2003 / 06 / 09 武豊騎手・親戚撲殺事件 北海道・静内町


武豊の親戚撲殺事件

15年6月9日午後1時半ごろ、北海道静内町田原の「武牧場」で武勇さん(58)が
牧場に隣接する自宅寝室のベッドで、頭から流血し、死亡しているのを妻が発見。
救急隊が到着したところ、頭には鈍器で殴られたような傷跡がみられた。
北海道警捜査1課と静内署は殺人事件とみて捜査を始めた。

事件現場の牧場では、勇さん夫婦の他に、従業員数人が働いていた。
勇さんは最近、昼まで寝ていることが多く、妻が寝室に様子を見に行ったところ、
頭から大量の血を流し、すでに死亡していたという。
勇さんは武宏平調教師の弟で、父の平三氏も元調教師。
騎手時代にターフの魔術師と呼ばれた武邦彦調教師はいとこ、邦彦氏の息子の
豊騎手や武幸四郎騎手は親せきにあたる。
ほかにも血縁に競馬関係者が10数人を数える「華麗なる一族」の1人だった。

武牧場は現在、中規模牧場だが、近年は活躍馬を輩出していなかった。
勇さん自身はこの数年、父の平三氏と土地の所有権をめぐって法廷で争ったり、
観光客による事故で町から千数百万円の賠償金を受け取ったりと、
「行動や発言が目立った」(関係者)と、地元では一目置かれる存在だった。
静内町は北海道日高地方にある国内有数の馬産地で、軽種馬牧場が多い地域。
2001〜2004

  • counter: 18045
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1

最新の20件

2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04

今日の10件

  • counter: 18045
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1