智子

太田晴雄

梶田正巳.(  ).『異文化に育つ日本の子ども』.中公新書(田中俊也先生紹介)

箕浦康子.子どもの異文化体験、フィールドワークの技法と実際、こどもと教育の社会学(岩波)、文化のなかの子ども

小内透.ブラジル人大泉ほか、階層

佐伯胖、コンピューターと教育、岩波新書

ポール・ウィリス.(1996).『ハマータウンの野郎ども』.ちくま学芸文庫

豊中国際交流協会

刈谷剛彦『教えることの復権』


教育学ジャーナル

異文化間教育

教育文化(同志社教育学部)

社会教育

ライフ・ヒストリー&ライフ・ストーリー&エスノメソドロジー

やまだようこ(2005)「ライフストーリー研究」秋田喜代美・恒吉僚子・佐藤学編『教育研究のメソドロジー』東京大学出版会

山田富明・好井裕明編(1998)『エスノメソドロジーの想像力』せりか書房(吹田)

好井裕明編(1992)『エスノメソドロジーの現実』京都:世界思想社(吹田)

山崎敬一・山崎晶子(1996)「差別のエスノメソドロジー」『岩波講座・現代社会学15:差別と共生の社会学』岩波書店

桜井厚(2002)『インタビューの社会学』せりか書房(吹田)

好井裕明(1999)『批判的エスノメソドロジーの語り』新曜社(吹田)

山田富明(h8)「アイデンティティ管理のエスノメソドロジー」栗原彬編『差別の社会学1:差別の社会理論』弘文堂(サンクス)コピー

桜井厚(h8)「戦略としての生活:被差別部落のライフストーリーから」栗原彬編『差別の社会学2:日本社会の差別講造』弘文堂(サンクス)コピー

田辺繁治、松田素二編、(2002)、『日常的実践のエスノグラフィ:語り・コミュニティ・アイデンティティ』

好井裕明(2006)「あたりまえ」を疑う社会学−質的調査のセンス

山崎敬一編(2004)「実践エスノメソゾドジー入門」有斐閣

好井裕明・山田富秋・西阪仰編(1999)「会話分析への招待」世界思想社  

言語政策・イデオロギー

Wright, S.(2004).Language Policy and Language Planning: From Nationalism to Globalisation. New York: Palgrave

Phillipson, R. ほか編(1999). Language: A Right and a Resource: Approaching Linguistic Human Rights . Central European University (大学あり、2707円) 

Phillipson, R. (2003). English Only Europe?: Challenging Language Policy. Central European University (大学あり) 

Skutnabb-Kangas, T.

Kimlicka, W. & Patten, A.(Eds.).(2003)Language Rights and Political Theory. Oxford University Press

三浦信孝、糟谷啓介(編).(2000).『言語帝国主義とは何か』藤原書店

三浦信孝(編).(1997).『多言語主義とは何か』藤原書店

中村敬.(2004).『なぜ「英語」が問題なのか』.東京:三元社

ましこひでのり.(  ).『ことばの政治社会学』.東京:三元社

桂木隆夫.(編著).(  )『ことばと共生』.東京:三元社

言語権研究会.(編).(1999).『ことばへの権利:言語権とはなにか』.東京:三元社

岡戸浩子.(2002).『「グローカル化」時代の言語教育政策:多様化の試みとこれからの日本』.東京:くろしお

バトラー後藤裕子.(  ).『多言語社会の言語文化教育』.東京:くろしお

森住衛.(監修).(  ).『言語文化教育学の可能性を求めて』.東京:三省堂

山本真弓.(編著).(  ).『言語的近代をこえて:多言語状況を生きるために』

国立国語研究所.(2001).『多言語・多文化共生社会における言語問題(報告書)』801.03.4329

言語政策ジャーナル

日本言語政策学会.「言語政策」

「ことばと社会」三元社

Multilingua

Language Problems and Language Planning 大学所蔵2004から

猿橋順子「民族言語維持活動への公的承認に関する一考察」青山国際コミュニケーション研究2002.6

杉野俊子  


クリティカル

野呂香代子、山下仁.(編著).(2001)『正しさへの問い:批判的社会言語学の試み』東京:三元社

Guiherme, M. (2002).Critical citizens for an intercultural world: foreign language education as cultural politics. Clevedon: Multilingual Matters N8.807.2582

Phipps, A. & Guiherme, M. (Eds.). (2004). Critical pedagogy: political approaches to language and intercultural communication. Multilingual Matters N8.807.2586

Tollefson, J.W.(Ed.).( ).Power and Inequality in Language Education. Cambridge: Cambridge University Press

Norton, B., & Toohey, K.(2004). Critical Pedagogies and Language Learning. Cambridge University Press

Pennycook, A. (1994). The Cultural Politics of English as an International Language. London: Routledge (An Introduction to Applied Linguistics で参照推薦、多言語政策で引用)

Pennycook, A. (2000). The social politics and the cultural politics if language classrooom In Joan Kelly Hall & William G. Eggington (Eds.) The Sociopolitics of English language teaching

Joan Kelly Hall & (Eds.). The Sociopolitics of English language teaching

Guiherme, M. (2002). Critical Citizens for an Intercultural World: Foreign Language Education as Cultural Politics. Multilingual Matters (807*2582)

Atkinson,

Canagarajah, TESOL Quarterly 27, 601-626 スリランカのエスノグラフィー

TESOL Quarterly 27, 1993 Autumn Special Issue: Adult Literacy

Auerbach, E, Participatory L2 learning and survival L2 learning criticisim

Benesh, S.(1993). Critical Thinking: A Learning Process for Democracy, TESOL Quarterly 27, 545-548

Rampton, B.

日本語学習ストラテジー(くろしお)後半 リサ・ゴウを共通して引用

Holliday, A. (2005) . The struggle to teach English as an international language. OUP

ディスコース

メイナード『談話分析の可能性』(810.1.6 B1)

Pennycook, A.

Fairclough, N.

バイリンガリズム・継承語

中島和子、ジム・カミンズ他(2005)『カナダの継承語教育』

湯川笑子

Heritage Language Journal UCLA HP で閲覧可

Rampton, B. Crossing: language and etnicity among adlescents

Sociocultural Theory (状況論)

Modern Language Journal 1994

石黒広昭編著、2004、社会文化的アプローチの実際、北大路書房(シリーズ社会文化的アプローチ)

茂呂雄二編著、2001、実践のエスノグラフィ、金子書房(状況論的アプローチ3)

上野直樹編著、2001、状況のインターフェース、金子書房(状況論的アプローチ1)

西口

Ellis, R. , 2004, Sociocultural SLA and tasks (Chapter 6), pp.175-203, in Task-based Language Learninng and Teaching , Oxford University Press

Johnson, M. Philosophy of SLA Research

lantolf & Appel, (Eds.). Vygotskian Approaches to SL Research, 1998

Donato

Duff

Ohta, A.S.(2001).Second language acquisition processes in the classroom: learning Japanese. Mahwah, New Jersey: Lawrence Erlbaum Asoociates University Press N8.810.7/4

Ohta, A.S.(2001).Second language acquisition processes in the classroom: learning Japanese. Mahwah, New Jersey: Lawrence Erlbaum Asoociates University Press N8.810.7/4

方法論

J.V.ネウストプニー、宮崎里司『言語研究の方法』.東京:くろしお出版

ロッド・エリス.(  ).『第二言語習得のメカニズム』.ちくま学芸文庫 (エリスとSchmidtの研究方法のちがいがわかるらしい)

『外国語教育リサーチマニュアル』大修館

Brown, J. D. & Rodgers, T.S. (Eds). (2002). Doing second language research. Oxford University Press

Erickson, F. (1990[1986]).Qualitative methods In R.Linn & F. Erickson(Eds.), Quantitative Methods Qualitative Methods(pp.75-200).New York: Macmillan Publishing Company 窪田光男が参照

Erickson, F. (1996). Ethonographic microanalysis. In S.L. Mckay and N.H. Hornberger (Eds.), Sociolinguistics and Language Teaching (pp.283-306).Cambridge: Cambridge University Press

  

アイデンティティ

Norton, B.(2000). Identity, Language Learning: Gender, Ethnicity and Educational Change. UK:Pearson Education Limited

Norton, B.(2001). Non-participation, imagined communities, and the language classroom. In M. Breen (ed.) Learner contributions to language learning: New directions in research.London: Longman/Pearson Education. 159-171.

Norton, B.(1997). Language, identity, and the ownership of English. TESOL Quarterly31: 409-430

TESOL Quarterly 31(3) Special Issue: Language and Identity, 1997 Autumn

Toohey, (2000)

Linguistics and Education,1996 No.1, Identity Special issue, contents only from SD

Anthropology and Education Quarterly, 1999, Identity special issue, Web にcontents あり

Journal of Language, Identity and Education, 継続購読大学なし、on-line J あり

ブルデュー The economics of linguistic exchange, Social Science Information 16, 645-68, 1977

窪田光男『第ニ言語習得とアイデンティティ』.ひつじ書房

小野原信善、大原始子(編).(  ).『ことばとアイデンティティ』東京:三元社

鄭ヨンへ「アイデンティティを超えて」上野千鶴子他編『』岩波書店

社会言語学

Wardhaugh, R. (1986). An Introduction to Sociolinguistics. Oxford

Milroy, J., Milroy, L. (1999). Authority in Language: Investigating Standard English(third edition). Oxford: Basil Blackwell (An Introduction to Applied Linguistics で参照推薦)

マリリン・シュウォーツ.(  ).『バイアスフリーの英語表現ガイド』.東京:大修館 (英語青年)

Schwartz, M. (1995). Guideline for Bias-free Writing.

事典、教科書

Ellis, R.( ) The Study of Second Language Acquisition. Oxford University Press  (図書館)

Schmitt, N. (Ed.). (2002). An Introduction to Applied Linguistics. Arnold

文化

Clifford, J.(1988). The Predicament of Culture. Harvard University Press

Clifford, J.(  ). Writing Culture

Clifford, J.(1997). Routes: Travel and Translation in the Late Twentieth Century. Harvard University Press (大学なし、2211円)邦訳あり

Said, E.

Hall, S.

Appadurai, Cultural Dimention of Globalisation

アパデュライ 大学図書に翻訳あり (新曜社)

Cultural Studies

本橋哲也、(2002)『カルチュラルスタディーズへの招待』大修館書店 K.361.5*モ (3192円) 

?『実践カルチュラルスタディーズ』ちくま新書K.361.5*ウ

『カルチュラルスタディーズ入門』ちくま新書K.36135ウ

『カルチュラルスタディーズ』K.361.5ヨ

伊予谷他(1998)『グローバリゼーションの中のアジア:カルチュラルスタディーズの現在』B1/302.2*20

「カルチュラルスタディーズ−新しい文化批判のために」思想1996.1

「カルチュラルスタディーズとは何か」言語2000.3

「カルチュラルスタディーズ」現代思想1996.3

イーグルトン『イデオロギーとは何か』平凡社ライブラリー

月刊言語2000 カルチュラル・スタディーズと言語研究

Alex Kostgritz モナシュ大学


ディアスポラ

有元健「黒と白と青?ディアスポラ、アイデンティティ、コスモポリタニズム」現代思想2002.4

フランツ・ファノン『黒い皮膚・白い仮面』

フーコー

ちくま文庫2006よりシリーズで発刊

文学理論(バフチン)

本橋哲也「バフチンと「民衆」文化の力学」思想2002.8

池上嘉彦『ことばの詩学』

エスニシティ

大久保武.(  ).『日系人の労働市場とエスニシティ』.東京:お茶の水

梶田孝道他『顔のみえない定住』.名古屋:名古屋大学出版

宮島喬、太田晴雄編(2005)『外国人の子どもと日本の教育−不就学』東京大学出版会

川上郁雄(2001)『越境する家族−在日ベトナム系住民の生活世界』明石書店

川上郁雄(2002)「日本の国際化とインドシナ難民」梶田孝道・宮島喬編『国際社会々餾櫺修垢詁本社会』東大出版会

関口知子『在日日系ブラジル人の子どもたち−異文化に育つ子どものアイデンティティ形成』明石書店

小山透編著『在日ブラジル人の教育と保育−群馬県太田・大泉地区を事例として』明石書店

竹沢泰子『日系アメリカ人のエスニシティ』東京大学出版

認知・心理言語

Language and Thought. Routledge Modular Psychology Series. (2003). Nicklund

八島智子.(2004).『外国語コミュニケーションの情意と動機』大阪:関西大学出版部


ID

Robinson, P. (Ed.).(2002). Individual Differences and Instructed Language Learning. John Benjaming Publishing Co. (英語教育2003.2)

Ross, S.(1999). A multiple method view of individual difference factors. Aoyamagakuin. 靜・竹内・吉澤

日本語

『外国人の定住と日本語教育』ひつじ書房(高橋先生紹介、山田泉他)

国立国語研究所編、くろしお出版

第9回国立国語研究所国際シンポジウム第1部会 (N8.801.03.4329) Sasaki, Azuma

岡崎敏雄 年少者日本語

政治哲学(シチズンシップ ・アーレント他)

法学研究科 政治哲学 寺島俊穂(てらじまとしお) 法哲学 角田猛之

寺島俊穂(1998)『政治哲学の復権−アレントからロールズまで』京都:ミネルヴァ書房

角田幹夫「個の複数性の行方 グローバル化へのハンナ・アーレント的視点」、宮永國子編著、(2002)『グローバル化とアイデンティティ・クライシス』東京:明石書店K361.5

萩原能久編(2005)「ポストウォー・シティズンシップの構想力」慶応大学出版会

キムリッカ、千葉真訳( )「新版・現代政治理論」

レオ・シュトラウス「リベラリズム古代と近代」

「現代政治理論」有斐閣アルマ 

児玉 市民性教育

教職

21世紀の教職、教職論、教職入門、教師とは、新教職論、教師像の再構築、教育には何ができないか、学力低下論争、学校教育課程論、新しい時代の教職課程、だれが教育の責任をとるのか

多読

酒井邦男・神田みなみ(編著)教室で読む英語100万語多読授業のすすめ 東京:大修館

酒井邦男 快読100万語!ペーパーバックへの道 ちくま文庫 1050円


購入希望

Hinkel, E. (2005). (Ed.).Handbook of Research in Second Language Teaching and Learning. London: Lawrence Erilbaum Associates Publishers

Oxford Handbook of Applied Linguistics M研あり

Communities of Practice

Holmes, J ? (memo note September)

記憶、語り

米山リサ 岡まり

その他

丸山「台湾 ポストコロニアルの身体」青土社

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z