《聖王を守る獅子》


《聖王を守る獅子》(せいおうをまもるしし)

カードデータ


カード名聖王を守る獅子効果:
●このカードがプレイされてスクエアに置かれた時、あなたは自分の山札を見て使用コスト7以上のユニットを1枚まで選び、残りの山札をシャッフルし、選んだカードを持ち主の山札の1番上に表向きで置く。
種族ライオン
種別ユニットタイミングクイック
使用コスト白1無3移動コスト白1無1
パワー4000スマッシュ1


ゲーム外カードデータ

収録セットNo.レアリティフレーバーテキストIllustration
IV-1IV-1 133/205Silverrare信者たちは、聖少女に全てを捧げた。タカヤマ トシアキ?
V-2V-2 134/200Silverrare-



解説

 IV-1 ベーシックパックにて登場した、中型?ユニット
 ライオンの1体で、プレイ時に自分のデッキトップにカードをサーチする誘発型能力を持つ。

 パワーやステータス全体は実に平均的なものの、使い所の多い誘発型能力を持つ。
 このカードのプレイ時限定ではあるものの、自分のデッキの中からコスト7以上のユニット1体を選択してデッキの一番上に表にして置く、というもの。
 巨大なユニットしかサーチして来れない都合上、それら主力とも呼べるカードを一気に呼び出すためのコンボの一角としての有用性は高い。したがって、このカードはコンボやそれらの関連したギミックを図るために使いたい。
 特に《マオ・シャルトリュー》とは相性が良く、デッキトップにサーチしつつ合成?の素にする事が出来る。

 このカードの致命的な要素はやはり、コスト7以上のユニットしかサーチできないと言う事か。
 デッキの一番上にコスト7のユニットサーチしてからそのユニットプレイするコストを払うと考えると、11エネルギーは必要になるので、このカードからつなげようと思ったらだいぶ遅い。
 このカードでのサーチは狙ったユニットを呼び込むのには最適だが、逆に次のドローを自ら固定にしてしまうので場合によっては諸刃の剣にもなる。プラン?を活用しようと思っても《ダークサイド・ソウル》《不運の始まり》で妨害されるのにも弱く、主力ユニットを置いておこうと思っても相手からスマッシュ?を貰わないとも限らないのでリスクも大きい。

 コスト7以上しか選択できないため万能なサーチというわけにはいかないが、それでもサーチできる事に変わりは無く、色の指定も特に無い上にプランゾーン?として出てくるので色々なカードと組み合わせる事ができる。
 大型?ユニットを引っ張ってきては《アーマゲドン》《慈悲ある裁き》などでそのユニットを一気に展開して見せるのも良いだろう。
 《ギャラクシー・ドラゴン》《ゴー・トゥ・ヘヴン》などのサイクル?に対してもかなり効果的に機能してくれるのでこのカードの存在が持って来い。
 覚醒というプランゾーン?に依存したカードも一気に呼び出してから即展開といった手法も取れ、場合によっては《悲哀の騎士ホーリー・スター》《智天使シリウス》を呼び出して防御に使うというのも面白いか。
 単純に、7コストの代表的なサイクル?である《監督官マイア》を呼んできてフィニッシャーへの足がかりにするのも悪くないだろう。

 あくまでサーチがメインの役割を果たすカードなので、このカードから色々とギミックを組んで模索してみよう。

  • 名前の通りに白の聖王を守る存在であると思われるが、背景ストーリーの進行から白の聖王が遺志を残し?消えてしまったため結果的に役割を果たせなかった。この事から、「聖王を守れなかった獅子」といじられる事がしばしばある。
    しかし役割を果たせなかったのに関わらず栄光の鐘にて再録された。恐らく覚醒プランゾーン?に関連したカードや大型?ユニットなどのサイクル?が増加したため有用なサポートと判断されたためだと思われる。もしかすると、名誉挽回の機会が今後与えられるのかもしれない。
    しかし栄光の鐘にて再録にあたり、対峙していたはずの《悲哀の騎士ホーリー・スター》は互換カードの収録に留まったため再び合間見える事は無かった。

関連ページ

外部リンク

コメント欄