1997 / 03 / 15 香川県女子高生殺人事件


香川県女子高生殺人事件

int61.JPG

16日夕方、琴南町川東焼尾の山林にマネキンが投棄されているのが目撃される。
翌日通報により現場に向かった警察が午前10時ごろ遺体である事を確認した。
警察へ出ていた届出から15日にバイト先から帰宅しなかった詫間町松崎在住の
観音寺一高の真鍋和加さん(16)と判明する。
バイト後の10時過ぎに小雨の中を傘もささないで歩道に立っている姿を
同僚が見かけたのが最後の目撃証言になっている。

発見時、上半身は長袖の白いTシャツ、下半身は左足だけに靴下だけだった。
死因は柔らかいひも状の物で首を絞められたことによる窒息死。
死亡推定時刻は15日の深夜だった。
その後詫間町に近接した高瀬町の朝日山森林公園の植え込みから左足の靴が出てきたが
遺体発見現場とかなり離れており土地勘のある犯人が捜査のかく乱を狙ったとも考えられる。
遺体発見現場は野犬が多く、犯人は野犬に証拠隠滅をさせるために
わざとその場所に遺棄したのではないかと遺族は考えている。
15日は和加さんのアルバイトの最終日でもあり、
それを知っていた者の犯行ではないかと推測する人もいる。
TVのチカラ
1991〜2000

  • counter: 44954
  • today: 2
  • yesterday: 3
  • online: 5

最新の20件

2019-11-18 2019-09-04 2019-05-10 2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15

今日の10件

  • counter: 44954
  • today: 2
  • yesterday: 3
  • online: 5