シングル用 / 書物


本やメモ、石碑などに書かれたメッセージや文章です。
並びはABC順。
写し間違い、誤訳、超訳もあると思いますので修正お願いします。

A Bestiary of Ashan

アシャンの動物寓話集

A book about Ashan creatures’ weakness
アシャンの生物の弱点についての本

Our recent study of Ashan fauna gave us an interesting account of the creatures weaknesses. For instance, while most of the basic creatures like Spiders are very vulnerable to fire and will avoid it, creatures with a demonic taint like the Orcs or the Goblins are naturally more resistant to fire. They are , however, as vulnerable to lightning as anyone else. Undead are a different matter; having no concept of fear or injury they are difficult to defeat.

However a fortunate adventurer may find blessed weapons, crafted from the very substance of dragons, that do great damage to these creatures.

アシャンの動物相に関する我々の最近の研究により、生物の弱点についての面白い報告がなされた。たとえば蜘蛛のような基本的な生物の多くは火に非常に弱く、それを避けるだろう。オークまたはゴブリンのような悪魔的な生物は、生まれつき火に対して強い抵抗力を持つ。しかしそれらは他のものに比べて稲妻に弱い。不死者はまた別ものだ。恐怖や怪我の概念を持たないため、それらを打ち倒すのは困難だ。

しかし幸運な冒険家は、これらの怪物に大きなダメージを与える、竜の体から作られた祝福された武器を手に入れることができるかもしれない。

A book about demons

悪魔についての書

Gorada Rael
ゴラダ・ラエル

… Those who dwell in the Otherworld come from a realm of heat and flame, a kingdom where the body has no meaning in a sea of endless pain. It is a bottomless pit of constant consumption, a parasite among worlds lacking the life to sustain itself. Its inhabitants and the very fabric of its weave are eternally hungry, driven without reprieve to draw their sustenance from elsewhere lest they devour themselves and wink out of existence.

Tragically, a foolish conjurer tried to bring forth a power from the Otherworld at some point in the distant past, granting the demons a glimpse of our plane. Now they lust for the energy, the vitality, the stability that we take for granted. They scratch and claw at the corners of our world, seeking a way to escape their own and feast here anew. Yet through the efforts of the Seventh Dragon, those who dared sojourn into our world are imprisoned forever, bound by sacred magicks and held powerless through the ages.

But there is a means of escape, even if they are merely phantoms and spirits in our world. The weak of will, the cowardly and the simple, the foolish and the greedy – all of these can volunteer to let a demon spirit inhabit their flesh. The demon promises power, glory, and other favors, but the bargain is a hellish one indeed. Those weak souls who agree are as kindling to them, firing an inner conflagration that leaves the person’s gutted shell hosting the demon in a permanent form upon our lands. Such an abomination is powerful, deadly and desperate, for it will do anything, offer anything, and kill anyone in order to avoid being stricken from this plane. Beware the whispers of these succubi, for they offer nothing but the flame and the pit.

他世界に住む者たちは、熱と炎の王国から来る。終わりなき苦痛の海の中で肉体が意味を持たない王国。それは恒常的な破壊の底なし地獄。その世界では蛆虫が生き延びることさえ困難だ。その住民と彼らが作り上げた組織は永遠に飢えに苛まれている。その者たちが仲間同士で貪り合い、存続を危うくさせることがなきよう、いずこかからその者たちの食料を得ることが、絶え間なく実行される。

悲劇的なことに、遠い過去に何度か、愚かな召還師が他世界から力を導き出そうと試みた。そして悪魔に我々の世界を垣間見せる機会を与えた。今、彼らは、我々が当然のように教授している活力、生命力、そして安定性を求めている。彼らの世界から抜け出し、新たにこの世界でご馳走にありつくために、彼らは我々の世界の隅っこを引っ掻き、掻き毟っている。それでもセブンス・ドラゴンの尽力のおかげで、我々の世界への侵入に挑んだ者たちは、永遠に閉じ込められ、聖なる魔法で縛り付けられ、長い間無力な状態にされている。

しかし、たとえその者たちが我々の世界では単なる霊や魂にすぎなくとも、彼らがその状態から抜け出す手段は存在する。意思の弱さ、臆病さ、そして単純さ、愚かさと欲張り - これら全てが悪魔の魂を彼らの肉体に戻す手助けする。悪魔は力、栄光、そしてその他様々な望みを約束する。しかしその契約は本当に地獄のようなものだ。契約を結んでしまうような弱い精神は彼らにとって焚き付けのようなものであり、内なる業火を巻き起こしてその者の腸を焼き尽くし、悪魔をこの世界に永遠に留まらせるための抜け殻に変えてしまう。こうして現れた醜悪なるものは強力で、きわめて危険であり、自暴自棄である。彼らはあらゆる事をし、あらゆる物を提供し、あらゆる人を殺してまでこの世界からはじき出されまいとするのだ。これら悪魔のささやきに気をつけよ、奴らが与えるものは炎と墓穴だけだ。

A Guide to the Arcane

神秘の導き

A small tome explaining the use of Magic
魔法の使用を説明した小さな本

You have chosen the noblest and most demanding of ways, wizardly adepts, and it is to you that this text is dedicated. You have evolved far beyond simple swordplay or sneaking about; you have mastered the very forces of creation to bring down ruin upon those who would dare to oppose you. Your mind, your will, are the wellsprings from which your success will grow.

Think before you strike: measure well your target and the impact it will have. Ice can be as great an ally as Fire: though to some, such as Orcs and Goblins, Lightning is a more reliable path. May the blessings of Asha be upon you; may the wisdom of Sar-Elam guide your steps.

あなたは最も崇高でその道に最も要求されるものを選んだ。それは魔道の熟練だ。そしてこの書はあなたに捧げられた。あなたは単純に剣を振り回したり、こそこそしたりすることを越えて進歩した。あなたは敵対する者たちに破滅をもたらす創造の力を会得した。あなたの心、あなたの意思は、あなたの成功を育む源泉だ。

あなたが攻撃を行う前に考えなさい。あなたの標的と影響をよく図るようにしなさい。氷は、火と同じくらい素晴らしい味方になるに違いない。しかし他にも、オークやゴブリンのようなものには、雷撃はより確かな方法だ。アシャの恵みがあなたの上にあるよう。サー・エラムの知恵は、あなたの歩みを導くだろう。

A Note

A Guard's note; signed 'Garth'
衛兵のメモ。「ガルス」と署名。

I was thinking about Leanna again. Like always, I guess. But she's so pretty, and so nice! And her uncle says that she'll be a great wizard, like he is. I think I'm going to ask her to marry me. Not today, though. But maybe this war will give me a chance to be a hero and prove myself to her.

俺はまたリアナのことを考えている。たぶん、ほとんどいつも。彼女はなんて可愛くて、なんて素晴らしいんだ! そして彼女の叔父は、彼女が、彼のような優れたウィザードになるだろうと言っていた。俺は彼女に結婚を申し込むつもりだ。しかし今日じゃない。たぶんこの闘いが俺に英雄になり、彼女にそれを証明する機会を与えてくれるだろう。

A Note

あるメモ

Orc note
オークのメモ

Left antidotes to spiders poison here in chest. Locked chest because stupid Goblins nearby.

ここのチェストの中に、蜘蛛の毒への毒消しを置いておく。愚かなゴブリンが近くにいるので、チェストに鍵をかけておく。


A simple note

簡単なメモ。

A note about spiders
蜘蛛に関するメモ。

Note to self: Make a request to approve extermination of vermin on temple grounds. There are spiders everywhere, some of them as big as your head! I’ll never understand how such an ‘advanced’ culture could venerate those horrid beasts.

自分のためのメモ:寺院の敷地で害獣の根絶を承認を要請をした。そこら中に蜘蛛がいる。それらの中にはお前の頭より大きなものもいる! 私は、そのような『進歩した』文化がどうしてそんな恐ろしい獣を崇拝することになったのか、まったく理解できない。

A Partial History of the Noble Order of Necromantic Sorcerers’

死霊魔術師の崇高な教団の部分的な歴史

We were formed from the schisms that broke the unity of the followers of Sar-Elam; though all swore to cleave to his principles few had the discipline to do so. Upon his death, then, the disciples fragmented. Many, led by Sar-Shazzar, his most gifted pupil, settled in a place they named the Seven Cities.

7 4 YSD: The Mysterious Death of Sar-Shazzar

Sar-Shazzar died in his sleep; when we attempted to move his body to the Necropolis it crumbled to ashes.

461 YSD: The Discovery of Necromancy

Belketh, wisest of the many who claimed to follow Sar-Shazzar, uncovered wonders previously hidden in the teachings of Asha. He showed to a loyal few the path of Necromancy.

461-660 YSD: The Rise of the Necromancers

And so it was for a period of time that our presence blossomed and we became a powerful force in the Seven Cities.

751-770 YSD: Treachery

The Wizards grew jealous of the powers we wielded; in their ignorance they tried to cast us out. But we do not bow lightly, and bloody civil war followed. Towers were cast down, armies of our loyal ones marched, and sheets of flame scoured the land. The realm of the Wizards was not more and the survivors fled to set up a new ‘Empire’; a pale imitation of what once was. We found our own solace in a hand called Heresh, building cities and workshop to rival even those of the Seven Cities that stood no more.

Since that day our hatred of the Wizards knows no bounds; we shall return one day to bend them to the way of the Spider Goddess.|

我々はサー・エラムの弟子による一団の分派から形成された。皆は彼の主義に忠実であることを誓ったが、そのための規律がほとんどなかった。彼は死に、それから弟子達は分裂した。多くの者はサー・シャザールによって導かれ、彼の最も才能ある教え子は、彼らがセブンシティ(七の街)と名づけた場所に住みついた。

7 4 YSD: サー・シャザールの不可解な死

サー・シャザールは眠りの最中に死亡した。我々が彼の体をネクロポリス(死都)へと移動しようとしたとき、それは灰となって砕けた。

461 YSD: 死霊術の発見

サー・シャザールを継ぐと主張した多くの者の中で最も賢かったベルケスは、アシャの教えの中に隠されていた奇跡を見つけ出した。彼は忠実な数人にのみ、死霊術の方法を教えた。

461-660 YSD: ネクロマンサーの高まり

そして我々の存在が開花し、我々がセブンシティ(七の街)の中で力を蓄えていったのはこの期間だった。

751-770 YSD: 裏切り

ウィザードたちは我々が行使した力をねたむようになった。彼らは無知で、我々を排除しようとした。しかし我々は軽々しく頭をさげなかった。そして、血なまぐさい内紛へと続いた。塔は打ち倒され、我々の忠実な軍隊は行進し、炎の広がりは大地を一掃した。ウィザードの支配地域はもはやなく、生存者は新しい『帝国』 - かつて存在したものの青白いまがい物 - を建てるために逃げ出した。我々は手中に慰めを見つけ出した。もはや存在しないセブン・シティ(七の街)に匹敵するような、ヘレシュと呼ばれる街と研究所を建設した。

その日から、ウィザードに対する我々の憎悪は限度がなくなった。我々はいつか、彼らを蜘蛛の女神の流儀に屈伏させるために戻ってくるだろう。

Arachnophilic Temple Cliff Site - Official Expedition logbook

蜘蛛寺院崖地域 - 公式遠征日誌

Entries maintained by Overseer Garan

988 YSD

Month of the Crystal Tears, 27th

Despite the collapsed sections of the temple mount along the cliff side, our team has finally accessed the upper temple thanks to the discovery of a natural joint fissure in the cliff face.

Initial surveys of the top of the central tower suggest that the astral channeling system lacks an eldritch power source at the cap of the shaft.

Mount of the ropes to the upper temple snapped while hoisting surveying equipment shortly after highsun. Sadly, Apprentice Darcia was caught underneath the surveying equipment and was killed instantly.

With luck, the joint fissure in the cliff face may prove wide enough to install a lift for larger equipment and safer travel to the upper temple.

Month of the Crystal Tears, 30th

Out survey teams have detected a magical energy source similar to the one in the temple’s aura. There must be some sort of immensely powerful crystal inside the vault on the northern branch of the upper temple. Unfortunately, the vault is guarded by numerous traps.

Month of the Dancing Flames, 2nd

Lady Leanna has returned with materials for the lift and word from Master Menelag on how to proceed as regards the buried crystal. Apparently Master Menelag feels the dig site has proven too costly in terms of lives, and will seek counsel back in the city before we proceed.

Month of the Dancing Flames, 3rd

When surveying the central tower shaft, journeyman Largo’s anchor pulled free from some rotten masonry. He fell over 80 meters to his death. Lady Leanna is presiding over the funerary services in his absence.

Month of the Dancing Flames, 5th

The Lady Leanna has made significant progress on her research into the Ritual of Command utilized in opening the crypts.

Month of the Dancing Flames, 13th

The lifts using Master Menelag’s levitation devices have been installed at several points along the cliff face to aid in transporting larger equipment to the upper temple.

Month of the Dancing Flames, 17th

Lady Leanna left for home to resupply, and to recruit reinforcements. They are due to return in several days.

Month of the Dancing Flames, 21st

Apparently one of the local goblin tribes is squatting in the ruins on the far side of the ridge. Captain Jensen and Master Tergon have left to retrieve an extra complement of guards to deal with the potential disturbance.

Month of the Dancing Flames, 24th

This day has been a disaster. The entire lower camp has been slaughtered, and our prospects look grim. My best guess is that there were more of the goblins than we imagined, and they overwhelmed the sentries before they could sound the alarm. Those few of us working up on the cliff managed to jam the lifts in time to protect the upper temple. We then barricaded ourselves here inside the acolytes’ quarters. Cordo and Hestia are wounded and bleeding badly. There is nothing I can do for them, and I do not think they will last the night. I pray we can hold out until Lady Leanna or Master Tergon return with help.

Month of the Dancing Flame, 26th

We have gone from the crucible into the flames. Neither Lady Leanna nor Master Tergon have returned, and to make matters worse a force of Orcs have slaughtered the Goblins. They have lit a flame beneath the acolyte’s quarters, and have thrown noxious herbs on the fire. I fear we are to be poisoned. The fumes are filling the room but we cannot leave lest we expose ourselves to their archers. The very air grows thick and noisome…

監督官ガランによって保守された記録。

988 YSD

水晶涙の月、27日

寺院の崩壊した部分は崖に沿って配置されているにも関わらず、崖の面に自然に繋がった洞窟を発見したおかげで、我々の隊はついに寺院上部に到達した。

中央塔の最上部の最初の調査で、アストラルチャネリングシステムがシャフトの頂上にあるはずのエルドリッチパワーの源を欠いていることが示唆された。

正午直後、調査器材を運び上げている際に寺院の上層へのロープが大量に破断した。悲しいことに、見習のデルシアは調査器材の下敷きになって即死した。

運がよければ、崖の表面の繋がった亀裂は、より大きな器材と、寺院上部へのより安全な探索のために搬送装置を設置するのに十分広いとわかるかもしれない。

水晶涙の月、30日

我々調査隊は、寺院の気に類似した魔法のエネルギー源を発見した。ある種の非常に強力なクリスタルが、寺院上部の北の分岐の金庫室にあるに違いない。残念なことに金庫室は多数の罠で守られている。

踊る炎の月、2日

リアナ嬢は、搬送装置の資材とメネラグ師からの埋め込まれた水晶に関する進め方についての言葉を持って帰ってきた。明らかに、メネラグ師は発見した地域があまりに高い命の代償を支払うことになると感じ、我々が進む前に、都市に戻って話し合いをすることを求めている。

踊る炎の月、3日

中央塔のシャフトを調査するとき、職人のラルゴの留め金が、腐った岩場から外れた。彼は80メートル以上落ちて死んだ。遺体を回収できないままに、リアナ嬢が葬式を主宰している。

踊る炎の月、5日

リアナ嬢は、地下室を開くために利用される命令の儀式の研究で、重要な進歩を遂げた。

踊る炎の月、13日

より大きな器材を上部寺院へ運搬するのを支援するために、メネラグ師の空中浮遊装置を使った搬送装置が、崖の表面に沿っていくつかの地点に設置された。

踊る炎の月、17日

リアナ嬢は再補給と増援のために帰路についた。彼らは数日で戻ることになっている。

踊る炎の月、21日

見たところ、現地のゴブリン族の1人が、峰の向こう側の廃墟でしゃがんでいる。ヤンセン船長とタルゴン師は、妨害の可能性に対処するため、兵士の増援を呼びに戻った。

踊る炎の月、24日

この日は災難だった。下層のキャンプ全てが壊滅し、我々の見通しは厳しくなった。最も信頼できる推測は、我々が想像していたよりも多くのゴブリンがそこにいて、衛兵たちは警報を打ち鳴らす間もなく攻め潰されてしまったのだろうということだ。崖の上にいた我々のうち数人は、上部寺院を守るため、急いで搬送装置を動かなくすることができた。我々はそれからこの侍祭の宿舎に立てこもった。コルドとヘスティアは傷つき、酷く出血している。彼らのために私がしてやれることは何もない。そして私は彼らが今夜持ちこたえるとは思えない。私はリアナ嬢かタルゴン師が助けに戻ってくるまで持ちこたえられることを祈る。

踊る炎の月、26日

我々は炎の中の試練にあった。リアナ嬢もタルゴン師も帰ってこず、さらに悪いことにオークの集団がゴブリンを殲滅した。オークは侍祭の宿舎の下で炎を燃やし、その中に毒草を投げ込んだ。このままでは我々はみな中毒死してしまうのではないだろうか。臭気が部屋に溢れているが、我々は奴らの弓兵に身を晒すことなくこの場を離れることはできない。空気が、空気そのものが重く不快になってきた・・・。

Arantir’s journal

アランティアの日記

…So I have opened a portal between Nar-Heresh and Stonehelm, and used the word ‘Khar’, which means ‘Skull’ in the ancient Shantiri language, to unlock its power. As is proper. For deep within the heart of Stonehelm lies a Necropolis, as old and a venerable as any in this world. Normally I would take my pleasure there; venerate the dead, study their secrets, explore the wisdom of the ancient embalmers.

Alas, such is not to be my fortune this time. For there I must invoke the power of the Skull to summon Death’s own avatar.

May my efforts be worthy of Asha’s praise; may the sacrifice of the living souls of Stonehelm be sufficient to imprison Kha-Beleth until that day when the world is remade.

…そして私はナー・ヘレシュとストーンヘルムの間に門を開き、『Khar』という言葉を使い、その力を解放した。それは古代のシャンティリ語で『髑髏』を意味する。ふさわしいだろう。ストーンヘルムの心臓部の内部深くに、古き由緒あるネクロポリスが横たわる。通常、私はそこで喜びを感じる。死者の崇拝、それらの謎の研究、古代の留められし知恵の探求。

悲しきかな、このたびのそれは私の未来のためではない。私はその場所のため、死の化身を召還するためにスカルの力を呼び覚まさねばならない。

私の努力はアシャの賞賛に値するかもしれない。ストーンヘルムの生きた魂の犠牲は、世界が再生されるその日まで、カー・ベレスを閉じ込めておくには十分だろう。

Arantir’s memories

アランティアの思い出

Some lines from Arantir. Nothing interesting regarding his forthcoming plan… (double click to read it)
アランティアによる数行。彼の近々の計画に関してはなにも興味を引くものはない。

The Path of Bones

Those who fear death and fools. Those who fear death stand against us. Those who fear death will throw every barrier in our way, fight until the last breaths in their weakening bodies, strive against the embracing darkness until it overwhelms them. Such effort is noble, and yet they are still fools. For ours is the true path. All roads lead to darkness and death, and it is better to welcome it with joy, to purge one’s self of passions through death and re-emerge, stronger than before. Ours is the pure death, and we fight always against the infernal contagion. For centuries we have striven against the demon-tainted who pollute the very earth with their presence, and sought to bar the way against the Demon Sovereign’s return. Mighty was the prison woven by the Seventh Dragon, and yet it was weakened by treachery, flawed by deceit. One day, it is prophesied, the son of the Demon Sovereign may yet restore his father to a throne of rotting flesh and fire. And so we have sought to shatter this prophecy. The Skull of Shadows, ancient artifact of the Seventh Dragon, contains his hoary power. It can be used by the unrighteous to open the way, or by the pure of purpose to seal it forever with the power of death. This has always been our purpose. We shall carry the Skull of Shadows beneath the very feet of the demon-tainted, for yes, even through the centuries the demons have had their agents among the workers of sorcery and spells. We shall bear it to the throbbing heart of their corrupt city and there draw forth its power. It will open the door between life and death. The air will grow thin, the mountains weak, the seas drain away. None will be able to stand before it and the thousands who dwell in the corrupt city, the vassals and servants and beasts of the field, and shall perish. Their souls will be embraced by oblivion, devoured and transformed. And from this seed of destruction shall grow a new prison for demonkind, eternal and unyielding. The very souls of destroyed will guard them and bind them, howling their imprisonment for all eternity. This is our task. This is our path. This is our sacred mission. All who tread the Path of Bones must swear to serve this goal unyielding, and to make any sacrifice to ensure its consummation. For if we fail, the Demon Sovereign will rise again, and terrible will be his wrath.

骨の道

死を恐れる者たちと愚か者たち。死を恐れる者たちは、我々と対立する。死を恐れる者たちは我々の道にあらゆる障害を投げかけ、彼らの貧弱な体の中の最後の一息まで戦い、それが彼らを圧倒するまで闇を受け入れることに抵抗する。そのような努力はたいしたものだが、それでも彼らは愚か者だ。我々の道が真の道だ。全ての道が闇と死に至り、それを喜びと共に受け入れた方が良い。死を通して自らの情熱を一掃し、以前より強く再生するために。我々のものは純粋な死だ。そして、我々は常に地獄の影響と戦っている。我々は何世紀もの間、その存在で大地を汚染する悪魔の害毒と戦い、悪魔の君主の復活を塞ぐための道を探してきた。強力な牢獄はSeventh Dragonによって組まれたが、それは裏切りによって弱められ、策略によって傷ついた。それは予言された - いつか悪魔の君主の息子が、彼の父を腐肉と火の王座に戻すと。そして我々はこの予言を打ち砕こうとした。セブンス・ドラゴン(第七の竜)の古代の遺物であるスカル・オブ・シャドウ(闇の髑髏)は彼の古き力を持つ。それは邪悪な者によって道を開くのに、あるいは純粋な者によって、死の力でそれを永遠に封じる目的に使われるだろう。これは、常に我々の目的だった。我々は悪魔の害毒のまさに足下にスカル・オブ・シャドウを運んだ。数世紀の間に、悪魔は魔術や呪文の研究者の間に工作員を送り込みさえした。我々はその汚染された都市のうずく心臓部にそれを運ぶ。そしてそこで、外部にその力を引き出す。それは生と死の間の扉を開くだろう。空気は薄くなり、山々は弱り、そして海は枯れるだろう。それ以前に何者も立っていることはできないだろう。そして汚染された街に住む何千人 - 家臣と使用人、そして野の獣たちが死ぬだろう。彼らの魂は忘却によって包まれ、貪られ、変容するだろう。そしてこのことから、破壊の種は悪魔族のための、永久的かつ堅牢な新たなる監獄を作り出す。破壊された魂はそれら守り、永遠に投獄について文句を叫ぶ奴らを縛りつけるだろう。これは我々の仕事だ。これが我々の行く先だ。これは我々の神聖な任務だ。骨の道をを踏む者全てが、この目的を断固として務め、その成就を確実なものとするためにどんな犠牲でも払うことを誓わなければならない。もし我々が失敗すれば、悪魔の君主は再び現れる。そして恐ろしいものは彼の怒りだ。


Asha's Gift: The Theory of Magic

アシャの贈り物:魔法の理論

A book explaining the origins of magic in Ashan
アシャンでの魔法の起源を説明している本。

First, be it known that magic is the second of the gifts granted unto us by Mother Asha, who gave life unto the universe and watches over it even as she slumbers. We are all her children, whether we ken it or no, and as such we have been blessed with the duty to use her second gift, that of magic. Understandest thou magic, and thou dost understand the universe entire, for it is the warp and the woof, the very weave of thing. Understand, too, that what most wizards call magic is but the merest taste of the true nature of power, a spoonful drawn from an infinite ocean. Think on that, and thy power will grow.

まず、魔法は母なるアシャによって我々に与えられた第二の贈り物として知られている。彼女は宇宙に命を捧げ、彼女が眠っているときでさえそれを見張っている。知っていようがいまいが、我々は皆彼女の子どもだ。そしてこのように、我々は彼女の第二の贈り物を使う勤めで祝福されている。それが魔法だ。魔法を理解することによって、汝は世界全体を理解する。縦糸と横糸による、それはまさに織物だ。多くのウィザードが魔法と呼ぶものは、単に真の自然の力が形を変えたものであることも覚えておくべきだ。無限の海からのスプーン1杯分を取り出したにすぎない。これについて考え、力を蓄えよ。

Discarded orders

放棄された命令

A note to one of Menelag’s servants.
メネラグの使用人の一人へ向けたメモ。

Jenna,

Please sweep and clean the tower. There are cobwebs and dust everywhere. I've left you the key and expect it to be done by tomorrow.

Menelag

ジェンナ

塔を掃除し、綺麗にしておくこと。そこら中、蜘蛛の巣と埃だらけだ。鍵を置いておくので、明日までに行うように。

メネラグ

Hand written note

手書きのメモ

A note from a traitor who helped the Necromancers.
ネクロマンサーを助けた裏切り者のメモ

As we decided last week, I will help you enter the warehouse and the city. I’ll wait in the caverns tomorrow at midnight – just come with my reward and you’ll have everything you need. Don’t worry about our business, I can keep a secret.

我々が先週決めたように、私はあなたがたが倉庫と都市に入るのを手伝います。私は明日の真夜中に洞窟内で待ちます。 - 私の報酬を持って来てください。そうすればあなたが必要とするすべてを手に入れられます。心配はいりません、私は秘密を守ります。

Holy Psalms

分裂の聖歌

A short piece of holy scripture from Asha's worshippers.
アシャの崇拝者による神聖な聖書の一部。

…Psalm of Divide

From out the weave of Lady's web of grey,

Came Mother's night,

And Father's day.

'Tween dusk and dawn came winged ones' Egg,

Born by they of two head,

And warmed ‘neath eight of leg.

From first crack in balanced orb of peers,

Flew stone on mighty wind,

Then flame over sea of tears…

…分裂の聖歌

貴婦人の灰色の蜘蛛の巣の織物で

母なる夜と

父なる昼を分かつ

黄昏と暁の間に翼ある卵

二つ頭を持ち生まれた

そして八本の足の下で温めた

対等な調和の話にはじめての亀裂

強い風が石を吹き飛ばした

そして涙の海は炎に包まれる

Love Letter

恋文

An interesting note, seemingly from one of Menelag’s servants to another.
興味深い書きとめ。見たところ、メネラグの使用人の一人から他の者へ宛てられたものだ。

My dearest Ella,

I’ve found today what the master was hiding in the study. I was scrubbing the floor behind the bookshelf when he entered with that snobby niece of his. They were talking about a trip to an island. Can you imagine? The city under attack and he and his worthless kin are having themselves a sailing holiday! The old fool should be spending the money on hiring more soldiers for the city – and on our wages. In any case, the old parasite never even saw me there, and I watched him open up his money vault. It’s easy to do – I simply have to place to candelabra on the right pillar instead of the left one. I’ll start taking a couple of coins every night. He won’t miss them, and soon we’ll have enough to run away together. I love you madly,

- Kristos

最も愛しきエラへ、

私は今日、主人が書斎に隠しているものを見つけてしまった。私は彼が、淑女気取りの彼の姪と共にそこへ入っていくとき、本棚の裏で床を磨いていた。彼らは島への旅行について話していた。想像できるか? 町は攻撃を受けているのに、彼と彼の役立たずの親族は船旅での休暇を取ろうとしている。この年老いたバカは、街のためにもっとたくさんの兵士を雇うことに − それと私たちの賃金に − 金を費やすべきだ。いずれにせよ、この年老いた寄生虫は私に気付くことがなく、私は彼が金庫を開けるのを見た。それは簡単だ − 単に左にある燭台を右の柱に置けばいい。私は毎晩、数枚の金貨を頂くことにした。彼は気付かないだろう。そしてもうすぐ、私たちは一緒に逃げるのに十分なだけ手に入れるだろう。狂いそうなほど愛してるよ。

- クリストフ


Potishar’s Incantations for the Studious Mage.

勉強熱心な魔法使いのためのポティッシャーの呪文

The wise and puissant Magus, whether his magic be light or dark, attuned to the living or the dead, comes from two sources – the beneficence of the Dragons, who granted life to all who dwell in the world, and his own will, which takes that which has been given unto us and gives it form, purpose, and power. By training his will, the appropriately gifted magician can use that power, directing it to do his will in innumerable shapes and visages. The forms and sigils of the proper incantation are tools for this art, a way of focusing the mind to channel the mystic energy of the universe as he sees fit.

賢く強大なマギは、彼の魔法が光の物であるか闇の物であるかに関わらず、生者であるか死者であるかに合わせて、2つの源より出ずる。……この世に住まう全ての存在に命を与えた竜の恩恵と、我々に与えられ、形と目的と力を与える彼自身の意思から。彼の意思を鍛えることにより、ふさわしい才能を持つ魔法使いは、そして数え切れない形と様相にそれを導くことにより、その力を使うことができる。適切な呪文の形と印は、この技術の道具だ。彼が宇宙の神秘の力と繋がるために意識を集中する方法として。

Shadwyn's Treatise of Improbable Reconciliations

シャドウィンのありえない調和の論文

An impossible obscure text that seems to be about prophecies.
恐らく予言についての、ありえない不明瞭な文章。

Chapter 3.

There are thus conflicting prophecies treating the inflection point of the apotheosis; however, it could similarly be argued that these seemingly differing prognostications -- that is, the apotheosis and the dynacidal restriction – stem not from fundamentally opposed analyses of the propogational effects of the apotheosis throughout the continuum, but merely the identical conclusions of the inflection dynamic as observed via heretofore unrelated points of reference!

While certain philosophers may scoff at this theory uniting previously disparate these concerning the Quarantine and the Sentinel, acceptation of the fundamental argument would definitively reconcile extant factual data with the previously suspected yet unproven link intimately binding the related vessels both geographically and temporally.

第三章

先に述べたように、神化の変曲点について相反する内容を述べた複数の予言が存在する。しかしながら、これらの一見異なった予言、すなわち神化と停力制限は、連続体に流れる神化の予言的効果の諸所の分析結果が原理的に相反することによって生ずるものではなく、単にこれまで無関係だった参照点を観察することで得られる本質的に同一な変曲力学上の結論であると論じることも同様に可能なのだ!

一部の哲学者はこの、これまで共通点がなかった「検疫」と「歩哨」に関する懸念を統合する理論を馬鹿にするであろうが、この重要な議論を認めることで、現存している事実に基づく情報と、今まで存在を疑われていたいまだ証明されていない同属の器を地理的、時間的に緊密に結びつける繋がりを決定的に調和させることができるであろう。

The Annals of the Dead

死者の年代記

We were always apart, always different; those who cleave to the world of the living will never comprehend those who have seen the other side. Though our forms are purged of lusts and needs we have not lost our thirst for wisdom, for knowledge, for instruction. It was this desire to comprehend the entirety of Asha’s creation that led Belketh to the enlightenment of Her true form – the three-faced goddess who holds us all in her many hands. It is this passion that keeps us, Belketh’s children, searching ceaselessly for his lost artifacts and relics as well as those of his master Sar-Shazzar, and even of Sar Shazzar’s master Sar-Elam himself – The Seventh Dragon.

我々は常に隔絶され、常に異なっていた。生の世界に忠実である人々は向こう側を見た者達を決して理解しない。我々方法は欲望と需要を解放するが、知恵に対する、知識に対する、学問に対する渇望を失いはしなかった。それは、ベルケスを彼女の真の姿 - その多くの手に我々全てを抱く三面の女神 - の悟りに導いたアシャの創造の総体を理解したいという、この願望だった。我々ベルケスの子どもたちを引き留めているのは情熱だ。彼の師匠であるサー・シャザールと、サー・シャザールの師匠であるサー・エラム - セブンスドラゴン(第七の竜) - と同様に、彼の失われた創造物と遺物を絶え間なく探し続けている。

The Book of Ghouls

グールの書

An unsettling text of questionable veracity. Its subject matter is self-evident.
真偽の疑わしい人心を騒がす文章。

It is well known that Ghouls are the ravenous spirits of the dead, returned to re-animate lifeless corpses and imbue them with an insatiable hunger for flesh. Some say that only those who died of starvation can become Ghouls, while others – most notably Balthazar, in his seminal treatise On The Nature Of The Unquiet Dead – postulate that any who died of privation or want can become Ghouls. Darker whispers state that Necromancers can create Ghouls, by forcing unwilling spirits into dead bodies.

Regardless of origin, Ghouls are widespread wherever the Necromancers have extended their tendrils. Indeed, disturbance of cemeteries by Ghouls is one of the first signs that a Necromancer cabal is near.

Stronger than men and more agile as well, Ghouls are nevertheless ruled by this ancient hunger for dead and rotting flesh. However, when thy cannot find proper sustenance to feed their immortal hunger, they are more than content to manufacture their own foodstuffs from the living.

グールは、貪欲な生命のない死体に命を吹き込んで甦らせ、肉に対する飽くなき飢えを染み込ませた死者の魂としてよく知られている。何人かは、餓死した人々だけがグールになると言う。他の人々の間では — 特にバルタザールは、彼の創作的な論文「静かならざる死者の性質」で、欠乏や貧困で死んだ者がグールになると仮説している。より暗い噂では、ネクロマンサーが、邪なる魂を死体に押し込むことによって、グールを作り出すに違いないと言っている。

起源に関わらず、ネクロマンサーが彼らの触手を伸ばすところにはどこでも、グールが蔓延している。実際に、グールによる墓地の騒乱は、ネクロマンサーの秘密結社が近くにいることを示す最初の印のひとつだ。

グールは、死体と腐りかけの肉に対する、この古からの飢餓に支配されているにもかかわらず、人間より強く機敏だ。しかしながら汝らが、それらの不滅の飢えを満たす適当な食料を発見できないとき、それらは自分たちの食料を生者から生産するために、さらに強くなる。

The Book of Sorcerous Mastery

魔術奥義書

A book of love pertaining to the study of magic.
魔法の研究に関連する愛好の本

Know ye that if ye wish to obtain the key to mastering thine own skill of sorcery, thou must tread many dark paths and study that which is eldritch and hidden.

In the red-litten depths of the sorcerous mind lies the true essence of wizardry, of the power beyond this world that the dragons have granted unto us. Yes they say there is a power beyond power, an ancient source to all the greater magicks in the world who slumbers and sleeps, awaiting the day of awakening.

Meditate well on this and ye shall find thy sorcerous power increasing.

汝らが魔術を習得するための鍵を得たいと望むのであれば、汝は知らねばならない。汝は数多くの暗闇の道を歩き、不気味で隠されたものを学ばねばならぬことを。

魔術の精神の赤い光の深淵に、魔道の − 竜が我らに与えたこの世界の向こう側にある力の − 深淵は横たわる。そう、彼らはそこに力を越えた力があると言う。まどろみ、眠り、目覚めの日を待っている、世界に散らばるより優れた魔法のための古代の源が。

これをよく熟慮し、そして汝は、汝らの魔術の力を強化する道を発見すべきである。


The Compleat Book of Necromancy.

死霊術を極める書

Necromancy is the oldest and most sacred of the forms of magic. It is the art of commingling the living and the dead, crossing the boundaries between worlds so that a fruitful union of life and death may be achieved. Though it is misunderstood by many, it is neither evil nor foul. It is simply what it is. Chief among the achievements of Necromancy is the ability to command the spirits of the dead. These may be interrogated, questioned, cajoled and commanded to do a sufficiently puissant necromancer’s bidding. Lesser practitioners may find their efforts less fruitful, though even the youngest adepts may have some power over the dead. The most potent adepts can in fact draw forth the spirits of the deceased and place them in still-living bodies, displacing the original souls and creating creatures such as zombies, ghouls, and liches. Other, rawer powers are also at the Necromancer’s disposal. Life can be drained from opponents, objects crumbled as if smitten by the hoary hand of Time smote them. The greatest of the Necromancers may become themselves, in turn, the undying sentinels of Heresh in the form of Vampire Lords or other puissant beings.

死霊術は魔法の形式の中でも、最も古く、最も神聖なものである。それは生者と死者を混ぜ合わせる技法だ。そして生と死の実り多き融合を成し遂げるために、世界の境界を横切る。多くの誤解を受けているが、それは凶悪でも忌まわしくもない。それは単に「そうあること」である。死霊術の功績の主たるものは、死者の魂に命令を下す能力である。十分に力のあるネクロマンサーの命令を実行させるために、聞き、質問し、丸め込み、命令する。最も若い達人でさえ死を越えた力を持つゆえに、劣った術者は彼らの努力が実り少ないことを知るだろう。最も強力な達人は、事実死者の魂を引き寄せ、まだ生きている肉体に入れ込み、元の魂と入れ替えて、ゾンビやグール、リッチなどの新たな生物を作り出すことができる。他にも、ネクロマンサーの処理能力による、より露骨な力もある。対象から生命力を奪い、古の時間手により打ち砕かれるように、それらを打ち砕く。ネクロマンサーの中で最も強力な者は、彼ら自身の手で、ヴァンパイア・ロードや他の力ある存在として、ヘレシュの不滅の番人となるかもしれない。

The Thonnish Manuscript

ソニッシュの写本

A difficult book to understand, this prophetic text is rich with symbolism. Perhaps its contents are veiled wisdom; then again, it may be nothing but the ravings of madmen…
理解し辛い本。この予言的な文章は象徴性に富んでいる。おそらくその中身は隠された知識だ。あるいはそれは狂人の戯言かもしれないが・・・。

Many are the years that will pass before the shadow on the face of the sun dose foretell doom. For then will the cage of light be made as weak as one of iron, and the taint of ages past drift on the winds of the world. Then shall one king’s bride bear another’s child, and the dead themselves make war on the living and infernal alike. Seek not the Skull of the Seventh Dragon, for it is wrapped in shadows and hidden away from the eyes of man, lest it be used for great evil. For what it hath wrought, it can unmake in the hands of one whose blood flows from two worlds.

太陽の顔の上の影が運命を予言するまでに多くの年月が去るだろう。その時のために光の檻は鉄のそれと同じくらい弱まり、過ぎ去りし月日の汚れは世界の風に吹き溜まる。それからとある王の花嫁はもう一人の子を産む。そして死者は生者と地獄さながらの戦いを始める。第七の竜の髑髏を探すな。なぜならば、強大な悪に利用されぬために、それは影に包まれ、人の目から隠されているゆえに。それが作り出された経緯より、2つの世界の血が流れる誰かの手中にあって、それは性質を変える。

The Wisdom of The Nightshard Clan, Chapter 7, ex

闇の破片一族の知恵、第七章

A brief pamphlet on stealth and subtlety
隠密と巧妙に関する小冊子

Foolish warrior, walking in the daylight, priding himself in how much his enemies hurt him before they die. Arrogant mage, believing himself invulnerable with his tricks of light and flame.

It is in stealth, in silence, in subtlety that the greatest of our skills and challenges are born. Everyone sees and smells the bear that comes lumbering through the woods; none see the cobra that waits silently and kills quickly. Fools stand in the open where lightning strikes; clever ones watch from afar and await the perfect moment. Trust the shadows, be the shadows. As silent, as invisible, as inescapable.

日の光の中を歩き、自らの敵が死ぬまでにどれほど己を傷つけたかを自慢する愚かな戦士。その光と炎の手品を以て己を不死身だと信じ込む傲慢な魔法使い。

我々の最も偉大な技能と挑戦は、隠密と沈黙と巧妙の中より生まれる。木々を押し倒しながらやってくる熊の姿を見、臭いを嗅ぐことは誰にでも出来る。だが静寂の中に待ち受け一瞬にして殺す毒蛇を見ることは誰にも出来ない。愚者は稲妻の降り注ぐ野外に佇み、賢者は遠くから眺め最良の一瞬を待つ。闇を信じよ、闇であれ。闇のごとく静かで、不可視で、逃れられざるものであれ。

Tome of the Dragon Smithy

竜の鍛冶場の書

A book explaining how to use a forge
鍛冶場の使い方を説明した本

Chapter 3: The Well-Forged Blade.

Select the metal that will provide the base. Think not of mere iron, for this is an arcane weapon. For your purpose Steel is fine, but Flamegold is the best. Place a bar of your chosen metal into the pot for smelting.

Ease the pot over top of the fire. Ensure that your fire burns like the breath of Arkath; use the bellows to increase the heat.

Side the pot over the mold, and then pour the molten metal into it. The mold should be within a small tank of water.

Pull the lever to raise the water level, and by Shalassa’s blessing the arm shall be tempered.

Remove the blade and place it once more in the fire. Wait with Sylanna’s patience until it is red hot; a weapon shaped too soon is a weapon lost.

Place it upon the anvil, and take up the smith’s hammer. Strike without hesitation, fearlessly driving out the impurities and shaping the blade, until by Ylath’s grace your efforts are rewarded. You must then craft a hilt for your weapon; leather strips for this purpose are kept near the forge.

May Asha guide your hand.

第三章:良く鍛えられた刃

基本となる金属を選択する。単なる鉄について考えないように。なぜならこれは、神秘の武器なのだから。目的を果たすために、鋼(スチール)があれば良いだろう。しかし炎金(フレイムゴールド)なら最高だ。あなたが選んだ金属の棒を精錬するために、壷に配置せよ。

壷を火の上に慎重に移動する。火をアルカスの息のように燃えさからせよ。温度を上げるために、ふいごを使え。

鋳型の上に壷を動かせ。そして解けた金属をその中に注げ。鋳型は小さな水槽の中にある。

水位を上げるためにレバーを引け。そうすれば、シャラッサの祝福によって、その武器は固まるだろう。

剣を取り外し、それをもう一度日の中に置け。シラーナの忍耐力によって、それが赤く加熱されるまで待て。あまりに早く形成された武器は失敗した武器になる。

それを金床の上に置き、鍛冶屋の金槌を手に取れ。不純物を取り除き、刃を形作るために、恐れず、躊躇わず打て。あなたの努力がイラスの栄光によって報われるまで。それからあなたは武器のための柄を作らねばならない。そのための革の紐が、鍛冶場の近くにある。

アシャがあなたの手を導いてくださるよう。

蜘蛛の像のメッセージ

To enter the Crypt, place the Moonsilk Crystal in the spider's head.

To enter the Shrine of the Skull of Shadows, return the three Aspect Gems:

Matron's Heart: With a fallen prophert's bones

Soul of the Crone: Below the tomb of He who waged the Wars of Blood

Maiden's Eye: In the walls of the crypt.

地下墓地に入り、月絹の水晶(ムーンシルク・クリスタル)を蜘蛛の頭に配置せよ。

スカル・オブ・シャドウの神殿に入り、三つの相の宝玉を取り戻せ。

マトロンの心臓:堕落した予言者の骨とともに。

クロンの魂:血の戦争で戦った者の墓の下に。

処女の瞳:地下墓地の壁の中に。

Menu

シングル用

総合情報

最新の20件

2019-05-09 2009-10-22 2012-09-19 2009-10-09 2012-09-16 2015-05-20 2014-07-27 2008-04-02 2007-11-19 2012-05-30 2015-05-25 2015-05-20 2014-12-30 2014-03-13 2011-07-21 2010-01-21 2010-01-20 2009-12-15 2009-12-14

今日の6件

  • counter: 6425
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1

edit