シングル用 / チャプター情報 / チャプターメッセージ


チャプターのローディング画面に表示されるメッセージ。

Prologue

序章

Finally! After years of practice and study, Master Phenrig is taking me with him on one of his treasure hunts. There's an ancient crystal that we need to recover, and Phenrig says the old temple is far from empty, As last I'll have a chance to use all the skills I've learned, and prove I'm worthy of my training.

ついにやった! 長年の訓練と学習の結果、フェンリグ師は彼の宝探しに私を連れていってくれた。そこには私たちが取り戻したい古代の水晶があり、フェンリグ師は古い寺院が決して空っぽではないと言う。ようやく、私はいままで学んできた全ての力を使い、私の修行が無駄ではなかったことを証明する機会を得た。

Chapter 1: The Gates of Stonehelm

ストーンヘルムの門

Stonehelm, finally! In spite of Master Phenrig's hint that there might be some excitement, it has been a long, dull journey. I wonder. Once i give the Shantiri Crystal to Lord Menelag, maybe he'll take me on the expedition to obtain the Skull of Shadows. Anything. As long as I don't have to spend another two weeks staring at horse's ears, I'll be happy.

ついにストーンヘルムへ来た! 幾分刺激のある旅になるかもしれないというフェンリグ師の助言があったにも関わらず、それは長く退屈な道程だった。私は考えている。メネラグ卿にシャンティリ・クリスタルを手渡せば、おそらく彼は私をスカル・オブ・シャドウを手に入れるための探検に向かわせることだろう。何でもいい。あと二週間を馬の耳を見つめて過ごすのでなければ、それで幸せだ。

Chapter 2: The Gleam of a Cold Knife

冷たいナイフの輝き

Master Phenrig once told me: 'Be careful what you wish for; you might get it.' Well I wished for excitement, and now I'm getting it. An undead army, a siege, meeting Lord Menelag and his charming niece, and tomorrow a boat trip to a far away island. Exciting, indeed...

昔、フェンリグ師は私に言った。「望むものには気をつけろ。お前はそれを手に入れることになるだろう」と。そう、私は刺激を望んだ。そして今、私はそれを得ている。不死者の軍隊、侵攻、メネラグ卿と彼の可愛らしい姪に出会い、そして明日にははるか遠くの島へ船旅に出る。確かに刺激的だ。だがしかし……。

Chapter 3: Dead Man's Trail

死者の追跡

They killed him! Just like that, Menelag died. One of the ghouls ran off with the the Shantiri Crystal, and if I can't get it back my whole mission is lost. I wonder why the Necromancers want it. And what exactly is the Skull of Shadows? I'll find that ghoul, and when I do, I hope I start getting some answers.

奴らは彼を殺した! 彼はすぐに死んでしまった。グールの1匹がシャンティリ・クリスタルを持って逃げ出した。そしてもしそれを取り戻せなければ、全ての使命は失敗に終わる。なぜネクロマンサーがそれを欲しているのかわからない。そしてスカル・オブ・シャドウとは? 私がグールを見つけたときに、何らかの答えを得られることを願う。

Chapter 4: Across the Sea of Blood

血の海を越えて

What was that? The last thing I need right now is dreams and visions. But it felt so real... Anyway, the crystal is mine again. The bad news is that I've made an enemy of Arantir, and he doesn't look like the 'forgive and forget' type. I have to get the crystal to Leanna, because only she can get us to the Skull -- and give me the answers I'm looking for.

あれは何だったんだ? 私が今、最終的に必要とするものは、夢と見通しだ。しかしとてもリアルだった……。どちらにしても、クリスタルは再び私の手元に戻った。悪い知らせは、私がアランティアを敵に回してしまったことと、彼が「許し、忘れる」タイプには見えないということだ。私はクリスタルをリアナに届けなければならない。彼女だけが、我々をスカルに導いてくれる - そして私に、何を探しているのかという問いの答えを与えてくれる。


Chapter 5: The Temple of the Spider

蜘蛛の寺院

So far, so good. We've arrived, and there's no sign of Arantir. But I had another weird dream last night. Xana, Leanna, ... What's going on here? If the Skull of Shadows is so important to so many people, Phenrig was laughing up his sleeve when he 'hinted' at excitement. If I ever get out of this, I'll be tempted to go ask him for explanations.

今までのところは問題ない。私たちは島に到着した。アランティアの気配はない。しかし私は昨晩、もう一つの奇妙な夢を見た。ザナ、リアナ……いったい何が起きているのだろう。もし、スカル・オブ・シャドウが多くの人々にとってそんなに重要なものだとしたら、フェンリグが刺激的だと「ほのめかした」とき、袖の陰で笑っていたに違いない。もし私がこの状況から脱することができたら、彼に説明を求めよう。

Chapter 6: The Altar of the Skull

スカルの棺

Leanna now, too. I'm leaving a trail of bodies, but so are my adversaries. I couldn't do a thing to stop Arantir. But I know he wants the Skull, and that means he can't have it. I just wish I knew why everyone wants it so badly. I have a feeling that Xana knows. In fact I have a feeling that she knows a lot, and isn't telling me any of it.

今またリアナも…。私は死体を踏み越えて生き残っている。しかしそれは私の敵も同じだった。私はアランティアをとめることができなかった。しかし私は、彼がスカルを欲していることを知っている。そしてそれは、彼がまだそれを手に入れていないことを意味する。私はただ、皆が何故それほどまでにスカルを欲するのかを知りたい。ザナがそれを知っているような気がする。実際、彼女が多くのことを知りながら、私に何も告げていないと感じている。

Chapter 7: Fire in the Blood

血の中の炎

By all that's holy... and unholy. I was the one marked. Me. And everyone else knew it. Xana, Phenrig, Menelag, even Arantir. Only one question remains: What happens to Dark Messiahs after they die?

聖なる者…、そして不浄なるもの全てによって、私は目をつけられていた。私を…。そして私以外の皆がそれを知っていた。ザナ、フェンリグ、メネラグ、そしてアランティアさえも。一つだけ疑問が残る。彼らが死んだ後に、ダーク・メサイアに何が起きるのか。

Chapter 8: In the House of Ashes

アシャの家で

So. Xana... me... Demons. I don't question my strength any more, just what I should do with it. First, I'll track down Arantir; I know where to find him. Then, with Xana's help, I'll get the Skull back. And after that? We'll see. Maybe I'll have a chat with Dad; maybe I'll lock him away forever. The future is in my hands.

そう。ザナ…私…悪魔たち。もはや私は己の強さに疑問を抱かない。ただその力で何をすべきなのか。まず、アランティアを探し出す。どこで彼を探すべきかわかっている。それからザナの助けで、スカルを取り戻す。その後は? 考えてみよう。おそらく私は父と話すことになるだろう。そして恐らく、彼を永遠に閉じ込めるだろう。未来は私の手にある。

Chapter 9: City of Flames

火炎の街

Leanna survived! In the end it was up to me, not Arantir, to decide her fate. But he remains a powerful enemy. The entire siege was a rule to allow him to get the crystal and enter the Necropolis. Now I know what he's up to, but I need a guide to find my way to the Necropolis. What will I do once I find him? Embrace my heritage, or reject it? Cleanse my blood, or accept it as the true source of my power?

リアナは生きていた! 結局は、彼女の運命を決定したのはアランティアではなく、私だった。しかし、彼は強力な敵のままだ。全ての包囲攻撃は、彼がクリスタルを得て、Necropolisに入る許可を得るための布石だった。今、私は彼が何をしているか知っている。しかし私にはネクロポリスへの道を見つけるためのガイドが必要だ。彼を見つけるために何をすればいい? 私の受け継いだ力を受け入れるのか、それとも拒絶するのか? 血を浄化しするのか、あるいはそれを私の力の本当の源として認めるか。


Epilogue

終章

He is down there, somewhere. Arantir, with the Skull of Shadows. I have to find him, challenge him, and end this struggle. The Skull will be mine, as it should, to do wish as I please. Beware, Arantir. I am coming.

彼はこの下のどこかにいる。アランティアはスカル・オブ・シャドウと共にいる。私は彼を見つけ、挑み、そしてこの戦いを終えなければならない。希望をかなえるために、スカルを私のものとしなければ。アランティアに気をつけねば。私はやってきた。

Menu

シングル用

総合情報

最新の20件

2019-05-09 2009-10-22 2012-09-19 2009-10-09 2012-09-16 2015-05-20 2014-07-27 2008-04-02 2007-11-19 2012-05-30 2015-05-25 2015-05-20 2014-12-30 2014-03-13 2011-07-21 2010-01-21 2010-01-20 2009-12-15 2009-12-14

今日の2件

  • counter: 4068
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit