《焔魔カンゼミズ》


《焔魔カンゼミズ》(えんまカンゼミズ)

カードデータ


カード名焔魔カンゼミズ効果:
●あなたの墓地の一番上に種族「フレアロード」のユニットがあれば、このカードのパワーを+4000する。
●このカードがスクエア以外からスクエアに置かれた時、あなたはバトルスペースの対象のユニットを1枚まで選び、Xのダメージを与える。Xはこのカードと同じエリアのすべてのあなたのユニットのパワーの合計に等しい。
種族フレアロード
種別ユニットタイミングクイック
使用コスト赤2無1移動コスト赤1無1
パワー2000スマッシュ1


ゲーム外カードデータ

収録セットNo.レアリティフレーバーテキストIllustration
トリプルセットV-a 001Promotion-天野 喜孝
V-2V-2 009/200



解説

 天野喜孝 トリプルカードセットにて登場した、小型?ユニット
 フレアロードお馴染みの効果に加え非常に優秀な火力を持つ。

 フレアロードにしてはそこまでパワーが高いわけではないが、フレアロード内でも非常に珍しい火力のお陰でかなり優秀な性能を誇る。
 自身のパワーに比例して火力を与えるのでフレアロードの能力とあいまって実に強力。

 CIP時という幅広い発動条件ながら、フレアロードである事を抜いても《往復ビンタ》並みの火力性能を持つ。
 フレアロードの特性と絡めた場合、なんと3コストユニットながら6000、《焔魔セイガイハ》パンプアップ?ベース?を絡めると破格の火力を実現できる。
 加えて同エリア内に自分のユニットが存在しているだけでその分も火力に追加されていくので10000を越え、簡単に《ウォッカ・ギムレット》すら屠れると抜群のポテンシャルを誇る。
 フレアロード内でもバトル?を介さず相手を葬れる貴重なユニットであるので採用しない手は無い。
 加えて《密閉されたサイバーワールド》などを利用して使いまわせるというのも大きいだろう。
 単純な戦闘能力でも期待でき、フレアロードにおいては縦横無尽の活躍が期待できるので是非投入したい。

 系列のデッキならば種類を問わず優秀な火力源となるため、採用率は非常に高い。例え小型?ユニットが2体並んでいる状態でもパワーの合計値はそれなりになる。大型?と並んだ場合はいわずもがな。
 注意点として、火力の値は解決時に決定される。よって解決にスタックされてユニットを除去されるとその分火力が落ちてしまう。火力の撃ち損じになると不味いので、その点は注意しよう。
 また参照されるエリアは解決時にこのカードがあるスクエアが基準となる。《アトロシティ・アトラス》で動かされると火力が狂う。また、解決前にゾーン移動した場合、最後に置かれていたスクエアを参照する。中央投下した場合は中央エリアを参照する。いろいろ工夫しよう。

  • 中央投下する場合はユニットの有無に注意したい。
    中央投下した場合に、中央エリアに自分のユニットが存在しない場合は火力が発生しない。
    これはこのカードの効果解決がルールエフェクトにより墓地に送られた後にエリアを参照するため、《焔魔カンゼミズ》が既に墓地に存在するため参照できない事態による。
  • 天野喜孝 トリプルカードセットの好評に伴い、箔押し仕様ではなくなった状態で栄光の鐘にて再録された。
    再販されず、手の届かなかったユーザーも入手できるようになったため持っていなければこの機会に収集しよう。
  • 「カンゼミズ(観世水)」とは、日本由来の文様の一つ。
    刻一刻と変化していく水の流れを、渦巻いた姿を段違いに重ねている姿が特徴。
    元々流水文様は日本人に馴染み深く弥生時代からも使われており、観世水はその代表格。
    観世水という名前の由来は、昔「観世家」という能楽の名家に定紋に使用された事で有名になり、元々観世家の井戸の水が地下水の影響から絶えず流れ変化し続けていた事から使われ始めたそうな。
    今も京都の観世家屋敷跡にはこの井戸が当時のまま残されているそうなので、行ってみると面白いかもしれない。

関連ページ

外部リンク

コメント欄