《ブックキーパー・エンジェル》


《ブックキーパー・エンジェル》

カードデータ


カード名ブックキーパー・エンジェル効果:
あなたのスマッシュゾーンにあるカードが相手のスマッシュゾーンにあるカードより少ない場合、このカードのパワーを+3000し以下の能力を得る。『このカードは対象にならない。』
このカードが手札からスクエアに置かれた時、相手は自分のスマッシュゾーンにあるカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてよい。
このカードが「失われた記録」と結合している場合、このカードは以下の能力を得る。『バトルスペースにあるこのカード以外の白のあなたのユニットのパワーを+2000する。』
種族エンジェル
種別ユニットタイミングクイック
使用コスト白2無2移動コスト白1無1
パワー5000スマッシュ1


ゲーム外カードデータ

収録セットNo.レアリティフレーバーテキストIllustration
IV-4IV-4 068/100Rare?-安達 洋介?



解説

 IV-4 天魔光臨にて登場した、中型?ユニット
 エンジェルの1体であり、自己強化能力と相手のスマッシュを回復させる効果を持つ。

 にしてはかなり攻撃的な性能を持ち、お互いのスマッシュ数値を参照するが自身にアンタッチャブル?効果とパワー3000を付与させる事で高いビート性能を持つことができる。
 4コストにしてパワー8000にアンタッチャブル?というのはかなり破格の数値に見えるが、手札から場に出た時に相手のスマッシュ?を回復させるというデメリットが少々厳しい。
 これによりお互いのスマッシュ?が引っくり返る可能性もあり、自己パンプアップ?が阻害されかねない。
 ただ手札から置かれなければ良いだけでプラン?デッキ?からでは全く問題なく運用できる。
 そもそも自身のスマッシュ?を回復させやすい系統、特にエンジェルにおいても《コロナマスター・エンジェル》らと併用すると効果条件は満たしやすく、手札から運用しても高いビート能力を持つユニットとしても使いやすい。

 対応リンク?ストラテジー?である《失われた記録》と組み合わせる事で、このカードが自身だけでなく他のカードのビート?も大きく促進できる。
 とりわけの系統でパワー補助として有効に機能し、このカードの存在感がグッと増す。
 ただ《失われた記録》プラン?限定という事もあり、狙える時に狙う程度でも良いだろう。

 デメリットが気になるなら基本的に手札から出していくよりプラン?からの展開を重視したい。
 《失われた記録》だけでなく《聖王の息吹》を利用したり、《アーマゲドン》でいきなり中央に出してやると脅威。
 《アブソリュートロウ・エンジェル》で手札に加える効果とはあまり相性がよろしくないが、結合を重視すると《エヴァンジェリカル・エンジェル》《アセンション・エンジェル》などの《失われた記録》に対応した有効なエンジェルも多いので種族観点からも活躍しやすい。

 デメリットさえ気にならなければ積極的に投入し、活用していきたい。
 特に《失われた記録》と併用した場合にはコストを有に凌駕するパフォーマンスを誇るので、に寄ったビートダウンならば積極的に活躍させて行こう。

関連ページ


外部リンク

コメント欄