TITLE:MS選択

MSにはそれぞれ特性があります。状況に応じて使い分けが吉。

MSの使い分けが必要な理由

現在の連邦では、ジム改(RGM-79C)陸ジム(RGM-79(G))がトレンドのようです。
これが流行っている理由を考察しますと

  1. 安価である(陸ダム等と比較しての話)
  2. 武器スロットが4つと豊富
  3. 修理費用等のコストパフォーマンスがよい

という3点を考慮した時に、バランスが取れている機体であるのが上記2機種です。
確かにこれらの機体は、利益を得る必要がある「狩り」には最適かもしれません。

しかしながらPVPにおいては、通常のN狩りと異なり、改造を施されたMSと対峙しなければならない為、これらのバランス重視型MSでは火力・装甲・速度等全ての点で決め手に欠ける事となります。

この器用貧乏さが非常によろしくない。

襲撃に来るジオンの行動特性を考えて見ましょう。
勢いがあるときはドムやグフといった速度・攻撃力を重視したMSで攻めてきます。
テントまで押し返されると防御力NO1と言われるゴッグに乗り、ひたすら耐え反撃してきます。
このようにジオン側は、攻めでは速度を重視したMSを使い、守りでは防御を重視したMSを使うというように使い分けが徹底されているのです。

これと同じ事を、連邦もやらなきゃならんのです。

連邦MS選択

上記の通り、敵に学んで状況に応じてMSを使い分ける事を考えてMSをチョイスします。

攻め(or追撃戦)の場合

敵都市を攻める。または逃げる敵機を追いかける時などは、できるだけ短い時間で敵機を処理するのが最優先事項です。その為、優先すべきは攻撃力という事になります。
また、相手がドムやグフなら、射程外に逃げられる前にトドメを刺さなければならないため、速度も必要となります。

従って、攻め(or追撃)の際に重視すべきは

  1. 単位時間あたりの総攻撃力
  2. 速度

の2点となります。

攻撃力を重視して一発のダメージを高くするために改造はP-MAXを選択、ある程度の距離を追える様に優速なMSをチョイスする必要があり、

  1. RX-78-2
  2. RX-79(G)EZ8
  3. RX-79(G)
  4. RGM-79L

の4機種が候補となります。

なお、陸ガンはMAX改造が難しいため、攻撃重視で改造を入れる、武器を適正距離に合わせて使い分けるなどの工夫が必要です。
LAはエウーゴ、KAMIKAZEのように集団運用が絶対条件。
78−1、陸ジム、ジム改は現行仕様では圧倒的な数で用いない限り落とす前に逃げられます。
77系列、75系列は、脚が遅すぎて攻めには使えません。使うなら後退時の殿専用機。

守り(or後退戦)の場合

逆に多数で敵に攻められ、テントまで押されているような状況の時は、ジオンのゴッグのように、集中砲火に晒されても有る程度耐えられる機体が必要です。
攻められている時は逃げ場は無いため、脚は遅くても構わない。とにかくその場で耐えて、敵が疲弊するまでがんばれることが重要です。

つまり、防御力重視の選択しかありえません。改造はD-MAXを選択。
出来れば接近戦で対抗できる武装と、長距離砲撃が可能であれば言うことなし。
以上の要件を満たす連邦機は

  1. RX-75(EX装備で。Rocketは速射性も高く接近戦でヒケを取らない)
  2. RX-77-3(EX77BRやEX Cannon必須 接近戦用にヒートホークが欲しい)
  3. RX-77-2(同上)
  4. (次点)RX-77D(MSスキル不足の場合)

上記4点となります。77Dはスキル不足の場合の代替機。
77DよりはFighterを上げて75に搭乗するほうが長持ちします。

77系列は鈍足ですが硬い上シールドも装備できるため、集団で用いられると敵も攻めきれません。
かつてジオン兵の間では「77-3は反則」という言葉が叫ばれた時代がそれを示しています。
その後弱体化(改造MAXスキルが上がった)が入ったため、最近では使う人が減りましたが、ジム改等に比較すればいまだに圧倒的な防御力を誇ります。

集団で運用すればこの防御力と、MS Cannon(or Beam Cannon)を用いた長距離砲撃能力で、敵の前進を食い止めることが出来ます。
ヒートホーク装備の「なまはげ仕様」であれば接近戦もこなせるので、サーベルで突っ込んでくるドムやグフにも対抗できます。

また、狩りの際に襲われる時は基本的に守勢です。
その対処のためにも、狩り/防御兼用機として、一家に一台77を常備しておきましょう。

75はFighterスキルが必要で忌み嫌われていますが、守勢状態では脚よりも硬さ重視でこれを選択するのも有りだと思います。

狩りの場合

狩りは何にせよコストパフォーマンスが命。
さらに単位時間内でより多くの弾を撃てるのが理想です。
従って狩り用MSの必須項目は

  1. 修理費が安い
  2. バルカンorマシンガンが装備できる
  3. シールドが装備できる
  4. リペを多量に消費しない硬さ

の5つとなります。

現行の仕様では、多数のN(10機以上)に囲まれると陸ガンや77系でも簡単に落ちるため、武器を複数持つ利点はさほど無いと言ってよいでしょう。
むしろドロップアイテムの保持のために武装は1種類(バルカン)、予備でPV武装を1つ、残りはリペとシールドの方が生存確率/狩り効率/スキル上昇効率が上がります。

以上から選択肢としては理想的な順に並べると

  1. RX-77(硬い、D-MAXが手に入りやすい、BRも持てる)
  2. RX-77-3(修理費がちょっと高い。改造MAXが厳しいため2位)
  3. RGM-79C(安いが、思った以上に脆い)
  4. RGM-79G(改と同様の理由。スロット1減で4位)
  5. RX-77D(改と同様の上サーベル持てない。BR持てない)
  6. RGM-79(安さ以外のメリット無し。でも使い捨てと考えれば理想的)

あたりが使い勝手が良いMS*1といえそうです。
いきなり襲われた時の安全性や、前述の防御用に使えるということも考慮すると、RX-77 LV3 D-MAXが理想的かもしれません。

fraga的MSチョイス総括

以上の理由により、ハンガー内MSは

  1. RX-79(G) or RGM-79L(P-MAX) を1台以上(せめて3台)
  2. RX-77(D-MAX)を最低1台、77-3またはRX-75でも可

を入れておくことを強くオススメいたします。

特にRX-75 D-MAXを使ったことが無い人はホバー辻リペアなどでFighterを上げて、一回乗ってみましょう。食わず嫌いはいけません(^^)
意外とRX-75 P-MAXというのも、かなりのイケイケ仕様でいい感じです。 またRX-77は都市近くの狩り、いきなりの襲撃への対応、大規模の防御線構築と大活躍を見せます。ぜひ一家に一台RX-77を常備*2しましょう。



*1 個人的には79C、79Gはサーベルが持てるという点しか利点を見出せないのでランク下位。77もヒートホーク持てば79C以上に接近戦行けるし。
*2 77は強力ですが過度な期待は禁物。ゲリラの追撃などでは脚がトロくて役に立ちません。あくまで使い分けが前提条件です