1991 / 11 / 03 福山ちあき(当時18歳、女)大阪・大阪市


福山ちあき

chi.jpg

当日午前6時頃、キャラクター・ショーのアルバイトのため、大阪市浪速区の自宅を出かけ、自転車で地下鉄御堂筋線大国町駅まで行って奈良のあやめ池遊園地へ向かった。仕事が終わり、いったん淀川区の会社に寄って、アルバイト先の友人と御堂筋線で帰途についた。午後6時20分に大国町の一つ先の動物園前で別れている。その時「(ショーのときに着用する)スパッツを買いに行こうかな」と言っていた。午後10時半頃、ボーイフレンドから自宅に電話があった。ちあきさんと電話をする約束をしていたが、本人は帰宅せず。自転車は大国町の駅近くの自転車置き場に残されていた。 結婚も就職も決まっていた。生活道具は一切そのまま。 失踪1週間後から不審な電話や無言電話が入るようになった。 北朝鮮による拉致の疑いが濃厚な特定失踪者リストに入っている。

優しい心の持ち主だった福山ちあきさん。小学校時代、お年寄りに傘を貸してずぶぬれで帰ったことが何度もあった。寒さで凍えるホームレスに不要になった自分の毛布を差しだしたこともあるという。

大阪府の府立高校3年生だったちあきさんは、1991年11月3日の夕方、アルバイト帰りに行方不明に。
当時、ちあきさんには卒業後の結婚を約束した2歳上の恋人がいたほか、就職も内定していた。
母親のはるみさんは「ちあきは何もかもが順調だった。家出をする理由がない」と断言する。
はるみさんは、ちあきさんが行方不明になった翌日、警察に捜索願を提出。
自らも、ちあきさんの兄・伸二さん(33)らとともに、チラシ約1000枚を配るなど、懸命に捜した。
だが、有力な情報もないまま11年。はるみさんは、この間を「生き地獄のようだった」と振り返る。
昨年10月、はるみさんはテレビで拉致被害者の5人が帰国し、家族と抱き合って喜ぶシ
ーンを、ちあきさんとダブらせた。
「救う会」に連絡し、実名の公開にも迷わず同意。
「娘が帰ってくるなら、名前だろうと写真だろうと何でも出します」と、はるみさん。
ちあきさんの祖母(75)は現在、病気により体が衰弱している。
「生きているうちにもう一度、ちあきに会わせてあげたい」母は、わらにもすがる思いで娘の帰りを待っ
ている。
1991〜2000

  • counter: 33479
  • today: 19
  • yesterday: 24
  • online: 3

最新の20件

2020-11-27
  • 1991/11/03 福山ちあき(当時18歳、女)大阪・大阪市
2020-11-11 2020-04-13 2020-02-21 2020-01-17 2019-11-18 2019-09-04 2019-05-10 2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08

今日の10件

  • counter: 33479
  • today: 19
  • yesterday: 24
  • online: 3