徳永陽一郎

int58.JPG

1953年10月7日、突如姿を消し、3日後、門司から届いた森川さん(実姉)あての
書留を最後に以後消息不明となる。
書留には「だまって出てごめんね。歩いてでも帰ってきます」と記されていた。

●徳永 陽一郎(18歳)^ 生年月日  :昭和10年(1935)1月14日
失踪年月日 :昭和28年(1953)10月7日
当時の身分 :染料店店員(配達)
当時の居住地:長崎県長崎市
失踪場所  :長崎市の家を出て
失踪当時の状況:
新しい仕事の話があり、履歴書を書いている途中だった。
履歴書に貼る写真を店に撮りに行く前に失踪した。10月7日に門司から書留が届く。
家族から借りていた1500円を返してきたもので「いい仕事があった」「歩いてでも
帰ってきます」と書かれていた。
1951〜1960

  • counter: 17944
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 3

最新の20件

2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04

今日の10件

  • counter: 17944
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 3